蒼氷の神兵器:魔霧ミディアム



<オープニング>


●蒼氷の神兵器
 蒼氷をまとった謎の敵の出現は、コルドフリードのドラゴンロードの力なのだろうか?
 円卓での話し合いにより、新たなドラゴンロードとの決戦準備を進めようとしていた冒険者達に、新たな危機を知らせる報告が舞い込む。
 かつて、ランドアース大陸の形を大きく変えた、神との戦い。
 その神の創りし巨大兵器の軍団が再びランドアース大陸へと姿を現したというのだ。

 敵は、数百体の魔風ウェルダンと魔霧ミディアム。
 現在、魔霧ミディアムの侵攻にあわせて、数百体の魔風ウェルダンが3方向から押し寄せつつある。
 空中要塞レアの姿こそ確認されていないが、これだけでも、放置すればランドアース大陸の全ての建築物と生物とを根こそぎにする力を持っており、ドラゴンウォリアーの力をもってしても簡単に勝利する事はできないかもしれなかった。

※※※

「皆、集まってくれたかしら」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、異変の噂を聞きつけて集まった冒険者達に説明を始めた。

「今、ランドアースで起きている、蒼い氷をまとった亡霊のような集団の話は知っているわね。それがまた現れたわ。しかも、とびきり厄介な奴らが……」
 大神ザウスが、ランドアース大陸を滅ぼす為に用意したという兵器群、魔風ウェルダンと魔霧ミディアムが再び姿を現したのだ。

「ウェルダンとミディアムは、もともとランドアース大陸を滅ぼす為に作られたものだから、放置すれば被害は甚大すぎるわね。この災害を阻止できるのは、ドラゴンウォリアーの力だけだと思うから……、とにかく、急いで現場に向ってほしいの」

 リゼルはそう言うと、詳しい事は担当の霊査士から話を聞いて欲しいといって、冒険者達に頭を下げた。
●ミディアム
 ……魔霧ミディアム。
 かつてチキンレッグ王国を恐怖に陥れた存在。
 故に誰もが悪夢を見ていると錯覚したに違いない。
 再び同じ場所に魔霧ミディアムが現れたのだから……。
 しかも、何の前触れもなく現れたため、住民達の避難も終わっていなかった。
 それは過去の出来事が最悪の形で現実と化した瞬間……。
 魔霧に覆われた事で混乱状態に陥り、仲間同士で殺し合いを始める住民達。
 いち早く現場にむかった七色鶏冠も魔霧の影響を受け、住民達の救出どころではなくなっている。
 この魔霧を止める方々は、ただひとつ。
 魔霧ミディアムの体の上にある魔霧発生装置を破壊するしかない。
 唯一の救いは冒険者達がドラゴンウォリアーと化し、高速飛翔能力を得ている事だった。
※※※

「みんな、集まったな。今回の現象は原因不明。だが、このまま放っておくわけにはいかない。ようやく立ち直ったチキンレッグ達のためにも、ミディアムを倒してくれ」
 そう言って赤狼の霊査士・ガイ(a90048)が深々と頭を下げた。


マスターからのコメントを見る

参加者
漆黒の黄金忍者・ケンハ(a29915)
永久に我が舞姫の側を望む者・ファル(a33563)
闇夜の刺客・リーナ(a34480)
青銀の飛竜・ウィル(a47045)
ノソ・リン(a50852)
蒼影凶手・ダーク(a55955)
狂風乱舞・マム(a60001)
青雪の狂花・ローザマリア(a60096)
銀翅灯・リゼッテ(a65202)
氷鏡紫藤・リアラマ(a66139)


