ドラグナーガール!:蛇の谷



<オープニング>


●ワイルドファイアとドラグナーガール
「皆、集まってくれ。緊急事態だ」
 紫猫の霊査士・アムネリア(a90272)は、こほんと咳払いすると話し始めた。
「先日発見されたマリンキングボス沖の動く島だが、調査の結果、七大怪獣の最後の1体『飛天大王ガルベリオン』である事が確認されたんだ。
 飛天大王ガルベリオンは、全長数kmもある巨大な亀の大怪獣で、その名の通りに天高く飛べる、とんでも無い奴だ。これだけでも大事件だが、さらにこの大怪獣の腹に『ドラゴン界』が発生していたことまで分かった」
 それは、冒険者達にとって、最悪の知らせの一つだったかもしれない。
 新たなドラゴン界の主の名は、ドラゴンロード・パラダルク。
 幸い、パラダルクは慎重な性格のようで、ブックドミネーターを倒した『不気味な力を持つ』冒険者達に対して、直接攻撃はしてこなかった。
「もしかしたら、冒険者を殺すと呪われて死ぬとでも思っているのかもしれないな」
 アムネリアはそう推測を口にして、説明を続ける。

「ドラゴンロード・パラダルクの目的は、他を圧倒する絶対無敵の力を得る事だ。その為に、この世界で最も強大な存在、大大怪獣ワイルドファイアを支配して、その力を取り込もうとしている。
 もしパラダルクが大大怪獣ワイルドファイアの力を取り込めば、もはや、ドラゴンウォリアーであっても対抗できない強力な存在になってしまうだろうな」
 だが、絶望する必要は無いとアムネリアは言った。
 このドラゴンロードの『支配』の力については、調査隊からの報告もあり、対応する方法が判明しているのだ。
 まず、パラダルクが支配の力を使うには、『ドラグナーガール』達による儀式が必要となる。
 ドラグナーガールはパラダルク配下のドラグナーで、全員が全く同じ外見の、美しい少女の姿をした存在だ。ドラグナーガールたちは自分自身の戦闘能力は弱いものの、いずれも歌や踊りを行う事で、周囲の『モンスターや怪獣』を支配する能力を持っているという。
 彼女たちの儀式で大大怪獣ワイルドファイアを目覚めさせ、そして支配下に置くのが、ドラゴンロードの戦略なのだ。

 よって、ドラゴンロードの狙いを阻止するポイントは2つ。
 1つは、儀式を行うドラグナーガールを撃破する事。
 もう1つは、大大怪獣を目覚めさせない事だ。
 眠っている相手には、ドラゴンロードの支配能力も効果が無いのである。

 そして、大大怪獣を眠らせる方法は既にわかっている。
 そう、ワイルドファイア大運動会だ!
 目覚めかけた大大怪獣ワイルドファイアを、ワイルドファイア大運動会を行う事で再び眠らせれば、ドラゴンロード・パラダルクは『支配』の力を使うことができなくなる。
 さらに送り込まれたドラグナーガールを撃破すれば、完全にパラダルクの野望を挫けるだろう。

「ドラグナーガールが儀式を行う場所の周囲には、『魅了の力』で集まった怪獣の群れがいる。皆には、この怪獣の群れを突破して、儀式を行っているドラグナーガールを撃破して欲しい」
 アムネリアはそう言うと、詳しい事は担当の霊査士から話を聞いて欲しいといって、冒険者達に頭を下げた。

●蛇の谷
 シャンシャンシャン。ひらりひらりと岩と岩の間を飛ぶように跳ねる。実に楽しげに、あどけない口元が妖艶な笑みを刻む。切り立った石舞台にの上。ふわりと軽やかなステップを刻み、谷に住み着くもの達を魅惑し魅了するのだった。
「みんなー。今日はあたしの舞台を見てくれてありがとー!」
 巨大な鱗の主たちが、ドラグナーガールの呼びかけにこたえる様に鎌首を擡げ舌をちろつかせる。
 一つの体の両端に頭が付いている双頭の蛇。果たして……食べた物はどこへ行くのだろう? という、些細な疑問を残す、不思議な形状の巨大な蛇の怪獣。十数ではきかず、何十という怪獣たちがドラグナーガールを取り囲むように、とぐろを巻いていた。
「あたしのお願いきいてくれるよね」
 踊っている間、ずっとそばを守ってほしいの。ドラグナーガールは小悪魔的な笑みを浮かべ、ちゅっvっと怪獣たちに投げキッスを送るのであった。

