第1次ドラゴン界侵攻作戦:轟焔の紅き牙影



<オープニング>


●第1次ドラゴン界侵攻作戦
 カダスフィアフォートに出現したドラゴン界に攻め入る大作戦『第1次ドラゴン界侵攻作戦』は、当初予定通りの戦果を確実にあげる事ができた。
 3000名以上の冒険者がドラゴン界に入り、ドラゴン界の拠点を破壊し、ドラグナーを撃破し、主戦力であるドラゴンにも一定の損害を与えたのだ。

 だが、ドラゴン達も、ただ座して攻撃を受けてはいなかった。
 空を縦横に飛翔し、反撃するべく押し寄せるドラゴン達へと、冒険者達はドラゴンウォリアーとしての力を振り絞って立ち向かう。
 戦いの中で、ドラゴンの反撃を退け続ける冒険者達の中からも、傷つき、そして倒れる者が時を経るにつれて増えていった。

「これ以上の犠牲は要らぬ……」
 黒鴉韻帝・ルワ(a37117)が苦渋交じりに呟く。
 ドラゴン界に攻め込んだ多くの冒険者達の判断は、彼と同じだった。
「だいぶ削ったはずだし……。そろそろ撤退かな」
 笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)がそう口にした時、後方支援部隊から、ホーリーライトの黄色い光が上がる。
 それを撤退の合図として、冒険者達は次々とドラゴン界からランドアースへと脱出していった。

 だが、この戦いにおける大きな困難は、ここから始まろうとしていた。
 30体以上のドラゴンが、ドラゴン界から冒険者達を追撃にかかったのだ。

 ドラゴン界の外に出た冒険者達は、ドラゴンウォリアーとしての力を維持出来ない。
 それは、冒険者達がドラゴンウォリアーの高速飛翔能力を使えなくなる事も意味している。
 空を飛べず、速度も低下した冒険者達が、高速で飛翔するドラゴンに追いつかれるのは時間の問題だろう。

 だが、それを許すわけにはいかなかった。
 ドラゴン界での激しい戦いで多くの冒険者が傷つき、あるいは力を使い果たしている。
 そうした仲間達をドラゴンに蹂躙させないためにも、ここで誰かが踏みとどまり、擬似ドラゴン界を用いて追撃を仕掛けるドラゴンを迎撃する必要があるのだ。

「ドラゴンに対抗出来るのはドラゴンウォリアーだけだ。あのドラゴンは……俺達に任せろ!」

 迫り来るドラゴンを阻むべく、覚悟を決めた冒険者達が敵に向き直る。
 撤退する仲間達の背中を守るため、決死の戦いが始まろうとしていた。

●轟焔の紅き牙影
「――おいでなすったか!」
 舌打ちをして天を振り仰ぎ、十拍戯剣・グラツィエル(a90144)は十字に負うた双剣に手をかけた。
 始めはどれも似たり寄ったりに見えていたドラゴン達の姿も、今や目と鼻の先。よくよく観察すれば個々の特徴を見出せるほどにまで迫っている。
 太い脚、それに見合った厚さの武骨な胴、それらを支える逞しい翼。炎混じりの鼻息を溢し、硬く光を弾く鱗は血を吸い込んだ鉛の如き――その鈍く深い『紅』を、ひたと見据えるグラツィエル。

「俺達の相手は奴だ」

 追っ手のドラゴンの内一体を剣で指し、一拍後、彼は確認する様に振り返ると肩越しに続けた。
「怪我人は混ざってねェだろうな? 繰り返すが、重傷の奴は大人しく撤退の列に加わってくれ。命に関わるからよ。……俺達の仕事は追撃手の撃破。仲間を無事に逃がし切る為にも、こいつは確実に仕留めなきゃなんねェ」
 万全の態勢で臨んだとて楽には勝てない難敵である。
 万が一、打倒が困難な場合でも、出来るだけ長く戦い充分な時間を稼ぐ事。その為の戦力が求められているのだ。――が。
 それまで苦い表情で言葉を転がしていたグラツィエルが毅然と口にする言葉。
「いいか、てめェら。絶対に、生きて帰る事を諦めンじゃねーぞ」
 ――俺の手が届く所では誰一人として逝かせない。
 揺らがない強い光を湛えた瞳で、共に戦う仲間達の顔を順に見渡す。意味する所はただ一つだ。
「奴を墜とす。絶対ェ、墜とォす!」
 撤退する仲間を護る為。そして、皆で帰還する為に。
「さァ、一丁気合入れて行こーぜィ!」

