第1次ドラゴン界侵攻作戦:決意



<オープニング>


●第1次ドラゴン界侵攻作戦
 カダスフィアフォートに出現したドラゴン界に攻め入る大作戦『第1次ドラゴン界侵攻作戦』は、当初予定通りの戦果を確実にあげる事ができた。
 3000名以上の冒険者がドラゴン界に入り、ドラゴン界の拠点を破壊し、ドラグナーを撃破し、主戦力であるドラゴンにも一定の損害を与えたのだ。

 だが、ドラゴン達も、ただ座して攻撃を受けてはいなかった。
 空を縦横に飛翔し、反撃するべく押し寄せるドラゴン達へと、冒険者達はドラゴンウォリアーとしての力を振り絞って立ち向かう。
 戦いの中で、ドラゴンの反撃を退け続ける冒険者達の中からも、傷つき、そして倒れる者が時を経るにつれて増えていった。

「これ以上の犠牲は要らぬ……」
 黒鴉韻帝・ルワ(a37117)が苦渋交じりに呟く。
 ドラゴン界に攻め込んだ多くの冒険者達の判断は、彼と同じだった。
「だいぶ削ったはずだし……。そろそろ撤退かな」
 笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)がそう口にした時、後方支援部隊から、ホーリーライトの黄色い光が上がる。
 それを撤退の合図として、冒険者達は次々とドラゴン界からランドアースへと脱出していった。

 だが、この戦いにおける大きな困難は、ここから始まろうとしていた。
 30体以上のドラゴンが、ドラゴン界から冒険者達を追撃にかかったのだ。

 ドラゴン界の外に出た冒険者達は、ドラゴンウォリアーとしての力を維持出来ない。
 それは、冒険者達がドラゴンウォリアーの高速飛翔能力を使えなくなる事も意味している。
 空を飛べず、速度も低下した冒険者達が、高速で飛翔するドラゴンに追いつかれるのは時間の問題だろう。

 だが、それを許すわけにはいかなかった。
 ドラゴン界での激しい戦いで多くの冒険者が傷つき、あるいは力を使い果たしている。
 そうした仲間達をドラゴンに蹂躙させないためにも、ここで誰かが踏みとどまり、擬似ドラゴン界を用いて追撃を仕掛けるドラゴンを迎撃する必要があるのだ。

「ドラゴンに対抗出来るのはドラゴンウォリアーだけだ。あのドラゴンは……俺達に任せろ!」

 迫り来るドラゴンを阻むべく、覚悟を決めた冒険者達が敵に向き直る。
 撤退する仲間達の背中を守るため、決死の戦いが始まろうとしていた。

●決意
「えと……あの……その」
 二つお下げの戦乙女・シフォンは、一瞬言いよどんだ。
 そのセリフは自分にはふさわしくないのではないかと……今の力量では明らかに自分が勝てないということを思い知っていたから。でも……
「私にもできることがしたいんです!」
 シフォンは、意を決して言った。
「えと……わたしに力を貸してください」
 その声はかすかに震えていた。
「ドラゴン界から返ってくる冒険者の人達が、ドラゴンに追撃されるって聞きました。みんな戦闘で激しく傷ついて……わたし、自分が出来ることがしたいんです!」
 集まった冒険者達を見据えるシフォン。
「帰ってくるみんなを迎えに行きたいと思うんです。だから、その……もしドラゴンが追いかけてきたら、わたしたちで戦って……やっつけて……」
 それ以上は言葉にならなかった。うつむくシフォン。
「やっばり……私じゃ力不足ですよね?」
 シフォンの頭を、誰かがそっと撫でた。
「え?」
 
 行こう、シフォン。
 
 誰が言ったのかわからない。が、それは少女を勇気付けるには十分だった。
「はい! えと、あのよろしくお願いします! でも!」
 シフォンが言った。
「今回の依頼はとても危険なんです。重傷を負った人は来たらダメです。えと、あのそれと」
 つ、と目線をそらしてから再び仲間達を見た。
「もしかしたら、追っかけてくるドラゴンを倒すのは難しいかもしれません。けど、頑張って足止めして、一人でも多くの冒険者達が帰ってこれるように頑張り……ます!」
「そこは、ます、じゃなくてましょう、だろ?」
「えへへ、そうでした。えと、あの……よろしくお願いしますね」
 二つお下げはぺこりと頭を下げるのであった。

