【天花】ピルグリムネスト浄化作戦:終の空



<オープニング>


●ピルグリムネスト浄化作戦
 数万体のピルグリムがひしめいていたピルグリムネストに繋がる巨大豆の木の通路も、3000名を越える冒険者が踏破した後には、動くピルグリムの姿を見る事はできなくなっていた。
 命を失い白く濁った流体となったピルグリムの死体の多くは、豆の木を流れ落ち、光の海へと落下して消え去っていった。

 たとえ数万体のピルグリムといえど、一度に戦闘に加われる数は1000体にも満たない。
 巨大豆の木に住み着いているピルグリムは、数こそ多くても、一体一体は冒険者の敵では無い弱敵である。
 冒険者達は、常に同数以上での戦闘を行いながらピルグリムを掃討した為、目立った被害を受ける事無く、巨大豆の木のピルグリムの掃討を完了させたのだった。

 そして、彼らの目の前に広がったのはピルグリムの荒野……ピルグリム戦争とそれに続くギガンティックピルグリムの追討戦以来、3年ぶりに足を踏み入れた浮島の姿であった。

 早速、冒険者達は橋頭堡を拠点として周辺の調査に赴く。
 その道中は、ピルグリムの襲撃など危険の多いものであったが、橋頭堡の仲間達のフォローもあり、調査に向かった冒険者達は、かつてのギガンティックピルグリムをはるかに凌駕する巨大なピルグリムを数体発見する事ができた。
 浮島を分割統治するかのような巨大ピルグリムは、巨大船のようなフォルムを持ち、天空に向けて大きくせりだす威容を誇っていた。
 その巨大なピルグリム……ピルグリムシップこそが、ピルグリムマザー無き後のピルグリムを統括する中枢部分であるのは間違いの無いところだ。
 つまり、このピルグリムシップの全てを一気に倒しきる事ができれば、残るピルグリムの脅威はほぼ完全に霧散するだろう。

 そして、いよいよ、ピルグリムネスト浄化作戦は、予定された最後の段階へと進む事になる。
 ピルグリムシップの中枢を破壊すべく、精鋭の冒険者達が戦いの場へ赴くのだ。
 

●終の空
「数百mにも及ぶ大きさのピルグリムシップを、外部からの攻撃だけで討ち果たす事はおよそ不可能だと思います」
 標的とすべきピルグリムシップの在る場所を冒険者達に告げたエリアードは、続けてそんな言葉を口にした。
「勿論、数多くの人手と十分な時間が確保出来ればそうとも限らないのかもしれません。しかし、周囲には非常に多数のピルグリムが展開しており、その中にはより強力な融合型のピルグリムも複数含まれているのです。シップの数を考えても、正面からただぶつかる策は採れません」
「……という事は……?」
 続きを促すような桜花の医術士・フレア(a90098)の言葉を受け、エリアードは作戦を告げる。
「それ程の巨体を形作るまでに結集し融合した、数多のピルグリム達の中枢とも言うべき部分が存在します。シップの内部に侵入し、中枢を破壊する事さえ出来れば、打ち崩せます」
 ただ、言葉で言うと端的なその作戦には、数々の困難が立ちはだかる。
 まず、周囲に展開するピルグリム達の攻勢を突っ切り、ピルグリムシップの外壁を破壊し、突入しなくてはならない。
 その内部には、ピルグリムが融合して作られた狭い通路が入り組んでいるという。
「外壁も通路の壁も、ピルグリムが元になった物とはいえ、直接的に害を及ぼしてくる事は無いでしょう。通路も入り組んでいるとはいえ、全てがシップの中心部へ向かって伸びているので、迷う事もない筈です。しかし、その道中には何体かの融合型ピルグリムが警戒して待ち構えています」
 打ち倒すべきか、先を急ぐべく戦闘回避を試みるべきか、判断の分かれ所だろう。
「そして中心部では、壁から次々と腕を生やして攻撃したり衝撃波を放ってくる等、部屋全体が1個のピルグリムとして皆さんに牙を剥きます。シップの中枢は――壁の中か、床の下か――場所は分かりませんが、その部屋の何処かに隠されている筈です」
 攻撃に耐えながら、中枢を暴き破壊しなくてはならない。勿論、長々と時間を掛ければ外のピルグリムの応援も考えられる。そうなると勝機は更に減ってしまうだろう。
「困難な……話ですね」
 それでもこの決戦に同行する決意を、ドリアッドの医術士は固めているようだった。天上の災厄に少しなりとも関わった者として、僅かでも力になりたいのだろう。そして。
「中枢さえ破壊すれば、残るピルグリムは何とか出来る筈です。とはいえ正直、無事に帰れる保証はありません……それでも」
 白い災禍を一掃するため、力を貸して貰えませんか。
 頭を下げるエリアードに応え、冒険者達は立ち上がるのだった。