マスターからのコメントを見る

参加者
温・ファオ(a05259)
巨剣の傭兵・アレグロ(a10145)
帰ってきてしまった・イッキュウ(a17887)
赤心紅翼協奏曲・ハルヒ(a31994)
月蝶宝華・レイン(a35749)
月の揺籃・アニエス(a35948)
絶えぬ波音・アニス(a50019)
剣より解き放たれし者・シュテ(a56385)
白で黒・ティルタ(a65476)

NPC:十拍戯剣・グラツィエル(a90144)



<リプレイ>

●退けない戦い
 もし、自分がここで斃れたら。
 胸に過ぎった恐怖――大切な人を失うかもしれない恐怖を押し退ける様に赤心紅翼協奏曲・ハルヒ(a31994)は、襲い来る熱波の中、足を踏み出した。外衣を焼き、肉が焦げる痛みに耐える。退く訳には行かない。退ける筈がない。
 彼の翼はその意思を表す様に大きく変じ、朱と白のグラデーションに彩られている。蒼走る前髪の一房が、紅い風の中で揺れた。
(「皆さんは――?」)
 まさか散り散りになっているとも思えなかったが、確認しなければ、不安だった。
「あの野郎、いきなりたァ、やってくれるじゃねェか!」
 声が聞こえた。
「平気か?」
「勿論!」
 共に戦う仲間の声が聞こえた。
「ここまで追って来た事、たっぷり後悔させてやろうぜ、ハル!」
 エンジェルが同盟の冒険者達に救われ、自らもランドアースに降りて来て随分経つ。
 ようやく辿り着いた気がした。追いかけていた背に手が届くその場所に。
 熱気に喉がむせ返るのも構わず、ハルヒは大きく息を吸い込んだ。
「はいっ」

 ――擬似ドラゴン界。
 雄々しき紅のドラゴンは出会い頭に焔のブレスを噴きつけて来た。視界に触れる物全てを焼払うかの様に、そこに冒険者が待ち構えていようといまいと問答無用の先制攻撃だった。それは、彼らが背にした仲間達に向けられたものだったのかも知れない。
 だが、焔がそこまで届く事はないのだ。決して。
「ここから先は通行止めでーす。お帰り願いまーす!」
 壁となり剣となるべくハルヒ達が立ち向かったその後ろから、剣より解き放たれし者・シュテ(a56385)が叫び、構える魔楽器――「森の息吹」を意味する名を持つヴァイオリン。
 同時に、白で黒・ティルタ(a65476)が術手袋の嵌った手を振り抜いた。1から12の装飾数字が手首を縁取る白革手袋の左手甲に、生まれる半開蓮花様印。中央にハートの形のシトリンが輝く。
 シュテの魔楽器が奏でる音色とティルタの指先が描く力は、等しく目に見える形を取ってドラゴンを襲う。紋章の力である。炎を纏った木の葉の渦が2つ、正面から炎のブレスに飲み込まれた。
 相殺する事など在り得ない両者の力がぶつかり合う。
(「あたしはまだ動ける、戦える!」)
 額の石は鋭く尖り、瞳は怜悧な金色に染まり。身を斬られながらも先んじて焔の壁を突破した絶えぬ波音・アニス(a50019)はドラゴンの喉笛めがけて拳を繰り出して行く。
「アニス嬢!」
 急所に極まる確かな手応えに次いでアニスの喉に焼け付く様な痛みが生じた。
 カバーする様に追い上がって来た巨剣の傭兵・アレグロ(a10145)がその身を研ぎ澄まし、焔の中で極限まで高めた闘気を武骨な巨大剣の一撃に乗せてドラゴンに討ちかかるのを横目で見遣り、アニスは爆発に合わせて小さな咳を一つを零す。
 孤立した所を奴に狙われでもしたら一溜まりもない。それは、アニスもよく心得ていた。
 広大な戦場、巨大な敵。分散はすまいと気をつけてみた所で、その咳が聞こえる程互いに近くにいる訳ではない。隊列の維持に気を割き、声を張る事は出来ても、損耗の把握までは困難だ。
 が、彼女は仲間達を絶対的に信頼していた。
 己が身に刻まれるダメージは此方が切り込む一撃の威力の大きさに反比例する。それを身をもって体感したアレグロは歯を食いしばってドラゴンを睨めつけた。唇の端に血が滲んでいる。
 行かせはせぬ。
 群青の瞳の奥にはドラゴンと戦う為の力と意志が強く在る。ランドアースの地へと踏み込んで来た無遠慮な破壊者は、その時、進攻を止めて天を仰ぐ様に首を傾げていた。

