潜入プラント大作戦【第3作戦】爆裂!ポップコーン



<オープニング>


●潜入プラント大作戦
 その事を、長老達は突然思い出した。
 一斉に咲き乱れ実りを結ぶ、植物怪獣達の楽園の話を。

 長老の一人は言う。
「偶然だったんじゃなぁ〜ん。集落の者がいつも通りに狩った獲物が、実りの欠片を持っておったんじゃなぁ〜ん」
 実りの楽園は、ここからは遠い。
 けれども、実りを食べた怪獣を別の怪獣が追い立て襲い、それをまた別の怪獣がまた襲い……食物連鎖に沿って、逃げ延びたり襲われたりを繰り返した結果、最後の捕食者・ヒトノソリン達の元にまで運良く運ばれてきたのだろう。
「これは採りに行かぬ手はないと思うてなぁ〜ん」
 だが、楽園は存外に遠い。
「谷があると聞いておるなぁ〜ん」
「川もあるらしいなぁ〜ん」
「危険な怪獣も沢山おるじゃろうなぁ〜ん」
「集落の者だけでは危かろうなぁ〜ん」
「手伝って貰うのはどうじゃなぁ〜ん? 人手が増えれば、収穫も増えるなぁ〜ん」
「それはいい考えじゃなぁ〜ん」
「なぁ〜ん」
 かくして、長老達が居眠りしながら額を付き合わせ相談した結果、冒険者達の手を借り、皆で頑張って採りに行こう、という話になったのである。

 そして、現在。
 うつらうつらと舟を漕ぐ長老の前には、幾十人かの冒険者達。
 どうやら意外と大掛かりになりつつあるこの作戦の概要を、長老達は長い眉を扱きながらゆっくりと話す。
「どうにも場所が遠くてなぁ〜ん、皆には順を踏んでやって貰わねば成らぬことが幾つかあるんじゃなぁ〜ん」
 それらすべきことを大まかに分け、長老達は大きな三つの作戦を提示する。

「最初にするのは、皆が移動する道筋の確保なぁ〜ん」
 楽園に至るまでの道程は、何通りもある。
 谷もあれば山もあり、沼もあれば川もある。とにかく何もかもがワイルドスケールなワイルドファイア。小集団なら何なりと行って帰ることもできるだろうが、たくさんの人員が収穫を持ち帰るには、道の確保それだけの為に労力を費やす必要がある。
 また、どの道が一番効率が良いかなども判らない。様々な可能性を模索するため、それぞれの地形に対して小部隊を結成、各個アプローチしていく作戦だ。

「二つ目は怪獣達の対処じゃなぁ〜ん」
 これからゆく先は、怪獣達の住処の真っ只中。
 怪獣達は縄張りに入り込んだ生物を、獲物として当然のように狙ってくるだろう。或いは、縄張りを主張して追い出しに掛かるかも知れない。美味しい収穫を手にしていれば、それを襲われる可能性だってある。
 そんな怪獣達を惹きつけ、時には蹴散らして収穫部隊の安全を確保するのが、ここでの役目だ。

「最後に、実りの収穫なぁ〜ん。一番の楽しみじゃなぁ〜ん!」
 実際に実りの楽園へ足を踏み入れ、その収穫を持ち帰ること。
 言葉だけ聞けば実に容易いものだが。
 楽園で実りを齎す者達は、植物怪獣なのだ。皆、我が身を護るため、何らかの抵抗をしてくるのは想像に難くない。
 楽園には様々な種類が自生しているらしく、実りの形も抵抗の方法も多種多様だ。中には自走する者も居るかも知れない。
 それらから収穫を勝ち取り、持ち帰る。今回の作戦においての、最大の目的だ。

「これら三つの作戦を、小部隊に分けて別個に実行して貰いたいと思っておるなぁ〜ん」
 言い終えると、集まった面々を何処かしら眠そうな眼差しで見回し、ゆっくりと髭を撫でる長老達。
「詳しい状況や内容は、別個説明するなぁ〜ん」
「是非名乗りを上げてくれると、嬉しいんじゃなぁ〜ん」
「どうか宜しく頼むなぁ〜ん」