 半眼に眇めた視線を、地平線に向けたまま黄昏の霊査士・ユノ(a90341)は集まった冒険者達を呼び集めた。
「アムネリアからの話は聞いているな」
 そこで初めてユノは、それぞれに固い表情で頷く冒険者達に向きなおった。
「お前達への依頼はここから西にいった場所にある。アンフィスバエナと呼ばれる双頭の蛇の怪獣達の群れが住む場所になる」
 切り立った崖の狭間。尾はなく長い体の両端に頭がついているらしい。
「数は、今のところ25といったところか……ドラグナーガールの魅了による支配力は、時間を追うごとに広がっているようだな」
 後手に回ればその数が増える事が予想された。ドラグナーガールの戦力は然程脅威になるものではない……が、その周囲を固める怪獣たちが曲者であった。
「奴は、群れのボスにあたる、黒い鱗のアンフィスバエナのそばにいるはずだ」
 怪獣たちはドラグナーガールを守ろうとして、死力を尽くして襲ってくるだろう。ドラグナーガール自身とても狡猾で、逃げるためならどんな手でも惜しまず使ってくるに違いない。
「見た目に惑わされるなよ」
 それではよろしく頼む。霊査士は広い大地に向けて冒険者達を送りだすのであった。


!グリモアエフェクトについて!
 このシナリオは同盟諸国全体に関わる重要なシナリオ(全体シナリオ)ですが、『グリモアエフェクト』は発動しません。


マスターからのコメントを見る

参加者
九天玄女・アゼル(a00436)
在散漂夢・レイク(a00873)
ソニックハウンド・カリウス(a19832)
黒焔の執行者・レグルス(a20725)
黒狐の長・ヴァゼル(a24812)
三賞太夫・ツァド(a51649)
消え逝く緑・フィルメイア(a67175)
南の星・エラセド(a74579)
NPC:歌漢女無双・ラートリ(a90355)



<リプレイ>

●蛇の谷
 谷に近づくに連れて、岩が目立つようになってくる。湿り気を帯びた風……思ったよりも川が近いらしい。
「え、これって競技なのか?」
「たしか、そう種目の予定表にはいってあったぞ」
 目指す谷に行く道すがら、聞かされた事実に南の星・エラセド(a74579)が唖然と顎を落とす。今回の大運動会の2日目の競技として、この依頼を始めとした各ドラグナーガールの撃破が組み込まれているらしい。誰だ……競技に加えたのは……いいのかこんなんで? ちょっとだけ、悲しくなってくるのはなぜだろう。
「新しいのが出てくる度にどんどん手法が絡め手になってくるな……」
 最初のヴァラケウスが特別だったのだろうか……? 零散夢掬・レイク(a00873)が眉を潜める。
「ドラグナーガールか、随分と悪趣味だな……」
 最も、そんなものよりも……ソニックハウンド・カリウス(a19832)は、今回ドラグナーガールが引連れる、怪獣達の方が気になっていた。双頭……片方の頭は尾の擬態じゃないのか、双頭の感覚器は共有するのか、精神系の状態異常は双頭が別対象なのか……等々。気になって仕方がない。
「南方セイレーンの方々がいらっしゃると言うのにこのような事になるとは……」
 三賞太夫・ツァド(a51649)がのっそりと頭を上げる。掃除はさっさと済ませておくに限る。
「ドラグナーガールだと長いから……ドラ子でいいな」
 長くて何より、言いにくい。黒焔の執行者・レグルス(a20725)が、わしゃわしゃと前髪をかきあげ言い切った。
 ソレだっ! その言葉に男達が一斉に振り返った。
「宜しいのじゃないかしら〜ん」
 歌漢女・ラートリ(a90355)も頷く。今回のドラグナーガールの呼称はドラ子で決まりの方向に傾いていた。新しい友情が芽生え始めた瞬間(?)でもあった。
「主が主なら手下も手下よね……異能によって惹き付けたところで何も残りはしないのに」
 男達の間の共通認識にあえて、気がつかない振りをしてやり、緑の風の魔女・フィルメイア(a67175)が、感じ取った主観を口にする。
「無敵? 浅ましい……」
 そんなものを手にしたところで、虚しい存在になるだけだというのに……。他人の力を得て己が力を増した思い込む……短絡的な小者に有り勝ちな発想だわ。まだ見ぬ敵を言葉で切り捨てた。
「ドラゴンロードや大怪獣も心配ではある……」
 だが、それ以上に……。
「……皆が楽しみにしている運動会を無事終わらせたい……」
 九天玄女・アゼル(a00436)が淡々と言葉を紡いだ。楽しい時間を過ごした思い出を、作りたい……誰一人かける事無く、全員で。
「可能な限り善処しましょう」
 黒狐の長・ヴァゼル(a24812)がクイッと眼鏡の黒い縁を上げて見せた。夏の日差しにレンズがキラリと反射する。その言葉裏には必ずやり遂げて見せるという、自信が垣間見えて聞こえた。

