【DRAGON’s HEAVEN】第1次ドラゴン界侵攻作戦:デッドリーチェイス



<オープニング>


●第1次ドラゴン界侵攻作戦
 カダスフィアフォートに出現したドラゴン界に攻め入る大作戦『第1次ドラゴン界侵攻作戦』は、当初予定通りの戦果を確実にあげる事ができた。
 3000名以上の冒険者がドラゴン界に入り、ドラゴン界の拠点を破壊し、ドラグナーを撃破し、主戦力であるドラゴンにも一定の損害を与えたのだ。

 だが、ドラゴン達も、ただ座して攻撃を受けてはいなかった。
 空を縦横に飛翔し、反撃するべく押し寄せるドラゴン達へと、冒険者達はドラゴンウォリアーとしての力を振り絞って立ち向かう。
 戦いの中で、ドラゴンの反撃を退け続ける冒険者達の中からも、傷つき、そして倒れる者が時を経るにつれて増えていった。

「これ以上の犠牲は要らぬ……」
 黒鴉韻帝・ルワ(a37117)が苦渋交じりに呟く。
 ドラゴン界に攻め込んだ多くの冒険者達の判断は、彼と同じだった。
「だいぶ削ったはずだし……。そろそろ撤退かな」
 笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)がそう口にした時、後方支援部隊から、ホーリーライトの黄色い光が上がる。
 それを撤退の合図として、冒険者達は次々とドラゴン界からランドアースへと脱出していった。

 だが、この戦いにおける大きな困難は、ここから始まろうとしていた。
 30体以上のドラゴンが、ドラゴン界から冒険者達を追撃にかかったのだ。

 ドラゴン界の外に出た冒険者達は、ドラゴンウォリアーとしての力を維持出来ない。
 それは、冒険者達がドラゴンウォリアーの高速飛翔能力を使えなくなる事も意味している。
 空を飛べず、速度も低下した冒険者達が、高速で飛翔するドラゴンに追いつかれるのは時間の問題だろう。

 だが、それを許すわけにはいかなかった。
 ドラゴン界での激しい戦いで多くの冒険者が傷つき、あるいは力を使い果たしている。
 そうした仲間達をドラゴンに蹂躙させないためにも、ここで誰かが踏みとどまり、擬似ドラゴン界を用いて追撃を仕掛けるドラゴンを迎撃する必要があるのだ。

「ドラゴンに対抗出来るのはドラゴンウォリアーだけだ。あのドラゴンは……俺達に任せろ!」

 迫り来るドラゴンを阻むべく、覚悟を決めた冒険者達が敵に向き直る。
 撤退する仲間達の背中を守るため、決死の戦いが始まろうとしていた。

●デッドリーチェイス
 カダスフィアフォートを覆う漆黒の闇が濃度を増す。
 ドラゴン界から溢れ出した複数のドラゴンは、撤退する同盟冒険者の後ろ姿を見咎め、今にも襲い掛からんとしていた。
「怪我人を優先的に避難させろ! 体力の残ってる者は一緒に来い!」
 このままなら、追い付かれるのも時間の問題だろう。
 撤退する同盟冒険者の最後尾、鉄の魔女・マグナスは思わず歯噛みしながら、声を張り上げる。
 編制される迎撃部隊の中にあって、マグナスの周囲にも何人かの冒険者が集まっていた。
「一応言っておくが、この中に重傷者がいるなら参加を控えてくれ。命の保証は出来ない」
 ただでさえ状況は切迫しているのである。
 その上、足手まといを抱えて戦えるほど生易しい相手ではないだろう。
「いいか、くれぐれも無理はするな。ドラゴンを倒せれば上等、それが駄目なら少しでも戦闘を長引かせて、仲間の撤退する時間を稼ぐ!」
 そうこうする間にも、上空から遠雷のような咆哮が近付いてくる。
 見れば、エメラルドグリーンに輝く鱗を纏った痩躯のドラゴンが眼下の冒険者を睨め付けていた。
 どうやら、時間も残り少ないらしい。
「俺達は彼奴を足止めする。準備はいいな?」
 迫り来る碧雷のドラゴンを見上げながら、マグナスは静かに言い放っていた。
 ――わざわざ確認するまでもない。
 あの時、最後の選択を迫られた希望のグリモアの冒険者は極限の窮地で奇跡を呼び起こし、ドラゴンウォリアーの力を得た。
 最強生物であるドラゴンをも滅する力を……。
 彼等の中に竜の戦士の息吹がある限り、彼等の心に希望のグリモアの誓いがある限り、何度だって奇跡を起こしてみせる。
「そうさ、全員で帰るために……行くぞ!」
 そうして、冒険者はドラゴンを迎え撃つため、雷鳴轟く戦場へと一歩を踏み出すのであった――。

