フラウウインド浮上!:這い出る刃



<オープニング>


●フラウウインド浮上!
 新大陸、フラウウインド大陸の浮上!
 それは、ドラゴンズゲート白虎帝城周辺の海域を探索していた、サンダース3号よりもたらされたのは、驚きの報告であった。
 フラウウインド大陸は、千年以上もの間海底に沈んでいたにも関わらず、浮上と同時に、その生命活動を再開させていた。
 海の底深くで眠っていた森は、太陽の光をあびて深緑に輝き、鳥のさえずりと動物達の息吹に包まれる。
 それは、神の奇跡であったのかもしれない。
 七柱の巨大な剣により封じられていたフラウウインド大陸は、いままさに、封印を解かれて蘇ったのだ。
 
●這い出る刃
「あのフラウウインド大陸が浮上したらしいわね。今はまだ白虎帝城の地上側の出口周辺しか探索が進んでいない未知なる大陸。興味……湧くわよね? 私たちは冒険者、なら冒険しないてはないもの」
 冒険者の酒場、霊査士のリィーンは少し興奮気味に話していた。犬の尻尾もさり気なく揺れている。
「現在分かっているのは、白虎帝城周辺は深い森だということ。見渡す限り人工的な建築物や遺跡は見つかっていないわ。でもこの大陸にドラゴン化した古代ヒト族が暮らしていた事は間違いないみたいだから、探索範囲が広がればいろんな新発見もあると思うわ」
 とはいえ、そう簡単に行くはずもない。
 すでに深い森の中には危険な動植物の生息が確認されている。
 それらは冒険者にとっても脅威となりえる、相当高い能力も持ったもののようだ。
 だが探索範囲を広げるのなら、そういった動物達を倒して進まねばならない。
「で、今回の依頼ね。剣のようま虫のような妙な生物、それを退治してほしいの」
 それは分かりやすく説明するなら、
 ――茶色の、足の生えた、蛇腹剣の刃……。
 もしくは、
 ――茶色の、前半分にムカデのような多数の足を生やし、残り半分は刃のような鋭い甲殻を持った虫。
「うっそうと茂った森の中、平べったい体で這うこの虫を発見するのは難しいでしょうし、一度捕捉しても見失う可能性が高いわね。体は硬い殻で覆われていて、体半分は柔軟にして鋭い剣の刃の様。厄介な虫、ソレが二匹」
 たかが虫と侮ることが出来ないのは確かな相手だ。
 油断する事無く、全力で叩き潰さねばならないだろう。
 と、敵の説明は終ったと椅子に座ったリィーンは、思い出したように再び口を開いた。
「この虫、同盟諸国にとって新発見の生物よ。当然、名前なんてない。で折角だから名前を付けてほしいの。モンスターと違ってこれらはこの大陸に当たり前に生息している動植物、また遭遇することもあるでしょうしね。外見や能力を参考に、ソレらしくて……あと呼びやすいのをね。あんまり長いと……ね? 未知なる大陸への第一歩。しっかりと刻み込んできて」
 
!グリモアエフェクトについて!
 このシナリオはランドアース大陸全体に関わる重要なシナリオ(全体シナリオ)ですが、『グリモアエフェクト』は発動しません。


マスターからのコメントを見る

参加者
観察者・ヒリヨ(a02084)
朽澄楔・ティキ(a02763)
小さな探究者・シルス(a38751)
闇潜淡光・ジェイド(a46256)
執行者・エッセン(a52445)
仁吼義狭・シリュウ(a62751)
なぁ〜んですなぁ〜ん・キリア(a71164)
超攻剣士・アストレイヤー(a72515)


<リプレイ>

●這い出る刃
「かつての人が住んでいた大陸、こことは違う生態系。ふふ、いやワクワクしてくるなぁ」
 木陰を覗いていた仁吼義狭・シリュウ(a62751)が耐えかねたように笑いを漏らした。
「ええ、未開拓の地の探索。やはり心躍りますね」
 永劫の剣・エッセン(a52445)も探索の手は緩めずも賛同した。
 無論、ここに来た理由を忘れたわけじゃない。
 本格的な探索に先駆けての危険動物の排除だ。
 とはいえ彼らは冒険者。道無き道を切り開き、無垢なる大地に足跡を刻む。小さな、しかし確かな軌跡を刻んでいく。それが嬉しくないわけがない。
「でもやっぱ未踏の地となると、未確認生物っているもんなんだなぁ」
「珍しい生物を見たいなぁ〜ん……」
 紅灯の光と成る太陽・ジェイド(a46256)の言葉に頷くのは白夜の鋼璧・キリア(a71164)だ。
 もうじきイヤでもその珍しい生物を見ることになるだろう。
 それが討伐目標という事は、彼にしても微妙な心境のようだが。
「ん、俺としては虫なんぞより植物を調べたいところなんだがな……」
 そうぼやくのは朽澄楔・ティキ(a02763)だ。時間さえ許せば、この大陸は彼の植物知識をより豊かにしてくれるだろう。だが、
「調査を行う前に未知の巨大昆虫とか、色んな問題に対処をしなくてはなりませんね」
 超攻剣士・アストレイヤー(a72515)の正論が現実だ。
「今はとにかく、安全確保の為に頑張りましょう」
 微笑み、小さな探究者・シルス(a38751)がまた一歩森の奥へと進む。
「新大陸……好奇心は尽きませんね」
 警戒を怠らないながらも、少し浮き足立ったような一同を見ながら、観察者・ヒリヨ(a02084)は最後尾から周囲に鋭い視線を走らせた。

