モンスター地域平定:蜘蛛女のキス



<オープニング>


●モンスター地域平定
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』これよ!」
 4月25日に行われた、モンスター地域解放戦では、北方のモンスター地域の過半を制する事に成功していた。
 だが、それは、作戦行動中の冒険者達の移動が阻害されないというレベルでしかない。
 偵察して帰ってくるだけで冒険者でも命がけという状態では無くなったが、一般の人が暮らすには危険すぎる場所なのだ。

 解放した地域のグリモアを制した事で、希望のグリモアのグリモアレベルは上昇した。しかし、それは、解放した地域の人々の生活を守る義務を背負った事でもあるのだ。
 現在住んでいる住民の安全を確保する事はもとより、住む場所を奪われ難民となっている人々に帰る事の出来る場所を作り出す事が大きな目的となる。

「解放した地域の主要な街道や地域のモンスターの撃退はおおむね完了しているから、森や洞窟、沼地などに潜んでいたモンスターを狩り出して退治するのが、今回の仕事になると思うわ」
 モンスターの潜む場所については、解放戦に参加した冒険者が集めた遺留品を元に、多くの霊査士が協力して霊視を行って調査を行っている。

「旧同盟領でもモンスターの被害は出るのだから、モンスターを全滅させるのは無理でしょうけれど……。日常茶飯事でモンスター事件が起こるようでは、安心して暮らす事なんてできない相談よね」
 そういうと、リゼルは、集まった冒険者達を見回して一礼すると、こう話を締めくくった。
「北方地域の人々の為に、皆の力を貸してちょうだい」と。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。

●美しいものには罠がある?!
「で、今回退治してほしいのはね……」
 ルラルはそう言って冒険者達を見渡した。快活な彼女にしては珍しく言いよどんでいる。
 不思議そうな顔をして次の言葉を待つ彼らに、一瞬考え込み、嫌々といった感じでそれを口にした。
「んっとね、森の中に目の前いっぱいにきらきらって光る細い糸みたいなのがあるところがあるの」
「……???」
 何のことやらわからず首をかしげる冒険者達。
「すっごい綺麗だな、って思ってみてたら奥のほうに綺麗な女の人の顔が見えるの」
「……ほう……」
 とりあえず話を最後まで聞いてみる気になったらしい冒険者の一人が相槌を打つ。
 最も、彼女が何を言おうとしているのかはさっぱり理解できなかったのだが。
「とりあえずそのきらきらのほうに行こうとしてそれに触ったら、動けなくなるの」
「……へぇ?」
 彼らは話がよくわからないがそれが今回の依頼に関係するものであるらしいことはわかるのでそれぞれが頭の中に状況をシュミレーションしながら聞いているようだ。
「その女の人に助けてくれってお願いしたら、ぱって身体が持ち上げられた感じがあって、気がついたら動けないまんま空中に浮いてるの」
「……だんだんオカルトめいて来たな……」
 胡散臭そうな顔をしつつ相槌を打つ冒険者達。
「それでね、何に持ち上げられたのかと思ったら毛がいっぱい生えた棒みたいなのに引っかけられてるみたいなの」
「……ふむ……毛むくじゃらの棒ね……それってもしかして……」
 一人が嫌な想像をしたらしく顔をしかめた。
「それね、それね……実はものすごくおっきい蜘蛛のお化けなの!!」
 心底から嫌そうな顔をしつつルラルが叫ぶ。
 どうやら霊査の風景を思い出すのもよほど嫌だったらしく狐の尻尾が逆立っている。
「要は、森の中に人面のでかい蜘蛛のモンスターがいて、きらきらってのはひょっとして巣か??」
「蜘蛛の巣ってのはべたべたしてるもんだし確かにそれだけでかいなら動けなくなるかも知れんな……」
 確認するように言った冒険者達にルラルはしかめつらのまま頷く。
 それを想像することすらどうやら嫌であるらしいのだが、冒険者達が口々にする問いにはしっかりと答を返した。
 仕事はちゃんとする、実にいい姿勢である。
 ……最も、尻尾の毛は逆立ったままだったが。
 まとめてみるとこんな感じの敵らしい。

