潜入プラント大作戦【第3作戦】ひとつぶどう



<オープニング>


●潜入プラント大作戦
 その事を、長老達は突然思い出した。
 一斉に咲き乱れ実りを結ぶ、植物怪獣達の楽園の話を。

 長老の一人は言う。
「偶然だったんじゃなぁ〜ん。集落の者がいつも通りに狩った獲物が、実りの欠片を持っておったんじゃなぁ〜ん」
 実りの楽園は、ここからは遠い。
 けれども、実りを食べた怪獣を別の怪獣が追い立て襲い、それをまた別の怪獣がまた襲い……食物連鎖に沿って、逃げ延びたり襲われたりを繰り返した結果、最後の捕食者・ヒトノソリン達の元にまで運良く運ばれてきたのだろう。
「これは採りに行かぬ手はないと思うてなぁ〜ん」
 だが、楽園は存外に遠い。
「谷があると聞いておるなぁ〜ん」
「川もあるらしいなぁ〜ん」
「危険な怪獣も沢山おるじゃろうなぁ〜ん」
「集落の者だけでは危かろうなぁ〜ん」
「手伝って貰うのはどうじゃなぁ〜ん? 人手が増えれば、収穫も増えるなぁ〜ん」
「それはいい考えじゃなぁ〜ん」
「なぁ〜ん」
 かくして、長老達が居眠りしながら額を付き合わせ相談した結果、冒険者達の手を借り、皆で頑張って採りに行こう、という話になったのである。

 そして、現在。
 うつらうつらと舟を漕ぐ長老の前には、幾十人かの冒険者達。
 どうやら意外と大掛かりになりつつあるこの作戦の概要を、長老達は長い眉を扱きながらゆっくりと話す。
「どうにも場所が遠くてなぁ〜ん、皆には順を踏んでやって貰わねば成らぬことが幾つかあるんじゃなぁ〜ん」
 それらすべきことを大まかに分け、長老達は大きな三つの作戦を提示する。

「最初にするのは、皆が移動する道筋の確保なぁ〜ん」
 楽園に至るまでの道程は、何通りもある。
 谷もあれば山もあり、沼もあれば川もある。とにかく何もかもがワイルドスケールなワイルドファイア。小集団なら何なりと行って帰ることもできるだろうが、たくさんの人員が収穫を持ち帰るには、道の確保それだけの為に労力を費やす必要がある。
 また、どの道が一番効率が良いかなども判らない。様々な可能性を模索するため、それぞれの地形に対して小部隊を結成、各個アプローチしていく作戦だ。

「二つ目は怪獣達の対処じゃなぁ〜ん」
 これからゆく先は、怪獣達の住処の真っ只中。
 怪獣達は縄張りに入り込んだ生物を、獲物として当然のように狙ってくるだろう。或いは、縄張りを主張して追い出しに掛かるかも知れない。美味しい収穫を手にしていれば、それを襲われる可能性だってある。
 そんな怪獣達を惹きつけ、時には蹴散らして収穫部隊の安全を確保するのが、ここでの役目だ。

「最後に、実りの収穫なぁ〜ん。一番の楽しみじゃなぁ〜ん!」
 実際に実りの楽園へ足を踏み入れ、その収穫を持ち帰ること。
 言葉だけ聞けば実に容易いものだが。
 楽園で実りを齎す者達は、植物怪獣なのだ。皆、我が身を護るため、何らかの抵抗をしてくるのは想像に難くない。
 楽園には様々な種類が自生しているらしく、実りの形も抵抗の方法も多種多様だ。中には自走する者も居るかも知れない。
 それらから収穫を勝ち取り、持ち帰る。今回の作戦においての、最大の目的だ。

「これら三つの作戦を、小部隊に分けて別個に実行して貰いたいと思っておるなぁ〜ん」
 言い終えると、集まった面々を何処かしら眠そうな眼差しで見回し、ゆっくりと髭を撫でる長老達。
「詳しい状況や内容は、別個説明するなぁ〜ん」
「是非名乗りを上げてくれると、嬉しいんじゃなぁ〜ん」
「どうか宜しく頼むなぁ〜ん」