 アストレイヤーとジェイドを守るように密集陣形を組んで進むことしばらく、彼らは探していた物を見つけた。鋭利な切り口をもった草、真一文字に傷の入った幹。
 そのいずれもかなり低い位置にあり、気に掛けていなければ見つけることは出来なかっただろう。
 これらの発見が示すのは、捜し求める敵がここに居たという事実だ。
 息を潜め、耳を済ませる。

●フラウウインド開戦
 静寂の中に、草の擦れあう僅かな音が混ざった。
「そこか、総取りでいかせてもらう!」
 素早く反応したシリュウが両手剣を振りかぶり薙ぎ払う!
 草が根元から引き裂かれ、そこに潜んでいた物を露にする。が、
「こいつ……!?」
 刃は硬い手応えを主に返す。
 響き渡る金属音。やっと姿を現した未知の虫が、冒険者の振るう鍛えられた刃を弾いたのだ。
 驚きはある。が、やっと見つけたこの好機、逃すつもりはない!
 ヒリヨの手の内にいつの間にか現れた不吉のカード。
 手首のスナップを利かせた一投が敵の甲殻に浅く刺さり黒く染める。
 慌てて草むらに隠れようとする虫を追うのは真紅の矢。
 ティキのナパームアローが敵を捉え、周囲の草むらも巻き込み炸裂する。
 逃げ場を失った虫に、焔を灯した木葉が殺到する。
 ナパームに焼かれた葉ではない、シルスが操る緑の業火だ。
 炎は虫を焼き、さらに魔炎として宿る。その赤が、敵の位置を教えてくれる。
「これなら!」
 流れに乗ってアストレイヤーのソニックウェーブが飛ぶが、これは脅威を感じたのか虫も必死に避けてみせた。衝撃波は森の奥へ消える。
「……! 油断するには早いな!!」
 護りの天使達を展開しながらジェイドの警告が響く。
「来ましたね」
 新たな敵の姿を確認しエッセンが地を蹴った。
 敵までの距離は三歩。一歩踏み出すごとに己の内側に闘気を溜め込む。
 直ぐ足元まで迫った虫、その甲殻目がけて全力の一撃。
 甲高い音が響き火花が散る。
 それが合図であったように暴風が巻き起こり周囲の草木が吹き飛んだ。
「ズッタズタにしてやんなぁ〜んよ」
 治まりつつある暴風の中突っ込んだキリアの一撃が大上段から振り下ろされる。
 それを甲殻の硬い部分で受け止める虫。反動に下がったキリアへ尾の斬撃を叩き込む! 彼についていた護りの天使が役目を果たし弾けた。
「クッ……でも浅いなぁ〜ん。備えあれば憂いなしなぁ〜ん」
 予め鎧進化を発動していたその防御力は並ではない。
 一匹にヒリヨ、シルス、シリュウにアストレイヤーが。
 もう一匹にティキ、ジェイド、エッセンにキリアが当たる。
 彼らの、フラウウインド大陸最初の戦いが始まった。

●剣尾舞う
 開戦からしばらく、周囲の光景は一変していた。
 ヒトという存在を阻むように生い茂っていた息苦しいほどの緑が散り、土色が目立つ。
 平べったく、障害物が多くては見失いやすい敵に対して冒険者が取った手段の結果だ。
 ティキのナパームアローが草を焼き払い、エッセンのレイジングサイクロンが草木を薙ぎ払う。
 僅かに残った草むらに滑り込んだ虫に、その隠れ蓑ごとシリュウの流水撃が薙ぎ払う。
 硬い手応え。草むらから追い出された虫は怒ったように尾の剣を振るった。
 重い一撃だ。
 剣で受け止めたがその体勢が悪く押し切られ、付いていた護りの天使が飛び散ってしまう。
「大丈夫ですか?」
「あぁ、まだ……動ける!」
 凱歌を紡ぎ、安否を気遣うシルスの声に剣を振りかぶり答えた。敵の攻撃にあふれ出した血も、凱歌によって止まった。大事はない。
 更に逃げようとする虫。しかしそれはヒリヨに放たれた粘り蜘蛛糸に絡め捕られ動けない。
「私は兎も角、この攻撃は生半可な方法では防げません!」
 裂帛の気合と共に振るわれたアストレイヤーの斬撃が音速の刃となって飛び、直撃。
 激しく足掻いていた虫の足が若干動きを鈍らせた。
「今です、シリュウさん!」
 魔道書から虚無の魔手を放ちながらシルスが叫ぶ。
「よし!」
 虚無の魔手が虫を貫きその甲殻に変質をもたらす。
「どんな相手だろうと、ただ斬って捨てるのみ!!」
 魔手が貫いた一点を狙い、放たれる雷撃。
 虫の体内で暴れ狂う金色の力は、虫の生命力を根こそぎ奪う。
 それでも、死力を尽くして動こうとする虫を、複数の闘気の刃が穿った。
 ヒリヨの飛燕連撃。もとより冒険者は敵の逃亡を警戒して包囲の陣を引いていた。
 虫に、逃げ場などなかったのだ。