 ・女の上半身が蜘蛛に合体しているような感じらしい
 ・光る糸を吐き巣を作る。糸には強烈な麻痺性があり、触ると動けなくなる。
 ・なお、糸そのものはかなりの弾力と粘性があり、普通の剣では切ることは難しそうだ。
 ・糸に捕まった状態で声を出すと振動で声が伝わるのか近づいてくる。それまでは見ているだけ。
 ・大きさは身体の部分が大体人2人分、足の部分は伸ばすと一本が同じくらいの模様
 (これについてはルラルが自分を3人分くらいといったので一般換算)
 ・毛に覆われた蜘蛛の部分は非常に堅そうだ。
 ・女の部分は普通の様子に見える。
 ・糸はある程度自在に吐ける模様だが立ち止まった状態でないと吐けない様だ。
 ・蜘蛛の巣は光に反射するなどで強い光があるところでないと見えないほど細い糸で出来ている。
 ・巣は古くなると光る粉状になり、それ自体が猛毒を含んでいる。
 
「……蜘蛛ね、人捕まえて食べちゃうの。いる場所が村の入り口の森なの。このままだとやっとおうちに帰れるようになって帰ってきた人たちが捕まって食べられちゃうから……」
 そういってますます眉間にしわを刻むルラル。どうやら霊査で捕食された人の最期も見てしまったらしい。
「だから、皆がおうちに安心して帰れるようにやっつけてほしいの!」
 そういってルラルは涙目のまま彼らを見渡して頼んだのであった。


!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 霊査士ルラルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『献身(devote)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。

マスターからのコメントを見る

参加者
百花輪虚月・エイル(a00272)
天涯の白・ライセ(a07253)
香水茅・シトラ(a07329)
規矩なる錬金術師・フェイルティヒ(a07330)
青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927)
緑光まといし桜花・フィース(a08064)
君を守ると誓う・メロス(a08068)
風の・ハンゾー(a08367)


<リプレイ>

 その森は昼なお暗く、鬱蒼と茂っていた。
 一時とはいえモンスター地域の一端に属していたこともあり、最近は人の手が入った形跡も無い。
 かと思えばいきなり木々が途切れ明るい陽光が差し込んだりもする。
 不気味な様で不思議に美しい、そんな森であった。

●プレリュード〜暗黒の森
「まだこの森が危険だという事を知らない方が多いはずです…此方はお任せ致しますね?」
 森の入り口で月淵の魔皇女・エイル(a00272)の言葉をきっかけに森への先行組と村人や水場の保護組に分かれた8人はそれぞれの役目を確認しあって行動を開始した。
「じゃぁ私とメロスさんは村に向かうね。ハンゾーさん、森の見回り大変だろうけど……」
「承知。……元より忍びとは、裏方稼業なのだ」
 宿命に翻弄されし銀狐・ハンゾー(a08367)は香水茅・シトラ(a07329)に頷くとふっとその場から姿を消した……様に見えた。
 盾の戦友・メロス(a08068)はマントをなびかせたハンゾーが背負う蛇の目傘と長い棒が木々の向こうに消えるのを見送り、感心したように呟く。
「良くあの装備で軽々と……すごいです」
 森を掠めるように迂回し、村にたどり着くとそこはまだ閑散とした雰囲気を漂わせてはいるものの確かに人が暮らしているようであった。
 早速村の代表に掛け合い、村人達を集めてもらう。
 不安そうな顔をしながら集まってきた彼らに現状の説明をする二人。
「……ですから、森の方にはしばらく絶対に近づかないで欲しいんです。私達がなるべく早く解決させていただきますから」
 子供が迷い込んだり怖いもの見たさで遊びに行ったり、大人でも慣れているからと油断して近づいたりしないように厳重にメロスが注意をする。
「この中で、すでに森に行って気分が悪くなった方や帰ってきてない方はいないよね?」
 神妙な顔をして二人の話を聞いている村人達にシトラが確認をした。
「気分の悪いものは今の所いないが、今日あたり帰って来る予定になっておる一家が居る」
 村でもかなりの地位にあると見られる老人の言葉に二人は一瞬顔を見合わせたが、同時に脳裏によぎった男の影ににっこりと笑って二人で声をそろえた。
「お任せください、必ず無事にお守りしますから」
 花が咲いたような女性二人の笑みにつられて村人達も明るい表情になる。
 詳しく教えてもらった水場の情報を片手に二人は村を後にした。

