ドラグナーガール!:Roll&Rolling



<オープニング>


●ワイルドファイアとドラグナーガール
「皆、集まってくれ。緊急事態だ」
 紫猫の霊査士・アムネリア(a90272)は、こほんと咳払いすると話し始めた。
「先日発見されたマリンキングボス沖の動く島だが、調査の結果、七大怪獣の最後の1体『飛天大王ガルベリオン』である事が確認されたんだ。
 飛天大王ガルベリオンは、全長数kmもある巨大な亀の大怪獣で、その名の通りに天高く飛べる、とんでも無い奴だ。これだけでも大事件だが、さらにこの大怪獣の腹に『ドラゴン界』が発生していたことまで分かった」
 それは、冒険者達にとって、最悪の知らせの一つだったかもしれない。
 新たなドラゴン界の主の名は、ドラゴンロード・パラダルク。
 幸い、パラダルクは慎重な性格のようで、ブックドミネーターを倒した『不気味な力を持つ』冒険者達に対して、直接攻撃はしてこなかった。
「もしかしたら、冒険者を殺すと呪われて死ぬとでも思っているのかもしれないな」
 アムネリアはそう推測を口にして、説明を続ける。

「ドラゴンロード・パラダルクの目的は、他を圧倒する絶対無敵の力を得る事だ。その為に、この世界で最も強大な存在、大大怪獣ワイルドファイアを支配して、その力を取り込もうとしている。
 もしパラダルクが大大怪獣ワイルドファイアの力を取り込めば、もはや、ドラゴンウォリアーであっても対抗できない強力な存在になってしまうだろうな」
 だが、絶望する必要は無いとアムネリアは言った。
 このドラゴンロードの『支配』の力については、調査隊からの報告もあり、対応する方法が判明しているのだ。
 まず、パラダルクが支配の力を使うには、『ドラグナーガール』達による儀式が必要となる。
 ドラグナーガールはパラダルク配下のドラグナーで、全員が全く同じ外見の、美しい少女の姿をした存在だ。ドラグナーガールたちは自分自身の戦闘能力は弱いものの、いずれも歌や踊りを行う事で、周囲の『モンスターや怪獣』を支配する能力を持っているという。
 彼女たちの儀式で大大怪獣ワイルドファイアを目覚めさせ、そして支配下に置くのが、ドラゴンロードの戦略なのだ。

 よって、ドラゴンロードの狙いを阻止するポイントは2つ。
 1つは、儀式を行うドラグナーガールを撃破する事。
 もう1つは、大大怪獣を目覚めさせない事だ。
 眠っている相手には、ドラゴンロードの支配能力も効果が無いのである。

 そして、大大怪獣を眠らせる方法は既にわかっている。
 そう、ワイルドファイア大運動会だ!
 目覚めかけた大大怪獣ワイルドファイアを、ワイルドファイア大運動会を行う事で再び眠らせれば、ドラゴンロード・パラダルクは『支配』の力を使うことができなくなる。
 さらに送り込まれたドラグナーガールを撃破すれば、完全にパラダルクの野望を挫けるだろう。

「ドラグナーガールが儀式を行う場所の周囲には、『魅了の力』で集まった怪獣の群れがいる。皆には、この怪獣の群れを突破して、儀式を行っているドラグナーガールを撃破して欲しい」
 アムネリアはそう言うと、詳しい事は担当の霊査士から話を聞いて欲しいといって、冒険者達に頭を下げた。

