ドラゴン襲撃:禍身の排撃



<オープニング>


●ドラゴン襲撃
 希望のグリモアを襲う12体のドラゴンを前に、冒険者達は決して絶望する事無く迎え撃ち、新たな力『ドラゴンウォリアー』を得て、それを討ち果たした。
 それは、ドラゴンの力に飲まれる事無く、その力を使いこなした奇跡の瞬間であったのだ。

 この奇跡の影には、数多の犠牲があった。
 特に、ドラゴン界への潜入を行なった『ドラゴン特務部隊』は、その半数が帰還不能となっていたのだ。

 だが……だからこそ。
 邪悪な意志を持つドラゴンから、世界を護る為に、ドラゴンウォリアーの力を正しく使わなければならないのだろう。

 ドラゴン界とドラゴンロード、そして、その配下たる数多のドラゴンとドラグナー達は、未だ健在なのだから。

※※※

「みんな、聞いて。ドラゴン達の、次の目的が判ったの」
 そう切り出したのはヒトの霊査士・リゼル(a90007)であった。
 どうやら、ドラゴン界から戻って来た『ドラゴン特務部隊』が持ち帰った様々な情報などもあり、ドラゴン達の次の目的が判ったらしい。

「彼らは、インフィニティゲート以外の、ランドアース大陸のドラゴンズゲートを目指しているようよ」
 竜脈坑道、ルシール=クァル神殿、太陽の石棺、ヴォルカノン洞窟、バランの大渦、毒蛇城、黄金霊廟、精霊の社、ディアスポラの神槍、ピュアリィフォール、死者の祭壇、ドゥーリルの灯台、エギュレ神殿図書館……。
 ランドアース大陸のドラゴンズゲートが、数多のドラゴンに狙われているというのだ。

「どうやら、ドラゴン達はドラゴンズゲートを利用して、更なる力を得ようとしているようね。同盟諸国の冒険者が、ドラゴンウォリアーの力を手に入れたといっても、大陸全土に広がるドラゴンズゲートを防衛することなんて、できはしない。そう思ってるのじゃないかしら?」
 リゼルは、ここまで言うと少し言葉を切り……。
 軽くウィンクして、こう続けた。
「インフィニティゲートの転移については、ドラゴンロードも知らなかったみたいね」
 と。

 インフィニティゲートからの転移によって、ドラゴンズゲートで待ち構え、やって来るドラゴンを迎え撃ち撃破する……。

「ドラゴンウォリアーの力、邪悪なドラゴン達に見せつけてあげましょう!」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、親指をぐいっと立てて見せたのだった。

●禍身の排撃
「あとは私からお話しします」
 話を引き継いだ花灯の霊査士・ティーリア(a90267)は、傍らに佇む武人の青年――灰翼・レイトヴァール(a90316)に目配せする。
「ドラゴンが向かう先に見えたのは朽ちた建物、夥しい量の書物……エギュレ神殿図書館ですね」

 悠々と飛翔するドラゴンの浮かべる笑みは、人を見下し、蔑むモノ。
 人を塵芥のようにしか見ない『腐敗の尖翼アウルザクス』。
 冷たい黒曜石の如き双眸が、嘲りすら込めてエギュレ神殿図書館を見下ろす様が視えた。

「体力に難はありますが、知力には非常に長けているタイプですね。尤も、警戒しながら其処を訪れるということはないと思いますが」
 ドラゴンは完全に油断しきっている。
 奇襲を行えば、初手で勝利の天秤は冒険者側に傾くだろう。こちらとて、油断なら無い相手だということを忘れなければ、ではあるが。
「翼で羽ばたくと共に降る、針の雨……黒く染まりし手足は鎧を打ち砕きます。吐き出すブレスは、浴びれば魔炎に包まれ、毒と止まらぬ出血に脅かされることになると思います」
 回避能力もそれなりに優れていることを伝え、霊査士の少女は小さく息を吐き出す。
 だが、思うところの言葉も呑み込む。思いは、決死の思いで闘った冒険者たちこそが口にすべきものだろう。
 だから変わりに、せめての声援を送る。

