第1次ドラゴン界侵攻作戦:風に乗りし者



<オープニング>


●第1次ドラゴン界侵攻作戦

 カダスフィアフォートに出現したドラゴン界に攻め入る大作戦『第1次ドラゴン界侵攻作戦』は、当初予定通りの戦果を確実にあげる事ができた。
 3000名以上の冒険者がドラゴン界に入り、ドラゴン界の拠点を破壊し、ドラグナーを撃破し、主戦力であるドラゴンにも一定の損害を与えたのだ。

 だが、ドラゴン達も、ただ座して攻撃を受けてはいなかった。
 空を縦横に飛翔し、反撃するべく押し寄せるドラゴン達へと、冒険者達はドラゴンウォリアーとしての力を振り絞って立ち向かう。
 戦いの中で、ドラゴンの反撃を退け続ける冒険者達の中からも、傷つき、そして倒れる者が時を経るにつれて増えていった。

「これ以上の犠牲は要らぬ……」
 黒鴉韻帝・ルワ(a37117)が苦渋交じりに呟く。
 ドラゴン界に攻め込んだ多くの冒険者達の判断は、彼と同じだった。
「だいぶ削ったはずだし……。そろそろ撤退かな」
 笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)がそう口にした時、後方支援部隊から、ホーリーライトの黄色い光が上がる。
 それを撤退の合図として、冒険者達は次々とドラゴン界からランドアースへと脱出していった。

 だが、この戦いにおける大きな困難は、ここから始まろうとしていた。
 30体以上のドラゴンが、ドラゴン界から冒険者達を追撃にかかったのだ。

 ドラゴン界の外に出た冒険者達は、ドラゴンウォリアーとしての力を維持出来ない。
 それは、冒険者達がドラゴンウォリアーの高速飛翔能力を使えなくなる事も意味している。
 空を飛べず、速度も低下した冒険者達が、高速で飛翔するドラゴンに追いつかれるのは時間の問題だろう。

 だが、それを許すわけにはいかなかった。
 ドラゴン界での激しい戦いで多くの冒険者が傷つき、あるいは力を使い果たしている。
 そうした仲間達をドラゴンに蹂躙させないためにも、ここで誰かが踏みとどまり、擬似ドラゴン界を用いて追撃を仕掛けるドラゴンを迎撃する必要があるのだ。

「ドラゴンに対抗出来るのはドラゴンウォリアーだけだ。あのドラゴンは……俺達に任せろ!」

 迫り来るドラゴンを阻むべく、覚悟を決めた冒険者達が敵に向き直る。
 撤退する仲間達の背中を守るため、決死の戦いが始まろうとしていた。

●風に乗りし者
 冒険者達が、ドラゴン界から脱出を試みている時。
 後少しで、脱出出来る……その光が見えた時であった。
 ……後方から、仲間達の叫び声が聞こえてくる。悲鳴、断末魔の叫ぶのような声が。
 その叫び声に気付き、振り返るのはストライダーの医術士・マリス(a90124)。
「……あ、あれは……何ですかぁ?」
 マリスが指さした先には、後方から来る一匹のドラゴンの姿。
 緑色のドラゴン、大きな翼をはためかせ、逃げ遅れた仲間達を、その毒牙にかけ始めていたのだ。
 当然、更にその先には、ドラゴン界侵攻により傷つき、逃げ遅れている仲間達の姿……その毒牙に掛かるのも、時間の問題だろう。
「あうぅ……このままじゃ……このままじゃ、みんな倒されてしまうですぅ!」
 そう言うと、マリスは君達の方を振り返りながら。
「みんな無事で帰るためにも、みんなで、あのドラゴンを足止めをするですぅ!! あと、重傷を負ってる人は、僕達が足止めしている間に、逃げて欲しいですぅ!」
 そう言うと、マリスは仲間と共にそのドラゴンの方へと走っていくのである。

マスターからのコメントを見る

参加者
蒼の閃剣・シュウ(a00014)
フレイハルトの護衛士ー紅神の・フーリィ(a00685)
天紫蝶・リゼン(a01291)
緋桜の獅子・オウカ(a10970)
幼き眩惑の狐姫・セレス(a16159)
魔王様・ユウ(a18227)
斬空術士・シズマ(a25239)
多装武具装士・レクス(a41968)
オーディーンの槍・カミュ(a49200)

NPC:人を癒す道を信じて・マリス(a90124)