●Roll&Rolling
「はい」
 アムネリアから話を引き継いだのは、女霊査士・シャン(a90369)だ。
 集まった冒険者達に冷ました緑茶を振るまい、自身も口を濡らした。そしてしばし逡巡の後説明を始める。
「ドラグナーガールは……巨大フンコロガシの群れの中心にいます」
 その言葉に、酒好き厚底負け犬・アレク(a90013)が盛大に茶を噴いた。
「なあ、聞いていいか?フンコロガシって言うと、あの、こうアレをでっかい玉にしてゴロゴロ転がす……?」
「はい、アレを大きな玉にして華麗に転がす憎いあんちくしょうです。それが今回何故か群れとなっているのです。
 とは言え、ご心配なく。ワイルドファイアの彼らは名前こそ……ですが、転がすのはアレではありません」
 一瞬安堵するアレク他冒険者。
「倒した獲物と土くれを混ぜた巨大肉団子です」
「それもイヤだなっ!?」
 そう言われましても。わざとらしい困惑の笑みを浮かべて見せるシャン。
「あちらのフンコロガシさんは巨大かつ凶暴でして、ちょっとした怪獣などは鋭い牙で噛み裂き、転がすための強靭な後ろ足で蹴り上げと容赦はありません。
 また、既に作られた肉団子を転がして、こちらを巻き込んで潰そうともします。かなり広範囲を転がりますから、後衛の方もご用心ください」
「で、件のドラグナーガールはそいつらの中心にいるってか?」
 敵ながらその度胸を誉めてやりたくなるアレクだ。
「群れの中で一番大きくて強い個体に乗っています。彼女はどうやら戦う気は無く、他のフンコロガシを戦わせ、その隙に乗っているモノを操って逃走を図る様子」
「アレを、転がしながら?」
「ええ、アレを転がしながら」
 それだけ、彼女らも必死なんだろう。何となく遠い目になって窓の外を見れば、入道雲が白く立ち込めていた。

「ドラグナーガールですが、美しい姿と高い知能を持っており、甘言を弄して逃げ延びようとする危険もあります」
 アレクが、微かに顔をしかめた。ドラグナーと分かっていても『女を手にかける』ことに些かの抵抗があるようだ。
「たとえ、どんな話をされても、惑わずに必ず止めを刺すしてください。……出来ますか?」
 念を押された。顔に出た甘さを見抜かれて、アレクは赤くなる。
「出来るさ!」
 剣に手をかけ力強く断言するアレクに、シャンは頷いた。そして『お気をつけて』と深く礼をしたのだった。


!グリモアエフェクトについて!
 このシナリオは同盟諸国全体に関わる重要なシナリオ(全体シナリオ)ですが、『グリモアエフェクト』は発動しません。


マスターからのコメントを見る

参加者
焔銅の凶剣・シン(a02227)
蒼氷の忍匠・パーク(a04979)
癒しのメイド・アリス(a10251)
グランスティード爆走族・アシャンティ(a14189)
安らぎを奏でる柔らかな光・フロル(a25437)
砂鹿・ニーナ(a59109)
覇竜・セツナ(a64248)
紅風・リヴィール(a64600)
NPC:朱凛撃・アレク(a90013)



<リプレイ>

●ワイルドファイアの空に
 広大なる大陸、ワイルドファイア。
 どこまでも広がる緑の大地の一角を、黒く染める集団がある。それは巨大な虫の群れだ。
 彼らはフンコロガシ。ワイルドファイアに住まうに相応しい、巨大なフンコロガシ。転がす球は、獲物の肉片と土くれ。丸く丸く丹念に、表面にツヤが出来るほど滑らかに固められた球。おのが体躯より更に大きなこの塊を、かれらは後ろ足で転がして巣へと持ち帰るのだ。
 本来、群れなど作らぬ彼らが、今何故かこの地に集っていた。後ろ足を肉球にひっかけ、頭を集めて円陣となり、唯一点に魅入っている。
 その中心で、少女が踊っていた。風に舞う羽のごとく軽やかなステップ。柔らかな肢体を翻すたび、優美な曲線が描きだされる。褐色の肌はワイルドファイアの青い空に鮮烈に映えて美しい。顔立ちに幼さを残すものの、恍惚に潤んだ瞳、しっとりと濡れた紅い唇は妖艶さを湛え、絶妙な色気を放っていた。
 知らぬものが見れば、ただただ、可憐な少女が美しく舞う姿でしかなかっただろう。
 その頭部にいただく異形の角がなければ。
 そして、踊る舞台がフンコロガシの群れのど真ん中でなければ。
「……何でよりにもよってこんな群れの只中に……」
 一部始終を遠眼鏡で覗いて、焔銅の凶剣・シン(a02227)は首をかしげずにいられない。
「ま、あの状況で何言われても説得力に欠けるから、やりやすくていーんだけどね」
 なんかむしろ哀愁漂っちゃってるよなー、と蒼氷の忍匠・パーク(a04979)は思う。思ってしまう。思っちゃうのだ。
 白い衣装を翻して舞う少女は、ドラグナーガール。その舞と歌で、大大怪獣ワイルドファイアを目覚めさせんとする、ドラゴンロード・パラダルクの尖兵だ。そしてフンコロガシ達は、彼女の歌と踊りに魅了されて集まって来たのである。

