蒼氷の神兵器:凍れる嵐の到来



<オープニング>


●蒼氷の神兵器
 蒼氷をまとった謎の敵の出現は、コルドフリードのドラゴンロードの力なのだろうか?
 円卓での話し合いにより、新たなドラゴンロードとの決戦準備を進めようとしていた冒険者達に、新たな危機を知らせる報告が舞い込む。
 かつて、ランドアース大陸の形を大きく変えた、神との戦い。
 その神の創りし巨大兵器の軍団が再びランドアース大陸へと姿を現したというのだ。

 敵は、数百体の魔風ウェルダンと魔霧ミディアム。
 現在、魔霧ミディアムの侵攻にあわせて、数百体の魔風ウェルダンが3方向から押し寄せつつある。
 空中要塞レアの姿こそ確認されていないが、これだけでも、放置すればランドアース大陸の全ての建築物と生物とを根こそぎにする力を持っており、ドラゴンウォリアーの力をもってしても簡単に勝利する事はできないかもしれなかった。

※※※

「皆、集まってくれたかしら」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、異変の噂を聞きつけて集まった冒険者達に説明を始めた。

「今、ランドアースで起きている、蒼い氷をまとった亡霊のような集団の話は知っているわね。それがまた現れたわ。しかも、とびきり厄介な奴らが……」
 大神ザウスが、ランドアース大陸を滅ぼす為に用意したという兵器群、魔風ウェルダンと魔霧ミディアムが再び姿を現したのだ。

「ウェルダンとミディアムは、もともとランドアース大陸を滅ぼす為に作られたものだから、放置すれば被害は甚大すぎるわね。この災害を阻止できるのは、ドラゴンウォリアーの力だけだと思うから……、とにかく、急いで現場に向ってほしいの」

 リゼルはそう言うと、詳しい事は担当の霊査士から話を聞いて欲しいといって、冒険者達に頭を下げた。
 
●凍れる嵐の到来
「というわけで、きみたちはウェルダンの侵攻を止める役割を担ってもらうよ」
 鍛練の霊査士・ジオ(a90230)が、冒険者たちの前に地図を広げた。
「向ってもらう場所はチキンレッグ領南部、海沿いの平野。敵は東の海岸線から、西の内陸部へ押し寄せてくる格好だ。全体でおよそ100体のウェルダンが、20体ずつの小隊を形成し、この隊が5個あって、順次、攻め寄せてくる。5回の波状攻撃ということだね」
 かつては大勢の冒険者が死力を尽くして戦い、食い止めたウェルダン軍団だが、ドラゴンウォリアーなら、少人数でもなんとか対応することができる。そう、今回も、戦場では冒険者がドラゴンウォリアーになって戦うことができるのだ。

 ジオの武骨な指が、地図の上を滑った。
「少し内陸へ行ったこのあたりには、町がある。すでに、チキンレッグの商人たちの中には、臆病者の勘を発揮して逃げ出しているものもいるらしいけど……、今から急いでもらっても、ウェルダンの第1波が、この町に到達するのを防げるかどうかは、ギリギリといったところだ。場合によってはすでに町の破壊が始められているかもしれない。きみたちが到着しさえすれば、擬似ドラゴン界に似た戦場へ移動できるからそれ以上の破壊は止められるけどね」
 その後、押し寄せる第2波、第3波のウェルダンは、次々に戦場に取り込んで戦い続けることができる。それによって町は守られるものの、敵の戦力がどんどん増えていくことになる点は注意すべきだろう。
「さらに……連中の中で1体だけ、他のウェルダンよりも一回り大きく、色が異なるやつがいる。こいつだけは、ドラゴン並の力を持っているらしいんだ。昔のウェルダン軍団にはこんなのいなかったのだけれど……。おそらく、これがこの蒼氷のウェルダンたちのボスなんじゃないかと思う」
 このウェルダンは、ちょうど敵軍の真ん中、第3波に属している。
 先の、蒼氷の亡霊兵と戦った冒険者の報告では、敵の首魁を倒せば、亡霊兵はすべて消え失せたという。あるいはこのウェルダンたちも、同様かもしれない。
 