「こいつは手強いね」
「タフなぁ〜ん……」
 ジェイドが放った癒しの聖女に癒されながらキリアが顔をしかめた。
 『体』に優れた様子の虫は、こちらの攻撃を避けることすらしてみせる。
 キリアの大岩斬は当たれば効果的だが、当てられなければ意味がないのだ。
 ただ戦いが長引けば、敵の鋭い刃が『出血』の状態異常を刻み、ジワジワと体力を奪われる。
 ジェイドによるヒーリングウェーブ、毒消しの風の援護もあり大勢は有利だがそれらも有限。そろそろ決着を付けたいところだ。
「そこだ」
 ティキの矢が光の軌跡を描き、虫に突き立つ。
 その軌跡をなぞるように、エッセンのパワーブレードが炸裂した。
 確かな手応え。虫は奇声を発しながら逃げようとするがそれを見越したキリアが回り込む。
「当てるなぁ〜ん!」
 振りかざす剣。虫も尾を振り上げる。
 刃と刃がぶつかると思われた刹那、キリアの後方から飛来した飛燕連撃が虫を撃った。
 駆けつけた別班のヒリヨによる援護攻撃を受け無防備となった敵に、大岩斬が直撃する。
 斬撃は虫の甲殻を貫き地面へ達し、虫の尾が切り離された。
 さすがにこうなっては、虫には本当に逃げる以外の選択肢がない。
 ただ八人の冒険者が集まった今となっては、その選択肢すら選べないが。

●命名
「こんな変な生き物がいるなんて、どういう大陸なんでしょうね」
 虫の亡骸に突き刺さった剣を抜きながらエッセンが一息つく。
「分かったのは、何もかも無茶苦茶な所だ、ってことだな。難儀させられそうだ……ったく」
 弓を下ろしたティキはため息を一つ。
 下手な変異動物より難敵であったコレが、この大陸じゃただの動物。まったく悪い冗談だと思う。
「こんなのが沢山いたんじゃ探索も大変ですよね」
 荷物からスケッチするための道具を取り出すシルスの表情も明るい物ではない。
「解剖すりゃ、何かわかるかと思ったけどなぁ」
 そう言って破壊した虫の甲殻を拾い上げるジェイド。
 解剖するまでもない状態な虫の体内は、さして目を引く箇所もない。
「なんとも言えないな。草木も似通った形のもあるが……やはりなにか違うのだろうな。どれが良薬で、毒薬になるんだか」
 仕方あるまい、知識とは長い年月を持って蓄えるものなのだから。
 とりあえずはこの大陸の空気を感じられただけでも収穫としなければ。
「そういえば、この新種の名前を付けなくてはいけないんですよね?」
 思い出したようにそう言うのはアストレイヤー。確かに、霊査士がそんなことを言っていた。
「では、皆さんの案を纏めてみましょうか」
 ヒリヨの提案に一同が頷き、それぞれが考えた案が公開される。

 わかりやすいものでは『剣百足』。『流刃甲蟲』や『スラッシュワーム』といった名も蟲の在り方を分かりやすく示しているだろう。
 『センチュリオン』というのも響きが良い。『シュナーベルスコルピオン』は鋭さを感じさせるカッコイイ名だが、いささか長いだろうか。
 もっとも多数の案を出したのはキリア。『センチビーブレード』『蛇腹サソリ』『カサスパ』果ては『リィーン虫』……あの霊査士は怒ると結構怖いですよ?
「では僕は……分かりやすさ重視で『剣殻百足』に一票入れておきますですね」
 ヒリヨの提案したその名は、敵の外見、甲殻の硬さ、攻撃の鋭さを示すに適当であろう。
 談義の結果、報告にはシルスのスケッチと『剣殻百足』の名が記されるされる事となった。
「んじゃあ、お持ち帰りなぁ〜ん♪」
 元気よく声をあげ帰路に付くキリア。手には剣殻百足の尾……まあその硬さは何かに使えるかもしれない。
 八人の冒険者は情報と経験を手にし、フラウウインド大陸を後にした。


マスター:皇弾 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2008/07/23
得票数:冒険活劇14  戦闘2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
シュヴァルツェ・キリア(a71164)  2010年06月30日 23時  通報
フラウウィンドの地での未確認生物はとても珍しかったですなぁ〜ん。
名付けを考える時は皆、色々な名を考えていて楽しかったなぁん。

…尾は結局はあまり使え物にならず…なぁ〜ん。