●【第3作戦】爆裂!ポップコーン
「実りの楽園に、巨大とうもろこしが生えている一角があるんだよ。一本の実が2mくらいあって、とっても甘いとうもろこしでね。ゆでて良し、焼いて良し、なんだ」
「ひと手間かけてコーンスープやポタージュにしても美味しそうですね」
 ワイルドファイアの霊査士・キャロットの言葉を興味深げに聞く、夜明けの風を道連れに・イレミア(a90313)は、早くもどうやって食べるか思案している。
「ところが甘いとうもろこしを収穫するには、その手前にある手強いとうもろこし怪獣が生えている一帯を何とかして通過しないといけないんだよ」
「手強い……ですか?」
「とうもろこしに近づいたり、収穫しようとすると、魔炎を全身に燃え上がらせてね。実がぽんぽんぽーん! ってポップコーンになって、辺りにはじけ飛ぶんだよ。普通サイズの出来たてポップコーンも熱々で、気をつけないと火傷するよね? これはワイルドファイアサイズだから……」
「ふくらんだ一粒はひとかかえもあって、熱々で、勢いがあって当たったら飛ばされる、とか?」
「ご名答。まぁ、熱々とはいえ、冒険者にとっては一粒の威力は大したことはないよ。弾けた時にも、的を選択して狙えないみたいだから、命中率が悪いしね。ただ……」
 そんなポップコーンの爆発が、一度起こったら連鎖的に次々と起こるらしい。
「大量に弾ければ、その分、偶然当たるポップコーンも増えて、侮れなくなるし、出来たてポップコーンがもこもこもこと増えて、かきわけたり登って通過するのにも苦労するかもね」
「では、急いで通過すれば――」
「とうもろこし怪獣は、素早く動くものにも過敏に反応するようだね。それを承知で急いで突っ込むかどうかの作戦は、みんなに任せるよ」
「判りました。行ってきます」
 常夏の陽気に、とても着てはいられないトレンチコートを肩にひっかけ、出かけようとするイレミアと冒険者たちを見送りながら、キャロットは付け加えた。

「弾けたポップコーンも美味しく食べられるものだよ。本命の甘いとうもろこし収穫が終わった後はその場で食べてもいいし、余裕があれば弾ける前のポップコーンの実を収穫するのも良いかもね」


マスター:星砂明里 紹介ページ
 リンクシナリオに参戦の星砂明里です。
 次々に弾けるポップコーンを何とかクリアして、美味しいとうもろこしを収穫してください。
 必要収穫量は10本ほど。収穫量がそれより多ければ多いほど長老様に喜ばれます。

 ポップコーンの実と、甘いとうもろこしの見た目は同じですが、生えている場所が明確に別れているので見分けは簡単です。
 侵入方向に対し手前側がポップコーン、奥に甘い実があり、ポップコーン地帯の迂回はできません。

 ポップコーンの魔炎は、黒炎覚醒のような能力アップを伴うものです。発動後、10m全方位(選択無し)で吹き飛ばし付きのポップコーンばらまきをします。命中率は高くないですが、下手な鉄砲もなんとやら、のようです。

 一つの実が弾けるのは1回限り。しかし他の実に刺激を与えますので、あらゆる場所で次々と弾けるでしょう。

 イレミアが同行します。紋章術士のアビリティのみCPの範囲内で使えますので、やらせたい事がありましたらプレイングにて指示して下さい。
 特に指示が無い場合は、皆様のサポートに徹します。

参加者
フェイクスター・レスター(a00080)
鋼鉄の白兎・グリンダ(a16715)
陽だまりの花・グリュエル(a63551)
樹霊・シフィル(a64372)
恋蒼の焔・トール(a68949)
紅炎炎舞・エル(a69304)
金波銀波・ヒルト(a72947)
白面の道化師・アズライル(a73042)
NPC:夜明けの風を道連れに・イレミア(a90313)