「一連の怪事がドラゴンロードの攻撃なのかどうか、まだはっきりしないけれど……先の亡霊兵同様、これを放置しておくことはできない」
 万一にも冒険者たちが敗走することになれば、町は完全に破壊されるだろうし、最終的な被害はチキンレッグ領だけでは済まないだろう。
 大神ザウスはすでにいない。
 その意志によりランドアースを蹂躙すべく遣わされた機械の尖兵も、あってはならないはずなのだ。
「よみがえったウェルダンたちを、必ず、撃破してきてくれ」
 ひときわ熱をこめた瞳で、霊査士は冒険者たちを送り出すのだった。


マスターからのコメントを見る

参加者
蜂蜜騎士・エグザス(a01545)
悠揚灯・スウ(a22471)
蒼き天威・ハーゼ(a30543)
円環の吟遊詩人・ロッズ(a34074)
かはたれのひかり・オーロラ(a34370)
牙時雨・ヤクシ(a34390)
冰綴の蝶・ユズリア(a41644)
いつか星の大海へ・ミレアム(a45171)
倖せ空色・ハーシェル(a52972)
深淵に羽ばたく翼・アザゼル(a63456)


<リプレイ>

●危難の嵐、再び
「さぁ、走れ! アビス」
 深淵の堕天使・アザゼル(a63456)が青い甲冑のグランスティードを駆る。
 その後ろに乗るのは、柔らかに揺らめく白灯・スウ(a22471)。
 グランスティードに騎乗した冒険者が、後ろに一人ずつの相棒を乗せ、合計6名が一心不乱に駒を進めていた。
 目指すは、チキンレッグ領のとある街。たくさんの住民が、日々の平穏な営みを送るその街を、今まさに、蒼氷の嵐が呑みこもうとしていた。
(「世界に何が起きているのかわからないけれど――」)
 スウが遠く投げた視線の先――、地平には、すでに土煙が断崖のように高く立ち上がっている。そして低い、空気を震わせる轟音。
「目の前の危険から守ることはできるはず」
 冒険者たちは走った。
 逸る気持ち、自らの心にさえ追いつき、追い越さんとするほどに急いだ。
 すでに町は恐慌のるつぼの中だ。
 荷車にありったけの家財を積んで逃げ出そうとするチキンレッグたちの間を縫って、3騎のグランスティードが走り込む。
 瞬間――。
 眼前まで迫っていた神の兵器は、冒険者ともども、その姿を消していた。