●【第3作戦】ひとつぶどう
 長老はうきうきしていた。
 ぱっと見では判らないが、雰囲気がとてもうきうきしていた。
 左右に揺れて謎のリズムを取るくらいに、うきうきしていた。
 そして、うきうきしながら、お待ちかねじゃなぁ〜んとばかりに、皆を見回す。
「ここの皆には、収穫をお願いしますじゃなぁ〜ん」
 取ってくるのは、『ひとつぶどう』。『一粒』と『ぶどう』を勢い任せに呼んだ名らしいが……まるでぶどうを一粒勧められているかのようにも聞こえるのだが、気にしてはいけないにちがいない。
「この植物怪獣のつける実は、見た目はただの大きな丸い珠なんじゃがなぁ〜ん、とても甘くて美味しい、ぶどうの味がするんじゃなぁ〜ん」
 曰く、実のつけ方は、林檎や梨に似ているという。
 色や質感、触った感触もぶどうにそっくり。大抵は濃い紫で、稀に黄緑色をした物もあるらしい。
 一粒の大きさは一抱え程もあり、もぎ取るにも結構な力が要るそうだ。水風船のようにぷにぷにしてはいるが、皮はぶあつく、食べる時はナイフで切れ目を入れ、皮をバナナのようにぺろーんと剥いて食べるのだとか。
「この植物怪獣、根っこが足のようになっておってなぁ〜ん、実を取られまいと楽園中を走り回って逃げるそうなんじゃなぁ〜ん」
 しかも、かくれんぼでもするように、物陰を探して隠れようとするのだとか。
 もっとも、実も大きければ図体もでかいので、完全に隠れるのは無理な話。大抵は枝葉や実がはみ出ているのだが……とにかくすばしっこい上、植物とは思えない凄まじい跳躍力を持っており、物陰から飛び出したかと思うと、頭上を越えて遠くへ着地、また逃げ出してしまう。これだけ暴れて実を一つも落さないというのだから、収穫の際に力が要るというのも頷ける。
「積極的に攻撃するような事はないんじゃがなぁ〜ん、実を取っている間に動き出すと、実ごと相手を振り回されて勢いよく投げ飛ばされてしまうでなぁ〜ん、気を付けておくれなぁ〜ん」
 中々、一筋縄では行かぬようだが、全ては実りの収穫の為!
 長老は今だうきうき止まらぬといった様子で身体を揺らし、きゅぴーんと奥まった目を光らせる。
「美味しい宴会の為にも、どうか宜しく頼みますじゃなぁ〜ん」


マスター:BOSS 紹介ページ
 ぶどう、ひとつぶどう?
 っていう駄洒落があった。
 そんな第3作戦、張り切っていくどう!

参加者
狂月兎・ナディア(a26028)
美白の歌姫・シュチ(a42569)
緑馬ドリ忍びの小僧・アキラ(a47202)
怪獣王使い・ラウル(a47393)
星槎の航路・ウサギ(a47579)
金色の風狐・クオーツ(a52276)
剣より解き放たれし者・シュテ(a56385)
猟狂狼・ズィヴェン(a59254)
底無しの食欲・ジーク(a66595)
陽炎稲妻水の月・フォンゼイ(a74521)