●アッチェレランド〜すべては森の中に
 森の中、木々の上を疾走するハンゾーはいきなり足元を何かに救われ一瞬バランスを崩して枝から落ちそうになった。
「……わ!……ハンゾーか、驚かすなよ!」
 聞こえてきた声に下を見やると、先行組の一団がいる。
 どうやら蜘蛛の巣探しの意味を込めて草原に吹く一陣の風・ルイ(a07927)が振り回した3m程の長い棒にひっかかったらしい。
「……拙者の来た方にはそれらしきものは無かったゆえ、貴殿らの進む方向でよいと思われる。では、御免!」
 あくまで平静を装って伝えるとハンゾーはまたもや木立の向こうに消えて行った。
 もちろん彼の心の中では不覚を取ったことに対する激しい葛藤があったわけなのだがそれは彼だけの秘密である。
「……こっちで、いいみたいだね」
 同じく長い棒を振り回しながら先陣を切っていた天涯の白・ライセ(a07253)が納得したように呟き、またガサガサと棒で辺りを確認しながら前進を開始した。
 その後を緑光まといし桜花・フィース(a08064)が出ている岩に足を取られないように慎重についていく。
「蜘蛛の巣は、錬金術の貴重な調合材料とは言え…これでは危険過ぎますねぇ」
 皆から遅れること数メートル。周りにあふれる珍しい調合材料に、興味深そうに辺りを見渡していた規矩なる錬金術師・フェイルティヒ(a07330)は発見した岩陰の小さな泉に防水テントを被せつつ呟いた。
 ただでさえ足場が悪く見渡しの悪い森である。これでモンスターまで出るとなっては材料調達どころの騒ぎではない。
「ぉ?!」
 ルイがあげた素っ頓狂な声に皆がいっせいに反応する。
 見れば彼が振っていた棒が不自然な形で空中に浮いていた。
 早速フェイルティヒがカンテラを掲げて照らしてみると、空中を走る細く光る糸が一本、棒を捕らえている。
「近いようですわね……!」
 エイルが早速ブラックフレイムで糸を焼き払い、落ちてきた棒をルイが器用にキャッチする。
「皆さん、あちらに巣が!」
 フィースが指差す方角は日が差しこんでいるのか妙に明るくなっていた。
 そこにあるのはきらきらと光を反射して輝く一帯。ルラルの言っていた通り大層幻想的な光景である。
「……あ、帰ってきましたわ!」
 遠くから聞こえてくる女性の声にエイルが駆け出した。
 森を迂回して村に向かった二人が水場の情報を抱え、先行組が作ってきた道を辿ってきたのである。
 早速、二人の情報を元に巣の周りを中心に水場の保護を行うことになった。
 幸いにしてこの森には大きな池や川などは無く、先程フェイルティヒが見つけて保護した泉を含め周辺には多少の水場しか存在しないため、滞りなく作業は進んでいく。
 しかし、全員が小脇にシートやテントを抱え、手に長い棒や木の枝をそれぞれ持って振り回しつつうろうろとする様子は中々に不思議な光景であった。
 あらかじめ村に赴いた二人が村近辺の水場は封鎖してきたためほど無く作業は終わり。
 遊撃隊のハンゾーを除き、全員がそろって準備も整ったところでいよいよ本番である。