 冒険者達に気づいて、ドラグナーガールが踊りを止めた。美しい紅い瞳が、冷たく見つめる。薄い唇に蠱惑を含んで、少女は哂った。音もなく身を返し、一際大きなフンコロガシに手を差し伸べると、彼は恭しく黒く光る頭を垂れた。小さな体を黒い背に乗せると、フンコロガシは凄まじい速さで肉団子を回転させ、あっという間に冒険者達と反対方向へ爆走を始めた。
「……すげぇ、速すぎて後ろ足が見えねえ」
 酒好き厚底負け犬・アレク(a90013)は、わりとどうでもいい所を見ていた。
「いや、感心してる場合じゃないだろ! 早く追おうぜ!」
 覇竜・セツナ(a64248)のツッコミが入る。
「他人の力だけを頼りにしてやっていけるほど、闘いは甘いものじゃないって教えてやる」
 セツナは、新しいロードとドラグナーガールに深い嫌悪を感じている。自分の力を信じる彼は、他を操って利を成そうとする輩が大嫌いなのだ。
 しかし、ドラグナーガールを追おうとした冒険者達の目の前に、フンコロガシ達が立ちふさがった。

●Roll&Rolling
 正確には、立ちふさがったのはたくさんの巨大な肉団子だ。フンコロガシたちは、その強靭な後ろ足で、一斉に巨大な肉玉を蹴り飛ばす。
 轟轟と迫る肉団子――それが戦闘開始の合図となった。
「肉団子を転がすなんて妙な儀式は中止してもらわねーとな!」
 シン、ちょっと勘違い入りつつ破壊衝動を呼び覚ます。
「外見はみんな同じ……一体ならともかく、あんなのがぽっこぽこでてきたら……うわあ〜っ」
 砂鹿・ニーナ(a59109)は何やら怖い想像になっているようだ。とっとと倒すが吉! と言う思いで血の覚醒を叫ぶ。

 その間にも、いくつもの肉団子がせまり来る。土をつけ、さらに肥大した肉の球に、銀の尾を引き火球が炸裂した。半分近くを破壊された肉球は失速し、ニーナと塵旋風・リヴィール(a64600)はそれを容易く避ける事が出来た。
「せっかくのお祭りという楽しい時間、しっかり守りましょう」
 火球――エンブレムノヴァを放ったのは、安らぎを奏でる柔らかな光・フロル(a25437)だ。普段は穏やかな彼女にも、そう易々とドラゴンロードの思い通りにはさせまいと言う、強い意志があった。
「素直にどいて……って、無理だよね」
 肉の球は、まだまだ襲ってくる。その一つに、リヴィールが軽く触れると、途端に肉団子は破裂した。破鎧掌によって、膨大な気を叩き込まれたのだ。
「ぶっ……ぺっぺぺっ……うぇえ〜」
 飛び散った肉団子の欠片が顔にかかり、リヴィールは土臭さと腐臭に顔をしかめる。だけど、それを厭う暇は無い。セツナが吹き飛ばした肉団子は別の団子にぶつかって、諸共にあらぬ方へと転がっていった。
 ふわりふわり、小さな羽根が舞い落ちた。癒しのメイド・アリス(a10251)の呼び出した守護天使達が、冒険者らの頭上に降りたのだった。

