【貴石の欠片】魅惑のバカンス〜眠れる石を探しに行こう!



<オープニング>


●魅惑のバカンス
「ご機嫌いかがかね、冒険者諸君」
 紺碧の子爵・ロラン(a90363)は冒険者達を見回すと、「そういえばランララ聖花祭は盛況だったそうだね」と切り出した。
「この南方セイレーン王国でも、近年ランララ聖花祭を祝う動きが広まっている。我がイケメン領も同様だ。このような文化交流が行われる事は、非常に望ましい状況とは思うのだが……」
 ロランは僅かに眉を寄せ、悩ましげにひとつ溜息を吐いた。
「少女達は私にも菓子を贈ってくれてね。……そう、我が屋敷の部屋を5つほど、埋め尽くしているだろうか」
 要するに、多くの者から好意を得たイケメン子爵は『いかに彼女達の気持ちに応えるか』に頭を悩ませているらしい。
 まさか貰った気持ちに返礼もせず、そこで終わりにする訳にもいかない。
 紳士としては当然だが、どうすればその好意に応えられるだろうか。そう考えたロランは1つの結論を導き出したらしい。
「少女達に、素晴らしいバカンスを手配しようと思うのだよ。本当は我が別荘に招こうと考えていたのだが、反対に、このようなバカンスを過ごしたいと申し出てきた者達がいてね」
 ロラン曰く、それは領内に暮らすセイレーンの冒険者達であるという。
 彼らの言い分は、こうだ。
「常夏の大陸ワイルドファイアの噂を聞き、ぜひそこでバカンスを楽しみたい……とね。私としても、その願いは叶えてあげたい。そこで、だ」
 ロランは、ここからが本題だとばかりに笑みを深めた。
「生まれて初めてワイルドファイアに行く、彼女達のガイドを頼みたい」
 彼女達が素晴らしいバカンスを過ごせるように取り計らって欲しい。それがロランからの依頼だった。

●フロレンティナ嬢と宝石拾い
 ロランは続けて、今回同行する事になるセイレーン冒険者の名を告げた。
「瑠璃のさざめき・フロレンティナ。弱冠12歳の溌剌としたお嬢さんで鈴のような美声のトルバドールだ。幾分勝気で泣き虫でね、思い通りに行かないとすぐにふくれてしまうのがまた愛らしい」
 ロランはそう言って面白そうに冒険者達の反応を窺った。
 ロランとは既に顔見知りとなって幾分気安くなったか、勝気な少女のお守りと聞いて苦笑や溜息で返す者も冒険者の中に散見した。
 貴石の歌声・エンデミオン(a90256)もその中の1人。こっそり「うへー」と呟いた。
 ロランはその様子に気付かなかったかのように、目的地の説明へと移行する。
「宝石の鉱脈を有する山から湧き出る源流、その流れの底には幾年もせせらぎに洗われた宝石の原石達が眠っていると言う」
 早い話が山奥の川での原石採取である。採取した石はフロレンティナの領地でアクセサリー等に加工して貰える事になっており、君達にとっても良いお土産となるだろう、とロランは続ける。
「川が湾曲している場所には小さな浜もあるから、そこでバーベキューなり球戯なり……、遊んでくるのも良いだろうね」
 ロランに言わせれば、フロレンティナ嬢も宝石が欲しいというよりは屋外で楽しく遊ぶ事を望んでいるようだ、との事。
「彼女は同盟の冒険者にひどく好意的であり、きっと君達を兄、姉のように慕ってくると思う。とは言え……12歳と言えばそれなりに人の顔色も読める年頃だ。くれぐれも泣かせてしまうような事の無いように頼むよ」
 先程のような苦笑や溜息は本人の前では慎んでくれ給えとプレッシャーをかけつつ、最後は思わず微笑み返したくなるような魅惑的な笑顔で締めくくる。
「まああまり難しく考えず、君達もバカンスのつもりで楽しんでくれば良いだろう。宜しく頼むよ」
 釘を刺されてしまった形のエンデミオンはぺろりと舌を出し、「お守りって考えたら面倒だけど、お友達になっちゃえば逆に気が楽かなあ?」と悪戯っぽく独りごちた。