 今、長きに渡る災いの因縁はついに、終焉に向かおうとしていた。


 !注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エンジェルの霊査士・エリアードの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。


マスターからのコメントを見る

参加者
天帝・ネオン(a01884)
幸せを望む歌い手・リフィア(a04222)
蒼い雷帝・カイン(a06953)
金色夜想・トート(a09725)
紅の奇術師・シン(a11563)
彷徨猟兵・ザルフィン(a12274)
蒼輝神翼・ユウリ(a18708)
婀娜花・ネメシス(a45935)
黒豹・ジロー(a66109)
消え逝く緑・フィルメイア(a67175)
NPC:桜花の医術士・フレア(a90098)



<リプレイ>

●突入
 ホワイトガーデンの――否、護るべき世界の空は、見事に晴れ渡り澄み切っていた。
 青空の下、ピルグリムネストと呼ばれる敵の巣窟を、11人の冒険者が一丸となって駆ける。
 討つべき大敵ピルグリムシップの前には、膨大な数の異形の陣営。ただ、思い描いていた障害に比べれば随分と少なく、冒険者達は異形を掻き分け強引に突き進んでいく。
(「支援作戦のお陰かな……頼もしいものだね」)
 掻き分けた後ろから襲い掛かろうとするピルグリムを警戒しつつ、天帝・ネオン(a01884)は感心する。
「邪魔をしないで貰おうか!」
 最前列を駆ける忍びの一人、金色夜想・トート(a09725)が粘り蜘蛛糸を放ち、行く手を阻む有象無象のピルグリムを縛り上げる。そこを仲間の攻撃が薙ぎ払えば、彼らの前に道は確実に切り開かれていく。
 問題となるのは、それほど簡単には対処できない融合型。だが、支援作戦による敵側の混迷の覚めやらぬ中を電撃的な手際で突き進み、冒険者達は相手方の体勢が整い切らない内に本丸への道を開いていた。
(「ピルグリムの船か……きっちり沈めてやるさ」)
 数多のピルグリムが融合したのだろう、所々に原型に似た姿を浮かばせ、怪しく蠢くシップの表面を見、黒豹・ジロー(a66109)は胸の内で呟いた。
 そして繰り出される冒険者達の攻撃。矢の傷を斬撃で拡げ、術士達の衝撃波を重ねれば、外壁は少しずつ傷付き崩れ始めていく。邪魔をするべく近付いてくるピルグリムも、ブラックフレイムや流水撃で容易く薙ぎ倒せば問題にならない。
 ここまでは予想以上に、スムーズに進んでいた。だが……。
「……急ぎましょう、皆さん」
 緊張を孕んだ幸せを望む歌い手・リフィア(a04222)の声が、事態の変化を一同に告げる。
 振り返れば、そこには変わらず有象無象の群れ――否。それらより二回り以上大きな体躯の、融合型ピルグリム達が各方面から接近しつつあった。流石にそれらと一度に戦う事になっては、被害も時間のロスも只ではすまない。
 と……それと時をほぼ同じくして、攻撃を重ねたシップの表面が崩れ落ち、人一人が通れる大きさの穴が開いた。動き出した事態を前に否応は無い。
「行こう!」
 誰からとも無く頷き合い、一行は青空の世界に別れを告げ、巨船の体内へと乗り込んでいった。

●決死行
 そして冒険者達は、狭い通路を更に駆けていく。
 次なる敵は体内に待つ、そして外部から乗り込み追いかけてくる融合型達……そうそう立ち止まる事もできず、時間をかける訳にもいかない。