 手の中に、人形の感触を確かめ、冽月の蝶・ユズリア(a41644)は緋褪色の瞳で前を見据えた。つめたい風が彼女の髪を巻き上げ、背にあらわれた黒い蝶の翅を揺らす。ユズリアが駆るグランスティードはすでにその身に融合している。
 後ろに乗っていた大風車の・ヤクシ(a34390)も、ドラゴンウォリアーとしての姿で、その傍らに並び立った。
「あまり歓迎したい相手ではありませんねぇ」
 濃紺の弓を手に、迫りくる敵へ向けて臨戦態勢をとる。
 冒険者の到着は、まさに間一髪であったのだ。現実ではないが、そのうつしである今は無人の街が、竜巻によってまたたく間に瓦礫と化してゆく。だがその中に、失われる命はなく、この破壊さえ、戦いが終わればこの戦場とともに消えるだろう。
「一度ひどい目に遭った街の人たちを、もう一度同じ目に遭わせるなら、冒険者のいる意味がないじゃない?」
 ひとまずは、間に合った安堵を胸に、いつか星の大海へ・ミレアム(a45171)は黒炎覚醒の力を解き放つ。
 そこへ20体のウェルダンが、暴風と砂塵をともなって、猛スピードで突撃してきた。
 甲虫に似た形状の、金属の身体を、謎めいた蒼い氷が覆っているのがわかる。
 スウの指が、空中に紋章を描きだした。光の雨が、ウェルダンの一群に洗礼を浴びせる。
 ただ、ウェルダンは、竜巻を背負っているがゆえに、互いに密集してはいないものだ。隊を組むといっても、かなり広範囲に広がっての進軍である。かつての、軍団戦では、そのおかげで多数の冒険者が無数のウェルダンを各個撃破していくことができたが、今は、一人のドラゴンウォリアーの範囲攻撃が敵のすべてを巻き込むことのできない状況となっている。
 ヤクシのナパームアロー、ユズリアの流水撃が、スウのエンブレムシャワーに包みきれない範囲の敵への攻撃を受け持った。
 暴風にぶつかる爆風。空気を切り裂く刃。
 凍りついたギアの身体が粉砕されてゆく。
 その攻撃を生き残り、あるいはかいくぐってきたウェルダンの前には、倖せ空色・ハーシェル(a52972)が立ちふさがる。
「約束は絶対に守りますなぁ〜ん」
 強い風にばたばたとなびく髪を結わえてまとめる首飾りの石が、きらりと、青くきらめいた。
 振り下ろす銀色の太刀から繰り出された大岩斬が、一刀のもとにウェルダンを斬り伏せた。
「食らえぇーーーっ!」
 高らかな気合いの声とともに、アザゼルはデンジャラスタイフーンを見舞う。
 破壊されていくウェルダンの様子に、ミレアムは、魔風の軍勢の力のほどを測る。油断さえしなかれば決して強敵ではない――相手が弱いのではなくドラゴンウォリアーが圧倒的であるがゆえに――なのだが、さりとて、先日来の亡霊兵の、雑魚兵士ほど弱い相手とも言えないようだ。
 生き残ったウェルダンたちが、赤い複眼から破壊光線を迸らせる。
 ユズリアとハーシェルはうまくこれをかわし、スウは避け損ね、あとの面々は、かろうじて防具で受け止める。
「ザウスの兵器の亡霊ね……」
 防具≪黒脛≫の上で、破壊光線の熱がくすぶるのを感じながら、アザゼルは不敵に微笑った。
「面白いことになってきたじゃないか……」
 ユズリアはスウの無事を確かめると、互いに頷き合い、それぞれ別の方向へ、生き残りのウェルダンを掃討すべく範囲攻撃を放った。

