第2次ドラゴン界侵攻作戦:雷鳴の様に



<オープニング>


「皆様に集まっていただいたのは、他でもありません」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、酒場に集まった冒険者達に一礼すると、第2次ドラゴン界侵攻作戦の手順について、説明を始めた。

 第2次ドラゴン界侵攻作戦は、第1次の作戦と同様にドラゴン界のドラグナーを掃討し施設を破壊する作戦となる。
 既に一度行っている作戦であるので、段取りについては、多くの冒険者が理解している所だろう。

 まず、主力である本隊がドラゴン界に突入。
 その後、拠点を設定した上で、ドラグナーが集まっている場所や重要そうな施設を偵察。
 偵察によって得られた情報を元に、その施設を破壊するチームを派遣するという段取りである。

「皆様にお願いしたいのは、作戦目的である『ドラグナーの掃討と施設の破壊』を行う事です。
 拠点の維持防衛、迎撃のドラゴンへの対応などは本隊に所属する冒険者が行いますが、ドラゴンとの遭遇戦は避けられないでしょう。
 ドラゴンの目的は施設の破壊を阻止する事ですので、皆様は、ドラゴンとまともに戦わず当初の目的を果たした後は、急いで撤退するようにして下さい。
 本拠地の方面に撤退すれば、もしドラゴンが追ってきても本隊の冒険者達が迎撃を行ってくれるでしょう」
 ユリシアは、ここまで言うと一息つき、集まった冒険者の顔を一人一人確認しながら、こう続けた。

「今回の作戦は、短い期間に、どれだけの有効な効果を達成できるかが勝負となります。詳しい作戦内容については、他の霊査士から説明があると思いますが、皆様の活躍を期待しております」

 このユリシアの説明を聞いた冒険者達は、自分達の役割分担を確認する為、それぞれの霊査士の所へと移動したのだった。


●雷鳴の様に
「それでは……皆様にご説明致します」

 微笑みの霊査士・クリア(a90001)は、貴方達を一通り見回し、口を開く。
 その表情は、どこか申し訳なさそうな顔。
 霊査士として……自分の力が役に立てないもどかしさが、その表情から窺い知ることが出来た。

「……まず……お断りをしなければいけない事があります。今回の作戦については……私達には、霊査で得られた情報がありません……。その為、この作戦は偵察部隊が帰還された後に、その情報を元に襲撃を開始する必要があり、皆様にも大変な負担を掛けてしまう事でしょう。情報の精度については……本隊の作戦成果によりますが……仲間の方々の成功を信じて待つしかありません」

 先に向かった仲間達の安全を心に願いながら……続けてクリアは、貴方達への依頼について話し始める。

「皆様に御願いしたい事ですが……ドラグナーが建設中の施設の破壊を御願いしたいのです。当然の事ではありますが……ドラグナーの掃討と、破壊の双方を行う必要があり、皆様に対する負担は多いと思います。しかし……建設を完成させてしまえば、彼等が力を付けて、不利な状況に陥る事は間違いありません」
「建設中の施設については、耐久力は低い物と思います。ドラグナーの掃討と、施設の破壊の優先順位を考える必要があるでしょう……そして、一つ皆様に心に命じておいて貰いたいのは、ドラグナー達は、古代ヒト族の知恵を持つ存在です。その事を念頭に置いて、作戦を考える必要があるでしょう……」

 色々と考えなければならない点が多い今回の作戦……それ程に、今回の持つ意味は重い。

「……ここまで言いましたけれど……状況によっては攻撃目標が変るかも知れません。その場合についても、皆様で相談をしておいて貰いたいのです。又……ドラゴンが迎撃に出てくる事も十分に予想されますので、その対策や、撤退の相談も必要と成ることでしょう……」

 そこまで言うと、クリアは……真摯に見詰めてくる。

「……本当に、皆様にはご負担をお掛けし、申し訳ありません……でも、皆様を信じ、私達は待っています。どうか……無事に帰ってきて下さいね……」

 そう言い、深く頭を下げるクリアであった。

マスターからのコメントを見る

参加者
フレイハルトの護衛士ー紅神の・フーリィ(a00685)
剣難女難・シリュウ(a01390)
朽澄楔・ティキ(a02763)
ストライカー・サルバトーレ(a10671)
斬空術士・シズマ(a25239)
白き金剛石のヒト・ミヤクサ(a33619)
笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)
黄昏の山猫・エル(a46177)
昏闇紅月・キュリア(a51087)
八星の射手・エスター(a53462)


