ピルグリムネスト浄化作戦:アタック・ザ・ピルグリムシップ



<オープニング>


●ピルグリムネスト浄化作戦
 数万体のピルグリムがひしめいていたピルグリムネストに繋がる巨大豆の木の通路も、3000名を越える冒険者が踏破した後には、動くピルグリムの姿を見る事はできなくなっていた。
 命を失い白く濁った流体となったピルグリムの死体の多くは、豆の木を流れ落ち、光の海へと落下して消え去っていった。

 たとえ数万体のピルグリムといえど、一度に戦闘に加われる数は1000体にも満たない。
 巨大豆の木に住み着いているピルグリムは、数こそ多くても、一体一体は冒険者の敵では無い弱敵である。
 冒険者達は、常に同数以上での戦闘を行いながらピルグリムを掃討した為、目立った被害を受ける事無く、巨大豆の木のピルグリムの掃討を完了させたのだった。

 そして、彼らの目の前に広がったのはピルグリムの荒野……ピルグリム戦争とそれに続くギガンティックピルグリムの追討戦以来、3年ぶりに足を踏み入れた浮島の姿であった。

 早速、冒険者達は橋頭堡を拠点として周辺の調査に赴く。
 その道中は、ピルグリムの襲撃など危険の多いものであったが、橋頭堡の仲間達のフォローもあり、調査に向かった冒険者達は、かつてのギガンティックピルグリムをはるかに凌駕する巨大なピルグリムを数体発見する事ができた。
 浮島を分割統治するかのような巨大ピルグリムは、巨大船のようなフォルムを持ち、天空に向けて大きくせりだす威容を誇っていた。
 その巨大なピルグリム……ピルグリムシップこそが、ピルグリムマザー無き後のピルグリムを統括する中枢部分であるのは間違いの無いところだ。
 つまり、このピルグリムシップの全てを一気に倒しきる事ができれば、残るピルグリムの脅威はほぼ完全に霧散するだろう。

 そして、いよいよ、ピルグリムネスト浄化作戦は、予定された最後の段階へと進む事になる。
 ピルグリムシップの中枢を破壊すべく、精鋭の冒険者達が戦いの場へ赴くのだ。
 

●アタック・ザ・ピルグリムシップ
「巨大なピルグリムシップは、その周囲に『融合型ピルグリム』を含む多数のピルグリムを従えており、強敵となっています」
 エンジェルの霊査士・エリアード(a90210)は、冒険者たちに説明を始める。
「ピルグリムシップの内部に侵入し、生きた中枢部を強襲、これを倒すことが今回の目的となりますが、いくつかの難関が待ち構えております」
 エリアードの説明によれば、まずピルグリムシップの外壁を破壊して内部に侵入しなければならない。
 外壁自体は、ピルグリムが融合してできたもので、非常に気味が悪く気持ちが悪いことを除けば、害は無いが、ピルグリムシップの周囲に蠢く融合型ピルグリムやピルグリムが外壁を破壊して内部に侵入するのを阻止しようと群がってくるだろう。
 ここをどのようにして突破し、内部へと至るのかが第一の関門となる。
 内部は、まるで生物の体内に入ったかのごとく、なんとも言えない臓物や血管の中にいるような生理的嫌悪感を感じる肌触りの、ぬめり気がある通路のようなものになっている。
 第二関門は、この内部の通路だ。
 中枢部までの通路には数体の融合型ピルグリムが待ち構えており、最短距離を通って行くには、それらとの戦闘は避けられない。
 一方、時間をかけて大回りの通路を通れば、戦闘は回避できるが、かなり時間がかかってしまう。
「敵の体内にいる時間が長くなれば、何が起こるか分かりません」
 戦闘を回避して大回りするよりも、結果的に、最短距離を通って戦闘をしたほうが時間がかかってしまう場合もあるだろうし、逆に最短距離で中枢部に到達することができる可能性もあるだろう。
「それは、皆さんの作戦によると思われますので、どちらの方法を採るかの判断はお任せいたします」
 エリアードは、さらに説明を続ける。
「中枢部は、広い部屋のようなところになっています」
 最後の関門の、その広く大きい部屋は、それ自体がひとつの生物となっており、壁から四肢や触手などを伸ばして攻撃してくるという。
 この中枢部の部屋の内部に、さらに隠された中枢があり、そこを破壊することが今回の目的となっている。首尾よく素早く、その中枢を発見して破壊することが行動と成否の鍵となることだろう。
「ここでも長期戦となると、何が起こるか分かりませんので、できる限り早く中枢を発見して破壊したほうが良いでしょう」
 そこまで語り終えると、エリアードはやっと一息ついた。
「どうか、同盟とそれに連なるエンジェルたちのために、この依頼を成功させて下さい」
 そう言うと、エリアードは冒険者たちに頭を下げた。


