ピルグリムネスト浄化作戦:白き船の腹を暴け



<オープニング>


●ピルグリムネスト浄化作戦
 数万体のピルグリムがひしめいていたピルグリムネストに繋がる巨大豆の木の通路も、3000名を越える冒険者が踏破した後には、動くピルグリムの姿を見る事はできなくなっていた。
 命を失い白く濁った流体となったピルグリムの死体の多くは、豆の木を流れ落ち、光の海へと落下して消え去っていった。

 たとえ数万体のピルグリムといえど、一度に戦闘に加われる数は1000体にも満たない。
 巨大豆の木に住み着いているピルグリムは、数こそ多くても、一体一体は冒険者の敵では無い弱敵である。
 冒険者達は、常に同数以上での戦闘を行いながらピルグリムを掃討した為、目立った被害を受ける事無く、巨大豆の木のピルグリムの掃討を完了させたのだった。

 そして、彼らの目の前に広がったのはピルグリムの荒野……ピルグリム戦争とそれに続くギガンティックピルグリムの追討戦以来、3年ぶりに足を踏み入れた浮島の姿であった。

 早速、冒険者達は橋頭堡を拠点として周辺の調査に赴く。
 その道中は、ピルグリムの襲撃など危険の多いものであったが、橋頭堡の仲間達のフォローもあり、調査に向かった冒険者達は、かつてのギガンティックピルグリムをはるかに凌駕する巨大なピルグリムを数体発見する事ができた。
 浮島を分割統治するかのような巨大ピルグリムは、巨大船のようなフォルムを持ち、天空に向けて大きくせりだす威容を誇っていた。
 その巨大なピルグリム……ピルグリムシップこそが、ピルグリムマザー無き後のピルグリムを統括する中枢部分であるのは間違いの無いところだ。
 つまり、このピルグリムシップの全てを一気に倒しきる事ができれば、残るピルグリムの脅威はほぼ完全に霧散するだろう。

 そして、いよいよ、ピルグリムネスト浄化作戦は、予定された最後の段階へと進む事になる。
 ピルグリムシップの中枢を破壊すべく、精鋭の冒険者達が戦いの場へ赴くのだ。
 

●白き船の腹を暴け
 ギガンティックピルグリムを凌駕する巨大なピルグリム――ピルグリムシップ。巨大船のようなフォルムのピルグリムシップをどうやって退治すればよいのか。集まった冒険者達はエンジェルの霊査士・エリアード(a90210)に視線を向け、彼の説明を待っていた。
「ピルグリムシップを倒すには、中枢となる頭を潰すことが必要です」
 集まった冒険者達を見渡したエリアードは、淡々と説明を開始する。
 巨大船のような形のピルグリムシップ。その中枢となる頭は、体内にあるという。ピルグリムシップの外壁を壊し中へ入り、中枢となる頭を探し出し破壊する。それがピルグリムシップを倒す唯一の方法だとエリアードは言った。
「外壁は……ピルグリム達が融合して出来たのでしょうか……うねうねと気持ち悪く蠢いています」
 内部も同じような状況でしょう、と霊査で見た映像を説明したエリアードは、思わず顔を歪めて片手で口元を押さえる。すみません、と顔を青ざめさせる彼の様子から伺うに、内部は相当気色悪い事になっているのだろう。だが幸いなことに、外壁や内壁は気持ちが悪いだけで何かをしてくるということはないそうだ。
 内部は入り組んだ作りになっており、狭い通路が何本も走っているという。その通路すべてが中心部へつながっているため、迷うことはないだろうとエリアードは言った。
「通路には数体の融合型ピルグリムが居るようです。倒すか回避するかは皆さんの判断にお任せします……倒すべきは中枢にある頭ですから」
 融合型ピルグリム――数も能力も未知数です、と彼は申し訳なさそうに続ける。状態異常――麻痺や毒を食らわせてくる敵も居るだろう。彼らに対する備えも必要になるでしょう、とエリアードは冒険者達の顔を見据えながら告げた。
「通路を抜け、中心部に到達してからが本番です。中心部は大きな部屋になっています――その壁から、何本もの触手が伸びるのが見えました。ピルグリムシップは船のような形状をしているとはいえ、ピルグリムの一種。部屋全体が一体のピルグリムだと考えてもらえればいいかと思います。中枢の頭は部屋のどこかにあります――巧妙に隠されていて、霊査で見つけ出すことは出来ませんでした」
 あらゆる壁から伸びる触手。それらを退けながら、部屋の中に隠されている頭部を見つけ出さなければならない。早く見つけなければ通路に居る融合型ピルグリムが中央の部屋に集まり、戦況は一層悪くなる。
「大変な戦いだということは、わかってます。そんな戦いに、皆さんを送り出さなければならないことも……」
 聞くほどに苦しい戦いを想像させる説明。締めくくる言葉をエリアードは自分の胸元をぎゅうと掴みながら言った。
 長いピルグリムとの戦い。守りきれなかった命。巡るのは、悪夢のような苦しい記憶ばかりだ――それはきっと、同盟の冒険者達も同じ。
「お願いします。……必ず、勝ってください」
 頭を下げたエリアードの声は、かすかに震えていた。
 長い戦いに終止符を打つためにも――この戦いは、負けられない。