「見せつけてあげると良いと思いますよ。舐めてかかったこと、後悔させてあげると良いと思います」
 口の端を上げて、霊査士の少女は凄絶な笑みを浮かべた。 

マスターからのコメントを見る

参加者
閃光の・クスィ(a12800)
迅雷と共に駆ける者・レイファ(a19084)
晴天の蒼翼藍紋・フォアワルツ(a26495)
風花転蓬・ロスクヴァ(a32216)
孤山の老木・ヴァルター(a34611)
風舞桜花・フルル(a37802)
忘れえぬ幻惑の詩・フォルヴァース(a47073)
絶えぬ波音・アニス(a50019)
NPC:無彩の黄昏・レイトヴァール(a90316)



<リプレイ>

●荒涼の大地に流るる想い
 見上げれば叡智を詰め込んだエギュレ神殿図書館が聳える。
 荒涼とした大地の中に在るその場所に、冒険者達は身を潜め訪れるというドラゴンを待っていた。
「はぁ、ドラゴンの連中もご苦労なこって」
 緑色の頭をがりがりと掻きながら閃光の・クスィ(a12800)は軽く息を吐く。ドラゴンはこの場に訪れるだろう一匹だけでは無い。多くの数のドラゴンがランドアースの様々なドラゴンズゲートを目指し押し寄せている。
「って、愚痴ってもしゃあないし、俺らは俺らの役目をするかのぅ」
 瓦礫の中に身を潜めたまま、からりとした空を眺めて肩を竦めた。
 ドラゴンはドラゴンズゲートを如何様に利用し力を得ようとするのかは分からない。だが、万が一にでも破壊されるようなことがあってはいけないと、晴天の蒼翼藍紋・フォアワルツ(a26495)は息を捲き霊査士が口にしたドラゴンの名を呟く。
「アウルザクス……人を塵芥としか見ていない存在に、人々の知識の結晶を……それが保存されている場を――」
 紫色の瞳に力が篭もる。
「今を生きる人達を塵にするための餌食になんて絶対にさせない!」
 壊させるわけにはいかない。
 壊さずとも其処から得た力を、破壊する為の力に使わせるなど言語道断だろう。絶えぬ波音・アニス(a50019)もまた同意するように頷く。
「ここは阻止してやるよっ、負けられないさね!」
 またドラゴンウォリアーの力を使う機会が訪れたことに喜びを覚えて良いのか、憂慮すべきことなのか判別はつかない。だが、折角手に入れた力があるにも関わらず、ドラゴンズゲートにあるという力を奪われ相手がまた強くなってしまってはやってられない、というのがアニスの本音だった。
 ふん、と鼻をならした迅雷と共に駆ける者・レイファ(a19084)も近づきつつある影に切れ長の瞳を細めて睨みつける。
「自分の力に慢心するか。……まあ、私らにとっては都合が良いがな」
 悠然と飛行する影は雄々しくもあるが、其処に居るだけで邪悪さを隠し切れない様相を呈していた。見上げる忘れえぬ幻惑の詩・フォルヴァース(a47073)の瞳には寧ろ哀しそうな色が浮かぶが、得物を握る手に力は込められる。
 遠眼鏡を覗いていた風舞桜花・フルル(a37802)は、するりと鋼糸を手に取った。かつてこの場所を求めグドンを蹴散らし、戦った。多くのグドンを倒し、多くの冒険者がこの場所を探し奔走した。その場所を、今度は守り抜くのだとフルルは灰色の瞳で巨影に視線を注ぐ。
「先日までは数千人で対等じゃったのに、8人で挑むことになるとはのう……正直言うて夢のような話じゃな」
 孤山の老木・ヴァルター(a34611)が、僅かに呆けた様に呟けば、風花転蓬・ロスクヴァ(a32216)も僅かに瞳が不安に揺れた。
(「私にこの力、使いこなせるでしょうか?」)
 自問してロスクヴァは、弱気では駄目だと頭を振る。図書館もそうだが、この周辺は折角グドン達から取り戻した地なのだ。是が非でも守らなければなるまい。僅かに緑がかった青の瞳が召喚獣を見つめた。
(「どうか私たちに、この場所を、世界を、守る為の力を――」)
 自分と共にあり、自分自身の一部でもある召喚獣の存在がとても心強い。
 そろそろ合戦準備じゃな、とヴァルターは仲間に合図を送る。
「では、ドラゴンの鼻っ柱を圧し折りに行くと致すか」
 疑似ドラゴン界が展開されると同時に、冒険者達は地面を蹴り、各々の魂の本質に近き姿に変え空中へと舞い上がった。