マスターからのコメントを見る

参加者
紫輝の術法師・エルフィード(a00337)
蒼浄の牙・ソルディン(a00668)
血に餓えし者・ジェイコブ(a02128)
戦場を駆ける癒しの妖精・アンディ(a04272)
まじかるしんがー・ユーリアル(a06708)
蒼い護壁・テッド(a07940)
蒼銀の風謳い・ラティメリア(a42336)
電光石火・マイト(a49399)
純白虎魂・ミズナ(a57609)

NPC:二つお下げの戦乙女・シフォン(a90090)



<リプレイ>

 身の丈に合わない願いも望みもある
 そのせいで進めなくなる事もある
 それでもいつか果たそうと心に秘めて
 またひとつ決意を心に積む

「全く冒険者というのは」
 紫輝の術法師・エルフィード(a00337)は手にした杖を確かめながら微笑んだ。
「如何してこうも大変な役目に、首を突っ込みたがるんでしょうね」
「この間の戦は都合により参加出来なかった故、些かつまらぬ思いをしておったところじゃ。相手にとって不足はない」
「相手がグドンだろうがドラゴンだろうが、僕らのやる事は変わらないよ。さっさと叩きのめして何か食べよ」
 純白虎魂・ミズナ(a57609)の言葉に、電光石火・マイト(a49399)が笑顔で頷いた。
「まあ、あれだけ盛大に暴れといて、何事も無く帰れるなんてのは、ちょいと虫の良すぎる話ではあるか」
「まずは無理しすぎないことです」
 蒼き護壁・テッド(a07940)が言い、まじかる長官・ユーリアル(a06708)はサングラスを指で押し上げた。が、その中で一人浮かない表情の冒険者が一人。
「不安ですか?」
 蒼浄の牙・ソルディン(a00668)の言葉に、二つお下げの戦乙女・シフォン(a90090)はぎこちない笑みを浮かべた。明らかに緊張感が隠せないらしい。
「えと……あの、大丈夫です……多分」
 消え入りそうな返事に、ソルディンはシフォンの肩を叩くと煙草に火をつけた。
「不安な気持ちは誰の心にもある事です。皆を信じ全力を尽くすだけです」
「無理はしたらダメですよ。他の人の指示には従ってくださいね」
 戦場を駆ける癒しの妖精・アンディ(a04272)がシフォンに微笑みかけた。
「シフォン……これを持ってゆくのじゃ。ミズナのお古だが許せ」
 ミズナは、驚くシフォンに剣と鎧を押し付けた。
「えと……あの、ありがとうございますミズナさん」
「着替えないとね?」
 蒼銀の風謳い・ラティメリア(a42336)が、あたふたするシフォンに無理やり鎧を着せた。
「これで大丈夫じゃ。でも、無理はするでないぞ?」
「やるべき事をやりましょう。此処に居る皆で頑張れば、何とかなりますよ」
 エルフィードの言葉に頷くシフォン。
「時間だ」
 血に餓えし者・ジェイコブ(a02128)が立ち上がる。シフォンをじろりと睨むと冷たく一言言った。
「小娘、邪魔はするな。死ぬぞ」
「……!」
「ジェイコブ、言いすぎじゃろう」
 反論するミズナを、ソルディンが止めた。
「いいんですよ、ミズナさん」
 そう言うと、煙草の火を消した。
「あれが、彼なりの励まし方ですよ」

「空が高いな」
 秋晴れの空を見上げるテッド。雲ははるか高い空の上にある。
 不意に響き渡る声。秋空に響き渡る、鳥の鳴き声を思わせるような、甲高くも哀愁を帯びた声に、シフォンは大きく身震いした。
「来ました……か」
 ユーリアルはサングラス越しに見えた「それ」を見た。
「案外でかいですね」
 近づいてくる「それ」の大きさに、全員が言葉を失っていた。
「お腹空いたな」
 マイトの場違いな言葉に、微苦笑するエルフィード。
「帰ったら奢りますよ」
「なら、頑張らねばいかぬのぅ」
 ミズナのせりふに全員が頷いた。
「いきましょう」
 ラティメリアが手甲を握り締めたその時、世界が変わった。
 