<リプレイ>

●立ち塞がりし者達
 第一次ドラゴン界侵攻作戦。
 甚大な被害を与え、ドラゴン界から脱出した冒険者達。その逃げる彼等を追撃するように現れた、多数のドラゴン達の姿。
 このままでは、多くの傷つき、逃げ遅れた仲間達がドラゴン達に蹂躙されるのは明らかである。
「何かボク達、蜂の巣をつついて逃げてるみたいな感じ? と、とりあえず迎撃しなきゃ!」
 確かに、幼き眩惑の狐姫・セレス(a16159)の言葉の通り、確かに侵攻を仕掛けたのは冒険者達である。
 しかし、一つ言えること、それは……彼等は倒さなければならない敵という事。同盟諸国の敵である存在という事なのだ。
 彼らを倒さなければ、倒れるのは自分達……だから、倒さなければならない。
「確実に……ここで止めないと、ね」
 唇を噛みしめながら、蒼の閃剣・シュウ(a00014)が向き直る。
 その横では、指を鳴らしながら緋桜の獅子・オウカ(a10970)が、我が物顔で飛び回るドラゴン達に向けて叫ぶ。
「殿の役目……果たす時が来ちまったかな。でも、ここがお前の終着点だぜ、ドラゴン野郎!」
 多くのドラゴン達……彼等に対して挑発の言葉を叫ぶと、一体のドラゴンが降下してくる。
 自分達の数倍はありそうな体躯の大きさが、みるみる内に頭上より近づいてくる……それは自然と、恐怖心を覚えさせた。
「うぅ……何だか強そうですぅ……」
 最初に元気良い言葉を告げていたストライダーの医術士・マリス(a90124)だったが、余りにも巨大な体躯を目の前にすると、やはり脚が震えてしまう。
 その一方で、元気良い言葉を言い放っているのがセレス。マリスの肩をぽんぽん叩きながら。
「にゃはは〜、大丈夫、みーんなボクにお任せなんだよっ♪ ドラゴンなんて、ボコボコにしちゃうんだよっ!」
 そんな対照的な二人に、フレイハルトの護衛士−紅神の・フーリィ(a00685)が言葉を挟む。
「大丈夫、マリス君?」
 フーリィの心配に対して、マリスはこく、こく、となんとか頷く。
「だ、だ、大丈夫ですぅ……倒さないと、他の皆が怪我を負うですぅ、もうこれ以上の怪我人は出したくないですぅ……!」
「そうですね。たくさんの人を護らないと……。仲間とか、民とか……それだけじゃなく、笑顔や、今日と同じ明日。そういった……ささやかで温かなものを、今度こそ……護らないと」
 オーディンの槍・カミュ(a49200)の言葉……一番共感を覚えたのはフーリィだった。
(「……誰も死なせたりしない。それが……あたしの信念だから」)
 そう言っている間にも、ドラゴンは降下し続け、冒険者達数メートル先へと降り立った。
 ドラゴンの威圧する雰囲気に……フーリィが立ちふさがって、辛辣に叫ぶ。
「あなた……絶対に、ここは通さないわ。これ以上、多くの人たち……多くの若者達の命を奪わせたりはさせない。私たちは立っている限り戦えるのだから……闘士なのだから……!」
 そうフーリィは言うと、背後に立つセレスとマリスに、こう語りかける。
「いい……肝に銘じておきなさい。護る為に戦う時には、敗北は許されないわ。何故ならば、破れるという事は護らなきゃいけない大切な者の命が失われるという事を意味するの。だから……絶対に、死に急ぐような行動は取らないようにね」
「わ、わかったですぅ……」
「大丈夫、ボク達はきっと勝てるよ!」
 二人の言葉に微笑みを浮かべるフーリィ、そして。
「さて……これ以上は通行止め。この先に行くならば、私達を倒してから行きなさい」
「もうこれ以上、先に進ませる訳には生きませんからね……倒して見せましょう」
 魔王様・ユウ(a18227)と、斬空術士・シズマ(a25239)の言葉に、マリスが。
「ほ、本当に倒せるんですかぁ……?」
「そんな弱気になっては倒せませんよ。さぁ……行きましょう」
「うん……それじゃ、行くよ!」
 シズナの言葉に皆が頷くと、天紫蝶・リゼン(a01291)が、疑似ドラゴン界を展開する。
 ドラゴンウォーリアーとなり、力が体に漲っていく冒険者達。
「よし……行こう」
 多装武具装士・レクス(a41968)がそう気合いを入れ、そして。
「マリスはドラゴンに近づかず、回復を頼む。俺達がドラゴンを倒すのに集中できるよう、しっかり頼むぞ。……それじゃ、みんな突撃だ!」
 シュウの号令一下、冒険者達は一斉に陣形を展開した。