マスターからのコメントを見る

参加者
凪・タケル(a06416)
泰秋・ポーラリス(a11761)
踊る蒲公英・イーシア(a11866)
春を待つ春告げ鳥・ソウェル(a34111)
深淵の狭間・ルニア(a35168)
美白の歌姫・シュチ(a42569)
刻の白露・セッカ(a45448)
倖せ空色・ハーシェル(a52972)
朗らかなる花陽・ソエル(a69070)
青き水を持つ者・レセルヴァータ(a71215)
NPC:貴石の歌声・エンデミオン(a90256)



<リプレイ>

●出立
「始めまして、同盟冒険者のお兄様、お姉様。瑠璃のさざめき・フロレンティナですわ」
 フロレンティナは貴石の歌声・エンデミオン(a90256)が勝手に想像していたのと相違して、大人びた涼やかな顔立ちの美少女だった。すんなりと伸びる白い靴下の足を一歩後ろに引いて、白いレースの日傘を片手に令嬢はミニドレスの裾をつまむと可憐なお辞儀を披露した。
「レセルって、呼んで下さいね」
「ルニアだ、よろしく頼む……」
「では、レセルにルニアお姉様、お会いできて嬉しいですわ」
 明るくフロレンティナに話しかける青き水を持つ者・レセルヴァータ(a71215)に続いて簡潔に名前を告げた深淵の狭間・ルニア(a35168)。彼女の常態であるその幾分素気ない口調が、怖く見えないと良いのだが、と内心少し気に掛かったが、ご令嬢にあっては少なくとも全く気に留める素振りは見えず安堵する。
 冒険者達は次々に自己紹介と挨拶を済ませると、目的地へと旅立った。
 ゲート転送を用いて降り立ったワイルドファイアでは、抜けるような青空に眩しい雲がぷかぷかと浮かび、地平線まで見渡せる広大な平野や、かと思えば神が岩塊を出鱈目に積み上げて創ったような巨大な岩山などの、とにかく雄大な自然が彼らを出迎えた。
「いつ来ても凄い所ですねぇ」
 凪・タケル(a06416)がしみじみと洩らす。
(「初めて来た……暑い。常夏って言葉、実感……」)
 常に夢見ているかのようなぼんやりとした表情は崩さずに、刻の白露・セッカ(a45448)は陽射しと熱気に満ちた異国の大気を胸に吸い込んだ。