<リプレイ>

●侵略〜雷鳴の様に〜
 拠点より、目的の場所へと向かう冒険者達。
 ドラグナー達の巣くうこの地……ちらほらと視認する事が出来る中で、冒険者達は注意しながら飛行していた。
「……また要所破壊、か。前回は楽な仕事だったが……今回も楽……はさせて貰えんのだろうな。ま……何にせよ、ヤルだけはヤルしかないが……」
 飛行しながら、騙る者・ティキ(a02763)が呟く。
 前回……一月半程前にあった第一次侵略作戦。その時にも、ティキは拠点破壊へと赴いていた。
 あの時は順調に施設を破壊する事が出来たものの、今回はそれとは勝手が違う。
 それぞれのパーティで、破壊活動を行わなければならない事。更に……霊査から貰える情報は、極端に不足している。
「……やれる限りやるしかありませんね。問題はいつ、ドラゴンが出てくるか……でしょうか。行動は迅速に、そして飛ぶが如く……。雷鳴の様に、ですね……」
 軽く微笑む昏闇紅月・キュリア(a51087)。
 作戦名を口にすると共に……その意味が示す事を、あらためて感じる。
「後手に回る訳にはいかんしなぁ……手を打たせてもらうしかないんだろうが」
「……後に続く仲間達のためにも、成功させる為に頑張りましょう。その施設が……何になるかは判りませんが」
 力を求める弓兵・エスター(a53462)と、剣難女難・シリュウ(a01390)の言葉。
 自分達の向かう目的地……それは、建設中の施設の破壊である。
 成功させなければ、何が起るかは判らないが……少なくとも、冒険者達に不利となる状況の一助となるのは間違いないだろう。
「……ドラゴンの力、でしょうか。それは賞賛に値するモノだと思います。しかし、私は希望のグリモアで誰かを護り、そして助ける事を誓って冒険者としています。だから……間違っても、私自身の為だけに使いたくはないです。冒険者として、最後まで生きた人達の意思を継いで、後に居る冒険者達へ意思を渡すために、私達はいるのですから……」
 そう告げるのは、ハニカ・ミヤクサ(a33619)。勿論、それは死に急いで良いという事ではない。
 護る事……それは、自分の身を犠牲にするという事ではない。
「……あえて死を求むような無理はしません。望む事は……作戦成功と、皆が欠ける事なき帰還です」
「そうね……護るべき者があるから、私達冒険者は強くなれるもの。護るべき者がいるから、帰る場所に出来るのよ……ちゃんと帰ってくる為にも……私達は立ち上がらなきゃならないのよね」
 気紛れ山猫・エル(a46177)に、フレイハルトの護衛士−紅神の・フーリィ(a00685)が答える。
「……まぁ、兎も角俺達が頑張らないとな。第一次の作戦には参加出来なかった分、今回は大いに暴れてやろうじゃないのっ♪」
 ストライカー・サルバトーレ(a10671)が不慣れそうに飛びながら、にかっと微笑み、仲間達も頷いた。

 そして、冒険者達は目的の施設群へと接近する。
 異様な気配が漂うその施設……その周囲には、多くのドラグナー達が働いていた。
「……あれが、その施設か。見る限り不気味なものだな」
「そうだね……何の為に作っているかは知らないけれど、どうせろくな事じゃないんだろうな〜」
 ティキの言葉に、笑顔のヒーロー・リュウ(a36407)がそう告げる。
 ドラグナー達の作る施設という事は……少なくとも、古代ヒト族に関連する何かであるのは確実だろう。
「……古代ヒト族の成れの果てこそが、ドラグナー……ですか。知恵があっても、やってる事自体は性悪のガキと何ら変わりがないですね。せいぜい規模が大きいってだけなのはどうなんでしょう」
 斬空術士・シズマ(a25239)がその施設に対して吐き捨てる。
「……まぁ、私達にとっては規模が大きいも小さいも何もないわ。ただ壊すだけ……使命を果たさないとね」
「そうだね。第一第二作戦の皆の頑張りに答える為にも、頑張ってたたき壊さなくちゃね!」
 フーリィとリュウの言葉に頷き、そして。
「さて……いっちょ、やりましょうか!」
「怪我無しでいけりゃいいんだが……まぁ、早々甘くはないかねぇ。ともかく、施設破壊だけでも的確にこなすとするか」
 エル、そしてエスターの言葉に合わせて、冒険者達は一斉に施設への強襲を掛けた。