●双頭の蛇
 蛇の嗅覚がいか程の物か……分からないが、慎重に風をよみ、成るべく風下の方向に回り込み谷に入っていった。谷底を流れる川の流れは、ここからでは分かりにくいが、水音から早そうな事が推測できた。怪獣たちは谷底に広がる、窪みのような空地に集まっていた。
「ドラ子は一番奥だな」
 エラセドが谷から吹き上がる風に鬣を揺らしながら遠眼鏡を覗く。丁度、谷のほぼ全景を見晴らせる場所から見下ろしていた。高く切り立った自然の石舞台の上で、笑みを浮かべ踊る少女の姿が映っていた。複雑なステップを軽やかに踏む度に、ひらりひらりと薄絹が蝶の羽の様に揺れ動く。石舞台の下には、丸太の様に太い緑色の鱗体をもった巨大な蛇が重なり合うように寝そべっていた。その一番後方に、黒い鱗の一際大きな個体が見えた。恐らくあれが、霊査士の言っていた群れを率いる怪獣であろう。
「ふむ……確かに見た目は少女の様ですな」
 そのこめかみから生えた、2本の角を除けば……実に可憐な……と、形容するに相応しいドラグナーガールの容貌に同じように遠眼鏡を手にしたツァドが感嘆のため息を漏らした。
「能力はともかくわざわざあの姿のドラグナーを大量投入する意図が解せない」
 ワイルドファイアの怪獣はああいうのがいいのだろうか? 何を基準に魅了されているのだろう。彼女達の儀式が完成したとき大大怪獣ワイルドファイアを目覚めるという。
「さて……どうしましょうかね?」
 こんな所で手を拱いて見ている訳にはいかなかった。
「私にしてあげれるのはこれくらいだけれど……お願いね」
 この先、蛇たちの壁を突破してドラグナーガールへ挑む3人の仲間達を気遣う。
「……ありがとう……」
 フィルメイアの呼び出した守護天使達が、伸ばされたアゼルの細く長い指の先でふわふわと浮かんでいた。
「いくか……」
「おう」
 レグルスを後ろに乗せアゼルはグランスティードを崖の斜面を駆け降りていく。足場の悪い岩場というものを感じさせぬ、素早さで切り込んでいく。
「攻撃は即撃ですね」
 後を追うようにヴァゼルも眼下に待ち受ける怪獣達の群れに飛び込んでいった。
「なっ!?」
 突然の襲撃にドラグナーガールが踊る足を止め、怪獣達が次々に頭を擡げる。バランスの関係なのか、大抵上がるのは一つであったが……。乱入者の出現に、シューシューという警戒の音を両の口から、絶えず上げていた。
「道を開けます」
 レイクの打ち出した銀狼が、ドラグナーガールへ向かう仲間達の行く手を遮ろうとする怪獣に噛み付きそのまま組み伏せて行く。
「ラートリっ歌を」
「お任せですわ〜ん! わたくしの胸でお眠りなさ〜ぃ♪」
 弓を引き絞りながらのカリウスの言葉に、黒羽のチキンレッグは喉を震わせて応えて見せる。繊細な音の流れが、怪獣達を眠りに誘う。
「皆さん、注目して下さい」
 ツァドの頭部が眩しい光を放つ。歌声から辛くも逃れた怪獣達の眼光が、ツァド1人に絞られた。
「狙いやすくなったな」
 マヒで動かなくなるものもいたが、怪獣達がツァドを狙っているので、後は其処へ攻撃を叩きこむだけで面白いように当たるのだった。太陽のごとく光り輝く矢が雨の様に降り注ぐ。
 噛みついてくる、大きな口を辛くも交わしながら、ツァドが巨体を揺すらせ必死で逃げまわっていた。
「ツァドさんっ!?」
 危ないっ! 悲鳴のような警告は間に合わず。攻撃を受けながら一体の怪獣が、血飛沫を上げながらその体に絡み付き締め上げた。
「ぐうぅぅっ……」
 手負いの獣の激情に満ちた体が、万力の様にギリギリと力を込めた。ゴキゴキっと鈍い嫌な音が、響く。
「やらせない!」
 背後から聞こえる凱歌に後押しされる様に、駆け込んできたエラセドが、華麗さに満ちた動作で槍を突き出した。息の根を止めるのにそう時間は掛からなかった。後が残る程に絡み付いた、怪獣の巨体を引き剥がす。
「大丈夫、ツァド!」
 しっかりして……フィルメイアが必死に気づ付いた体に癒しを施したのだった。