<リプレイ>

●緊張の夏
 第3作戦開始。
 ――潜入プラント作戦の主目的たる実りの採取。成功させるためにも全力は尽くそう。
 第1、第2作戦に参加した冒険者達が切り開いた道にいま、フェイクスター・レスター(a00080)が踏み出した。
 石ころが多い荒れ地や雑草の繁茂する野原では荷車を動かすだけでも一苦労。永焔の・トール(a68949)と夜明けの風を道連れに・イレミア(a90313)が空の荷車を持ち上げ進む。
(「ワイルドファイアにもノソリンが居れば楽でしたのに……」)
 ヒトノソリンはいても、ランドアースのように荷運びに使役できるノソリンはおらず、借りる事もできないので仕方なく。樹霊・シフィル(a64372)は自前で用意した荷車を運んでいた。
 鋼鉄の白兎・グリンダ(a16715)が向かうは『実りの楽園』。そこに生えている、とうもろこし。甘い、甘ぁ〜い実りだと霊査士の言う――。それを回収するのが、この作戦の目的だった。
 想像するだけでも、狐の尻尾がぱたぱた動いてしまう月下の雫・グリュエル(a63551)は、とうもろこしが大好きだ!
 その横で、同調したかのように動くのは炎帝の抱擁・エル(a69304)の犬の尻尾。
「たっくさん収穫して長老様に喜んでもらって……」
 で、ボクらもおすそ分けして貰うのー! 胸に膨らむ期待に狐と犬ストライダーの尾は、ぱたぱたぱた……。
 気前の良いヒトノソさんなら、きっと分けてくれるんじゃないかな。多分。
 召還獣に騎乗し、先頭を行く白面の道化師・アズライル(a73042)は覗いていた遠眼鏡を下ろし、目指すとうもろこしの姿が見えた事を仲間に告げる。
 白塗りの仮面に隠した素顔は見えないが、その声音から彼の表情は楽しげに微笑んでいる事が想像できた。
 立ち塞がるように生えるとうもろこし姿の怪獣の林は、遠くから見ても緑の壁のよう。それに恐怖で臆するような事はないが、
「こうでかいと調理するのも……なかなか大変そうな気もするな。まぁ、現地の方々にとっては、慣れたもので問題は全くないのだろうが」
 感心したように呟く金波銀波・ヒルト(a72947)は、集落で待つ人懐こいヒトノソリン達の事を思い浮かべる。
「ともあれ、なるべく沢山収穫して、喜んで頂きたいものだ」
「ええっと、とりあえず邪魔をするぽっぷこーんは叩きのめしましょうかね」
 だが、トールは直ぐには自らの手を下さない。冒険者達の選んだ作戦は、ポップコーンを飛ばすトウモロコシを、射程外から弓で破裂させてしまうもの。
 牙狩人と、弓を装備した武人のアズライルが撃っている間は、他の仲間はポップコーン地帯には踏み込まない手はずになっている。
「どんな風に生えてるのかな」
「……道はなるべく一直線に、ですかね」
「ね、あれが狙いやすいんじゃない?」
 遠眼鏡を覗く弓持ちの2人に、エルも加わって。撃ち込む場所を見定める。
 ――やっちゃって下さい! トールの声を合図に、グリュエルが頭上高く矢を打ち上げた。カッ! と目映い閃光が輝き、光矢の雨が降り注ぐ。タスクリーダーの力も上乗せされたその威力に耐えられず、植物怪獣の何本かはそのまま薙ぎ倒される。倒れなかった怪獣はその身に反撃の魔炎を燃え上がらせた。
「威力はそれ程ありませんが、誘爆させる程度なら出来る筈!」
 アズライルが撃ち込むナパームアローは、彼の意図通り、誘爆のきっかけを作る。
 実から爆ぜたポップコーンが四方八方へとはじけ飛ぶ!
 ……ぽん! ぽん! ぽんぽん! ぽぽぽーん! ぽぽぽぽん! ぽぽぼぼぼぼ――!
 初めは単発だった音が次々と、あちこちで重なり終いには轟音となる。
 ヒルトが召還した土塊の下僕は怪獣にちょっかいを出して魔炎を燃え上がらせた後、爆ぜたポップコーンの直撃を受け一瞬で元の土へ戻っていた。
「……それにしても、すごい眺めだな。物がでかいだけあって、弾ける音も迫力満点だな」
 確かにアレがあたれば熱そうだ……。ヒルトの頬を伝う汗は常夏の暑さのせいか、それとも冷や汗か。
 あっちでぽん、そっちで飛び散り、こっちで弾ける、休む間もなく白い大きな玉が空に飛び散る光景を遠巻きに見物して、グリュエルは歓声を上げた。その隣では、レスターも興味深げに眺めている。
「ワイルドファイアは、なんていうか、こう……ユニークな怪獣が多いんだね」
 この爆裂が、この怪獣の攻撃能力だと知ればなおのこと。
 膨らんだポップコーンは地面を覆い、積み重なり、怪獣の緑の葉も埋もれさせ、もこもこもこと加速度的に盛り上がる。