<リプレイ>

●過去の亡霊
「次々と古傷をえぐるような亡霊が現れたと思ったら、今度は神の兵器か。此処で暴走を食い止めないとな」
 険しい表情を浮かべながら、青銀の飛竜・ウィル(a47045)が拳を震わせた。
 すでにミディアムの周囲には魔霧が発生しており、逃げ遅れた村人達と、救助に向かった七色鶏冠護衛士達が混乱状態に陥っている。
 そのため、ドラゴンウォリアーに変身すると、魔霧の効果範囲外である上空からミディアムの様子を窺った。
 ……ミディアムは動かない。
 ただ、その場に陣取って、魔霧を発生しているだけである。
 しかし、その魔霧を吸い込んで多くの者達が混乱状態に陥っており、辺りには沢山の死体が山のように転がっていた。
「……また厄介な物が復活しているな……。だったら、もう一度この地から消さねばな……」
 遠眼鏡を覗き込みながら、蒼影凶手・ダーク(a55955)が深いため息を漏らす。
 ミディアムの全身は魔霧に包まれているが、それでも形がハッキリと分かるほど体が大きかった。
 その上、ミディアムが咆哮を上げるたび、大地が怯えているかのように震えている。
「クソッタレ……! どれほど耐えて、ここまで立ち直ったと思っているんだ……!」
 激しい怒りを覚えながら、銀花小花・リン(a50852)がミディアムを睨む。
 ようやくチキンレッグ領内が復興したというのに、蒼い氷を纏ったミディアムやウェルダンが現われた事で、すべてが台無しになっている。
 そのせいで再び復興活動をしなければならなくなったため、チキンレッグ王国の国王フライドも頭を悩ませているらしい。
「わざわざあんな嫌な思い出を再現してくるなんてね。……良いわ。徹底的に叩いてあげる」
 毒消しの風を発動させながら、狂風乱舞・マム(a60001)が飛び上がる。
 しかし、常に魔霧が発生しているため、一時的にしか効果が望めない。
 つまり回復アビリティが尽きる前に勝負を決めねば、自分達もここにいる者達と同じ末路を辿ってしまう事を意味していた。
「侵略する者、される者、歴史は繰り返す、か。あれから一年――、借りは返すわ。――倍返しで、ね」
 魔霧の影響でイライラとしながら、青雪の狂花・ローザマリア(a60096)がヘブンズフィールドを展開する。
 それに合わせてミディアムが唸り声をあげ、冒険者達をジロリと睨む。
「過ぎ去った時は二度と戻らない。だからこそ、今を精一杯生きる事が出来るんだよ。過去は過去らしく記憶の中で眠りなさい」
 ミディアムに語りかけながら、舜瞬六花・リゼッテ(a65202)が静謐の祈りを発動させる。
 そのおかげで少しだけ魔霧の効果から逃れる事が出来たため、ミディアムとの距離を一気に縮めていく。
「……ボク。いえ、私は鯨さんと戦うのは初めてですが、鯨さんにはもう一度消えてもらいます。笑顔で『ただいま』『おかえり』を言える場所を守るために……」
 ドラゴンウォリアーに変身しながら、氷鏡下ノ舞姫・リアラマ(a66139)がミディアムに勝負を挑む。
 だが、ミディアムの装甲が固いため、ドラゴンウォリアーと化していても、ほとんど傷をつける事が出来ない。
「バーレル護衛士団所属リーナ、いざ参ります。これであなたと会うのは最後にさせていただきます!」
 バーレル護衛士の代表として依頼に参加し、闇夜の刺客・リーナ(a34480)がキッパリと言い放つ。
 ここでミディアムに負けるような事になれば、バーレル護衛士の名まで傷つけてしまう事になるため、どうしても負けるわけにはいかなかった。