●命を賭して護るのは
 疑似ドラゴン界の中、前衛・後衛と、二つの陣形へと展開する冒険者達。
 ドラゴンウォーリアー化した能力で、それぞれが血の暴走や、イリュージョンステップ、ウェポンオーバーロード、どこでもフワリン等の自己強化を行う。
 更にユウとカミュの二人が、手分けして、鎧聖降臨を全ての者に掛けていく。
 当然……その間にも、ドラゴンは攻撃を仕掛けてくる。
「くそ……鬱陶しいですね。遠いから、まだ容易く交わせますが……」
「……準備整わずして戦うのは危険ですからね。よし……いいですよ」
 シズマがそう吐き捨てると共に、全ての強化を終えたユウが頷く。
 改めて確認し、目の前に対峙するドラゴンへと武器を構える。
「よし……いくぞ?」
「うん、ボッコボコにしてやるんだ!」
「本番ですね……さぁ、行きますよ」
 シュウ、セレス、シズマが互いに頷き会うと共に、ドラゴンへの間合いを一気に詰める。
 当然ドラゴンは、近づきつつある冒険者達に向けて、至近距離からの突風の攻撃を仕掛けてくる。
「そんな同じ攻撃ばっかじゃ、効かないよっ!」
 先陣を切るリゼンが、その巨大剣の柄を上に、刃を下に持ち替えて盾のようにして受け流す。
「まずは一気にしかけるよっ!」
 その言葉に続いて、リゼンからシュウ、セレス、オウカ、シズマ、カミュ、レクスへと続く攻撃を仕掛ける。
 四方八方からのその一撃……しかしドラゴンは、素早い動きで羽ばたき、その攻撃を後方へと受け流した。
「ちっ……中々すばしっこい奴だな!」
 オウカの吐き捨てる言葉に対して、ドラゴンは……どこか冒険者達を嘲笑うかのように、上空の方へと飛翔……そして、冒険者達のいる辺りに向けて急降下を行う
 それは、巨大な体躯で切り裂く風を使った突風。鋭い刃となった風の剣である。
「くっ……ぅ」
 翼による風圧とは比べものに成らない程の突風は、冒険者達の陣形をかき乱した。
 そして……その乱れに乗じて、手近にいたセレスに、鋭いかぎ爪の攻撃を放つ……それは、その体を大きく切り裂いた。
「ぅ……いったーーぃっ!!」
 激しい血飛沫が飛び散ると共に、急ぎ後衛に配していたフーリィが癒しの聖女をセレスに放つ。
「こんなに素早いとは思ってなかったですね……。これは、本当に間合いを詰めて、動けなくさせる必要がありますね」
「でも……近づけばあのかぎ爪で攻撃される可能性も高い……決死の覚悟で向かうしかないな」
 レクスとシュウの言葉のように、接近戦を仕掛ければ、それだけ危険は増える。
 しかし……迷っている暇は無い。大丈夫……背陣には、マリスとフーリィの二人が、回復一つ行える体制を整えている。
「ああ……そうだな。まずは注意を惹き付けるから、それで一陣が取り囲んで貰って良いか?」
「そうだね……判った。アタシが後ろからサポートする。カミュも御願い!」
 リゼンの言葉に、二人頷く。その後方から、フーリィが叫ぶ。
「敵の動きに注意するのよ! 攻撃を繰り出す時、図体がでかいドラゴンなら、何らかの予備動作が在るはずよ」
「うん、判った。……いくよっ!」
 オウカを先頭にして、左右にリゼンとカミュの二人が付いて、一直線にドラゴンへと向かう。
 距離を詰め、オウカのワイルドキャノンを切っ掛けに、リゼンのパワーブレードとカミュの大岩斬で切り込んでいく。
 対しての龍は……その身を後方へと翻し、その攻撃を交わす。
「なに……っ! うあっ!」
 シズマがそう言った瞬間、その翼を使って三人を吹き飛ばすドラゴン。ダメージはさほどでは無いが……再び両者の間合いは元に戻ってしまう。
「くそーっ……単に前から攻撃を仕掛けるだけでは、攻撃を当てることは難しそうだね。ドラゴンを取り囲む事がまずは必要みたいだね」
「……後衛からの回復が届くかどうか、不安ですが……でも、やらなければなりませんね」
 セレス、レクスが短く言葉を交わし合う。その言葉を聞いて、フーリィは、後陣から離れると共に。
「……マリスは宜しく頼むわ。私が後ろに回る。大丈夫……奴の動きを注意深く見ていれば、行動なんて丸わかりよ」
 そうフーリィは二人に言うと、レクスら前衛の位置へと向かう。
「……マリス、私も援護射撃を仕掛けます。回復、宜しく頼みます」
「わ、わかったですぅ……」