●山の恵みを
 昼前に目的地の源流に辿り着いた一行は、極々自然にまず腹ごしらえから、という事になり、手分けして食料を調達する為に川を取り巻く山中に分け入った。
 セッカ、エンデミオンと共に肉調達に向かった朗らかなる花陽・ソエル(a69070)は、狩に関しては本で得た知識しかないものの皆の役に立とうと張り切る。
「あ、今そこで何か動きました……!」
 セッカは頷くとソエルの指差した方向にゆっくり進み、野生の山羊らしき足跡を発見する。その足跡を追跡してみれば、若く俊敏そうな野山羊が警戒するようにこちらを見ている。セッカは睫毛をふさりと瞬かせると、痛みも恐怖も感じさせないよう、眠りの歌を用いた後に衝撃波で以て山羊を仕留めた。狩りの成功に安堵しながらも生きる事の罪深さを目の当たりに学んでしまったソエルの肩を、エンデミオンは慰めるようにそっと笑顔で叩くと、息絶えた獣をよいしょ、と背負った。
 折角川にやってきたのだ、清流に棲む新鮮な魚を賞味しない手は無いだろう。魚調達を担う冬鐙・ポーラリス(a11761)は釣りが得意だという倖せ空色・ハーシェル(a52972)と春を待つ春告げ鳥・ソウェル(a34111)とで手早く位置取りを決めると、自分はズボンの裾を捲って川へと足を踏み入れていく。
 キラキラと輝く清流の涼しい風の匂いを感じながら、じっと身動きを止めて待つ事数分、視界の隅に鈍い煌めきを捉え――犬尻尾がぴぃん、と立つと同時に、青年はまず1匹目の川魚を浜へと掬い上げる事に成功する。何度か掴み取ったり掬い上げたりの漁を繰り返す間に、突如響いた水没音と悲鳴。魚が掛かるのを待つ間にうっかり眠ってしまったソウェルが釣竿ごと川に落ちてしまったのだった。慌てて助けに向かいながらポーラリスが顧みれば、そのもう少し上流の日当たりの良い岩の上で、今の悲鳴で目が覚めたらしいハーシェルが必死でぺちぺち頬を叩いて眠気を覚ましている所だった。
 さて、バーベキューには野菜だって必要だ。踊る蒲公英・イーシア(a11866)は、フロレンティナを野菜・果物調達に誘った。
「採取の技をお見せしましょうだよう」
 フロレンティナは喜んで、自分に無い特技を持つ冒険者のお姉様を頼ってとことことついていく。
「なら、道中お話相手は私がつとめますわね」
 同じ南方セイレーン出身の美白の歌姫・シュチ(a42569)がそう話しかけると、フロレンティナは同種族の気安さか嬉しそうにシュチの手を取った。
 熱帯の森は花も葉も大きくて、色も様々に目を奪う。地面を這う木の根や下生えに足を取られかねないと見て「転ぶんじゃないぞ」と差し出されたルニアの手を取り、レセルヴァータも「迷子にならないよーにだよー」と可愛らしくルニアに気遣いを返す。
 種々の花の咲き乱れる一画を見つけ、タケルはフロレンティナにさり気なくどの色が好きかと尋ねてみると、どの色も美しくて選べませんわ、と淑女の見本のような答えが返って来て微笑させられた。
 レセルヴァータは元々食材を集める術には長けていたが、出会った生き物達を魅了する事で味の良い物を探し出す事が出来た。4人掛りで集めた、見慣れないけれど新鮮な食料を沢山マントに包んで持ち帰る。その後ろを2人の美しい水の髪の娘が「オホホ」「ウフフ」と優雅に談笑しながらついていくのだった……。

●ワイルドバーベキュー!
 新鮮な食材がどっさりと集まったら、後は捌いて調理し戴くだけ……それがまた大仕事。
 横たわる山羊の体を前にセッカとソエルは幾分真剣な表情で硬直していた。そして肉調達班唯一の男子エンデミオンも「……エヘヘ、ごめん。本当にやり方わかんない」とてんで頼りにならないのだった。獣を捌く作業はコツが要るだけでなく、何かの覚悟も必要で、乙女には少々刺激が強い。少女達は「……じゃ、一緒にやろうか……」と固唾を飲んでナイフを翳したが、見かねたタケルはその手をそっと制すると、優しくその仕事を代ってやるのだった。
 一方ソウェルは手持ち無沙汰そうに思えたフロレンティナに、一緒に調理を手伝おうと声を掛けた。
「えっと、まずバナナの葉っぱをきれいに洗ってお魚をくるむです……」
 しかし、何処かたどたどしいソウェルの手付きに、思わず同い年のフロレンティナはあくまで気遣いからだが逆にソウェルを一緒に見ていようと誘いかける。
「慣れない事は得意な誰かにやって貰うのが良いと思いますの」
「ちょっとー、何それ。こういうのは皆で手分けしてやるの!」
 エンデミオンが思わず文句をつけ、当然お嬢様が悲しげな声で憤慨するという、少々居心地の悪い場面も無いではなかった。
 しかし、「釣りも料理も大得意なぁ〜ん」というハーシェルの尽力もあって、新鮮食材のバーベキューは大層美味で、自然とふくれっ面も綻んで雰囲気は再び和やかとなる。
 デザートはイーシアが頑張って探し当てた特大スイカ。スイカを浜で食べるなら、外せない行事がある。それは勿論スイカ割り。
 的は直径1mもある特大スイカ、外す訳が無いだろう。だからイーシアはフロレンティナに、「やってみる?」と勧めたのだ。セッカだって正直に「もっと右……。もうちょっと……」と彼女が失敗する事の無い様声を掛けた。しかし何故か目隠ししたフロレンティナの振るった棒は、ぼこ、と鈍い音を立て、過たずエンデミオンのおでこを直撃した。きっと、わざとでは無いのだろう。
 とにかく、歓声、嬌声、笑い声は絶えず、魅惑のバカンスは早くも最高潮を迎えた感さえあったのだった。