●dancing girl
 頼みの怪獣達は、抵抗らしい抵抗を見せず、次々に突然現れた冒険者達に倒されていくのをドラグナーガールは指を咥えて見ているしかなかった。何で、何で、何で……。如何にかして、この場を切り抜けようと、焦りを隠さず必死で考えをめぐらす。
 騒ぎを目にした彼女は石舞台から飛び降り、怪獣達の背に隠れるように身を隠した。群れのボスである、黒いアンフィスバエナの背後に……。
「いたなドラ子」
「なっ……!?」
 不敵に笑う、レグルスの言葉にドラグナーガールは目を剥いた。
「長くて言いにくいから、簡単な愛称をつけてやったぞ」
 感謝しろ。
「勝手にキメないで! 生意気よあんたっ」
 みんな、やっちゃえ。傲岸不遜な言い草にドラグナーガールは激怒し、怪獣達をけしかける。
「まったく、うざいですな」
 後方からの援護攻撃の手から逃れた怪獣達が、切り込んできた3人に牙を剥く。
「ドラ子はいたか?」
「黒いのは……あれか」
 あの傍におそらく、ドラグナーガールがいる筈であった。
「我が下に来たれ 凍てつく気よ満ちよ 漆黒束ね其の敵を打ち砕け……」
 ドラグナーガールの目の前で、アンフィスバエナの黒い鱗が虚無の腕に貫かれ、無数の破片を散らした。
「助けて……お願い……」
 ほろほろと涙を零す様子は、人と大差ない姿であった。その様子にヴァゼルが微笑みを浮かべる。その笑みに、パッとドラグナーガールの顔が少しだけ晴れた。
「……諦めてください、媚びても慈悲などかける気はありませんから。……すみません」
 残酷な笑みを浮かべたまま、大剣をふりあげた。
「私達は勝負しにきたのではなく、お互いの生死を賭けて戦いに臨んだのだ……」
 振り下ろされるヴァゼルの剣の動きに、ドラグナーガールが必死に体を交わそうとするのを、今更、命乞いなど……耳を傾ける筈もあるまい。何か遣る瀬無い想いを抱きながら、アゼルは感情を感じさせぬ眼差しで見つめていた。
「こんなものですかね……」
 手ごたえが少し軽かった気もするが……体が小さいから、こんなもんなのだろうか? 滲む血だまりに沈んだドラグナーガールのあっけない最後に肩すかしを食らった感じがした。
 怪獣達を相手にしていた仲間の方も粗方片付いたようで……谷には静けさが戻ろうとしていた。
「終わったのか」
 横たわる、怪獣達の死骸を乗り越えながらエラセドがやってきた。向こうではこの珍妙な怪獣の体がどうなっているのか、早速カリウスが腹を裂いて調べてみようとしているのだ……と、戦いが収まった解放感からか。笑みがこぼれていた。
「……無益な殺生をさせやがって……」
 エラセドは倒れたドラグナーガールの体に近づき、徐にその角に手をかけた。何かの情報が得られると思っての何気ない行動。無防備な体は咄嗟に避けることができなかった……ズシャっ……肉を切り裂く音が響き、エラセドの腹に細い腕が突き刺さっていた。
「え……」
 白い毛並みが深紅に濡れる。薄れゆく意識の端で、突き刺さった腕と染まった血の赤だけが何時までも鮮明に目に焼き付いていた。
「あはははは……バカ見たい、簡単にだまされるのね!」
「くそっ!」
 まだ生きてやがったのか!? 口元を血で染めながら、ドラグナーガールがけたたましく笑う。生死を確認していれば……確実に息の根を止めていれば……歯ぎしりが漏れる。
「こいつの命が惜しければ、あたしの言う事を聞きなさい!」
 小さく痙攣する、潜血にそまった体を盾にして金切り声をあげた。逃げ切れる、一瞬勝ち誇った笑みが見えた。騒ぎを聞き付けた、怪獣たちの掃討にあたっていたメンバーが駆けつけてくる。
「うむ、そうか……」
「貴方が約束を守るという保証はありませんから」
 次の瞬間過たず吸い込まれる様にカリウスの矢が、少女の額に深く突き刺さり。躊躇いもなくレイクの放ったエンブレムノヴァの火球が横手からドラグナーガールの頭部に命中した。歴戦を潜り抜けた身体は、思うよりも先に本能的に反応する。
「間に合え……」
 その首を切り飛ばし、傷ついた仲間を抱き寄せるように、動きとめた体から引き離す。傷の具合を確かめる余裕もなく、何重にも癒しの歌を歌いあげる。防げたかもしれない犠牲に呪いのような自身に対する怒りが湧き上がるのを止められなかった。急所をかろうじて外れていたのか、出血はおさまり息が安定する。誰ともなしに安堵の息が漏れた。
 谷が本来の静寂を取り戻すまで、暫しの時を要したのだった……。


マスター:青輝龍 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2008/08/31
得票数:冒険活劇2  戦闘14 
冒険結果:成功!
重傷者:三賞太夫・ツァド(a51649)  南の星・エラセド(a74579) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。