 突入からある程度の時間が流れ、数度の戦いを経た後の事。
 前方にT字路が見えた所で、駆けてきた冒険者達は一旦足を止めた。
「追っ手は?」
「とりあえず撒けたようだが……稼げる時間はどれ程のもんだか」
 隊列最後尾を行く彷徨猟兵・ザルフィン(a12274)がコンパスを一瞥し、肩を竦めながら応じる。
「後戻りにはなってなさそうだ、ってだけが救いかね」
「十分よ。フレア、今の内に傷の回復を」
「分かりました」
 回数は豊富に準備された桜花の医術士・フレア(a90098)の癒しの波動が、先刻潜り抜けた融合型ピルグリム戦で一同に残された傷を癒していく。その光を浴びながら、きびきびと声を飛ばしていた彩蓮・フィルメイア(a67175)も流石にほうと一息ついた。
「敵の懐の中だけあって、やはり警戒されているわね……ハイドは気休めにしかならないわ、気をつけて」
「大丈夫、私だって心得ているよ」
 それだけ応えた紅の奇術師・シン(a11563)が気配を潜め、耳を澄ましながら慎重に分岐の先を探る。
 何処までも続くかのような、不気味に蠢くピルグリムの通路。ふとそちらに目をやった蒼悲天翼・ユウリ(a18708)は、さながら囚人を捕えて逃さぬ迷宮のようだと思った。傷付き心をすり減らし、見苦しく生き延びてきた己の生を象徴するような――ならば今目指しているのはその終着点だろうか。そこに待つものは果たして……。
「それにしても、早く辿り着かねばならぬの」
 と、婀娜花・ネメシス(a45935)が呟く。天上に長く駐留してきた護衛士団の人間として、彼女の抱く思いもまた深いのだろう。
「……何よりも冒険者として……エンジェルのためにもわらわ達のためにも、失敗する訳にはいかぬからの」
「そうね……ここまで来るの、本当に長かったものね。彼らの脅威を取り除くためにも、必ず……」
 愛剣を握る蒼い雷帝・カイン(a06953)の手にも力が入る。一つ一つの言葉に差こそあれ、一行の胸中にある想いは同じであるらしい。
 この何年にも渡る災厄の因縁に、純然たる決着を――。
 と。
『静かに……右側の分岐から融合型1、移動する!』
 一行の心の中に直接、シンからの警告が響いてきた。見れば彼は、通路の奥を窺っていた遠眼鏡を既に懐に仕舞い、既に戦闘体勢。その様子が事態の切迫を表していた。
 やはりここでは、十分な休息など望むべくもない。一同は立ち上がり、再び忍び達を先頭にして左側の分岐路へと駆け出していく。

 ……そう、ここは正しく大敵の胎内。冒険者達は敵の弱点へと次第に迫りながら、迎え撃つ敵によって少しずつ追い詰められていく。
 互いを責め合う争いの、終焉はまだ見えない。

「皆、下がれ! ……ッ」
 声を張り上げ注意を促すジローが、飛び掛ってきた鋭利な触手に肩を抉られ表情を歪める。痛みを堪えて飛燕連撃を放つが、『もう一つの攻撃』を止めるにはギリギリ間に合わない。
「くっ」
 爆裂の衝撃波が一同の間を駆け抜ける。一撃で命を脅かされる程ではないとはいえ、負傷は軽視できない。
 即座にフレアの癒しが飛ぶ中、トートは一つ舌打ちをする。
「ここまでくると効果も望み薄か……悠長にしていられないってのに」
 目の前に立ちはだかるは、触手型と術使いの有翼型、二体の融合型ピルグリム。粘り蜘蛛糸で拘束し突破しようと試みたものの、思い通りに拘束されてくれず、応戦を強いられ進撃の手が既に暫く止められていた。
 奥地を目指し、戦闘と迂回を繰り返し、あれからどれ程の距離を駆け抜けただろう。無数に思えた道が徐々に収束する中、足を踏み入れた長い直線的な通路、その終盤に差し掛かった所を融合型が塞いでいたのだ。
「こうなったら、一気に仕留めるしかないね……!」
 気合一閃、ネオンが流水撃を放ち。それに合わせてリフィアのヴォイドスクラッチが触手を断ち、カインの気高き銀狼が組み伏せる。一度や二度の衝撃では然程揺らがなくとも、攻撃を重ねれば確実に傷は蓄積する。
 ただ、束の間組み伏せられた筈の有翼型は銀狼を打ち消し、即座に立ち上がる。やはり拘束に頼り切る訳には行かないらしい。
 ならば、とザルフィンが流水撃を重ね、ネメシスは魔針の嵐を射出する。
 それ程の攻撃を直に受けて、とうとう触手型は地に倒れ伏した。辛うじて耐えた有翼型も、弱った所をユウリの矢に貫き通され力尽き、白濁の液体と化す。
 この戦闘の局面だけで見れば、疑う余地も無く完勝。しかし、ここまでの肉体的・精神的疲労は徐々に冒険者達を蝕みつつあった。
(「これで倒した数は何体になるかしら……いい加減終わりが見えないと、皆の戦意も切れてしまう……」)
 肩で息をする仲間も出始めた。疲弊の色の濃い状況を見て、フィルメイアは内心の不安を禁じえなかった。終わりの見えない行軍、その最中で前を目指す気持ちが切れた時、瓦解も早い事を彼女は身をもって知っているような気がする。――特にそんな覚えも無いのに。
 と、不思議な思いに彼女が眉間を押さえたその時。
「……見えた、アレが……!?」
 声を上げたのは誰だったろうか。白濁の痕跡を踏み越え、前へと歩を進めた冒険者達の視界の奥、通路の先に大きく広がった空間が見えた。その場まで伝わってくる異様な雰囲気に、一同は決戦の時が来た事を悟る。
 それと同時に、彼らがついに追い詰められたのも事実であるようだった。
「急ごう、後ろからも来ているぞ!」
 後方を気にしたシンの目に、遠く融合型の群れが見えた。