「くぉらそこのトカゲモドキ! これ以上ランドアースでデカイ面はさせねえ!」
 マイトは中指を突き立てて、近づいてきたドラゴンを見据えた。
「とは言ったものの……でけぇな」
 空中に止っているようにしか見えないドラゴンの大きさを、マイトは目測で測るのを諦めた。大きすぎたからだ。全身が濃灰色のドラゴンは、冒険者たちの姿を見つけるや、一直線に進んでくる。
「相手に対する予備知識がないというのは、結構緊張しますね」
 ソルディンの言葉に、ジェイコブはニヤリとした。
「なら、その体に聞こうか」
 ドラゴン目掛けて飛び出すジェイコブ。
「待てジェイコブ、無理をするでない!」
 舌打ちしつつ、ミズナがジェイコブと共に飛び出した。身を翻したジェイコブは、ドラゴンの真上に踊り出ると、頭上に回りこんだ。ドラゴンが頭上のジェイコブに気がついた。
「遅い!」
 ドラゴンが頭をもたげるのと、ジェイコブのクリムゾンキャリパーが振り下ろされるのはほぼ同時だった。明らかな手ごたえを感じたジェイコブ。だが……その刃はまるで金属の壁を叩いたかのように、派手に弾き飛ばされた。
「なんだと?!」
 ドラゴンはその巨体から考えられないほどの急制動で空中に停止すると、ジェイコブを伸縮する首で叩き飛ばした。
「ジェイコブ?!」
 弾き飛ばされたジェイコブは、口の中に広がったものを吐き捨てた。紅に染まった口を強引にぬぐうと、笑みを浮かべた。
「それでこそ、我が主の贄にふさわしい」
 
 空中に停止したドラゴンの背後に回りこんだのはテッドだった。濃灰色の胴体がみるみる眼前に迫る。狙うはドラゴンの翼。
「背中ががら空きだぜ?」
 巨体の背中に取り付くと、ロングソードを突き立てた。刃がドラゴンの鱗に命中して火花を散らす。が、その手ごたえは今ひとつに感じた。
「なんだこいつ?!」
 ドラゴンが身をよじらせてテッドを振り落とそうとした。不意に動き始めた巨体に、よろめくテッド。ドラゴンの背中の背びれにぶつかって、背中から振り落とされた。放り出されたテッドの眼前に、急旋回して首を向けたドラゴン。その口から、何かが放たれた。
「テッドさん、下がるんだ!!」
 ユーリアルが叫んだ。テッドが態勢を整えるより早く、ドラゴンの口から紅蓮の炎の塊が放たれた。鼻先に迫る炎に、スパイクシールドを構えたが、炎に包まれるテッド。
「いやぁぁぁぁぁぁ!」
 悲鳴をあげるシフォン。炎が消えた先で、テッドは堪えていた。
「やれやれ……やってくれるぜ」
 咳き込みつつニヤリとしたテッドの口から、血があふれ出る。ドラゴンはそのまま空中で停止すると、再びテッドの方へ頭を向けた。
「逃げるんじゃ、テッド!」
 ミズナが、リカバリーに入ろうと飛び出す。ドラゴンが二撃目を放つよりもより早く、エルフィードが魔方陣を描き終えていた。頭上に展開された魔方陣から、エンブレムノヴァが火を噴いた。それはドラゴンの横っ腹に命中し、ドラゴンがのけぞった。ミズナがテッドの体をかっさらうようにして、ドラゴンから離れる。
「無茶するでない!」
「すまん。くそ、野郎見た目以上に固いぞ」
 再び動き始めるドラゴン。その視線が、ラティメリアたちに向いた。
「テッドさん、大丈夫ですか? 今治療しますね」
 アンディがヒーリングウェーブでテッドの傷を癒す。
「アンディ、後を頼むぞい」
 ミズナが、ドラゴンに向かって飛び出していく。ドラゴンの動きに気付いたマイトが、後衛に近づかせまいと、割って入った。
「ドラゴンだから……無駄に固いのかな?」
「それにしたって、あの固さは異常です。鱗がまるで城塞の壁ですよ」
 ラティメリアの言葉に、ユーリアルはドラゴンから視線を外さずに答えた。マイトがドラゴンにサンダークラッシュを命中させたが、ドラゴンにはほとんど効いてないようだった。
「ドラゴンブレスは、ただの炎みたいだね。テッドさんの怪我はそれほどでもなかったし」
 治療を終えたアンディの視線の向こうで、ジェイコブとミズナが再度攻撃を加えるが、決定打にはいたっていないようだった。
「もしかすると」
 ユーリアルのサングラスが光った。
「奴さんの特性って……?」
「ただ無駄に固いだけとか」
 ぼそりと答えたラティメリアの言葉に、苦笑するソルディン。
「なるほど。それなら、それで手はあると思いますよ」
 全員がソルディンを見た。