「……蚊でも刺しましたか?」

 高空から聞こえて来る、仲間の誰とも違う飄々とした声。
「全然、効いてないみたい、だね」
 細い息を吐きシュテは苦笑する。
「……虫唾が走る」
 一体どれくらいの数がいるのか。いくらでも湧いてくる様な、そんな気がしてティルタは呟いた。項の辺りで引き千切れた様に不揃いなショートヘアーが温んだ風に撫でられる。ぞっとしない。あからさまな皮肉も。硝子の様に透き通った紅の瞳に浮かぶ感情。気持ちが逸る。
 少しでも早く。
 倒したい。倒さなくては。
 余裕綽々のドラゴンに対し、前衛の何人かは先のブレスに防御力を削がれているらしい。幸い後衛にはそこまでの被害は出ていない。だが。攻撃を仕掛けたシュテとティルタに、何か目に見えない力が作用したのは間違いなかった。気遣わしげに仲間達を見遣った月蝶宝華・レイン(a35749)は淡く虹色に輝く杖をしっかりと握り込み、敵を見据える。
「ここで食い止めるわ」
 月を宿した瞳の色と杖の形状、その身は覚醒の黒い炎に包まれていた。
 奴の、何でもない一言にさえ気を張り詰めるのは、他にどんな手を隠し持っているか解らないせいだ。退く事が許されない戦いである事を心に刻み、その覚悟が皆の胸にある事を禍音・アニエス(a35948)は何とはなしに感じている。さもなくば、誰もここに立ってはいないだろう。
 レイン同様黒炎を身に宿しているアニエス。ふと目を合わせた温・ファオ(a05259)が頷く。護りたいのは豊かな自然と光に満ちたこの世界のみならず、背負ったものはあまりに多いが、どれも大切なものだ。憧憬と寂寞に潤んだモスグリーンの瞳が伏せられた。
 守り抜く為に。繋いだ光を決して絶やさぬ様に。
 掲げる杖には朱と黄の色の糸で刺繍が為されたリボンが靡き、優しい光がその体から溢れ出す。

「皆、無理しないで!」
 更にティルタが仲間を助ける風を起こし、ドラゴンが、煩わしげに目を細めた。
「貴方達ですか、先程からわんわん煩い羽虫は。俺の邪魔をしないで下さ――」
 面倒臭そうな声を遮って響く、レッツゴー安国寺・イッキュウ(a17887)の雄叫び。
「ドラゴンに挑む勇敢なる者達に、とんちのグリモアの加護を……ぬううん!」
 轟焔のドラゴンに負けず劣らず、鋼の様な彼の赤銅色の肉体に弾けるとんちパワー、もとい希望のグリモアとドラゴンウォリアーの力。始めに彼の肉体を鎧い、殆ど無傷に近い状態で焔のブレスを凌いだ強大な力が、十拍戯剣・グラツィエル(a90144)の鎧に注ぎ込まれる。――後3人。
 ハルヒが鋭く腕を振り下ろした時、見えた気がした双剣の閃き。双方向から雷がドラゴンに襲い掛かった。よほど自信があるのか、ニヤけたドラゴンが避ける素振りすら見せないその理由をハルヒもすぐに知る事になる。吹き返す風を感じた瞬間、柄を握る手に弾かれる様な衝撃。誰かの舌打ち。神の裁きにも似た雷は彼ら自身をも苛んだ、が、二人とも剣を手放したりはしなかった。
 苛烈な電撃の威力をも殺ぎ、跳ね返す岩山の如きドラゴンに、アニスが間髪入れずに打ち掛かり、アレグロが吼えて斬りかかる。その都度吹き荒れる風に暴れる長い髪の隙間から、髪と同じ蛍火色の眼を光らせてイッキュウが声を張り上げた。背に生えた漆黒の竜翼が風を切る。
「後3人……それまで何とか堪えて下されぃ!」
「ボクだって、やる時はやるんだよ!」
 後衛から再度シュテが緑の業火を放ち、レインもそれに追従した。アニエスの足元から伸びた禍々しき影は『手』となって、これもまたドラゴンの身に強烈な一撃を加えているが、次の瞬間には影も木の葉も掻き消す返礼の風に、冒険者達の体力は削られる。
 どんな攻撃を繰り出した所で決定打にはならない現状、このままでは長期戦となるのは必至だ。
(「あの翼さえ封じてしまえば、きっと風は使えないのに……あんなに的がデカいのに!」)
 なかなか落とせないドラゴンの翼を、シュテは苦々しい思いで睨んだ。