 !注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エンジェルの霊査士・エリアードの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。


マスターからのコメントを見る

参加者
凛花葬月・シーリス(a01389)
観察者・ヒリヨ(a02084)
風来の冒険者・ルーク(a06668)
茶飲みドリアッド・イクス(a20482)
黒焔の執行者・レグルス(a20725)
赤髭重騎士・ウィンストン(a53335)
春陽の・セラ(a60790)
ヒトの武人・ヨハン(a62570)


<リプレイ>

●キャリーアウト・アン・インベイション
 多くの冒険者たちが行った陽動作戦が功を奏し、ピルグリムシップ周辺のピルグリムたちの数は減少していた。
「とうとうピルグリムとの決着の時が来たね。それだけに厄介な作戦ではあるけれど、尽力して成功させたいものだね」
 風来の冒険者・ルーク(a06668)は、決着のときが迫っていることを敏感に感じ、自分自身を鼓舞するようにいいながら、群がるピルグリムたちを切り伏せてゆく。
「あまり気負わないようにね」
 色持たぬ・ヨハン(a62570)は、思いつめているように見えた、妻の藍色の医術士・セラ(a60790)の肩を軽く叩いた。
「……今のうちだ」
 凛花葬月・シーリス(a01389)は、群がるピルグリムたちを流れるような剣さばきで切り伏せながら、外壁にとりついた仲間たちに、その破壊を促す。
「ここは、任せて下さい」
 観察者・ヒリヨ(a02084)も、手の平から粘り気のある糸を射出しながら、仲間たちが外壁を破壊しやすいようにピルグリムたちを拘束する。
「邪魔はさせませんよ」
 茶飲みドリアッド・イクス(a20482)の描いた紋章から、エネルギーの奔流が溢れ出し、近づくピルグリムたちを飲み込んでゆく。
 セラの指示によって、外壁破壊を託された冒険者たちは、外壁の一点を集中して攻撃する。
「ちんたらしている訳にいかねぇんだよ!」
 黒き炎を身に纏わせた、黒焔の執行者・レグルス(a20725)の呼び出す、黒き悪魔の手が外壁を傷つける。
「同盟の仇敵たる存在。ここで決着すべきものであるな」
 自身の中に眠る破壊の衝動を呼び覚ました、赤髭重騎士・ウィンストン(a53335)は、戦闘班の仲間の攻撃を潜り抜けてきたピルグリムを切り倒しながら外壁に迫り、守護天使によって勢いを増した『大鉈・アヴァロン』を外壁に叩きつけた。
 ヨハンの放った電撃が外壁に命中すると、それまでの冒険者たちの攻撃で脆くなっていた外壁は、ついに人が通れる大きさまで、内部との間に亀裂が生じた。
 それを確認した冒険者たちは、逐次追いすがるピルグリムを片付けながら、内部へと侵入していった。