 !注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エンジェルの霊査士・エリアードの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。


マスターからのコメントを見る

参加者
求道者・ギー(a00041)
紅虎・アキラ(a08684)
昏き理・ルニア(a18122)
清閑たる紅玉の獣・レーダ(a21626)
紅焔揺白盾・ヨイク(a30866)
空謳いの・シファ(a40333)
絶えぬ波音・アニス(a50019)
時空を彷徨う・ルシファ(a59028)
万色を纏いし者・クロウハット(a60081)
緑青の剣・ライカ(a65864)


<リプレイ>


「右へ回り込みましょう、そこが一番数が少なそうです」
 昏き理・ルニア(a18122)の指示に従い、一同はピルグリムシップの側面を回りこむようにして、その白い壁へと接近する。耳には支援の為に集まった冒険者達の足音と武器の音が響く。
 肩越しにピルグリムシップを一瞥し、万色を纏いし者・クロウハット(a60081)が追いすがるピルグリムへ光の筋を降らせた。その一瞬の隙を突くように、求道者・ギー(a00041)と紅虎・アキラ(a08684)、清閑たる紅玉の獣・レーダ(a21626)、空謳いの・シファ(a40333)らが足を止めて白い壁へ向き直る。
「それにしても白い船とは。黒い船であればわたしの好みだったのですがね」
「白き匣船といったところか、だが最早漂う事はなくここで朽ち果てるのみと知れ」
 クロウハットの言葉に背中越しでギーが言葉を返し、手に握る斧へ雷撃を纏わせる。アキラの放った斧が爆音を轟かし、間髪いれずシファの剣が柔らかな白い肉を何度も穿つ。二つの稲光が大きく白き壁の肉を焼き裂き、傷口を広げるように紅焔揺白盾・ヨイク(a30866)が剣を振りぬいた。
 白い壁に、ぽかりと大きな穴が開く。ぽたり、ぽたりと白い液体が傷口から滴っていた。
 崩れ落ちた壁から内部へ足を踏み入れ、粘つく白い道を駆けていく。腰につけたカンテラに、白い内壁が照らされた。壁からは冒険者達を引き止めるように白い触手が伸び、空を切ってまた壁に戻っていく。ピルグリム達が融合して出来たといわれるピルグリムシップ――生きているだけあって地獄のアンデッドとはまた違った気色悪さですね、と左方向へ伸びる通路を見やったヨイクが呟く。
「ったく、図体ばかりでかくなりやがって」
 足に張り付く白い肉を一瞥し、アキラが吐き捨てた。
 長年、同盟とホワイトガーデンを苦しめてきたピルグリム。伸びる手足が、長きに渡り続いてきた戦いを思い起こさせる。
(「かつてグドン地域と呼ばれた地で。ギガンティックピルグリムを倒してから約2年半……終わらせよう」)
(「友の故郷の平穏の為……」)
 かつての強敵を思い出す者、大切な人を思う者。浮かぶ事柄は様々だが、願うことは唯一つ。
 ここでピルグリムとの戦いを終わらせる、それだけだ。
 決意の篭った瞳で真っ直ぐ前を見据えて、時空を彷徨う・ルシファ(a59028)が言う。
「……僕らエンジェルの地を白い悪魔から取り戻しましょう」
「ホワイトガーデンの平和の為、やるべきことをしっかりやるだけです」
 頷いたヨイクが、盾を構えなおして中へ中へと足を進めた。
 守るために、救うために――取り戻すために。思いを指先に込めて武器を握り、一同は粘つく通路の先を睨みつける。