●兆し
「――やれやれ」
 溜息を吐いたかに見えたドラゴンの鼻から焔が零れない。腹の底に呼吸を溜めているのだと、動向に注視していた何人かが気付いた。あるいは直感で、その時を知る。
「「来る……!」」
 轟く焔が迫り来る。後衛の仲間達をも巻き込む長射程。今度は近い距離からの一撃である。咄嗟にタワーシールドを翳すハルヒの身体に満ち寄せる力が固める護り。
「後2人!」
 イッキュウだ。焔に煽られて、時折、呻き声だか気勢だかを上げている。
 焔の中に在ってなお二列横隊を維持していた冒険者の隊列を分断する様に巨大な影が動いた。ブレスの回避を試みたシュテは結局逃げ切れず、次いで迫って来るその影に「うわ」と息を飲む。アニエスがファオを庇う様に飛び出し、レインが牽制の一撃を放つ。ひと蹴りで数百メートル。緑の業火を蹴散らす様に突進するドラゴンの前に回り込み、アニスの指天殺が、アレグロのデストロイブレードが、
「そうは――」
「させん!!」
 巨体の更なる前進を食い止める。そこに強烈な追撃の雷を見舞ったハルヒとグラツィエルが、次の瞬間、横薙ぎに吹っ飛ばされた。
「……!」
「ふふ」
 一瞬、赤い煙が噴き上がった様に見えて空気が冷える。そうと知ってか、ドラゴンが嗤う。
 攻撃か、回復か。アニエスとファオ、ティルタの視線が交錯した。素早く己の仕事を把握して三者三様に視線を走らせる。アニエスが飛ばされた二人の方に視線を戻した時、彼らは空中で体勢を立て直そうとしていた。派手に転がっていたものの命に別状はないらしい。内心胸を撫で下ろしながらもアニエスは高らかに歌う。凱旋の祈りを込めて。ティルタはドラゴンに向けて紋章の力を解放し、ファオの祈りによって光り輝く美しい聖女が生み出された。

「……っう」
 胴は繋がっている。潰れてもいない。勢い込んで上体を起こしたハルヒの腹に引き攣る様な痛みが走る。見ると帯の様に赤く滲んだ一文字。直撃を食らっていたら、と思うとぞっとする。
「あの野郎、嗤ってやがる」
「……急ぎ戻りましょう」
 『愛する者を護ると誓う』――ハルヒが振るう護刀の柄に刻まれた誓約である。誓いがしっかりと手の内にあるのを確認してハルヒは顔を上げた。サングラスを押し上げ、額にかかる前髪を気にする余裕はあるらしいグラツィエルも横腹に深手を負っていたが、凱歌のおかげで既に傷は塞がりつつある。戦線に復帰する二人、聖女の加護はまずハルヒに降り注いだ。

 振り捌いた勢いのまま剣を脇に引いた瞬間、アレグロの頬に爪で弾かれた様な裂傷が走る。先程から、反撃と言えば此方の攻撃を跳ね返す程度。余裕があるのは見て取れるが、未だ小刻みに体を揺すって嗤っているドラゴンに違和感を覚える。
 大きく崩された隊列を整える好機ではあった。
 二人が復帰するのを待つ身に、同じ懸念を抱いたらしいイッキュウの力が触れて来る。
「アレグロ殿……何か、妙ですな」
「ああ」
 アニスに続いて今此処にアレグロもより堅牢な護りの力を得た。が。
(「何が可笑しい。何故、待つ――?」)
 油断なく敵を見据えて体内に闘気を練り上げる彼の心の声に応える様な独り言と共に、みたびその時が訪れる気配。双眸を細めたドラゴンが開いた口から、焔の舌が伸びた。
「そう。そうやって固まっていてくれると面倒が少なくて良い」
「!」
「一匹ずつ潰して回るのは鬱陶しくて敵わない」
 声と焔は別々に襲い来る。高めた防御力も一瞬で無にしてしまいかねないこの凄まじい熱と破壊力に耐えるのが精々で、それが錯覚による物なのかどうかも解らなくなる。