●魔霧発生装置
「……以前の戦いでオレが相手にしていたのは、量産型ウェルダンだったな。だが……、厄介な霧だが負ける訳にはいかない」
 ドラゴンウォリアーに変身して背中に二対の翼を生やし、永久に我が舞姫の側を望む者・ファル(a33563)がヘブンズフィールドを展開する。
 次の瞬間、ミディアムが真紅の瞳を輝かせ、魔霧の量を一気に増やした。
 そのため、冒険者達が混乱状態に陥り、何もない場所に攻撃を仕掛けていく。
 しかし、彼らの瞳には蒼い氷を纏ったウェルダンの姿が見えるため、自分達が混乱状態に陥っている事すら気づいていない。
「いつの間にウェルダンが!?」
 信じられない様子でウェルダンを見つめ、ダークが唖然とした表情を浮かべて汗を流す。
 ウェルダンの大群はダーク達の逃げ道を塞ぐようにしてまわりを囲み、縦横無尽にレーザーを撃ってくる。
 そのせいでダークは例えようのない恐怖心に襲われ、手当たり次第に攻撃を仕掛けていく。
 だが、いくら攻撃しても空を切っているような感覚しかなく、ウェルダンのボディに傷ひとつさえつける事が出来なかった。
「……さすが神の先兵だけはありますね」
 ウェルダンに襲われながら、リゼッテが静謐の祈りを発動させる。
 それと同時にウェルダンの姿がパッと消え、今まで自分達が見ていたものが、ようやく幻であった事に気づく。
「あの煙突みたいなの壊せばいいのよね?」
 すぐさま血の覚醒を発動させ、マムが魔霧発生装置まで飛び上がる。
 魔霧発生装置からは絶えず魔霧が発生しており、回復アビリティを使ってもほとんど意味がない。
 そのため、冒険者達は混乱状態に陥ったまま、魔霧発生装置を破壊しなければならなかった。
「……油断するな。狙うのは、魔霧発生装置のみ! 他の敵はすべて幻だからな」
 自分自身に言い聞かせるようにしながら、ファルが魔霧発生装置に攻撃を仕掛けていく。
 その間もファルは混乱状態に陥っているため、ドラゴンやウェルダンの幻に襲われている。
 しかし、すべてが幻である事が分かったので、魔霧発生装置の破壊を優先させた。
「さっさと潰れろ!」
 仲間達と連携を取りながら、ダークがパワーブレードを叩き込む。
 次の瞬間、魔霧発生装置が爆発し、大量の破片が雨となって降り注ぐ。
 それに合わせて辺りに漂っていた霧が晴れ、混乱状態にあった村人達が我に返る。
 しかし、自分達のまわりに愛する者の死体が転がっていたため、信じられない様子で絶叫を上げた。
「まさか、ここまで酷い状況だったとは……」
 凄惨な光景を目の当たりにしながら、リゼッテが村人達の避難を急ぐ。
 それと同時にミディアムが唸り声をあげ、辺りの木々を薙ぎ倒すようにして歩きだした。
 しかも、ミディアムが目指しているのは、チキンレッグ王国の首都バーレル。
 万が一、バーレルが破壊されるような事があれば、今まで築き上げてきたものが、すべて水泡と化してしまう。
「クッ……、最悪の状況だな。だが、ここで村人達を見捨てるわけにはいかない。ミディアムの相手は、あいつらに任せて、オレ達は避難活動を優先するぞ」
 仲間達に指示を出しながら、ファルが急降下して村人を抱き上げた。
 その中には泣き叫んでいる者もいたが、このままだとミディアムの下敷きになる事が目に見えていたため、心を鬼にして安全な場所まで運んでいく。
 そうしている間に七色鶏冠も避難活動に加わったため、思ったよりも多くの人命を救い出す出来そうだ。
 もちろん、それ以上の被害が出てしまっているので、ウェルダン侵攻時と同じくらいの大惨事である事に変わりはない。
「……悪夢ね。これが誰かの仕業だとしたら、探し出してお仕置きしなきゃ」
 不機嫌な表情を浮かべながら、マムが村人達を安全な場所まで誘導する。
 この事件の黒幕が誰なのか分からぬままだが、ここまで酷い事をした罪の償いをさせる必要がありそうだ。