 鎧聖降臨の加護を身に纏う流麗な聖衣に与え、シフィルの姿が変わる。頭をすっぽりとフードで多い、長袖長裾――コンセプトは雨合羽。できるだけ肌の露出を防ごうという思惑か。
「弾数が無限という事はございませんでしょう。いずれ止みますわ……、いずれ……」
 いずれが来た時に、どれだけの量のポップコーンが積み上がるのか……シフィルはちょっと遠い目をしている。
 射程内のポップコーンが爆ぜ終わり、その先の怪獣を更に刺激するために。
 三面の白兎の紋章も鮮やかな白銀の聖盾を前面に押し出し、グリンダがポップコーン地帯に踏み込む。放つチェインシュートに返すように、爆ぜる白い塊の一つが偶然飛んできても、ふわりと浮かんだ銀色の召還獣がグリンダを覆い護る。それに続いてアズライルが進み、再び矢を放った。
 グリュエルに命中せず、ころり転がる爆裂したてのポップコーン。ちょっと触ってみようっと好奇心で手を出すと――
「あっちちっ!」
 出来たて熱々ポップコーンに触れた手をふーふーしているグリュエルを後方からヒルトのヒーリングウェーブとエルのガッツソングが癒してくれた。
 ……ずももももももも……。
 いつしか爆裂音が籠もった音に変わる。ポップコーンが積み重なって音が聞こえ難くなり。その下で爆裂は続いている。もこもこと盛り上がる速度が遅くなり――程なく籠もった音すらも聞こえなくなった。
「はじけ終わったようですが、あまり素早く動かないほうが――」
 万一を考え、トールは慎重に白い山に近づく。
「……哀れ、丸裸……か。戦術は利用すべきと思うが、こう、微妙な気分になるな」
 レスターが見つめているポップコーンの山の下には、粒を失い芯だけになった実の残骸と、茎と葉が埋もれている。
 実を食する他の怪獣を撃退する為の能力も、冒険者は逆手に取る事ができる。しかしとうもろこし怪獣は、それを更に出し抜く知性も戦術も持ってはいない。
 高く積もったポップコーンを前に、レスターは目を伏せ――ひっそりと持参した小瓶を取りだし、おもむろに中身を振りまいた。
「これは――」
 辺りに漂う香りにグリンダが気付く。グリンダ自身同じ事を考えていたから、理由を察するのも早い。
「あら? どこからか、香ばしい匂いが……」
 シフィルの鼻にも届いたそれは、黒胡椒のスパイシーな香りに、濃厚なバター醤油。
「……ポップコーンは温かく、湿気ない出来立ての方が美味しいからね」
 レスターはシンプルに塩だけを振りかけた一粒を抱え、冷めないうちにと齧り付く。軽い歯ごたえと口いっぱいに広がるとうもろこしの味。
「イレミアも食べる?」
 グリュエルの勧めに、せっかくの出来たて、食べないのはもったいないと思う気持ちはイレミアも同じだから。
「もちろん、いただきます!」
「うん、美味いな……。食べ応えも抜群だ」
 抱えた粒を口いっぱいに頬張って。一度では食べきれない大きなポップコーンの味わいに、ヒルトの端正な顔にも、自然と笑みが浮かぶ。
 グリンダは塩を振った一粒を風に当てて、早く冷めるのを待っている。
「ケガしないんならボクも食べる!」
 エルも積み重なった山から一粒を持ち上げた。
 折角だからどうだい。レスターはアズライルとシフィルにも勧めた。