●腐敗の尖翼アウルザクス
 黒曜石の如き冷たい漆黒の双眸が驚愕に見開かれた。
 僅かに周囲の気配に違和感を感じたと思った途端、ドラゴンは全身を揺さぶられるような衝撃に見舞われた。一瞥すれば其処には人間達の姿が在る。ぼんやりと淡い光に包まれた空間がドラゴンには煩わしく感じた。
「人間如きが小癪な……!!」
 轟、と吼えアウルザクスが手近に居たレイファに向かって右前脚を鋭く突き出す。黒に近い深く暗い緑色の体躯なれど、前脚は闇の色に染まり禍々しき気配を放っていた。
 レイファの膝程まで伸びた髪と、8本の尾のように髪を束ねたバンダナが衝撃にふわりと揺れた。本来耳が在るべき場所に現れた大きな狐の如き耳と、頭部に添えられた角を模した黒曜石の如き装飾に、鮮やかな緋色の雫が飛び散る。鎧の力はその一撃には何にも役目を果たさず、また装甲としての機能を果たさない程に力を失う。
 フルルの指示で烈風を纏った無彩の黄昏・レイトヴァール(a90316)が、剣を一閃させれば、冒険者達は合わせるように次々と得物を振るった。フルルの糸を川に見立てた優雅さと鋭さを併せ持つ鋼糸が、己が身長以上に長く伸びた漆黒の髪、ランドアースの文化を取り入れた装飾過多な楓華風の衣装と共に舞う。赤い鮮烈な瞳は外すまいとしながらも、静謐に、凪のように、衝撃波が確実にドラゴンの肉を切り裂くのを見つめていた。追い縋るようにフォルヴァースの放った矢が飛来し、突き刺さる。放ったフォルヴァースは灰色の鬼のような角が一対生えた、少女のように華奢な幼い少年の姿だった。月と籠を模った紋様の入った面を額に被るように載せたそれは、酷く儚さを湛えた容貌だった。
 肘ほどまで鋭く延びた篭手に包まれたすらりとした腕を伸ばし順に鎧に力を付与していくアニスは、腰ほどまで伸びた髪が躍らせ金色に輝く瞳で周囲をぐるりと見渡した。光を纏うようなクスィは虚無の手を伸ばしドラゴンの巨大な体躯を貫く。鱗の硬さすらものともせずにすり抜けるように直に虚無の手は蝕むように侵食する。レイファが身体を引き摺るように起こしながら操る蛇腹剣が、鋭くドラゴンの巨躯を切り刻んだ。
「お前らの好きにはさせない! 私たちが受け取った力――光となった彼らの願いを、望みを叶える為にも!!」
 叫ぶ紫瞳に哀しさと意志の強さを孕み、力強く煌めく。
 フォアワルツは覚醒前と変わらぬ紫瞳できっとドラゴンを見据え、銀色の杖を構えると紋章陣を描き出し火炎を纏う木の葉を生み出した。嵐のように荒れ狂う火炎の葉は暗緑色のドラゴンの肌を焦がしていく。
「何回だって焼いてやるわ……倒れるまでね!」
 苦鳴の叫びを上げたからといって手加減する筈も無い。空中を上下左右にステップを踏んで、翻弄するようにヴァルターがドラゴンの眼前に出、注意を引きつける合間に、ロスクヴァは両手杖の『ヘイディーズ』を構え意識を集中させる。ロスクヴァの金色に染まりし髪と純白の楚々たるドレスが、込められた力にふわりと揺れた。広がる癒しの波動は、優しい光となって空中を覆う。幾分幼さを増したその貌に僅かな安堵の色が浮かんだが、その表情も長くは保たなかった。