●決戦
 束の間だけ足を止め、フィルメイアとカインの黒炎覚醒、ネオンの血の覚醒を待って遂に足を踏み入れたその舞台は。
「何、これ……」
 一面に、複眼の名残が。岩肌が、触手が、翼の皮が白く溶け合い、縺れ合い。
「これが三年分の利子がついた結果か……不気味なモンだな」
 そんな壁面が淡く明滅し、妖しい脈動は何処か心臓の動きを感じさせる、そんな場所だった。
「何処かに中枢が隠されてるって言ってたよね……」
「とはいえ、出来る事なんて限られているわ」
 霊査士の言葉を思い出し、冒険者達は得物を構えた。辺り一面、怪しい所は見当たらない……違う。何処も彼処も等しく妖しい。
 故に、事前に考えてもこれしか思いつかなかった手を取らざるを得ない。
 ネメシスとリフィアのニードルスピアやカインのエンブレムシャワー、ネオンにザルフィンの流水撃を利用した、壁全体の無差別攻撃。針が、光弾が、衝撃波が視界の壁を叩く、と――。
「来る……!」
 周囲の壁面から一斉に飛び出す腕、腕、腕。行動予定を切り替えたフィルメイアの護りの天使達が間一髪間に合ったが。
「ぐッ」「きゃあっ」「ぅあ……っ」
 叩き潰さんとばかりに降り注いだ拳の雨に打たれ、冒険者達は悲鳴を上げた。ダメージが道中の戦いの比ではなく、もう一撃まともに貰えば耐えられる冒険者がどれだけ残るか、といった所か。
「……回復お願い!」
「分かってます!」
 何とか踏み止まったフレアがきっと顔を上げ、癒しの波動を放つ。その瞳に早くもある種の決心が宿っているのが、一部の仲間には分かった。
 と、そこへ後方から迸る電撃。辛うじて回避する物の、状況は尚も悪くなる。
「もう来たのか!」
「時間稼ぎは引き受ける、皆は中枢を!」
 ジローとシンが部屋の入り口、通路の終点を塞ぐように立った。先ほどの攻撃の主だろう、バチバチと電気を纏った触手を振るい来る融合型に、二人は飛燕連撃を放つ。
 一方――。
「始末におえんな、コイツは!」
 壁全面から襲い来る腕に放った粘り蜘蛛糸が易々と切り裂かれるのを見て、トートは半ば呆れ果てていた。確かに今戦っているのはピルグリムシップという超大型の異形、小技が効かないのも納得は出来ようが……つくづく、何と出鱈目な生命体なのか。
 そして最も厄介なのは、好きな場所から自由に攻撃されるため、後衛に庇いたい術士が護れない事だ。猛攻を耐え凌いで回復を待つ戦いとなり、フレアも回復から手が離せない。
 リフィアに贈られた杖の威力で傷を片端から治しているが、そもそも彼女が居なければこの戦況を長く耐える事は出来ない。そして承知の通り、鍵を担う彼女こそが冒険者側の一番の弱点なのだ。
「! しまっ――」
 予想だにしなかった、壁の手からの電撃がフィルメイアを貫いた。そのダメージは重くは無いものの、痺れて護りの天使達をかけなおし損ねてしまう。
「あ……」
 そこへ襲い掛かる更なる攻撃が冒険者達を叩きのめし、地に膝をつかせる。そして軽減の無い大きなダメージにフレアは耐え切れない。
「フレアさん!」
 弾き飛ばされたまま起き上がらない姿にリフィアが悲痛な声を上げ、カインが歯噛みする。
 人の心配などしている余裕は無い。撤退しようにも退路を塞ぐ融合型を乗り越え、迷宮を脱出する事は不可能にしか思えない。
 まるで処刑場のようだ……ユウリはぼんやりと思った。やはり最後に待つのは死罰なのかと。けれど、それを無為に受け入れる程彼女は潔くはなかった。
 見つめるのは一点。僅かに守りが過敏に見えた正面から少し左の壁面に賭ける。雷矢を番え引き絞り、それに気付いた触手が殺到する。歌われ始めた高らかな凱歌は僅かに間に合わない、それでも。
(「私は……撃ち貫くのみよ」)
 触手に強かに打たれ彼女が意識を手放すより僅かに早く、想いを乗せた矢が飛んだ。それは狙い過たず壁面の一点に吸い込まれ……。
『ぐおおぉぉ……』
 音のする方に一同の視線が集中した。矢の吸い込まれた場所から壁が苦しげに盛り上がり、裂けては、白い異形が露わになっていく。
 それは巨大なピルグリムの頭。これがピルグリムを束ねる中枢の中枢――と、空気がぐにゃりと歪む錯覚。
「何!」
 続けて目に見えぬ衝撃が部屋全体を襲った。前身がバラバラに千切れそうな衝撃が等しく襲い掛かる、が……希望のグリモアの加護か、かつて無い攻撃にも冒険者達は踏み止まっていた。
「私達は諦めないわ。最後まで決して!」
「もう、この戦いを終わりにするためにも……」
 カインの掌中に緑の業火が生まれ、リフィアの高らかな凱歌が皆を立ち上がらせる。更にフィルメイアの加護がカインに宿り。
「いい加減、災厄には消えて欲しいんだよね」
 彼女達に襲い掛かる腕をネオンの流水撃が斬り捨て、換わってネメシスの足元からヴォイドスクラッチの影が伸びる。
「酒の払いと同じさ、もう清算したいんでな」
 ザルフィンの剣が稲妻を纏う。
「ここは通さんよ」
「私の役割は果たし切る……!」
 融合型の妨害はジローとシンが許さない。
「長く付き合ってきた縁だ、最期もしっかり看取ってやるさ」
 トートの気が飛燕連撃の刃を紡いだ。
 皆の思いが一つになる。生み出された好機、ここで全ての決着をつける。
『これで終わりだ!』
 一斉に放たれる攻撃。その思いに生み出された輝きが部屋を眩く包み込み、異形の中枢を飲み込んだ――!