●ブラッド・オブ・ザ・ウェイ
「これは船……なんでしょうか? マザーを失ったピルグリムが何処かへ旅立ちたいというのなら、それも仕方ないとは思いますが、そのために人が犠牲になっているのなら結局看過は出来ないのですね」
 コンパスで方向を確認しながら、先行して偵察をするヒリヨの脳裏に感慨に似た思いが去来する。
「この船が、追い詰められた結果の一端なら、きっと倒すことに意味はある筈です」
 そう締めくくって思いを終着させると、ヒリヨは生物の体内にでも入ったかのような生理的嫌悪感を抱かせる通路を進んでゆく。
 すると、目の前に突然、融合型ピルグリムが数体現れて攻撃を仕掛けてきた。それらは、朧げながら姿を現してきたので、不意打ちにはならなかったが、ヒリヨとその後ろを進む冒険者たちを驚嘆させるには十分であった。
 三体の融合型ピルグリムの触手や腕がヒリヨを貫くのと、後ろから急いで駆けつけた冒険者たちが合流するのは、ほぼ同時だった。
「かっ、はっ……。……やはり……この危険極まりない体内で……単独での偵察は……無理が……ありましたか……」
 触手や腕で貫かれた箇所から血が噴出し、口からも喀血するヒリヨ。彼は、通路に膝をつき、無念の言葉を紡ぐと、そのまま倒れ伏した。
 セラが癒しの波動を送るが、ヒリヨは意識を失ったままだ。彼女は、息があるのを確かめると、グランスティードに彼を乗せた。
「くっ、二人で融合型ピルグリム三体の相手はきついな」
 水の流れるがごとき剣撃で三体の融合型ピルグリムを攻撃するヨハンが思わず漏らす。ヒリヨが倒れた今、ウィンストンと彼が前衛に立っているのみだ。誰が倒れたヒリヨの代わりに前衛に上がるかは判然としていない。入れ替わり、交代、までは決めてあったが、仲間の誰かが倒れた場合に備える人員が決定されていなかったのだ。
 このことで、冒険者たちは足並みに乱れが生じ、思わぬ時間を食ってしまった。
 ウィンストンが再び破壊の衝動を呼び覚まして、融合型ピルグリムの一体を己の力を最大限に高めた一撃で袈裟懸けに斬りつける。
 イクスの頭上に描き出した紋様から、幾筋もの光が解き放たれ、融合型ピルグリムたちにダメージを与える。
「集え漆黒の針、寄りて鋼の刃となり我が敵を討て」
 レグルスの手の平から無数の針が融合型ピルグリムたちに降り注ぎ、さらにダメージを積み重ねる。この攻撃で、融合型ピルグリムの一体が溶け崩れた。
 融合型ピルグリムの触手がしなり、ウィンストンを打ちのめす。
「オレは、これぐらいの攻撃ではひかぬ!」
 ウィンストンの声が高らかに通り、攻撃を耐え抜いた間にも、もう一体の融合型ピルグリムの手刀が、ヨハンの脇腹を突く。
「くっ。なかなか痛いね、こいつらの攻撃は」
 痛みに顔を歪めてヨハンが言い、体勢を整える。
 陣形の乱れを時間をかけて克服して前衛に上がってきたルークの流れゆく水のような華麗な剣さばきが、残り二体の融合型ピルグリムを斬り裂き、この二体も溶け崩れて床の染みと化した。
「……急げ。思ったより、時間がかかってしまった」
 シーリスが皆を促すのに応えて、冒険者たちは頷き、隊列を整え直して中枢に向かって先を急ぐのであった。