●破壊作戦、開始
「……まずは、あそこから行こう!」
 リュウが指し示したのは、建設中の施設の中でも、まだ始まったばかりの石碑のような施設である。
 建設に携るドラグナー達の数も少なく、一番楽に破壊出来ると予想出来た。
「判った。まずは手慣らしに一発って事だな。いっちょやるとすっか……みんな、よろしくなっ」
 エスターの言葉に頷き、サルバトーレ、シリュウ、シズマ、リュウの四人の前衛が一気に急降下。
 その後方より、ティキ・キュリア・エル・エスターの四人が、降下直前に先手を打ちナパームアローを打ち落とした。
 完全に不意を突かれた形での襲撃となったドラグナー達。爆炎の中から現われる冒険者達……。
 当然の事ながら……反撃する間も無く、ドラグナー達を葬り、その施設へと接近する事が出来た。
 見上げる程度の大きさを持つ石碑……残るメンバーも降下をすると共に、その柱を見る。
 ……何やら文字が書かれているようだが、当然読むことは出来ない。ただ一つ言えるのは……不穏な気配。
「……嫌な気配がしますね。こういう物は、早く壊した方が良いでしょうか」
「そうね……それじゃシリュウくん、リュウくん、ぶちこわしちゃって」
「判りました……一気に粉々にしましょう」
 フーリィの言葉に……二人は大岩斬を放つ。
 みるみるうちにヒビが入り、大きく砕け散る石碑。その一つを手に取るリュウ。
「……これが、何か手掛かりになるかなぁ……?」
「そうだね……何かの手掛かりになるかもしれないけれど、それを使う時が果たしてくるかどうかは微妙だね……」
「まぁ、護衛が少なきゃこんなもんか……まずは一つ。もっと沢山の数を壊さなきゃならねぇのか……」
「そうですね……幾つあるかも判りませんが、出来る限り多く、短時間で倒すことが私達の使命なのですから……そうなっては、ここで話している暇も惜しいですね。次の場所に向かいましょう」
 エル、ティキ、そしてキュリアの言葉が続いていく。
 二つ目、三つ目……まずはドラグナー達の数が少ない所を、手当たり次第に破壊していく。
 ……そして、幾つかの施設を破壊すると、次なる目標……多くのドラグナー達が残る、完成間近の施設がその視界の中に映った。
「これは本気出して行かなきゃならないようですね……皆さん、準備は良いですか?」
 ミヤクサが仲間に尋ねる……当然、その言葉に異論を唱える者が居る訳がない。
 多くのドラグナー達が護る、その施設へ……襲撃を仕掛ける冒険者達。
 いの一番に声を上げたのは……。
「奇襲とは知恵比べだっ、悪戯の天才に勝てるかなっ♪」
 どこか嬉しそうに突撃を掛けるサルバトーレ。
 不意の襲撃……ドラグナー達は一部を除いて混乱に陥った。
 施設を護ろうとする者……とりあえず逃げようとする者……。
 そして、その場を統率しようとする者……。ドラグナー達は、様々な行動を起こす。
「逃げようったって……誰一人として逃しはしませんよ。我が刃に……断てぬモノは無い!!」
 そう叫びながら、スピードラッシュで逃亡を図ろうとするドラグナーを切り捨てるシズマ。
 続くシリュウとリュウも。
「打ち砕け! ダークソウル!」
「……この剣の前に、墜ちなさい」
 と、サンダークラッシュにて、手近なドラグナー達を葬り去っていく。
 前衛が戦う一方、上空から周囲の状況を確認するミヤクサと、回復の為に動き回るフーリィ。
 いつドラゴンが現われ、接近してくるかも判らない……。
 油断が出来ない状況だからこそ、ミヤクサはあせらず、出来る限り状況を冷静に判断し、そして戦う仲間達に的確な指示を与えていく。
 そして……どうにか施設の周囲に付くドラグナー達を軽く一掃すると、ティキが上空からその施設へと接近する。
「……施設と言ったって、所詮はモノ……脆い所は必ずあるはず……」
 その施設を見ながら降下し……その視線に止るのは亀裂だった。
 最下部まで降下すると共に、シズマとリュウにティキは告げる。
「この亀裂を使って、傷跡を切り開けば簡単に壊れるはずだ」
「了解、一刻も早く壊しましょう」
「僕はこの接合部を叩くよ。こういう所は、建物の支点になる。ここを壊せば、一気に建物は支えを失って崩壊する筈だよ」
 そしてシズマとティキの二人は亀裂に対し、疾風斬鉄脚、技による攻撃を放ち、亀裂を広げようと攻撃を喰らわせる。
 又リュウも、二人とは別にアーチ等の弧状の物が集中する場所へ大岩斬を放ち、一気に崩壊する事を狙った。
 その間にも未だ襲い掛かってくるドラグナー達……彼等は、エル、キュリア、エスターの三人の牙狩人が、ナパームアローと貫き通す矢を使い分けて、範囲と個体を選択しながら的確に仕留めていく。
「ほらほら……それで終わりかっ? もっと歯ごたえのある奴らと思って他が、期待はずれだな!」
 最後の脱出の為に、決して全力を出さずに戦うサルバトーレは、ニヤリとドラグナー達に笑みを浮かべる。
 ドラグナー達個々の能力と、ドラゴンウォーリアー化した冒険者達の能力……その差は大きい。
 数の面では圧倒的不利ではあったが、総合力としては優位に立つ冒険者達。
 回復の手が不足する事も無く、施設は……三人の力により、その背後にて大きな音を立てながら崩壊した。
「よしっ……お前達の護ってた施設は崩壊したぜ? それでもまだ戦うのか? ま……こっちも容赦はしないけどなっ!」
 シズマ、ティキ、リュウが離脱するのと同時に、崩壊した施設を中心に、再びナパームアローの嵐を放つエスター、エル、キュリア。
 多数の範囲攻撃と、施設破壊に剥いたアビリティを持ち合わせたこのパーティーは、多くの施設を破壊する戦果を得たのである。