●終の空
 幸せな夢を見た気がして薄く微笑んだ。亡くした筈の人達の声を聞いたような――。
 瞳に感じる眩しさにぼんやりと目を開けると、ユウリはザルフィンに担がれ通路を運ばれていた。
「こっちも目を覚ましたよ」
「とりあえず何とかなったようね」
 覗き込むようにしていたフィルメイアがふうと息をつく。見れば周りの壁は溶け崩れ始めており、天井からは空の光が差し込みつつあった。
「これは……」
「勝ったのさ、俺達がな」
 煙草を咥えながらジローが言った。中枢を失ったピルグリムシップは、融合型と共に溶け始めたのだ。直に白濁に還るだろう。
「尤も、脱出まで気は抜けないさ。どの命一つとて、奴らにくれてやる訳には行かないしな」
 トートは肩を竦めて見せる。その向こう、消耗の薄かったシンに抱えられたフレアを心配そうに見ていたカインが呟く。
「本当にこれで全て終わってくれるかしら」
「それは分かりませんが……」
 呟き返すリフィアは思う。失われたものや残された傷、どれ程の時間が経てば癒されるというのだろうか。
 それでも少しでも癒しの手助けをしていこうと、心に決めていた。いつかその日が来ると信じて――彼女は顔を上げる。
「「あ……」」
 つられて見上げたフレアと二人、声を上げる。
 終焉を見届けた世界の空は変わらず青く、綺麗に澄み切っていた。


マスター:御司俊 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/03/29
得票数:戦闘17 
冒険結果:成功!
重傷者:桜花の医術士・フレア(a90098)(NPC)  蒼輝神翼・ユウリ(a18708) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。