<リプレイ>

●楽園の
 色鮮やかな世界。
 ここからが大本命だと、風狐の便り・クオーツ(a52276)ははやる気持ちを抑えつつ、駆け回るという怪獣の痕跡を探す。
 剣より解き放たれし者・シュテ(a56385)も、一日じゃ食べきれないかも〜♪ と期待に胸膨らませ、
「ぶっどうぶどう♪ らららひとつぶどう〜♪」
 ついつい口ずさんでみたり。
「こうやって色々果実を集めてみて、そうなった様はさぞかし壮観だろうねー」
 頑張って確保して、皆の喜ぶ顔を演出しようねーと零す、緑馬ドリ忍びの小僧・アキラ(a47202)に頷いて、狂月兎・ナディア(a26028)も美味そうだと思うと同時に、村長に早く食わせてやりたいと思う。
 そんな樹上では、銀刻ノ灰狼・ズィヴェン(a59254)が遠眼鏡を覗き、どこかにはみ出ているであろうひとつぶどうを探して景色を右左。そこでふと、足元のナディアを見下ろし。
「今度二人で狩りに行く? 相棒」
「相棒……それはまた次だぜなぁん?」
 そんな遣り取りを見つつ、面白い習性の敵だなと、陽炎稲妻水の月・フォンゼイ(a74521)は改めて思う。図体はでかいのにシャイとは……男らしくないね、とも。
 ぶどうが大好きな、星槎の航路・ウサギ(a47579)は、味への期待も勿論、かくれんぼなら負けません……! とちょっぴり対抗心。
 と、俄に。
「ククク……アァ、獲物がいたゼ」
 小声で零しつつ、ズィヴェンは遠く見えた獲物の方向を指し示す。
 タスクリーダーで密やかに届けられたその方角へ、駆け抜ける疾風・ラウル(a47393)も改めて地上から遠眼鏡を差し向ける。
 そして、大きく頷く。
「はみ出てるな!」
 そのまま、見張りのズィヴェンは樹上に残し、皆は囲い込むように目標のいる場所へと近付いていく。
 合言葉は『全ては実りの収穫の為!』。
 第1、第2作戦の皆の尽力と、ヒトノソリン達の期待に応えねば。何より植物如きに負けられない。
 美白の歌姫・シュチ(a42569)はまだ少し遠い紫の粒に向かってごちる。
「大人しくワインとブランデーの材料におなりなさい」