●暴虐の風
 ドラゴンウォリアーと、その敵だけを閉じ込める戦場は、いつにない過密ぶりを呈していた。
 すでに第2波のウェルダン隊が姿をあらわし、幾条もの破壊光線の雨と、冒険者たちの範囲攻撃とがぶつかり合っていた。
 そこへ、あらたな一矢が加わり、ウェルダンの群れの中で爆裂する。
 後発で追い付いてきた蒼き天威・ハーゼ(a30543)の、それが挨拶がわりの最初の一撃だ。
 黒炎覚醒の炎に身を包み、はぐれ天使中庸派・オーロラ(a34370)は、たしかにそこが擬似ドラゴン界と同等の戦場であることを知る。この力は、ドラゴンと戦うためにもたらされたものであるはずだ。ならば……。
(「ドラゴンの力が、及んでいるんでしょうか……。同盟の力量を、測っているのかしら……?」)
 だとすれば、しかし、その力量を見せつけてやるよりないのではないか。
 蜂蜜騎士・エグザス(a01545)が、ウェルダンの一体へ大岩斬を食らわせ、虫のように叩き落とした。
 ドラゴンウォリアーの力ならこそ、ギアの装甲を砕くことはできたが、それでもなお、腕をしびれさせるほどの硬さを感じて、忌々しげに鼻を鳴らす。
「まがいものとはいえ、戦闘力は同等なのか。またコレと戦うはめになるとは夢にも思ってなかったぞ」
「できればもう会いたくなかったけど――」
 円環の吟遊詩人・ロッズ(a34074)は言い捨てて、先行していた仲間たちの様子を見渡す。今のところ、多少の負傷にとどまり、大きな怪我を負っているものがいないことに安堵しつつ、エンブレムシャワーで加勢する。
 サンダース2号の航海に参加したロッズにとって、ウェルダンは苦い思い出のある存在。だがそれでも、再び、目の前にあるというのなら……何度でも倒すまで!
「今、何体目!?」
 状況を確認する。
 そのときだ。
 そいつが姿をあらわしたのは――。
 一回り大きい体躯に、まとう氷を通しても、その装甲が他とは違う赤色なのがうかがえる。
 スウのエンブレムシャワーとヤクシのナパームアローが、そのウェルダンを巻き込みつつ、その周辺のウェルダンを一掃すべく放たれる。
 ユズリアは血の覚醒により高まった力が自らを駆け巡るのを感じた。
「くるぞ!」
 ――と、ハーゼの警告の声が響いた。
 かッと、輝く赤いウェルダンの複眼!
 ドラゴンウォリアーたちは身をひるがえして、放たれた破壊光線を避けようとする。
 ミレアムは、赤いウェルダンの接近を確認した時点で、50メートル以上後方へ後退していた。だが、その光線ははるかに長い射程距離をもってミレアムへと襲いかかったのである。
「……っ」
 宙へ投げ出されるミレアム。かろうじて、踏みとどまる。傷の深さを見てとって、オーロラから癒しの波動がすぐに届いた。
 これは危険だ。ハーシェルは、ヒーリングウェーブを施しているオーロラへ鎧聖降臨の加護を与えた。癒し手たちを守らなくては。
 光線を避け、体勢をたてなおしたハーゼは、ウェルダンへと向き直る。その途上に、配下のウェルダンが割り込んでくるのへ、飛燕連撃を撃ち込み、道を切り拓く。後方に位置したロッズから、エンブレムシャワーの援護があった。
 そうして、大型ウェルダン周辺の、ギアがいなくなった空間に、アザゼルが身を躍らせる。切っ先の描く軌跡は鋭く、指天殺の一撃となって、ウェルダンを狙い打つ。
 大きな音を立てて、ウェルダンの装甲に穴が穿たれる。
 ごう――、と嵐をともない、回転するウェルダンの体当たりが、アザゼルへの反撃となった。
 跳ね飛ばされるアザゼルへ、オーロラからヒーリングウェーブが放たれるのを確認しつつ、スウはヴォイドスクラッチを繰り出した。これはうまく命中し、ウェルダンの赤い装甲を弱体化させる。スウに融合したペインヴァイパーの力が加勢したのだ。
 ヤクシの貫き通す矢、ユズリアのパワーブレードが、この好機を逃さず叩きこまれる。
 ロッズは、ハーシェルから鎧聖降臨を受け取ったあと、慎重にウェルダンから距離をとった。自身の体力を思えば、ウェルダンの光線に何度も耐えられるとは思えない。しかし、あの長射程の攻撃を避けられるほど遠ざかれば、今度はあまねく回復を行きとどかせることができなくなってしまう。
 戦場を見渡したロッズは、すでに、冒険者たちが、散開し過ぎていることに気づく。
 幅広の陣形で襲い来るウェルダンに対抗するにはそうならざるをえないし、回復範囲から抜けが出ないよう、互いに声は掛け合ってはいたのだが――。 
 戦場の端に、新たな土煙の壁が立ちあがった。
 第4波のウェルダンの登場だ。
 一斉に放たれる破壊光線の束。
 その攻撃に撃ち抜かれ、アザゼルの身体が力なく崩れ、墜ちてゆくのを、仲間たちは見送らざるを得なかった。