 連戦による疲労の蓄積が警鐘を鳴らす。
 柔らかく仲間を包む光が静かに去り、ファオは厳しい表情で立ち尽くした。仲間を支えて来た彼女の癒しの力もそろそろ底を尽きかけている。援けとなっていたレインのヒーリングウェーブはとうに尽き、残るはアニエスの凱歌と、アニス達のガッツソングが数回ずつ。
 あのドラゴンにも着実にダメージは与えている――そう信じるしかなかった。
 シュテの幾度目かの挑戦が失敗に終わり、しかし諦めない眼差しで翼を見つめる少年の視界が上空に煌く何かを捉えた。それは降下して来るイッキュウだった。彼は空中で掴んだ双斧を自由落下の勢いで、今またブレスを吐こうとしていたドラゴンの脳天に叩きつける!
「とんちダイナミックチョップ……!」
 気合を込めた両の手から得物を介して伝わる衝撃を受け止める風――が起きる代わりに、羽ばたこうとしたドラゴンの翼が大きく裂けて千切れ飛ぶのを見て、シュテは思わず歓声を上げていた。
「やたっ」
「……む」
 鮮血を噴く翼の付け根を見遣り、鼻を鳴らしたドラゴンは、片翼でバランスを取りながら不安定な滞空。
「ざまぁないね」
 アニスが鼻で笑って跳び上がる。
「あんたは誰の命を奪う事も出来ず、ここで倒れるのさ!」
 ただ殴るだけの拳。だが、彼女の声から力が消え去る事はない。
「あたしらは戦いの為に戦うんじゃないから……だから負けない」
「破壊と殺戮だけで生きてるアンタ達なんて滅んでしまえばいい!」
 ティルタも叫んで緑の突風を叩きつける。その巨体は一歩たりとて動じはしなかったが、何もしないでいるよりは遥かにマシだ。新たに召喚した黒い炎がレインの身体を包む。
 ドラゴンがまた嗤いだす。
「俺にはまだ、右の翼がありますよ?」
 冒険者のパワーダウンをひとしきり嘲って吐く余裕。しかし、その眼は笑っていなかった。

●自らの足で
 やはり片翼を失った事が大きかったのか、ダメージの制御に失敗が目立ち始め、次第にドラゴンの身体に刻まれる傷痕が増えて行った。裂傷、打撲、火傷。ご自慢の硬い鱗は無様に剥がれ落ち、そんな状態になっても焔のブレスの威力は衰える事なく、冒険者達には脅威だった。
 それでも。
 一度大きく傾いた戦局を冒険者達はしかと掴んで手放さなかった。
 回復手段が尽きようと、強大な一撃を放つ手数が尽きようと、『極意』が彼らに力を与え続け、擬似ドラゴン界が彼らに味方した。彼らが倒れずにいる限り、このドラゴンを取り逃がす事もない。
 いつしか轟焔の右の翼も裂け落ちて、あの嗤い声も聞こえなくなる。

 虚無の手に心臓を抉り取られてしまったかの様に。

 静かな決着。
 トドメを刺したアニエスのヴォイドスクラッチ。その影の消滅と共に、世界が塗り替えられる。
「――」
 レインは大地に自分の足で立っている実感を噛み締めた。怪我人はいるが、肩を貸さねばならぬほどの手傷を負った者はない。危うい場面はあったが、皆、己の足で立っている。
 だが、それで充分だとは思えなかった。
 ドラゴンとの戦いはまだ始まったばかり。それは誰もが実感している事だろう。
 今回は誰一人欠けずに済んだ。しかし、次もそうだと言う保障は何処にもない。
(「もっと強くなりたい……」)
 彼女がそう願うのも無理からぬ事なのかもしれない。
 護る為の力を。護り通せるだけの力を。――己の心を信じ、抱き続ける希望を。

「源を辿れば、同じヒトであった者同士。何時まで争わねばならんのか……」
 アレグロの呟きに答えられる者はない。今はただ、しっかりと帰途の土を踏み締めるのみ。


マスター:宇世真 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2007/10/02
得票数:冒険活劇1  戦闘15 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。