●一粒
 でっかいぶどう!
 でっかいぶどうなぁ〜ん!
 大好きな果物を目の前にした感動と興奮を胸中で思いっきり叫びながら、ヒトノソリンの武人・ジーク(a66595)は騎乗した召喚獣の上で、姿勢を低く目的地へ進む。
 根っ子が走り回った痕跡を見つけたらしいクオーツが、あっちに回り込んでみて、といったジェスチャー。それを受け、アキラは召喚獣の機動力を生かし、目標の退路を断つべく先回りを試みる。
 一方で、ウサギは隠れていることに気付いてない振りをして辺りを見回しながら距離を詰めていく。
 ……本当はもうかなり丸見えだけど!
 こりゃぁもう隠れんぼっていうより鬼ごっこだな、そんなことを考えつつ、ラウルが抜け穴になりそうな位置へ補うように歩を進める。
 後少し……もう少し……今!
 射程に捉えた、察した瞬間、誰よりも早く動いたのはシュチ。すらりと抜いた脇差を手に、くるくると回り出す。
 すると、樹も謎のリズムでくるくる……!
 フールダンス♪で披露されたそれは、シュチ曰く、長老がうきうきして取っていた謎のリズムを参考にした新作だとか。
「共に楽しみましょう」
 その動きに合わせ、たわわに実った大粒を揺らして回るひとつぶどう!
 慌てた樹は、踊らされながらも逃げ道を探し――いや、何処が顔かは分からないが、何となく覗き込むような仕草をしているからあっち側が正面なんだろう。多分。
 そして、怪獣は気合で踊りを振り切ると身体を沈め……そこに差し込む眩い光!
「鬼ごっこでも負けません……!」
 チキンフォーメーションで得た恐るべきイニシアチブと、絶妙な間取り。急に気付いたような振りをして、ウサギはスーパースポットライトの光を、飛び上がったばかりの樹へ照射する。
 何でそこに!?
 といった様子で、空中で枝や根をわさわさ動かすひとつぶどう。
 実際は、ウサギの放った光は届いていない。
 何故なら、樹を捕まえようと迫る皆より、少し離れた位置に居るからだ。
 そして、そのウサギの発光を見て慌てて樹が方向を転じ着地した場所にこそ!
「そこだっなぁーん!」
「大人しく捕まれ!」
 今だとばかり、身構えていたナディアとラウルの紅蓮の雄叫びが樹へと襲い掛かる。
 これまたチキンフォーメーションでとてもいいポジションから足止めを食らわせる二人。
 動きが止まった。
 あとは、収穫の為に、これをできるだけ長く留めておけるかどうか……
 こちらもまた、射線の通った見事な位置から。近付く皆の背を見るフォンゼイに纏わりつく黒い蛇が、ガスをふっと吐き零す。
 紫の息は今まさに放たれようと引き絞った弓の合間へ溶け混んで、黒く沈む矢と共に樹の幹へと突き刺さる。
「ん、少し手応えが浅かったか」
「それなら不幸になって貰うねー」
 樹の退路を塞ぐように素早く緑の騎首を繰りながら、アキラは粘り蜘蛛糸を投げるはずであった手の中に、二手目として用意していた不吉な絵柄のカードを形作る。
 それに気付いてか、同じく拘束技はキャンセルで収穫の為に樹へと飛びついたジークが、大粒のぶどうにしがみ付きながらアキラへ視線を送る。
「倒しちゃうと来年の実りが取れないなぁ〜ん」
 できるだけ傷つけないように。
 アキラは頷きで肯定を示しながら、完成した不幸の便りを投げ放つ。
 突き立つバッドラックシュート。その傷口に生まれる、掌ほどの黒い染み。
 シュテも超拘束を狙って気高き銀狼を仕掛けようかと思ったが、不幸が効いたことやジークの言もあり、採取を優先して樹に向かって駆け出す。
 他の皆も樹へ向かい、それはまさに「今のうちだー!」といった様相。
 がっつり痺れて棒立ち状態の樹。クオーツは捕獲用に投げた粘り蜘蛛糸を回収し直して手足に絡めると、上の方にある実りへ向けて一直線。
 シュテもたわわで大粒な実へと手を伸ばし。
「もらってきまーす。またたくさん作ってね」
「ふっふっふ……大人しく毟られると良いのです……!」
 ウサギもノリノリである。
 そんな様子を、樹上伝いに近付いて見下ろすズィヴェン。
「おーおー、ヤッテんナー」
 無論、ただ見ているだけでなく。獲物が再び動き出した時のために、その手には白銀の蛇潜む弓の合間に黒を練り、いつでも影を縫えるようにと銀の弦が限界にまで引き絞られている。
 しかし、伊達にあの樹の妙な動きで落ちないだけあって、押したり引いたりしても中々取れない頑丈なひとつぶどう。
「ふぬーっ! 強情な実だなぁ〜ん」
「こうねじったら綺麗に取れるんじゃないか?」
 手伝った方が良さそうかと近付いたフォンゼイが、大粒を抱え込んでくりんくりんと回してみたり。
 シュチに至っては軽やかにブレードダンス♪。
「傷は最小限に致しませんとね」
 次の収穫でもお世話になるんですものと、注意深く舞いながら、脇差で実の付け根に切れ目を入れて回る。
 これは丁度いいと、樹に登ったラウルはそのまま実をもぎ取り、落として割ってしまわないよう、丁寧にマントに包んで下へと運ぶ。
「落っことして割っちまったら、勿体無いもんな」
 全くその通りだといった風に頷いて、シュテは召喚した土塊の下僕達の運搬作業の陣頭指揮。
「1、2、1、2……そうそう、そのまま台車まで持ってって、台車に乗せてね」
「お前たちも手伝うなぁん」
 ナディアも小間遣いに土塊の下僕を召喚し……
 ……はっ!?
「染みが消えてるよ!」
 クオーツの警告。
 逃げる気だ!
 そうはさせませんわと、シュチの挙動が再びフールダンス♪へと切り替わり、上方からはズィヴェンが影縫いの矢を解き放つ。
 しかし、樹は物凄い勢いで真上へと飛び上がり、矢は影の消えた地面へ。
 逃がすまいと、ナディアが大挑発で怒りを誘う。だが、樹は凄まじい速度で隠れる場所を探し、駆け抜ける!
 その脇に。
「早駆と同じくらいなんて、凄い脚力……あれ? 根力?」
 どちらにしろ、いつの間に回りこんでいたのか。アキラが召喚獣を操り、その進路を塞ぐように立ち塞がって、粘り蜘蛛糸を投げつける。
 しかし、樹はそれすらも飛び上がってやり過ごし、着地と同時に、切れ目の入っていた実を沢山その場に残し、逃げ去って行った……
 あっという間に射程外に消えた樹に、フォンゼイは感心するしかないなといった表情。
「それにしても体は大きいのにちょこまかとよく動くもんだなー」
「落としていった実で綺麗なのを回収したら、別のひとつぶどうを探そうなぁ〜ん」
 あの樹からは十分採れたし、行かせてやろう。ジークの言葉に、ナディアもそうだなと頷く。
「来年、実ぃなくなったら悪ぃしなぁん」
「あれ、そういえばウサギは?」