●砕氷
 極力、赤いウェルダンを攻撃するのと同時に、周辺のウェルダンを巻き込むようにしていたものの、すべての戦場をおさめきれるものではない。赤いウェルダンに集中したぶん、残った討ち漏らしに、第4波の援軍が加わった。
 ミレアムは、紋章から降り注ぐ光の雨で弾幕を張った。
 その傍らを、駆け抜けていく影が一人――。
 エグザスだ。
 蛮刀を振り上げ、単身、第4波のウェルダン群へと吶喊する。自らに施す鎧聖降臨により、甲冑が強度を増す。その背には「砕氷」の文字――。
 あの群れを、一人で食い止めようというのだろうか。……たった一人でか――!?
 蒼氷のギアの群れに、エグザスの姿がまぎれていくのへ、しかし、すぐに助けを差しのべられるほどの余裕は、このときの冒険者たちにはなかった。
 スウは、あがる息を整えながら、高らかな凱歌で自身の負傷をやわらげてゆく。
 配下のウェルダンたちの攻撃は、ひとつひとつはドラゴンウォリアーにはさしたる脅威ではなかったが、それが幾度も幾度も、束になって襲ってきては、やはり、無視できないダメージの蓄積をもたらすのだった。
 だからといって。
「一歩も譲れませんよ」
 流れ落ちる汗と血を、流れるままにまかせ、ヤクシは前を見据えた。
「ここで食い止めねばならない相手ですから」
 かれらの後ろには、チキンレッグ領が、そしてさらに多くの人々が暮らすランドアースの内陸が広がる。
 敵ウェルダンとて無傷ではない。
 弓を引き絞り、ライトニングアローの狙いを定めた。
 ウェルダンの群れから撃ち出された光線を、後衛陣の盾となって受け止めたハーシェルが、それによって受けた負傷をおして、ウェルダンの胴体へ大岩斬を叩きこむ。
 オーロラも、すこしでも攻撃に加勢できるようブラックフレイムを放った。
 着実に、削ってはいる。
 だが、倒れるのは、ウェルダンが先か、冒険者が先か――。
 第5波のウェルダンの群れが遠くあらわれるのを見て、オーロラは警告を発した。
「分断されないように……固まってくださいませ……!」
 しかし、怒涛のように押し寄せるウェルダンを、すべて一度に駆逐できない以上、どうしても抜かれる箇所が出てくる。突破したウェルダンは、そのまま旋回して冒険者を攻撃してくるから、ここで、冒険者は囲まれる格好になってしまうのだ。
 第一、乱戦状態から復帰すべき、基本となる陣形がない以上、冒険者は、目の前の敵の攻撃をしのぎながら、かろうじて手近な仲間の援護をするだけで精いっぱいだった。
 交錯する破壊光線の幾条かに撃ち抜かれ、オーロラの羽が虚空に散った。
 助けようと伸ばされたスウの手が空を掴み、彼女もまた、自分自身がもうもたないのを知る。
 激しい爆発音は、エグザスの砂礫衝が周囲のウェルダンを吹き飛ばした音だろうか。
 満身創痍の重騎士の身体が傾く。
 ユズリアとハーシェルの、もしもの場合に備えたガッツソングが、冒険者たちの命をつなぎ、気持ちをつないだ。
 唸る雷光――、ヤクシのライトニングアローが赤いウェルダンの装甲に突き立つ。びきり、と音を立ててそこにひびが入った。
 蒼空に、ハーゼの身体が躍った。
 第5波のウェルダンたちがまだ手つかずに残っている。破壊光線の嵐をくぐって、ハーゼは飛んだ。
 赤いウェルダンを――首魁たる存在を、倒せば配下の亡霊兵は消えるはずだ。いや、そうであってくれ……!
 祈りをこめて、渾身のスパイラルジェイドが、ウェルダンの複眼に突き刺さった!

 砕けた――。
 蒼き氷は砕け散り、そして、空気に溶けるように消えて……。

 ロッズは、振り返った。
 そこには……無傷の、街が広がっていた。
 不安げに、窓や路地から顔を出した人々が、冒険者たちのほうを見つめており。
 がくり、と膝をつくハーゼ。空気をもとめて肺があえぐ。大粒の汗がしたたり落ちて、土に吸い込まれていった。ドラゴンウォリアーたちが、蒼氷の神兵器から守り抜いた大地へと……。
 ミレアムとユズリア、そしてヤクシが、倒れた仲間たちのもとへ駆け寄り、大事のないことを確かめる。
 街のほうから、住民たちの歓声が上がった。
 緊張を解いて、ハーシェルのおもてに笑みが上った。
 蒼氷の嵐から、人々は守られたのである。
「嵐の後は晴れって、相場が決まってますなぁ〜ん」
 やわらかな日差しが、ランドアースと、冒険者たちの上に、降り注いでいるのだった。


マスター:彼方星一 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/05/26
得票数:冒険活劇4  戦闘36  ダーク1  コメディ2 
冒険結果:成功!
重傷者:蜂蜜騎士・エグザス(a01545)  悠揚灯・スウ(a22471)  かはたれのひかり・オーロラ(a34370)  深淵に羽ばたく翼・アザゼル(a63456) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。