●滴
 食事を終えた一行はお腹も膨れて身動きも苦しい程。ぼちぼち本題にはいらなければ……と内心焦る真面目な向きもあったかもしれないが、元より怠惰が美徳のセイレーンの事、フロレンティナはのんびりとしたもの。
「次は何をして遊びますの?」
 無邪気な問いに、タケルは平らな石を1つ拾うと「こんな遊びはお好きかな?」と水面に対して斜に投げ入れる。石は表面張力によって水面を転々と跳ね、幾つもの波紋が流れに刻まれた。フロレンティナは目を瞠り、小さな握り拳を齧って見入った。
 興味を持ってくれたようだとポーラリスも同じように石を投げる。鋭く水面の膜に突き立った石は、やはり沈む事無く跳ね続けて対岸の岩壁にまでも到った。もしもここがもっと下流の川幅の広い地点であったならば、一体どこまで跳ねただろうか。女性陣も次々と石投げを始め、巧く出来る者も出来ない者もあったが、やはりというか案の定というか、フロレンティナ嬢はなかなか巧く投げられない。
「……こんなの、面白くありませんわ」
 唇を噛みしめぷぅとふくれて、お嬢様は悔しそうに涙ぐむ。エンデミオンは彼女の視界の外で、そら来た、とばかりに肩を竦める。
「な、泣いちゃダメですなぁ〜ん、泣かないで下さいなぁ〜ん……」
 フロレンティナには沢山、沢山楽しんで貰いたいのに……、泣いたら楽しい事が逃げてしまうように感じてハーシェルは必死に慰めの言葉を探しておろおろとうろたえる。しかしその僅かな時間にフロレンティナは何かに注意を引かれたようだ。
「……なーん?」
 ハーシェルはこの機を逃さず胸を張って言った。
「なぁ〜んはヒトノソリンの方言なんですなぁ〜ん!」
「……なぁ〜ん……」
 お嬢様は思わず頬を薔薇色に染めて長閑な語尾を口ずさんだ。すかさずイーシアがにっこり笑って袋に入ったマシュマロを差し出せば、今泣いた事も忘れて思わず目が輝いてしまう。
 涙は乾いていなかったけれど、フロレンティナは自分の振舞いが仲間を困らせた事に気付いて、恥ずかしそうに願い出る。
「あの……もう少し教えて下さいませんこと?」
 素直になった子供に、冒険者達が助力を惜しむ筈はなかった。