 先に戦闘を始めた彼らは、ドラグナーガールへと道を開く役割と決めてあった。
 やや後ろには、グランスティードにタンデムしているアレクとパーク、グランスティード爆走族・アシャンティ(a14189)が待機している。先行した仲間達が作った道を走りぬけ、ドラグナーガールを捕捉するのが彼らの役割。今は、突入のタイミングを計っているのだ。
「じれってぇなぁ。パークなんか早いとこ降ろして、俺も暴れたいぜ」
「なんかってなんだよ。俺だってヤロウとのタンデムなんかいやだっての。しかもお前だし」
「それはこっちの台詞だっ!!」
 焦れるあまり、どつき合いを始めるパークとアレク。
「お前ら漫才してるんじゃねぇよなぁ〜ん」
 今回の突っ込み役はアシャンテイのようだ。
 その彼らのやり取りをちらりと見て、アリスはドラグナーガールを思い浮かべる。
(「ドラグナーガール……敵ながら可愛いです。アレクさんもああいう女の子が好きなんでしょうか……」)
 一瞬、そんな事を考えた自分が恥ずかしくなってしまう。魅了する能力と聞いていたためもあってか、他愛ない事とわかっていても、なんだか意識してしまうようだ。複雑な思いを振り捨て、アリスは援護に走る。
「うきゃあああ〜〜〜〜〜〜〜!?」
 ニーナが肉球をよけきれず、巻き込まれてもろともに転がって来た。かろうじて動きを止めた球から、慌てて彼女を引っ張り出し、ヒーリングウェーブで傷を癒した。
「だ、大丈夫ですか?」
「ううっ生臭いよぅ……もう絶対許さないんだからっ」」
 守護天使のおかげもあって、体のダメージはさほどでもないけれど、心のダメージが大きいニーナだった。
「ニーナの犠牲は無駄にしないよっ」
 球と球の隙へと飛び込んだリヴィールの前に、漆黒の巨影。フンコロガシ本体の顔が、目前にあった。
「うわっとっとっ」
 噛み裂こうと襲い来る牙をかろうじて避ける。獲物を噛み損ね、牙同士食い合えば火花が散った。大剣を力の限り打ち合わせたような凄まじい音に背筋が凍る。
「また来るぞっ!」
 シンが警告を飛ばす。飛び掛って来た一匹の牙を盾で受け流し、その勢いのまま蛮刀を叩きつけた。虫の巨躯が前のめりに倒れ、うごかなくなる。堅い外皮が割れて、体液が染み出していた。

 エンブレムノヴァでの援護をしながら、フロルは戦場を注意深く見渡す。押し寄せる虫達は強力、大対小で数も差があり、肉球の攻撃も強烈だ。
 しかし、それは隙にもなる。彼らは一斉に襲い掛かってはこれない。小回りの効かず、数も多ければ、動きは鈍ると言うものだ。だからよくよく、探せば……ほら、見つけた。押し合いへしあい、妨害する虫達の壁に、手薄な箇所がある。
「みなさん、あそこです!あそこからなら、突破できます」
 フロルの示す場所にシンが駆ける。パワーブレード一閃、フンコロガシの前足を一本、叩き折る。姿勢の崩れたところを、セツナが下から旋空脚で蹴り上げれば、虫の巨体が仰向けにひっくり返った。じたばたと起き上がれずにもがいている。
「素直にどいて……って、無理だよね」
 リヴィールの蹴りが、まばゆい光の弧を描けば、虫の黒い鎧が薄板のごとく砕けた。
「邪魔しちゃダメだよっ!」
 復活したニーナの紅蓮の雄叫びが、押し寄せる虫達の神経を激しく振るわせる。いくつもの虫が、たまらず動きを止めた。あるいは倒れ、あるいは動けず、虫の壁に、ついに穴が開いた。
「よっし、今だっ!」
「行くぜなぁ〜ん!」
 アシャンティとアレクのグランスティードが、矢のごとく飛び出した。先行した仲間の作った道を、二つの紅風となって疾駆する。
「狙いはただ一つ、です」
 フロルが叫ぶ。そう、狙いは唯一つ。ドラグナーガールのみなのだ。