マスターからのコメントを見る

参加者
竜戦士・バジリスク(a10588)
狼牙の守護神・アールグレイド(a15955)
燈導・ソエル(a16489)
御茶菓子・カンノン(a32366)
不浄の巫女姫・マイ(a39067)
湖月・レイ(a47568)
流水円舞闘の使い手・オルガ(a49454)
彷徨う灰かぶり・フェイクスター(a51257)
普通を愛するエルフの医術士・ハウマ(a54840)

NPC:鉄の魔女・マグナス(a90244)



<リプレイ>

●死の追討戦
 ドラゴンの咆哮が遠雷のように響き渡り、迸る雷光をエメラルドグリーンの鱗が照り返す。
 生み出された雷の吐息が眼下の大地を薙ぎ払うが、それは、ただの岩肌を削り取り、土くれを巻き上げただけに過ぎない。
 先程まで大勢居た冒険者の姿も、まるで蜃気楼のように、何処か遠くの景色の向こうに溶け消えていた。
『……ちぃっ!』
 考えるよりも早く、本能が全てを理解する。
 いつの間にか自分がこの、無機質な檻の中に閉じ込められてしまった事に――。
 咄嗟に急旋回するドラゴンの脇腹を、彷徨う灰かぶり・フェイクスター(a51257)の放ったホーミングアローが掠めていく。
「今のを避けた……!?」
 矢を放ったタイミングは、悪くなかったはずだ。
 しかし、ドラゴンのスピードはそれを圧倒的に凌駕している。
 それにより、ドラゴンウォリアーと化した冒険者の姿を確認したドラゴンは、そのままの勢いで彼等に向かって急降下を開始していた。
「……っ、止めるぞ!」
 狼牙の守護神・アールグレイド(a15955)が、仲間と共にドラゴンの進路に立ち塞がる。
 だが、彼等に襲い掛かったのは、勢いのままに振るわれる巨爪の一撃。
 雷光を纏ったドラゴンの爪は、彼等の身体を引き裂き、電撃は強烈なマヒの呪縛となって全身を痺れさせていた。
「まあ、大変……」
 御茶菓子・カンノン(a32366)が咄嗟に高らかな凱歌を奏でると、清浄なる調べが彼等の傷を癒していく。
 しかし、マヒまでは完全に抜けきらない。
 普通を愛するエルフの医術士・ハウマ(a54840)の展開したヘブンズフィールドも彼等の助けにはなっているが、事前情報も少なく、対応が後手に回っているのは否めなかった。
(「今まで自分達がどれだけ霊視に頼り切っていたか……よく分かりますね」)
 沸き上がる不安な感情を押し殺し、不浄の巫女姫・マイ(a39067)はドラゴンに毅然と向き直る。
 やはり、霊査士の助言があるのと無いのとでは、情報量のみならず、任務に対する絶対的な安心感も大きく違ってくるのだろう。
 それでも、彼等に躊躇している余裕はない。
 例え先が見えなくとも、彼等が得るべき結果は一つのみ。
 鉄の魔女・マグナス(a90244)も言っていた……殿としての役目を果たし、その上で、誰一人欠けることなく無事に帰還すると。
「なに、あの時の戦いに比べれば、大したことはない!」
「あの時……紅炎の暴君ベリアールか?」
 竜戦士・バジリスク(a10588)の発した言葉に、流水円舞闘の使い手・オルガ(a49454)が先のドラゴン襲撃を思い出す。
 ランドアース大陸の各地にあるドラゴンズゲートを巡って繰り広げられた攻防は、ゲート転送という切り札を隠し持っていた同盟冒険者の勝利によって幕を閉じた。
 その中で、彼等は強大な力を持つ一体のドラゴンと対峙し、これを撃破するのに成功したのである。
 それは、これまでに経験したどんな戦いよりも激しく、厳しい戦いであったのは間違いない。
 あの時の辛い戦いを乗り越えた冒険者なら、きっと今回も乗り切れるだろう。
 それを思い出し、彼等は奮起していた。
『ふぅん。本気で僕を倒すつもりなんだ……』
「――!?――」
 冒険者の覚悟を悟ったのか、目の前のドラゴンから伝わってくる殺気が膨れ上がる。
 まだ、力を隠し持っていたのか?
 身構える冒険者を、ドラゴンは静かに見据え。
『……なるほど、だったら本気でいかないとね』
 そう言って、ドラゴンが上空に向かって一声吠えると、冒険者の頭上には巨大な雷雲が立ち込めるのであった。