●眠る貴石達
 石投げに適する石を探すうち、それとも水遊びに興じるうちに、ごく自然に美しい色や模様の石が目に付いて、いつの間にかに一行は本来の目的を開始していた。
 流れの底の泥を笊で掬っては流水に晒し、泥や小さな砂礫を洗い流す。残った大き目の石ころを、虫眼鏡で眺めたり、日光に透かしたり。矯めつ眇めつ検分しては、鹿爪らしく取り分ける。
 服が濡れるのも構わずに、もっと見つかり難そうな場所も探さねば、と深みの方へ進んで行くのは、ソエルの持つ美しい気質、真面目さゆえの事だった。
 フロレンティナよりも下流側で、彼女が怪我などしないようにとさり気なく気を配っていたポーラリスは、少女が怯えたような表情で深みへと足を運ぶソエルを見つめているのに気づく。もしも溺れたらどうしようと無意識に気遣っているのだと悟る事が出来たのも、幼い妹を守るかのような、愛ある眼差しのお陰だったろう。
 貴石の可能性を感じさせるものはそう多くはなかったけれど、灰色や褐色の石の一部に透き通った結晶が見える程度のものや、色の綺麗な石であれば見つけるのは容易かった。ソウェルは洗い流した細かな砂までもがきらきらと光って流れ去る様子を思わずうっとりと眺める。
 勿論本当に希少な宝石を求めるのあれば大変根気を要する重労働となる筈だが、フロレンティナには石の希少性は余り重要ではないらしかった。
 石拾いを口実に、見た事の無い新世界で、沢山の友達を作って遊びたい、それこそがフロレンティナの欲しかったもの。贈ったお菓子の返礼に、少女は素晴らしい1日を手に入れたのだった。いつの間にかびしょ濡れになって、満面の笑顔で皆と遊びまわっている令嬢を眺め、シュチは、流石は紺碧の子爵ロラン、粋な計らいをするものだと微笑する。自分もチョコレートを贈ったお返しにこんなバカンスを要求すれば良かっただろうかと、僅かばかりの羨望も感じる。
「ご覧になって。この石、磨いたらきっとフロレンティナさんの髪の様な綺麗な瑠璃色になるんじゃありませんこと?」
 際どい水着を身に着けて初心な仲間を男女問わずにからかいながら、シュチは見つけた石をフロレンティナに示す。水かけっこに夢中で興じていたフロレンティナは、すっかり年相応にあどけない輝くような笑顔を向けてただ幸せそうに頷いた。
 夕陽が空を朱に染め、紺碧の夜が世界を包んでいく頃。浜に積み上げられた煌めきの堆積は既に大方の者の関心を失っていた。地上の宝石も美しいけれど、ぽつりぽつりと灯りだしては次第に夜空を埋め尽くす怖い程の星の煌めきが冒険者達の心を荘厳な心持で満たす。
「すごい……綺麗……!」
 星を眺める妨げとならぬよう光を絞ったランタンを置いて、イーシアは打たれたように立ち尽くすのみ。そんな彼女を見上げつつ手を突いて浜に座るハーシェルは、また皆で来る事ができたら良い、と率直な思いを口にする。
 星を愛でる仲間達の傍らシュチが甘く優しい古謡を歌えば、昼の活気は黒ビロードのように滑らかな夜の大気へと取って代わられる。
「フロレンティナ殿、今、流れ星をご覧になりましたかな?」
 タケルに示されたフロレンティナは、次にそれが現れるのを懸命に夜空に目を凝らして待つ。夜空に一瞬引かれる光芒の軌跡を2人で数えていたのだが、ふと気付くとお嬢様は、タケルの膝に手を置いたまま猫の子の様に眠り込んでしまっていた。
 どんなに幼くても歌い手ならば、想いは自然と歌として発露するものだろう。これ程の星空の下なら尚更だ。レセルヴァータは自分だけの星を探しに往きたい、もしも飛べる翼があれば……と夜空への切なる憧れを伸びやかに歌いあげる。初めて聞く友人の歌に聞き入りながら、ルニアは今日という日を楽しく過ごせたのも友の誘いがあってこそなのだと、少しばかり照れながらも真顔で感謝の言葉を伝えた。
 セッカは変らず寡黙なままに、浜に座って星の美しさに見惚れている……と見えたが、いつの間にかにうとうととして、危うく砂に倒れそうになる。ポーラリスはその様子に、少女を抱え上げてテントへと連れて行ってやった。
 入り口の布を捲ればそこには既に、あどけない寝顔の先客達がくうくうと寝息を立てていた。ポーラリスは思わず微笑し、今日だけで一体幾つ綺麗なものを見つけられたのだろうと、夏の1日を思い返すのだった。


マスター:羽月 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/03/24
得票数:ほのぼの11 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。