●帰還
 そして、多数の施設破壊をこなした所で、ふと周りを見回す。
 この場に来て、どれ程の時間が経ったのだろうか……少なくとも、朝が昼過ぎになる位の時間は経過した筈だ。
 殆どこの辺りの施設破壊は完了し、残るは小物の施設ばかり。
「……そろそろ頃合いかしらね? ここでうろちょろしてると、もっと多くのドラグナー達が来かねないし、ドラゴンもいつ現われるか判らないわ。急いで戻るわよ」
 この騒ぎを聞きつけて、他の所から更に多くのドラグナー達が加勢してくるかも判らない。
 フーリィの言葉に誰しも頷き、中空に飛翔を始め拠点へと向かい始める……すると。
「……来てしまったようですね」
 戻るべき方角に、ドラグナー達の編隊が現われていた。
 一様に士気が高く、数も自分達より少々多い程度だろうか。
「……ちょっと引き際のタイミングが遅かったかしら……仕方ないわね。シリュウクン、サルバトーレクン……突破口を開くわよ!」
「仕方ありませんね……突き抜けなければ逃げ道はありませんし」
「最後の一暴れか。よしっ、判ったっ! ……行くぜっ!」
 三人が最前線に立つと共に、一直線にドラグナー立ちの群れへと向かう。
「……医術士、いや護衛士フーリィ・ユエ参るっ。医術士だと、なめると怪我するわよっ!」
「後半に元気な奴が一人はいなきゃ面白くないだろっ♪ ほら、掛かってこいよっ!」
 二人の威勢の良い言葉に、ドラグナー達も武器を構えて応戦する。
 左から、右から幾多の斬撃が放たれてくる……しかしその攻撃は、ドラゴンウォーリアーと化した全力の移動をもって攻撃を交わしていく。
 更にティキも、後方からライトニングアローで、傷を負ったドラグナー達を確実に沈めていく。
「後少し……突破すれば、後は逃げ切れるわっ!」
 そうフーリィが言った次の瞬間……ドラグナー達の群れが途切れる。
「突破っ! みんなあと少しだよっ、頑張ろうっ!」
 仲間達を励ますリュウ。
 敵の手を逃げ切ると共に、加速を上げて一気に振り切る冒険者達。
 ……そして目の前に現われる本陣。
 その地に降り立つと共に……ふぅ、と溜息を覇気ながら。
「それにしても……シリュウと組むときって、いつもきっつ〜い仕事ばっかりなんだよなぁ……呪われているのかっ?」
「……そんな事、私には判りませんよ……ただ、何かがあるのかもしれませんね……」
 苦笑を浮かべるサルバトーレに、真剣な表情で答えるシリュウ。
「ともかく……ここまでくれば、もう奴らも追ってこないだろう。みんな……大丈夫のようだな」
 汗をぬぐいながらふぅ……とエスターが呟く。
「……結構沢山の施設を破壊出来たかなぁ? でも、みんなが無事ならそれでいいよね?」
「そうですね……作戦はおおむね成功したと言っていいでしょう。後は……脱出の時まで、時を待ちましょう」
 天を仰ぎ見ながら、ミヤクサは……ぽつりそう告げる。
 作戦本来の目的は、概ね達成した。
 後は……他の仲間達の無事を祈るだけである。


マスター:幾夜緋琉 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/11/16
得票数:冒険活劇11  戦闘2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。