●雷鳴轟く天空の戦場
 展開されていたヘブンズフィールドを打ち破り生み出された雷雲は、彼等の頭上で不気味な音を立てている。
「一体何が――」
 そう言いかけた、幻灯の蒼標・ソエル(a16489)に向かって一筋の雷光が迸り、強烈な落雷が彼の全身を打ちのめしていた。
 それだけではない。
 あちこちで発生する落雷に、冒険者は避ける術もなく呑み込まれていく。
「何だ……っ!?」
 突然の出来事に、冒険者が浮き足立つ。
「これは……!」
 おそらく、トラップフィールドに酷似した力だろう。
 忍びである、月葬・レイ(a47568)が咄嗟に判断するが、ドラゴンの力によって生み出されたそれは、威力も規模も桁違いである。
 それに、慈悲などと言う生易しい効果も期待出来ない。
 小さな町なら丸ごと呑み込み、一瞬で灰燼に帰すほどの力があるだろう……ドラゴンウォリアーの力がなければ、熟練の冒険者であっても一撃で倒れるほどの威力を秘めている。
 それを必死に耐えながらも、冒険者は攻撃を続行していた。
「いくぜ!」
 虚空を蹴り、ドラゴンの懐に肉薄したアールグレイドの達人の一撃が叩き込まれる。
 しかし、大振りの一撃はフェイク。
 後に続く冒険者の連続攻撃が――。
「……っ、速い!?」
 すかさずオルガの薔薇の剣戟が繰り出されるが、ドラゴンの身体を捉える事は出来ない。
 エメラルドグリーンの痩躯を翻しながら、ドラゴンは冒険者の攻撃をかわしていく。
 それでも、それらの全てを避けきる事は出来ない。
「そこだっ!」
 バジリスクの繰り出したパワーブレード。狂戦士の極意と血の覚醒、それに、グランスティードの力を合わせて放った必殺の一撃は、急旋回するドラゴンの首筋を捉えていた。
 すかさず、マグナスの放ったエンブレムノヴァが追い討ちをかける。
『……ぐっ!?』
 首筋を引き裂かれる痛みと、全身を焼き尽くされる熱さにのたうちながらも、ドラゴンは一瞬で体勢を立て直し、頭上に雷光を集束させていた。
 生み出された雷の槍から迸る雷光が、疑似ドラゴン空間を目映く照らし出す。
 掲げた片手が、標的を指し示した瞬間。
「――――なっ!?」
 そこにあったはずの巨大な雷の槍が、いつの間にか、マグナスの身体に突き刺さっていた。
 反応する余裕もない。
 いや、攻撃された事すら気付かなかっただろう。
 雷鳴のスピードで繰り出された一撃は、マグナスの全身を焼き尽くし、意識すら容赦なく奪い取っていく。
「マグナスさん!?」
「攻撃の手を緩めるな! 手数で押せば、動きを止められ……っ」
 カンノンが咄嗟に助けようとするが、そのまま、意識を失い疑似ドラゴン界から閉め出されるマグナスに、彼女の回復は届かない。
 どうか、無事でいてくれますように。
 願いを込め、呼び出した護りの天使達が周囲にいる仲間の側に寄り添い攻撃に備える。
 先程から立て続けに襲い掛かる落雷すら完全に防ぎきれないが、何もない状態で受けるより幾分マシだろう。
 とは言え、落雷を受けるたびに張り直していたのでは、回数も心許ない。
「これさえ消せれば、少しは楽になるのだろうが……」
 頭上にわだかまる雷雲に目を細め、忌々しく呟きつつも、ハウマは回復の合間に再度ヘブンズフィールドを展開しようとするが、一瞬で掻き消されてしまう。
 このままでは、ドラゴンの力に屈するのも時間の問題かも知れない。
 同盟冒険者の撤退を成功させるため、少しでも長く時間を稼がねばならないのに……彼等の心には焦燥が満ち溢れていく。
 それでも、ドラゴンウォリアーとしての誇りが……希望のグリモアに導かれた冒険者としての誇りが、彼等を戦場に踏み止まらせていた。