●牙を剥く其々の力
 回復よりも攻撃を重視した結果、冒険者とドラゴンは壮絶な削り合いをすることとなった。ドラゴンの怨嗟の叫びと咆哮が轟き、冒険者たちの掛け声が、裂帛の気合が空間を駆け抜ける。噴き上がる血飛沫は双方から上がり、疑似ドラゴン界に鮮血の花が幾重にも舞う。
「想いを同じくする仲間が、命を賭して届けてくれた力……その身で味わうがいい!」
 レイファが蛇腹剣で切りかかれば、切り裂かれながらもドラゴンが羽ばたくと同時に空中に顕現した無数の針が冒険者たちを否応無しに貫く。昏倒したレイファはそのまま疑似ドラゴン界から放逐される。
 どちらかが滅びるまで戦わなければならないと言うのなら。
(「……それならば、俺はこの力を振るおう」)
 フォルヴァースは薄れゆく意識の中にあっても矢を番え狙ったモノを追尾する一撃を放つ。この力はドラゴンと戦う為に手に入れたが、その過程には多くの犠牲が伴った。彼らに報いる為にも、という感情はドラゴンには分からないかもしれない。フォルヴァースにとっては仲間がとても大切で――冒険者という同じ志を持った仲間のお陰で手に入れた力を此処で使いドラゴンを倒すのは。
「お前を倒すのは――それが俺達の役目で、希望、なのだろうから」
 自身を包んだ魔炎と止まらない出血が最後の気力を削り取り、意識が途切れるように目を伏せた。
 回復の数に些か余力があるとは言え、慢心できる程の回数が残っているわけでもない。強力な癒しの力を以ってしてもほぼ一人で回復に回れば手が回らないことも出てくる。
 心置きなく仲間が攻撃に回れるように支えたい。
 誰も倒れる事無く皆で無事に帰れるように護りたい。
 少女の悔しそうに歪んだ瞳を隠すように、さらりと金色の髪が頬に落ちた。クスィの方は既に回復の手は尽き、攻撃一辺倒となっている。
「矮小な人間如き、我等が破壊したから如何だと言うのだ!」
 ざらつく声音はひび割れかけているが、ドラゴンの黒瞳はより冷ややかに見下ろしせせら哂う。
「誰もがその日その日を精一杯生きてんだよ」
 自分達は勿論、多くの民が必死になって今を生きている。今この瞬間だって、この場所ではない、其々の住まう場所で其々の生活を必死に送っている。
「……そんな奴らを護るんが俺らの仕事でな。せやからそれを邪魔するおめぇはさっさと消えろ!」
 心の奥底から湧き上がる虚無のエネルギーに纏う黒炎の力を乗せ、クスィの足元から虚無の手が闇の顎となって喰らいつくようにドラゴンの身体を蝕む。
「あたしらを舐めるなんてしょうがない奴さねぇ……きっちり後悔しなっ!」
 既に満身創痍のアニスもドラゴンに向けた長剣の先に全神経を極限まで集中させ鋭く突き刺した。鼓膜を震わせるような苦悶に満ちた悲鳴が轟く。フォアワルツもまた、荒れ狂う火炎の木の葉を浴びせながら、背中の青い翼で滑空するように飛び退った。
 戦況は五分五分とまでは言わないものの、確かに冒険者側に傾いてはいる。
 問題はどこまで自分たちが耐えられるか、だろう。
 フォアワルツは素早く瞳を周囲に巡らせ思案する一方、ヴァルターは大きさを増した螺鈿細工の巨大な槍を振るい、唯只管に暗緑色の鱗へと突き刺した。レイトヴァールもまたドラゴンの懐に飛び込むと剣を一閃させる。
 幾度目となるか最早分からない鮮血が迸り、ドラゴンの冒険者双方に声が上がった。

 更に負傷者を出し、力尽きる間際のドラゴンの吐き出す黒炎に皆が満身創痍になったところで漸く戦いは終焉を迎えた。
 救いだったのは、ドラゴンの体力が恐らく他の個体に比べ、やや劣っていたことだろう。そうでもなければ、先に倒れ伏していたのは冒険者の側だったのかもしれないのだから。

 乾いた大地に暗緑色の巨躯が横たわる。文字通り血の海と化したその中でドラゴンは息絶えていた。死して尚、生きている時と同様に醜悪な存在であるという気配が拭えない。虫けらのように人の存在を踏み躙るドラゴンの存在は許されざるべきモノだった。
 これで終わり、と片がつくのであれば事は簡単だっただろうが、ドラゴン界にはドラゴンロードという存在が控えている。唯、心身ともに傷を負った冒険者達は、いま少し休養を必要としていた。


マスター:弥威空 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2007/08/23
得票数:冒険活劇2  戦闘14 
冒険結果:成功!
重傷者:無彩の黄昏・レイトヴァール(a90316)(NPC)  迅雷と共に駆ける者・レイファ(a19084)  忘れえぬ幻惑の詩・フォルヴァース(a47073)  絶えぬ波音・アニス(a50019) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。