 一時休戦――。

●ワイルドファイアの(常)夏
 ヒルトが巻き起こす緑の突風が、白い塊をふき飛ばした。その先の塊を吹き飛ばすレスターの突風に合わせて、イレミアもまた緑の技を繰り出す。
 しかし、圧倒的な量に、単体のアビリティは効率が悪く。シフィルの突風が除けた場所にポップコーンが崩れてくることもしばしば。
 そして爆裂する前に埋もれてしまった残りの怪獣が、ポップコーンが除けられるその下で魔炎を燃え上がらせる。
 炎の色を目にしたシフィルは、とうもろこしの茎の陰に身を隠し盾にする。
 足元が爆発して火傷を負ったイレミアに、シフィルが高らかな凱歌を歌いかける合間にまたポップコーンが増えた。
「こ、これは予想外の量が……このままでは、ポップコーンに埋もれて窒息の危険が……」
 そんな彼らを救ったのは、大量に召還された土塊の下僕達。自分より大きくても重量は軽いポップコーンを2体ひと組で次々と除けていく。その健気な姿にグリュエルは思わず心奪われる。
「土塊さん、可愛い……」
 苦労の末にポップコーンの山を切り開いたその先に、青々と茂る甘いとうもろこし地帯が現れた。
「張り切って収穫するぞー!」
 おー! と手を振り上げエル突撃。
「えへ、怪物がいないならトウモロコシ取り放題」
 天に向かって真っ直ぐ育った茎は、ランドアースの大木の如く太く高く。葉は青々と伸び。大きな葉と茎の間に実った房は人ひとりより大きくてっぷりと太い。
「これはまた、立派なとうもろこしですね……」
「軽く身長越えてるよ……」 
 トールとグリュエルは思わず感嘆の声を上げた。
 実の頭には褐色の鬚。食べ頃を知らせるそのふさふさに、グリュエルは以前、旅団でとうもろこしもぎを楽しんだ時の事を思い出す。
「いやぁ、流石はワイルドファイアと言った所ですか。何かにつけてスケールの桁が違いますね」 
 2mほどの実をつけたその茎はてっぺんまで10m、いやそれ以上の高さがあるだろうか。グランスティードに跨ったアズライルが大きな葉と茎の間に実った一本に飛びついて自分の体重を預け、グリュエルが全身の力をこめて実をひねる。しかし、丈夫な茎の繊維は曲がりはしてもなかなか折れない。
「そのまま実を支えていて」
 頷く3人の前で、グリンダがすらり、と鞘から片刃の長剣を抜く。硝子の如く透明に澄んだ鋭利な刀身が実の根本に触れると、切り口からぱきり、と音を立てて実が折れた。
 グリュエルだけでは支えきれず、ぐらりと倒れる巨大な実を、アズライルとトールが下で受け止めた。トールの痩身の身体より太くて大きい実のずっしりとした重さに彼はまた驚いて。
 召還した土塊の下僕達も重みによろめきながら、かろうじて潰されずに支えている。
 残りの下僕を全て呼び出して、エルとヒルトが実を運び出して荷車に乗せていった。