●一進一退の攻防
 エメラルドグリーンの鱗に全身を覆われたドラゴンは、自らが一筋の雷光と化したような猛スピードで戦場を駆け巡る。
 それでも、何とかドラゴンのスピードに追随出来るのは、ドラゴンウォリアーの力の賜物だろう。
 力も素早さも精神も、ドラゴンに対抗しうる力を解放した冒険者は、雷光を放つドラゴンを徐々に追い詰めていた。
「逃がすかっ!」
 急旋回するドラゴンの進路を予測し、フェイクスターの放ったライトニングアローが見事に命中すると、激しい雷がドラゴンの体力を削り取っていく。
 途端にバランスを崩し、降下していくドラゴンだが、そうしながらも先程の雷の槍を生み出していた。
『この僕に雷で傷を付けるなんて……ね』
 怒りに満ちた表情で、ドラゴンは電光の迸る雷の槍を解き放つ。
 やはり、視覚に頼っていては、避けられるような攻撃ではない。
「――――!?」
 雷鳴が耳をつんざき、落雷の衝撃が通り過ぎ……気付いた時には、雷の槍は吸い込まれるようにフェイクスターの胸に突き刺さっている。
 思い出したように、彼の側に浮いていた護りの天使が光の羽根を撒き散らしながら散っていた。
 その一撃だけで、フェイクスターの意識は闇に墜ちる。
「フェイクスターさん!」
 ここに来て、冒険者の損害は無視出来ない段階まで来ていた。
 それでも、マイは必死に援護している。
 だが、ドラゴンは冒険者に立て直す時間を与えようとはしない。
「させないよ!」
 ソエルの放ったワイルドキャノンの一撃が、ドラゴンの身体を打ち据える。
 続けざまに、レイが飛燕連撃を繰り出すと、次々と叩き込まれる気の刃がドラゴンの身体を貫いていく。
「……っ、これでも止まらん?」
 しかし、ドラゴンは構うことなく猛スピードで冒険者の目の前に肉薄すると、遠雷のような雄叫びと共に雷の吐息を吐き出していた。
 迸る雷光が冒険者を呑み込み、光が全てを包み込んでいく。
 カンノンの張り巡らせた護りの天使達の加護など、ひとたまりもない。
 全身に流れ込む膨大な電流が、冒険者の全身を緊張させ、彼等の身体をマヒの呪縛に追い落とす。
「これは、拙いな……」
 回復担当であるハウマまで身動きを封じられると、いよいよ冒険者に残された対抗手段は少なくなってきた。
 辛うじて呪縛を打ち破ったレイが毒消しの風を飛ばすが、それすらも確実な方法ではない。
 じわじわと追い詰められる感覚が冒険者の不安を掻き立てる。
 それを決して表に出さないように、何とか平静を装いながら、冒険者は反撃のチャンスを窺っていた。
 敵のスピードは厄介だが、こちらは前衛のガッツソングを含めて充分に回復を用意している。
 長期戦を想定した場合、かなりの持久力が期待出来るだろう。
『……っ、いい加減しぶといんだよ!』
 それを知ってか、ドラゴンは苛立ったように一声吠えると、頭上に巨大な雷の槍を呼び出していく。
 やはり、一番得意な技で決めに行くつもりだろう。
 撃ち出された雷の槍は、狙い違わず後方で回復を務めていたカンノンへと一直線に突き進み……それは、進路上にいるバジリスクの小柄な体躯に突き刺さっていた。
『な……!?』
「真っ直ぐに飛ぶだけの攻撃なら……標的さえ分かれば、例え『見え』なくても庇うのは難しくない」
 精確すぎる射撃性能が災いしたのか。
 驚愕するドラゴンを余所目に、バジリスクは壮絶な笑みを浮かべてみせる。
 彼の豊富な体力を持ってしても、雷の槍を受けきるのは容易くない。
 だが、防具さえ貫通する一撃さえも、バジリスクの体力を根こそぎ削り取るには至らなかった。
「婆が回復しますよ」
 カンノンの奏でる高らかな凱歌が、黒こげになった彼の体力を回復させていく。
 しかし、彼女の力だけではどうしようもない。
「ドラゴンを貫く力はないけど、貫く力を守る事は出来るんだぜ!」
 そこに、ハウマが咄嗟に呼び出した癒しの聖女が舞い降りると、いつでもフワリンの力も借り、バジリスクの身体に蓄積されたダメージを解消していた。
 それらの様子を、ドラゴンは信じられないものを見るような表情で眺めている。
『身を挺して仲間を庇うなんて……効率的じゃないね』
 苛立ったようなドラゴンの言葉が、大気を揺るがす。
 ドラゴンと言えども、仲間との連携という考え方がないわけではない。
 だが、それはあくまでも相互の力を利用するための知恵であって、それがロードの命令でもない限り、自分を犠牲にしてまで仲間を庇うという考え方は有り得ないのだろう。
 そこに、冒険者とドラゴン、両者の決定的な違いが存在していた。
 攻撃も防御も回復も、全てを持ち寄り……それらを一本に束ねて、ドラゴンを貫く武器と為す。
 それこそが、他でもない希望のグリモアの冒険者が……ドラゴンウォリアーが持ちうる最大の力であり、邪悪なドラゴンを穿つ聖なる楔でもあった。