 鎧に布を食ませ消音を施した一同は、かすかな鎧の音を響かせて内部を歩んでゆく。鎧の金属音が消えた代わりに、ぬちゃりといった粘着質な足音が耳につく。粘つく床の立てる音、それが白い壁の気色悪さを際立たせていた。
 ピルグリムシップの中へ突入し、中央を目指し走り続けてどれほど経っただろうか。融合型との戦闘も既に数回――散発的に行われる、油断ならぬ敵との接触。やっぱり厄介だね、と吐き出した絶えぬ波音・アニス(a50019)が後方への警戒を続けたまま、前衛の仲間達へ目を向ける。
「前衛、替わりましょうか」
 タスクリーダーを持つルシファが、声を発さぬまま前衛へ言葉を送った。
 振り返ったシファが軽く首を振り、まだ大丈夫だと伝える。黒炎を背負い治した緑青の剣・ライカ(a65864)が、仲間達の傷を癒すべく淡い光を作り出す。
 左側の警戒に当たっていたヨイク、後方から遠眼鏡を覗き込んでいたクロウハットが敵影に気付いた。仲間へ目配せをして足を止めさせると、左から1、正面に3、と指先で融合型の数を教えあう。躊躇うことなく左へ進路を変えた一同は、融合型ピルグリムがこちらに気付く前にと、距離を詰め、武器を振るった。二つの斧が奇形した二つの頭を襲い、剣が体を穿つ。澄み渡る白刃が切り裂いた傷口へ、後方から放たれた黒い炎が食らいつく。
 ルシファが放った氷と炎を纏う矢に、ピルグリムの足が凍りついた。好機とばかりに刃が振り下ろされ、白い悪魔が沈黙する。
 ――長い道はまだ終わらない。後方を守っていたレーダ、アニス、ルシファが前衛と交替し、先頭を進んでいく。
 右に4体。先ほどと同じように指先だけで仲間に危険を知らせたレーダに頷いて、進路を変えた。
 少しずつ広がってく道。遠眼鏡を覗き込んだ先、淡く光が漏れる場所があった。部屋への入り口か――そして、そこに二つの敵影。
「中央奥、部屋の入り口見えました。その前に、2体です」
「貴様らに構っている暇は無い」
 唸るように吐き捨てたライカに同意して、駆け出す。此処までくれば回避する必要は、無い。
 アニスが野獣のような叫びを上げて気を放つ。両手から放たれた気の塊がピルグリムを打ちつけ、ルシファの矢が片方のピルグリムを凍らせる。後方から放たれる黒炎を受けながら、もう片方のピルグリムが雷撃を纏った触手を伸ばす。後方まで届きそうなその触手をアニスが受け止め、即座にルニアが祈りで痺れを抜き取った。その間にレーダがお返しとばかりに電刃衝を放つ。
 動きを止めた2体を仕留め、ギーが口にする歌で傷を癒す。一同の目の前にはがらんとした広い部屋が既に見えていた。