 その頃。
 再動の気配に飛び降り損ねて、樹にしがみついていたウサギだが。
「……あ、あうー!?」
 暫く後、ぴゅーんと投げ飛ばされる光景を遠眼鏡で発見したズィヴェンが、噴出して樹上から落ちそうになったらしい。

●どう?
「酷い目に遭うところだったのですよ……」
 クオーツの鳴らす呼子を頼りに戻ってきたウサギが溜息一つ。
 ガッツソングでの回復を受けてから、皆はまた揃ってひとつぶどうの収穫に出かける。
「あとどの位かな?」
 アキラが振り返って、荷台に詰まれた実を見遣る。一粒が大きくて嵩張るせいか、積んでみると結構な量。あと二回もやれば十分だろうか。
「怪獣さんはどこですかーっ」
 頭部を激しく光らせて、ウサギがわざと大声を出しながら樹の近くを通り過ぎていく。シュチもあらあら何処かしら、と派手にはみ出してる樹には気付かないふりをして行過ぎる。
 勿論、それもまた、退路を塞ぎ、皆に居場所を知らせる為の策!
 二人が行過ぎたのを確認してか、かさ、と茂みから更にはみ出て逃げ場を確認する樹。
 そこへ目掛け。
「捕獲ーーっ!」
 クオーツが身構えた途端、とぐろを巻く白い蛇から零れる青いガス。
 その力を乗せ、浴びせ掛けられる粘り蜘蛛糸。
 どびっくりして、一瞬粘々に絡まれたりしながらも、およそ予想通りの進路へと駆け出す樹。
 しかし、先回りといえばこの人。といわんばかりに、既にアキラが進路上に立ち塞がって、こちらからも粘り蜘蛛糸が!
 咄嗟に跳び越えようと身を沈める樹。
 しかし、その影へと狙いを定める人影の方が、樹の挙動を上回っていた。
「大人しくしてればそう痛い事はしないんだが」
 番えた矢に沈み込んでいく紫のガス。
「まぁ実をもがれるのは痛いか、うん」
 一人納得しながら、フォンゼイは鋭く、影縫いの矢を射放った。
 びくっ! と。
 全身を震わせ、身を沈めた姿勢のまま硬直する樹。
「それ、収穫だ!」
 何気なく立っていたように見せて、実は左右への退路を断つ絶妙なポジションに居たラウルとナディアが、動きを止めたひとつぶどうへと飛び掛った。
 だが、樹も根性を見せる!
「うお!?」
 ぐりん、と取れかけた実ごと吹っ飛ばされるラウル。そのまま受身を取って……実はちゃっかりマントの中に保護。
 ナディアは銀のマントを翻して枝の攻撃をかわすと、
「ひとつぶどうは俺が戴いていくぜナァーン!」
 ここぞとばかりの大挑発!
 むかっ。
 と、怒りに支配された樹は方向を転じると、実を振り回しナディアへ襲い掛かる。
 そんな樹へ。
 すっと引いたヴァイオリンの弓。召喚獣の吐き掛けた緑の筋が、シュテの奏でた旋律を五線譜として描き出し、それは程なく紋章へと姿を変える。
「またもらってきまーす」
 飛び出す、気高き銀狼。
 一瞬の硬直を逃さず食らいつき、押さえ込むように樹を転倒させたその上から更に、アキラの投げた不幸の便りが突き刺さる。
 狼に抑えられ、地面に縫われたように倒れこむ樹。
 低くなった実はそれはもう採り易く。
「いつかにやったヒトノソリンとセイレーンの合同運動会のようですわね。とても楽しいですわ」
 うふふと微笑み、ブレードダンス♪を繰り出し、実を切り落としてゆくシュチ。その様はどこか、収穫を喜んでいるようにも見えた。