●嵐の決着
 ドラゴンの意識に生じた一瞬の隙を突き、オルガが空中を駆ける。
 だが、彼のスピード中心の攻撃では、同じくスピード重視のドラゴンには見切られてしまうかも知れない。
「仲間と一緒に戻るために……貴様にはここで果ててもらおう!」
 攻撃をミラージュアタックに切り替えたオルガは、まるで舞い踊るような動作で手にした扇を振るう。
 そこから飛び出した幾筋もの鋼糸が不規則な軌道を描き、ドラゴンの巨躯を切り裂いていく。
 そこに、アールグレイドの達人の一撃が叩き込まれていた。
「好き勝手させとくつもりはないぜ!」
 いつの間に懐まで潜り込んでいたのか。
 先程よりも更に精度を上げた踏み込みに反応する暇もなく、ドラゴンの身体は逆袈裟に切り上げられていく。
 そこに、紅い弾丸のように飛び込んできたバジリスクのパワーブレードが突き刺さると、ドラゴンの片方の翼を根元から断ち切っていた。
『アァァァァァァ……ッ!!』
 怒りに震える形相で、ドラゴンは眼前の冒険者を睨み付ける。
 片方の翼を失っても、多少バランスは崩れるだろうが、飛ぶ事に大きな問題はない。
 しかし、こんなちっぽけな人間如きにコケにされたかと思うと、ドラゴンのはらわたは煮えくりかえっていた。
 怒りのまま、ドラゴンの巨大な爪が振るわれる。
 しかし、雷光の迸る爪を受け流したソエルは、すかさずドラゴンの急所に指天殺をお見舞いしていた。
「これなら、どう……?」
 急所を貫かれ、ドラゴンが苦悶の表情を浮かべる。
 そこに、マイの放ったブラックフレイムが突き刺さると、ドラゴンの顔面を容赦なく焼き払っていた。
「今よ!」
「これで……仕舞いや!」
 体力は充分にある。
 防御を捨てただ一振りの刃と化したレイは、蝙蝠の翼をはためかせ、血塗られた刃をドラゴンの首筋に突き立てていた。
 斬れるか?
 いや――。
「――斬る!!」
 迷いを断ち切り、意志を叩き込み、ドラゴンウォリアーの誓いと誇りに賭けて振り下ろした刃が、傷付いたドラゴンの首を切り落としていた。
 驚愕の表情を貼り付かせたまま、墜ちていくドラゴンの亡骸を見送り。
 やがて、疑似ドラゴン界が解けると同時に、上空を覆っていた雷雲が消え去り、晴れ渡る秋空が広がっていく。
 こうして、殿としての役割を全うした冒険者は、倒れた仲間を回収し、同盟諸国への帰還を果たすのだった――。


マスター:内海直人 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2007/09/28
得票数:戦闘30 
冒険結果:成功!
重傷者:鉄の魔女・マグナス(a90244)(NPC)  彷徨う灰かぶり・フェイクスター(a51257) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。