●ヘル・オア・ヘヴンズ
 中枢部に辿り着いた一行を待っていたのは、嵐のような攻撃であった。
 腕が触手が竜巻のごとく荒れ狂い、冒険者たちを飲み込んでゆく。どうにかして、一度目の嵐は乗り切った冒険者たちであったが、二度喰らえば、戦闘不能者が出ることは間違えないと思われた。
 セラが癒しの波動を発するが、冒険者たちが喰らった攻撃はまだ深くダメージを残したままであった。
 シーリスとルークとヨハンが向かって右方向から、隙をみて近くの壁を水が流れるがごとき剣さばきで攻撃し、中枢が潜んでいないかを確かめる。
 イクスは、目をこらして観察し、腕や触手などの防御が厚いところなどを発見しようと努めている。
「通常ピリグリムの頭くらいの大きさだ。見落とすなよ」
 邪竜の炎を身に纏ったレグルスは、シーリスとルークに続いて向かって右側から無数の鋭い針を手の平から飛ばして、中枢の発見に尽力する。
 ウィンストンは、触手を切り払いつつ、仲間が範囲攻撃を行った壁を何かしらの動きが無いか注視している。
「見つけました」
「見つけたである!」
 イクスとウィンストンの声が交錯し、彼らが示した場所にはピルグリムの頭部が浮かび上がっていた。
 二度目の竜巻が巻き起こり、冒険者たちの僅かな生命力を奪ってゆく。これで倒れる者がいなかったのが不思議なくらいだった。
「集中攻撃をかけましょう」
 イクスが仲間たちを鼓舞するように言い、冒険者たちは同盟とエンジェルたちの命運をかけた攻撃に移った。
 シーリスとルークは、後方からの攻撃に備えてじっと殿を護っている。
 イクスの高らかに響く歌を背に、仲間たちは僅かながらも体力を回復して敵に臨む。
「その目玉も下の脳も骨の髄まで砕きて屠れ!」
 レグルスの生み出した影から黒き手が伸び、中枢のピルグリムの頭を傷つける。
 ウィンストンの守護天使の力を上乗せした一撃がピルグリムの頭を切り裂き、ダメージを重ねさせる。
 セラの体から癒しの力が溢れ出し、冒険者たちのなけなしの体力を僅かに回復させる。
 ヨハンの武器から電撃がほとばしり、ピルグリムシップの中枢にしたたかな苦痛を与える。
 ――が。
 その間にも、三回目の危険な嵐が到来し、イクス、レグルス、セラ、ヨハンが嵐のような触手や腕の攻撃の前に倒れ伏す。
「……撤退条件を大幅に割っている。……殿は務めるから、皆は逃げろ」
 シーリスが言い、彼女と同じく、かろうじて耐え抜いたルーク、ウィンストンが頷く。
「あんたも無事に戻ってこいよ」
 ルークの言葉に、シーリスは何ともいえないような淡い微笑みを浮かべた。
 ルークのグランスティードに、戦闘不能者たちを相乗りさせ、乗り切らない者はウィンストンが担ぎ上げて、撤退していった。
「……さて。……同盟とエンジェルたちの命運をかけた依頼を失敗させるわけにもいかないな。……一緒に来てもらう」
 シーリスは言い置いて、ピルグリムの頭部に向かってゆき、名に揺ぎ無い信念を込めた守る為に振るう剣『黒竜剣・グローリア』を、突き立てた。
 中枢部の部屋に群れる触手や腕が、それをやめさせようと、シーリスの体をその無数の顎で貫くが、彼女は倒れなかった。
「……まだまだ、人間の体はもつようだな」
 シーリスの体が光を発し、同盟とエンジェルを救うための信じられないほどの力と耐久力をもたらしていた。
「……まだ、まだ!」
 シーリスは、深く剣を突き立て続ける。何ものにも代えがたい信念と、同盟と、それに連なるエンジェルたちのために。
 やがて、ピルグリムシップの中枢であるピルグリムの頭部が断末魔の叫びを発すると、室内の腕や触手も動かなくなった。
 それと、ほぼ時を同じくして、シーリスの剣を突き立てる動きも止まっていた。
 そのいっそ、すがすがしく晴れやかな笑みさえ浮かべている表情の口元が僅かに動く。
「天上の地に平穏が訪れますよう……」

 溶解するピルグリムシップを脱出した、ルークとウィンストンは、ピルグリムシップが溶解し切るまで、シーリスの脱出を待っていた。
 しかし、全て溶解しきったピルグリムシップから、ついに彼女が脱出してくることを見ることは出来なかった。
「こういう役回りは、哀しすぎるな。好きじゃない」
 ルークの平常を装おうとするが、こらえ切れない悲しみが込められた言葉に、ウィンストンは重々しく頷き、目を閉じて頭を垂れた。
 シーリス。身を挺して同盟とエンジェルの危機を救った彼女の名と行動は、きっと人々の記憶に残り続けるだろう。
 ――こうして、一人の尊い命のもとに、ここの一隻のピルグリムシップの破壊作戦は成功したのであった。


マスター:八坂凍夜 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2008/03/29
得票数:冒険活劇6  戦闘23  ダーク5 
冒険結果:成功!
重傷者:観察者・ヒリヨ(a02084) 
死亡者:凛花葬月・シーリス(a01389) 
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。