 そんな不安を覚えながらも……フーリィは仲間達へ。
「シュウさん、リゼン、オウカ。私も一緒に後ろに回るわ。導き、宜しく頼むわね」
「判った。覚悟はいいな?」
 声無くただ頷き、そして三度、ドラゴンへの接近を試みる。
 全員による、流れるような連携攻撃……そして更に、ユウのヴォイドスクラッチが、その攻撃に追加される。
 目的はドラゴンの動きを止める事。その為にも、ドラゴンの背後に回りこむ必要がある。
 対してのドラゴンは、今までと同じ攻撃と思ったのだろう。ただ上空へ飛び去り、即座に急降下。
 回避前提に動けば、その攻撃を避ける事など容易いもの。ドラゴンの前後は、冒険者達によって囲まれてしまう。
「……油断したな。所詮はヒトと思って、食って掛かったんだろう?」
 ドラゴンにそう告げるオウカ。そして、ドラゴンに考える隙も与えず、第二波の攻撃を仕掛ける。
 狙うは柔らかい腹部と、硬い鱗の部分。
 初手に放つはユウのヴォイドスクラッチ。アーマーブレイクを狙い放つ。
 その攻撃が命中した後に続く、七人の前衛の者達。
「我が刃に断てぬモノ無し……喰らえっ!」
 シズマのソニックウェーブを始め、シュウのパワーブレードやリゼンのパワーブレイクになった通常攻撃。
 セレスは疾風斬鉄脚を中心に切り込みながら、カミュの大岩斬とレクスの流水撃が放たれる。
 更に補助するように、オウカは指天殺を、ドラゴンに出来る限り接近し、その眉間の間へと叩き込む。
 ドラゴンは、流石に動きを封じられた結果か……数発の攻撃を避ける事しか出来ず、大きくダメージを喰らう結果となる。
 勿論対してのドラゴンも、ただ攻撃を喰らっているだけではない。
 翼、かぎ爪、そして牙を使い、まとわりつく冒険者達を引き離そうとするのだが……マリスとフーリィの二人が、ただひたすらにヒーリングウェーブを使い、その傷を癒し、不足分はそれぞれのガッツソングによって回復を行う。
 全体的に、攻撃に偏った構成であり、回復が不足するかと思われていた。
 しかし、前衛の者達も回復手段を持つ事で、その不足はどうにか補い、ドラゴンに対して、かなり有利に戦況を運ぶ結果と成っていたのだ。
 ……そんな戦闘が暫くの間続き、アビリティも次第に尽き始めた頃。
 一つ……ドラゴンが、違う動きをする。当然その動きを鋭く察知したのは……フーリィ。
 動きを止めて、その巨大な体躯を震わせる。何か、言葉では言い表せないような……不安を覚える。
「……! 上に逃げて!」
 叫ぶフーリィ。
「……ぇ!? うわぁっ!」
 状況を理解出来ないマリスの手を握り、ユウが上空へと飛び去っていく。勿論他のメンバーも、上空へと飛翔する。
 その次の瞬間……ドラゴンは、激しい咆哮を上げ、地面を震わせる。
 まるで大地震が起ったかのような震動と、震える空気。全力をもっての、ドラゴンの……最後のあがきであった。
「効かないよっ! 一思いに殺してあげるっ!」
「ドラゴンごとき……葬らずして帰る訳にはいかん……死ねっ!」
 セレスとシズマの二人の攻撃が、高度から急降下した威力を持って突き刺される。
 咆哮とは違う、悲痛な叫び声を上げながら、ドラゴンは……その地に臥した。

「……終った、か」
 疑似ドラゴン界を解放し、汗を拭くシュウ。そして、走って近づくマリス。
「……ほんとうに、これで……ドラゴンは倒れたですかぁ……?」
「そうだね……どうやら、逃げ遅れていた皆も逃げおおせたみたいだね。後は……俺達も、無事に帰らないと」
「……そうでしたね。まだここは油断出来ません……早く戻りましょう」
「そうだよ、ほら、早く行くよ!」
 ユウ、そしてリゼンの言葉に頷き、ドラゴンズゲートへと急ぐ。
 ……ドラゴン界、更なる闇の先。不穏な空気を感じ取った……この戦い。
「……そうですね、早く行きましょう」
 今はその時ではない……力を蓄え、次なる機会へと繋げる事。
 それが、同盟諸国の選んだ結論なのだから。


マスター:幾夜緋琉 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2007/09/30
得票数:冒険活劇1  戦闘16  コメディ2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。