「くそ、全然効いてねぇ!」
 歯軋りするマイト。攻撃は命中しているのに、ダメージが与えられないのである。
「確かに……奴の固さは異常だな」
 テッドが頷く。その息は荒かった。
「無駄に突撃しても、こっちが削られるばかりじゃのう」
 ミズナが言い、ジェイコブが何度目かの攻撃に移ろうと無言で剣を構え直したときだった。
「皆さん聞いて下さい」
 ソルディンの声が響いた。
「理由はわかりませんが、ドラゴンは無駄に固いだけのようです。ですが、普通の攻撃はおそらく通りません」
「無駄に固い……だけね。言ってくれるよ」
 頭をかくマイト。
「じゃあどうするんですか?」
 シフォンの問いに、テッドはニヤリとした。
「固いなら、無理にでも穴をあけるしかないだろうな」
 ジェイコブは無言でミズナを見た。
「そういうことじゃな。一点に全ての攻撃を叩き込むのじゃ。シフォン」
「え? は、はい」
「お主にも手伝ってもらうが、先ずは自らの身をしっかり守る事が第一じゃ。決して無理するでないぞ?」
 シフォンはこくこくと頷いた。
「で、どこを狙えばいいんだ?」
 マイトの問いに、ミズナは微笑んだ。
「昔から、あやかしの弱点はここと決まっておる」
 そう言うと、自分の頭をちょんちょんとつついた。
 
 再攻撃が始まった。
「悪いが……ここは通行止めだ」
 テッドがドラゴン目掛けて吶喊した。その横をシフォンがついてゆく。真正面に相対する格好となったドラゴンが、その口をカッと開いた。テッドがドラゴンの上へ、シフォンがドラゴンの下へと上下に分かれた。炎をぎりぎりかわしたテッドが、ひらりと身を翻すとみたびドラゴンの背中に取り付いた。渾身の力をこめてロングソードを突き立てる。鱗に弾き返されて、金属がぶつかるような音と共に火花が散る。だが、テッドは止めなかった。ドラゴンが身悶えしながら、テッドを振り落とそうと急制動をかけるが、テッドは踏ん張ったまま、剣をドラゴンの翼の付け根に振り下ろした。
「同じ手は何度も食わないぜ!」
 陽動攻撃に気を取られたドラゴンが、テッドをふるい落とそうと首を背中に向けたその時だった。ドラゴンの下に回りこんだシフォンが、急上昇すると、首筋に剣を突き立てた。あまりの固さにシフォンの手元が狂い、剣の切っ先が鱗の上を滑った。が、偶然にも分厚い装甲と化した鱗と鱗の間に切っ先が滑り込むようにして突き刺さった。鮮血がほとばしり、ドラゴンが咆哮と共に激しく身をよじらせた。
「シフォンさん、剣を抜いて下さい!」
 叫ぶソルディン。剣を抜こうとしたが、鱗に挟まって剣が抜けない。剣にしがみついたまま離れようとしないシフォン。ドラゴンは剣を抜こうと暴れるが、逆に傷口を広げていた。ソルディンは、少しでもドラゴンの注意を引こうと、ドラゴンに急接近するとソニックウェーブを撃った。が、ドラゴンを逆に怒らせただけだった。
「シフォンさん、剣を抜いて! 振り落とされます!」
 怒鳴るエルフィード。
「抜けないんです〜!」
 情けない声をあげるシフォン。紫の瞳はあくまでも冷静だった。
「そんな無茶をするから!」
 すかさず魔方陣を空中に描き出す。魔法陣を描き終えるや放たれる巨大な火球。
「同盟の冒険者の力……身をもって思い知れ!」
 エンブレムノヴァの一撃は、ドラゴンの胴体で炸裂した。テッドの執拗な攻撃と相まって、片方の翼がその機能を失い、急激にその動きが鈍くなった。のたうちまわるドラゴンが首筋を強引に左右に振り回したその時、剣が抜け、シフォンが振り落とされた。
「いやぁああああ」
 悲鳴と共に落下するシフォン。ソルディンがシフォンの体を横合いからかっさらうと、ドラゴンの怒りの炎を間一髪でかわした。
「シフォンさん、無理しすぎですよ」
 返事はなく、シフォンは気を失っていた。
「シフォンさん! しっかりして下さい!」
 動かないシフォンに驚くアンディ。
「大丈夫、気を失ってるだけです。治療頼みます」
「ソルディンさんは?」
 ソルディンはかすかに笑みを浮かべた。
「ドラゴンにヤキ入れてきます」