●テンペストーソ〜戦闘開始
「援護はお任せを」
 エイルがフォーチュンフィールドを使用し、辺りが優しい光に包まれた。
 ルイが注意深く端のほうの縦糸と思しき糸を狙って棒を振る。フェイルティヒの要請により縦糸に粘性が無いかどうかを調べるためだ。
 棒は弾力を持った糸にはじき返されてしまい、危うく横糸にべったりと行くところを彼は辛うじて支えた。
「思ったとおりですね!……皆さん、この巣は横糸にしか粘性が無いようです。それを念頭においてお願いしますよ」
 フェイルティヒの言葉に頷く面々。
「では、参ります……!」
 フィースがありったけの土塊の下僕を使い、巣へと突進させる。
 予め巣に引っかかったら大声で叫ぶように指示されている下僕達は思い思いの場所で巣に引っかかって宙吊りになりつつ忠実に使命を実行した。
『知能はそう高くはないはず……うまくかかってくれれば……』
 途端に、ざわりと何かが蠢く気配。まるでエイルの心のつぶやきを聞き入れたかのように。
 ……一瞬にして雰囲気の変わった空間に皆の緊張が走る。
 ぞろり、ぞろりと。
 闇の向こうから現れた敵は確かにおぞましくも美しい巨大な蜘蛛……そして、上半身は非常に美しく、蟲惑的な女の形をしていた。
 ……まだだ。十分に、十分に引き付けて攻撃せねばならない。
 緊張しつつ皆が見守る中、蜘蛛女は獲物だと誤認識した土塊の下僕に向かってその足を伸ばし、近づいていく。
 足が下僕を捉え、その瞬間に下僕が崩れ去った時。
 ライセの紅蓮の咆哮改が響き渡り、蜘蛛女は異変に気がつくと同時に呪縛されたのであった。
 それを合図にフェイルティヒとルイがライクアフェザーを駆使して身軽になった身体で攻撃を開始した。
 万が一横糸に触れてもいいようにシトラが毒消しの風で援護する。
「これ以上巣を張らせる訳にはいきませんよ、村人達の為にもっ!」
 さわやかな風が吹き抜ける中、フェイルティヒが器用に縦糸を飛び移りながら叫ぶ。
 一所にとどまらない攻撃に蜘蛛女は中々攻勢に転じることが出来ず、いらついた挙句にルイに向かって糸を吐いた。
「甘いなっ!」
 背負った傘を開いて見事に糸を受けるルイ。
「綺麗な姿をしていても、残念ながらあなたには誘惑されません……手加減なしでいきますよ!」
 その隙を突いてフェイルティヒの一撃が上半身を一瞬掠める。
 それに完全に血が上ったらしい蜘蛛女は半分以上巣から乗り出し、そして、地上擦れ擦れにまで降りてきていた。
 蜘蛛女が逃れられない様にすかさずエイルのブラックフレイムが巣を焼き払う。
 地上に留まらずをえなくなった蜘蛛女を、フィースの気高き銀狼が組み伏せる。
「届くようになれば、私にもできる事があります!」
 メロスがここぞとばかりに上半身を狙って全力攻撃に移った。
 ライセが、気合と共にマッスルチャージを発動し、ファイヤブレード奥義で切りかかっていく。
 結果、蜘蛛女は魔炎に包まれ、苦痛に満ちた咆哮を上げたが、とどめには至らなかったらしく負傷しているとは思えない素早い動きで後方の樹の上に向けて糸を吐いた。どうやらそれを伝って樹上に退避しようという魂胆のようである。
 麻痺してしまったライセをシトラが素早く毒消しの風で回復しているうちに蜘蛛女は糸を伝って逃亡に成功していた。
 当然のことながら全員が追いかける。蜘蛛女は負傷しているせいか、それとも樹を伝っているせいなのかやや動きは鈍く見失うような速度ではなかった。
 ……もちろん、簡単に追いつけるスピードでもなかったわけなのだが。
「この方向は森の入り口のほうに向かってるぞ!?」
 ルイの叫びの通り、蜘蛛女はだんだんと森の入り口へと逃亡していた。
 ……このままでは、まずい。
 全員がそう思った時、楽しそうな笑い声と共に親子連れが森に入ってくるのが見えた。
 老人が言っていた今日帰ってくる予定の家族であろう。
 蜘蛛女の目がそれを捉えたらしく一瞬動きを止め、……そして。彼らを獲物とするべく、糸を、吐いた。
 ……間に合わない!!!……全員が最悪の事態の覚悟をした瞬間。
 黒い影が間に飛び込み、傘で糸を見事にキャッチする。
 遊撃隊任務についていたハンゾーであった。
「安心召されよ!ここは拙者がひきつけるゆえ、貴殿らはあちらへ!」
 家族連れを仲間のほうへ誘導しつつ、器用に糸攻撃を傘で受け流し、隙を見て飛燕刃奥義を蜘蛛女へと叩き込む。
 そこへ、いち早く攻撃射程へと追いついたエイルがニードルスピアをありったけ打ち込んだ。
 そうこうしているうちに全員が追いつき、反撃にうつる。
 家族連れに村への迂回路をシトラが示し、フィースの気高き銀狼が蜘蛛女を拘束し。……ルイとフェイルティヒがすばやい動きで樹を伝いつつ牽制をかけ。
 メロスはライセに向かって大きく頷いて。
 ライセがメロスの背をとんっと蹴って雄たけびと共に蜘蛛女の上半身にとびかかり……
 渾身のブレイブタックル奥義で突撃した。
 一瞬、すべての動きがスローモーションのようにゆっくりと流れ。
 ゆるやかに、樹上から落ちて行く蜘蛛女……見事に攻撃が決まった瞬間であった。
 すべての力を使い果たし、共に落下するライセをルイがしっかりと受け止め。
 シトラとエイルが素早く癒しの水滴で回復する。
 蜘蛛女は大きな地響きを立てて落下し、上半身の憎悪にゆがんだ美しい女の顔は、信じられないものを見たかのように目をかっと見開いたまま。
 そして。……そのまま二度と起き上がらなかった。