 融合型ピルグリムの残骸を踏み越える。そこにエリアードが言っていた中央部の部屋はあった。白い壁からは何本もの触手が伸び、意思を持っているかのように蠢いている。部屋に通じる道は四つ――目配せして形状を確かめ、足を踏み入れる。
 鋭い音を立てて、触手の数本が部屋に足を踏み入れた冒険者達へ襲いかかった。左右で警戒に当たっていたギーとヨイクが咄嗟に盾を構える。
「部屋全体が敵というのは厄介なものだ」
「足を止めずに中心部まで行きましょう」
 伸びてきた触手を盾で受け流し、中心部まで無事抜けた一同は、即座に隊列を変えた。医術士のライカとルニアが背中合わせで中央に立ち、二人を庇い立つように残りの8人で円を描く。
 一息つく間も与えぬように、壁から飛び出した触手は代わる代わるに冒険者達を襲う。応戦する如く伸びる触手を両手剣でなぎ払いながら、レーダは目を凝らし壁を見据える。
「頭をどうやって見つけ出すかだけど……適当にそこらを叩いてみて触手やらの反応で探るしかないね」
 壁を睨みつけながらアニスが呟いた。今のところ、頭のありそうな場所は見当たらない。
 蠢く触手は至る所から伸びている。切り払われた触手は直ぐに再生し、また壁から冒険者たちを狙い出す。中枢の頭を倒すまで、触手が無くなることは無いのだろう。早く見つけなければ融合型ピルグリムが自分達を追ってくる――急がねば危険は増すばかり。
「反応を見るのは僕達に任せてください。必ず見つけ出します」
 矢を番えたままで触手の伸びる壁を睨むルシファ。同じく頷いてみせたライカとルニアは、仲間の背中越しに白壁を見やる。
「後方は私達が守りましょう。何体来ても、ここから中へは通しませんよ」
 通ってきた後方の道を塞ぐように立ち、ヨイクが自分とクロウハットの鎧へ順に力を注いでいく。うねり、伸びる触手を出来るだけ多く巻き込めるよう位置取りながらクロウハットが紋章を描き、壁に幾筋もの光を放つ。
 斧が、剣が――放たれた気や光の筋が白壁へと衝突し、触手の動きを阻んだ。中枢を探す仲間達を援護するように、また彼らへ攻撃を通さないように、切られては生える触手を裂いていく。
「ギーさん、アキラさん、来ます」
「数が多いな、一掃するぜ」
 ルニアの声に反応し、触手の数を目で数えたアキラはレイジングの構えを取った。即座にルニアが祈りの構えを取る。
 大きく振るった斧から竜巻が生まれ、蠢く壁に張り付く触手たちをバラバラに切り裂いた。声を上げるように壁が蠢き、また触手を生み出していく。
 クロウハットの描き出す紋章が光で壁を焼き、レーダの剣が壁を凪ぎ、アキラとギーの斧が切り裂く。ルシファの矢が爆音を轟かせて白壁に突き刺さる。統べての壁を満遍なく攻撃していく仲間達の後ろで、祈りと癒しの光を作り続けながらルニアとライカが目を凝らす。
「必ず、不自然な動きがあるはずです」
 庇うような動き、触手の生える密度が少ない場所、反撃が厳しい場所――。それらしい場所にナパームアローを打ち込み、ルシファは反応を待った。
「ルシファ、今の場所にもう一度」
 ライカが白壁の一点を指差して言う。ルシファも頷いて、もう一度矢を番えた――小さくはあったが、確かに異変はあった。壁を庇うように作られたばかりの触手が自ら矢を受けにいったのだ。
 二本目の矢が放たれる。また触手はその一点を庇うように、矢と壁の間に割り込んだ。ルシファは即座に息を吸い、吼える。
「アニスさんの前方10m、床から2m上方の壁です」
 言いながら三本目を放つ。矢を止めにいこうとした触手をアキラがレイジングサイクロンで吹き飛ばし、即座にルニアが麻痺回復の祈りに入る。
 矢が引き起こした爆音と煙幕が薄れると共に、白い壁に異変が起こっているのが見て取れた。突き出た瘤のようなものにはぎょろりとした瞳がついており、形はピルグリムの頭部に酷似していた。瞳の動きにあわせるように、触手が蠢いている。
 これが頭部に違い無い。
「よし、総攻撃を……」
「そう簡単には、行かないようですね」
 ギーの声をさえぎって唸るように呟いたヨイクは、通路の奥に見えた2体の敵影を苦々しく睨みつけていた。
 ぬちゃり、とした足音が響く。
 ――融合型ピルグリム達が、中心部へと集まり始めていた。