 ドラゴンが、突っ込んでくるソルディンに炎を放とうとした時、鼻先を白い虎が駆け抜けた。
「ミズナの一撃、とくと味わうがよい!」
 ミズナの怒涛の一撃が、ドラゴンの頭に命中した。つんざくような悲鳴を挙げて頭をよじらせたドラゴンをかすめるように、ミズナは綺麗にターンを決めて、再攻撃のために急上昇する。ミズナに気を取られたドラゴンの喉元に、ソルディンが飛び込んでいた。
「落ちろ、このデカブツが!」
 蒼い刃が一閃するや、ミズナが攻撃を与えた場所をなぞるかのようにソニックウェーブを撃ち込んだ。動きを一瞬止めたドラゴンの死角から突っ込む漆黒の影。
「我が主が為に、その血を捧げよ」
 ドラゴンとすれ違いざま、ミズナが攻撃を当てた場所と寸分違わぬ位置に、ジェイコブは大岩斬の一撃を叩き込んだ。ドラゴンの額の鱗が鈍い音を立ててひしゃげ、その何枚かが噴き出す鮮血と共に、吹き飛んだ。返り血を浴びたジェイコブは、ドラゴンと目が合った。吸い込まれそうなほど澄んだ深緑の瞳は憎悪に光り輝いていようにも見えた。構わず、二撃目を叩き込む。瞳が鮮血の向こうに消えていく。鼻息荒く頭をもたげたドラゴンがにらみつけるその頭上から、マイトが飛び込んだ。
「喰らえ、俺の稲妻!」
 片目の視界を失っていたドラゴンには避け様が無かった。稲妻が閃き、ブレイジングハートの刃は傷口の開いたドラゴンの額に深々と突き刺さった。
「うぉりゃあああっ!」
 マイトは雄叫びとともに、ドラゴンの額に剣をねじ入れるようによじると、思い切り引き抜いた。反動で飛びずさる。横合いから飛んできたドラゴンの尻尾を、紙一重でかわすと、急反転してドラゴンから離れた。

 ユーリアルとアンディの高らかな凱歌が響き渡る中、ドラゴンの体がついに傾いた。
「……落ちる!」
 ラティメリアの目の前で、ドラゴンはついに動きを止めた。ゆっくりと降下していくと濃灰色の巨体は土煙とともに地面に叩きつけられた。テッドの頑張りは、その片翼をもぎ取っていた。それでもなお、頭をもたげようとしたが、その頭は幾重の攻撃によって原型を失いつつあり、動かす度に鮮血があふれ出ていた。全員が、慎重にドラゴンを取り囲む。
「貴方のラストダンスもこれで終わり。最後に何か言い残す事は?」
 ラティメリアは、冷たくドラゴンを見据えた。
「じゃ、さっさとおやすみ」
 黒い炎を纏った蒼鱗穿甲の一撃が、ドラゴンに振り下ろされた。ドラゴンは、口を開いて何かを言おうとしたが、そのまま地面に崩れ落ちた。その瞳から光が消え、動かなくなった。
「勝った……んですね」
 シフォンが、ぽつりと呟く。
「ええ、勝ちましたよ」
 ユーリアルは、ドラゴンの瞳をそっと手で閉じた。
「これからまた、こんな戦いが続くんじゃろうな」
 ミズナは一人くちごもる。。
「それじゃあ、帰るとしようか!」
 テッドの明るい声に、マイトが答えた。
「僕……お腹すいた」
 マイトの言葉に、全員の顔に笑顔が浮かび、世界が元に戻った。


マスター:氷魚中将 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2007/10/09
得票数:戦闘13 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。