 俄に。
 台車の付近で桃色の爆炎が上がる。
 直に晴れていくハートクエイクナパームの煙の中から現れたのは……草食怪獣の親子。
 そこに、上から降ってくる、ズィヴェンの声。
「ダメだろ? オウチニカエリナ」
 笑顔で諭され、しかし、ちょっぴり不服そう。ズィヴェンはあっちに壊れて回収できなかったのがあるからと怪獣親子を促し、どうにか平和的に解決。
 そうこうしているうちにも、次々積み込まれていくひとつぶどう。
『十分獲れたミタイだ、もうコレくらいにシヨウぜ?』
 タスクリーダーで届いた声に、皆は今掴んでいる実をもぎ取ると、慌てて逃げていくひとつぶどうの樹を静かに見送るのであった。

●宴の前に
 整備されていない道で使うと、車輪はあっという間にお釈迦。
 故に、皆は御輿でも担ぐようにして、採れたてのひとつぶどうを積んだ台車を担ぎ歩くことに。
 ナディアは安全地帯ではノソリン変身して運搬の手伝いをし、グランスティード使い達もこぞって荷運びの労力分散に努める。
 やがて辿り着く集落。
 収穫を目にした長老の嬉しそうな顔と揺れ具合に、アキラは喜んでくれた、と淡く笑む。
「お疲れ様〜! ってところで一粒どう? ……なんて」
 えへ、と笑うクオーツ。だって!
「味見したいじゃん〜」
「だよな。一粒味見させて貰えないかな?」
 走り回って喉も渇いたしと零すラウルに、ですよね! とウサギも同意。
「一個くらいなら摘み食いしても大丈夫でしょうか」
 シュテに至っては。
「食べちゃっていいよね!? 食べたぁーい!」
 諸手を上げて大賛成!
 ナディアも集落の皆と一緒に踊ったりしながら。
「村長〜、やっぱ歓迎会に出すんだなぁん?」
「勿論じゃなぁ〜ん」
「うまそうだぜなぁん〜、食っちゃダメなぁ〜ん?」
 我慢できずに涎をたらしつつうるうるじーっ。
 と、その頭にぽんと置かれる手。
「祭り始まったら喰えるしモウちっと待ってナ?」
 一服途中のちびた煙草を口の端に、困った奴だといわんばかりに煙を吐くズィヴェン。
 そんな様子を見守りながら、フォンゼイはがははと笑い。
「宴会には是非お邪魔させてもらいたいモンだ」
 酒もあるならなお良いなと、ご機嫌な様子で鬣を撫でつつごちると、シュチが思い出したように。
「ヒトノソリンは各集落ごとにワインがあるとか」
 セイレーンにも地域ごとにワインがある。お引越しの暁には飲み比べと行きたいものだと零すシュチに、それもいいなとフォンゼイも笑う。
 その目の前に、他にも次々運ばれてくる食材達。
「もぎ取ったでっかい実りででっかいお祭りなぁ〜ん」
 ジークの声に、集落の中がわぁっと声が上がった。

 なお、ひとつぶどうは結局、一粒を分け合って皆で宴会前に味見。
 余りの甘味にその後涎が止まらなくなった者が続出したというが、真相は定かではない。


マスター:BOSS 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2008/07/14
得票数:冒険活劇1  ほのぼの13  コメディ6 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。