●発つ鳥跡を濁さず……?
 じっくりと灰になるまで蜘蛛女の骸を焼いた後、大きな樹の根元に埋めて、仕上げに毒消しの風までかけた後、皆で手分けして蜘蛛の巣の残骸を探すことにする。
 大きなものは大方先程の戦闘で焼いてしまっているので、大概が単独で残っている糸か、へばりついた巣の跡であり、捜索は困難を極めた。
 全員が松明片手に思い思いの枝や棒を振り回し、へばりついた残骸を布袋にこそぎ落として収集したり焼いたりを繰り返している。
 正直、怪しい宗教の祭りに見えないことも無い……などと各々が思いつつも作業にいそしんでいた。
 その時。
 不意に辺りの草むらや葉等がいっせいにぼうっと言った感じで淡い光を発しだした。
 どうやら残っている巣が発光しているらしい。
「キキッ」
 真っ先に気がついたのはルイの飼っている子猿のクゥであった。
 やはり動物は異常を敏感に察知するということであろうか。
 何はともあれ、これで随分と作業が軽減された。
 皆俄然元気になって巣の回収作業にいそしんでいる。
「これは……グリモアの加護……?」
 ライセが呟く。
「私達の頑張りを認めてくれたんですのね……」
 にっこりとフィースが微笑んで言った。
「さて、この粉、少し持って帰りますかねぇ。解毒薬の手がかりになるでしょう。研究の役にも立ちそうですしね」
 大体蜘蛛の巣が片付いたところで、フェイルティヒが嬉しそうに呟き、残りの巣を鍋や皮袋に回収して回る。
 ……なんだかとてつもなく怪しい研究材料になる気がしたがあえてそれを無視した者が数名。
「これで、皆安心して帰ってこれるようになるといいね」
 シトラの言葉に、皆、心から頷いて。
「よぉし!凱旋だ!!」
 ルイが先頭に立ち、意気揚々と歩き出す。
 
 全員で村に安全の報告に向かうその背を、夕日が優しく照らしていた。


マスター:神條玲 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2004/05/15
得票数:冒険活劇18  戦闘2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。