 壁からは触手が伸び、四つある道からは融合型ピルグリム達が向かってくる。
 円陣を組むことによって、中心部に位置取った医術士二人は守られた。だがそれは逆に術士でも前衛に立たねば成らない陣形でもあった。――しかも、混戦となるにつれて陣は明らかに崩れていった。崩さねば中枢へ攻撃が届かない。
 頭は壁に瘤のような形で現れた。クロウハットの前で盾を構え攻撃を一手に受けていたヨイクも、庇い切れぬ位置へ移動せざるを得なかった。
 融合型ピルグリムと、壁から生える触手――ライカとルニアが淡い光を作り出して回復に務めても、元々の体力が低い術士は堪え辛い。ましてや状態異常回復の為に片方が静謐の祈りに切り替えざるを得ないならなおさらである。
「邪魔は、……させません」
 漆黒の術手袋に包まれた指先で紋章を描き出し、融合型ピルグリムと触手へエンブレムシャワーを注ぎ込む。壁から触手が崩れ落ちる中、融合型ピルグリムの放つ白い腕が、クロウハットの身を穿つ。円陣に綻びが出来た――新たにに生み出された触手が内部に向けて伸ばされる。
「ここは通さないよ」
 クロウハットの攻撃で痛手を負った融合型ピルグリムを素早い剣裁きで屠ったシファが、そのまま触手とルニアの間に割り込んだ。強かに腹を打ち付けられ、そのまま白い床に膝を付く。
「シファさん!」
「……大丈夫、なのだよ。……それより、皆の回復を」
 戦いを続けられぬほどの傷を負ってなお、心配はいらないとシファが微笑む。回復手が倒れれば勝利が一歩遠くなる、それなら倒れてでも自分が身代わりになったほうがいい。
 死んだりなんかしない――もう頭は見つけ出したのだ、勝利はもう目の前なはずだ。
「早く、倒れろよ」
 疲労で痺れ始めた指先で両手剣を握り締め、レーダが顔を歪めながら何度も雷撃を頭へ放つ。頭部への攻撃は邪魔させぬとばかりに、指天殺を融合型ピルグリムへ叩き込んでいたアニスがレーダを庇うように触手の一撃に崩れた。
 苦しい状況が延々と続く。この状況を突破するには、見つけ出した頭を早く潰す以外に方法は無い。
 雷撃を放ちつくしたレーダは、両手剣を舞わして弱った触手達を一掃した。横から放たれた融合型ピルグリムの一撃に身を崩す。二撃目とばかりに伸びる触手を、即座にルシファが後方から射抜く。
「テメェ等のツラもいい加減見飽きた、ここで終わりとしようや」
 満身創痍の体で斧を握り締め、アキラは吼えながら刃を中枢へ振り下ろす。轟くような爆音が部屋に響き渡りその威力を物語る。
 壁から突き出たピルグリムシップの頭、その目が苦痛に歪みアキラを睨んだ。至近距離に生まれた触手が、アキラの体を払いのけるように振るわれる。
「神や竜よりちっぽけな貴様に、仲間を渡してなるものか」
 絶対にみんなで帰るんだ。誰一人欠けさせやしない、と決意を込めたライカの剣が、柔らかい光を作り出す。祈るように手を組んだルニアの指先からも淡い光が生まれ、まるで融合するかのように眩い光にと変化した。
 希望のグリモアの力――生きて帰るのだという願いに反応するかのように、柔らかく煌々とした光が仲間達を包み込んでいく。
 武器を掴む指先から痺れが消えていく。動く力も無くしていた足に少しづつ力が戻ってくる。
「……汝が魂に幾千万の試練あれ。在ればではあるが……ね」
 柔らかな光が消えぬ前にギーは漆黒の刃を掲げた。刃を彩る赤き雷光に光が走り、眩いばかりの雷撃が頭へと落ちる。雷は一度、二度、三度と光り、その光にあわせるが如くヨイクの斧が振りぬかれた。
 ピルグリムシップを動かしていた中枢――その頭はまるで悲鳴を上げるように瞳を歪ませ、どろりと形状を歪ませて床に落ちた。歪んだ瞳に光は無く、それは冒険者達の勝利を物語っていた。
 
 頭部が潰れ、壁に張り付いていた触手が液体に形を変え、零れ落ちていく。同時に地響きが起こり、ぬかるんでいた床がさらに柔らかさを増した。
 ピルグリムシップが溶けている。
 即座に脱出を、と矢を番えたルシファは、入り口付近に居たピルグリムに目を向けて絶句する。
 どろりと形を変えた融合型ピルグリムが、溶け始めているピルグリムシップに混ざっていく。中に巣くっていた融合型ピルグリム達も、ピルグリムシップと共に溶けているらしい。
「――戦闘の必要が無さそうなのはありがたいですが……急ぎましょう」
 怪我人を背負いながら、ヨイクが先頭を切って通路を進む。柔らかくなった壁を剣で切り裂き、道を作りながら歩めば、眩いばかりの光が目に飛び込んでくる。
 ――そこにあるのは、ホワイトガーデン。橋頭堡で自分達を待つ、仲間達。

 振り返れば、白い船が溶けていくのが見えた。
 禍々しい白い船はまるで元からこの世に存在しなかったかのように、その姿を消そうとしている。こんな船はもう現われなければいい――消え逝く船を眺めながら、祈る。
「明日に怯え過ごした夜に終わりを」
 仲間達に支えられながら、レーダは船を見据え言葉を紡いだ。
 これが終わりであるように、と――白い悪夢から目覚める明日が訪れますように、と。


マスター:流星 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/03/29
得票数:冒険活劇12  戦闘15  コメディ2 
冒険結果:成功!
重傷者:紅虎・アキラ(a08684)  清閑たる紅玉の獣・レーダ(a21626)  空謳いの・シファ(a40333)  絶えぬ波音・アニス(a50019)  万色を纏いし者・クロウハット(a60081) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。