●金重のとうもろこし
 グリュエルとアズライルが矢を撃ち込んだ場所からは十分に離れた所では、飛び散ったポップコーンも届かず、とうもろこし怪獣は緑の皮に覆われた生の実をつけたまま南国の風に揺れていた。
 とりあえず、遠巻きにしている分には破裂する事もなく残っているその様子を知らせ、トールは仲間達に提案する。
「破裂残りのポップコーン怪獣がいるんですが……回収したいと思いませんか?」
「残ってるの? お持ち帰りしたいなぁ〜」
 エルの尻尾がうずうずと動いている。
「なるべく沢山収穫したいものだ」
 ヒルトも頷けば、善は急げ。でもゆっくり慎重に近づいて――。
 レスターが放った虹色の木の葉が怪獣にまとわりつき、動きを止める短い時間を突き、トールとエルが飛びかかる。二人がばっさり切り落とした生ポップコーンの実を、ヒルトとイレミアと土塊達がトールの荷車へと運び去っていく。
 実を取られた怪獣の傍に生えている別の怪獣が、爆裂音を立て始め、辺りが白く覆われるのはその直後だった。

 収穫した実の緑の皮をぺろりと剥けば、金色の大粒の実がずらりと並んでいる。艶々と輝き生のまま囓っても美味しそうに見えるその実は、ずっしりと重く、はち切れんばかり。
 丸太のように大きなとうもろこしを5本重ねたエルの荷車を、エルとヒルトが渾身の力で持ち上げると、ぎしぎしみしみしと音を立てて地面から浮き上がる。
「ありがとう。お手伝いは大歓迎〜♪」
「……結構重いな……。これだけ収穫出来れば、喜んでもらえるだろう」
「うん、たっくさん収穫できたし、長老様も喜んでくれるんじゃないかなー?」

 シフィルの荷車に収穫した最後の一本を載せ終えると、手際良く荒縄を回して縛り上げたグリュエルが荷造り完了を仲間に告げた。
 アズライルは後ろからそれを押し 思わず感嘆の声を上げた。
「予想はしていましたが……やはり相当な重さですね」
 エルは3台の荷車に積み上げたとうもろこしの本数をひいふうみいと数え――両手の指で足りなくなったところで、満面の笑みを浮かべた。
「……とりあえず沢山採れたんだよ♪」
 正確には甘いのが13本、生ポップコーンが2本。これなら冒険者へのお裾分けもばっちりだろう。

「そろそろ冷めて食べれるかな?」
 取り置き分の、程良い温度加減に頷いて、グリンダはポップコーンの大粒をぱくり。シンプルな塩味が、かえってポップコーンの旨味を引き立てているような、グリンダはそんな気がした。
 グリュエルが大切そうにマントに包んで背負った粒は、ヒトノソ長老さん達へのお土産。形は大きくても、膨らんで弾けた粒はとても軽い。
「さて、このポップコーンの山は如何様に処分すれば……?」
 食べきれず運びきれない大量の残りを見上げて思案するシフィルの横を、小さな怪獣達が通り過ぎる。それに気付いたレスターが、術手袋を着けた手を掲げ、攻撃の構えをとるのに目もくれず、周囲の森からわらわらと。
 集まってきたネズミ怪獣や蟻怪獣は、白い大粒を口でくわえて森へと持ち去っていく。巣でゆっくりと食べるつもりだろうか。
「無くなるのも時間の問題、のようですわね……」
「無駄ではない――そういう事なんだろうね」
 全てはこの南の大地に生きる生命の餌となり、土に還り、再び実りをもたらす。その大きな循環の一場面をかいま見たような――シフィルとレスターは、そんな気がした。

 ワイルドファイアの大地に紅い夕陽が沈む頃。
 茜に染まる大地に、長く伸びる大きな影3つ。それに寄り添う人影が9つ。ぱたぱた揺れる小さな影は、大きな影を懸命に支えている。
 大きな影の元――ずっしりと重い荷を運び続けた冒険者達を、集落の民が出迎える。
 なぁ――ん、なぁ……ん。甘い、あま〜いとうもろこしが届いたなぁ〜ん。
 星が輝き始める空に響く歓喜の声。

 重労働でお腹も程良く空いた。お楽しみはこれからだ――。


マスター:星砂明里 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2008/07/15
得票数:冒険活劇1  ほのぼの18 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。