●魔霧ミディアム
「蒼氷の敵も順々に嫌な相手になってきているな。しかし、我々はこんな過去の幻影になど負ける訳にはいかん。魔霧が晴れた今、ウェルダンは脅威にあらず!」
 ドラゴンウォリアーに変身してドリルランスを構え、漆黒の黄金忍者・ケンハ(a29915)がミディアムに攻撃を仕掛けていく。
 だが、ミディアムの装甲が思った以上に固いので、なかなか進攻を食い止める事が出来ない。
 そうしている間にも村人達が押し潰されていくため、仲間達が全力をあげて避難活動を続けている。
「……魂魄無き、ギアという存在であるお前が、亡霊の筈も無い……氷で塗り固められた贋物よ、泡沫へと帰せ……」
 血の覚醒で通常攻撃をパワーブレードに変化させ、ローザマリアが一気に間合いを詰めていく。
 次の瞬間、ミディアムめがけてデストロイブレードを放ち、ほんのわずかだが眉間にヒビを入れた。
 それに合わせてミディアムが体当たりを仕掛けてきたため、ローザマリアが派手に吹っ飛んだ。
「やはり以前よりもパワーアップしているようだな。……となると長期戦は厄介だ」
 ヒット&アウェイを繰り返しながら、ウィルがガッツソングを歌い出す。
 その歌声によって傷ついていたローザマリアが立ち上がり、再びミティアムに対して攻撃を仕掛けていった。
「動物型の構造上、背中には死角が出来るはず……。その場所ならミディアムの攻撃だって届かない」
 ミディアムの攻撃から逃れるようにして上昇し、ケンハが背中めがけて疾風斬鉄脚を炸裂させる。
 そのため、ミディアムはまったく反撃する事が出来ず、大きな巨体を揺らして悲鳴を上げた。
「……ギアでも痛みを感じるのか? いや、単なる気のせいだな」
 クールな表情を浮かべながら、リンがミディアムに破鎧掌を叩き込む。
 それと同時にミディアムの眉間にあったヒビ割れが広がり、ボロボロと破片が落ちていく。
「これ以上、先には行かせないよっ!」
 ミディアムの行く手を阻むようにして陣取りながら、リアラマがブラッディエッジを炸裂させる。
 その一撃を喰らってミディアムが歩みを止め、悔しそうにギチギチと歯を鳴らす。
 しかし、魔霧発生装置が破壊されているため、ミディアムは肉弾戦を仕掛ける事しか出来なかった。
(「……一撃必殺!」)
 上空から一気に下降して勢いを利用し、リーナがスパイラルジェイドを放つ。
 そのたび、ミディアムの眉間にあったヒビが広がり、まるで玉子の殻を剥くようにして破片が落ちていく。
「これじゃ……、キリがないな」
 荒く息を吐きながら、ウィルが疲れた様子で汗を拭う。
 確実にダメージを与えているものの、致命傷には達していないため、ミディアムを倒す事が出来ない。
 そうしているうちに冒険者達の間に疲労の色が見え始め、ミディアムに対して攻撃を加える回数が減っていく。
 その隙にミディアムが咆哮を上げ、頭を揺らして冒険者達に体当たりを仕掛けてきた。
「負けて……たまるかっ!」
 わずかに残った気力を奮い立たせ、ウィルがデストロイブレードを叩き込む。
 次の瞬間、ミディアムが狂ったように唸り声を上げ、真紅の目玉がゴロゴロと転がり落ちていく。
「……いまだっ!」
 すべての力を込めるようにしながら、ケンハが貫き通す矢を放つ。
 その一撃をくらってミディアムの瞳が光を失い、断末魔をあげてその場に崩れ落ちる。
「神の尖兵、海洋の悪夢、血に塗れた遺産……。お前はこの国に要らない……。崩れて消えろ……!」
 上空から急降下して破鎧掌を放ち、リンがミディアムの破壊を試みた。
 それと同時にミディアムの体が砕け散り、蒼い氷の結晶がキラキラと地面に降り注ぐ。
「やっぱり、コルドフリードのドラゴンロードが、今回これを蘇らせたのかな? 何のために……。そして、どうやって?」
 様々な疑問が脳裏を過ぎり、リアラマがボソリと呟いた。
 コルドフリードのドラゴンがどんな奴なのか分からないが、今回の事件と何らかの関係があるのは間違いない。
「……今回の事件はすべて共通点があります。つまり事件の黒幕は、まだ倒されていないという事です。何とかして表舞台に引きずり出さないと、取り返しのつかない事になりますね」
 険しい表情を浮かべながら、リーナがリアラマに答えを返す。
 だが、いまは避難活動を優先しなくてはならないため、バーレル護衛士章を高々と掲げ、村人達を安全な場所まで誘導するのだった。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/05/27
得票数:戦闘26  ダーク2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。