●Fall&Rolling
 どうどうと転がり来る巨大肉団子を、左右に飛んでかわすアレクとアシャンティのグランスティード。
「へ、こんな程度ちょろいちょろい」
 得意満面のアレクに、死角から別の肉球が襲い掛かった。
「あれぇええええ!?」
「このへったくそぉおおおお!!」
 逃げようにも間に合わず、哀れ二人は文字通り潰れさてぺっちゃんこになる。その様子を見て、ドラグナーガールがあざ笑った。
「あはははは! なんてみっともないの……っきゃああ」
 彼女も足を滑らせて転がり落ちた。突然のハプニングに対処できず、なお後方へ驀進し続ける特大フンコロガシを、ガールは走って追いかける。
「ちょっと! 戻りなさい! 私を乗せるのっ」
 命令されてやっと気づいたらしい大きめフンコロガシが、大急ぎでガールを回収に戻ってきた。前進しにくいので球は置き去りにしている。
「ん、もうっ。気をつけなさいっ」
 よいしょっと乗りなおし、服の泥をはたいて取り繕うドラグナーガール。済ました鼻の頭に葉っぱがちょこっと乗っていた。
 フンコロガシがもたついたおかげで、アレクとパークがシンのガッツソングで回復することが出来た。そして反対方向からは、迂回に徹したアシャンティが迫いついて来る。
「ここでおめぇを見逃したりしたら、もっと恐い女に俺が殺されちまうなぁ〜ん。相手が悪かったと思って、諦めてくれなぁ〜ん」
 誰の事かは分からないけれど、とにかくアシャンティはデンジャラスタイフーンを撃つ。闘気の奔流が、ガールごと巻き込んで特大フンコロガシを吹っ飛ばした。
「きゃああああ!」
 ドラグナーガールは、再度叩き落され、地面を転がった。
「もう、や、やめて……お願いよ……」
 ボロボロになった彼女は、赤い瞳に涙を滲ませて、必死で訴える。震える肢体が、一層小さく哀しげに見えていた。
「えー? なにー? 全然きこえなーい」
 しかし、全く一切何も関知いたしませんとばかりに、ガトリングアローを浴びせるパーク。
「ひぃいいいい、痛い痛い痛いいいっ!」
 容赦なく数箇所を貫かれ、ドラグナーガールが苦痛の叫びを上げた。
「よし! アレク、とどめだ!」
「……ホントに容赦ないなー」
 友人の姿にちょっぴり怖いものを覚えてみるアレク。しかし、倒すより無いのは事実だ。アレクの一撃をガールは避ける事すら出来ず、まともに受けてしまう。体内を駆け巡る電撃に身をよじって苦悶する。 
「い、痛い痛い……痛いよぅ、もう、やめてぇ……」
 嗚咽が漏れている。びくん、びくんと手足が痙攣を繰り返し、呼吸も出来ない有様に見えた。
「う……」
 その姿に、アレクは躊躇いを覚えてしまう。震え、怯えた目で慈悲を訴える少女はどう見ても無力で、もう一手が下せない。
「なーに言ってんの。そんな空耳聞いてると駄目になっちゃうよ?」
 後ろから明るい声が響いた。ニーナだ。フンコロガシを突破したシンたちが合流してきたのだった。
「あたし達全体の目的は、そのくねくねしてるへんなのを退治することだよっ!」
「くねくねって何よっ!?」
 その言葉に、カッとなって起き上がるドラグナーガール。
「え」
「……あ」
 よく見れば彼女が受けたはずの傷は、既にふさがりかかっている。どうやら、苦しんで見せたのも演技だったようだ。
「……い、いたぁい」
 ガールが目を潤ませて、弱弱しく崩れ落ちた。
「遅ぇよっ!」
「ちぃっ!?」

●Good−bye Girl
 失敗してもなお、ドラグナーガールは言葉を弄する。
「ねえ、お願い。もう私の事見逃して」
 なにしろ、彼女も必死である。
「失敗しちゃったんだもの……もう許してもらえないし、帰れないわ。二度と悪いことなんてしないし、あなた達の前にも……」
 精いっぱいに媚を含んだ目で見上げるドラグナーガールの手を、セツナが取った。それを『諾』と取ったガールは、ひっそりとほくそえむ。だがセツナは、取った手を引きよせ、そのまま力任せに投げ飛ばした。
「俺は、お前の言葉は信じない!」 
「く……っ」
 唇をかみ締め、セツナを見上げたドラグナーガールが、初めて憎憎しげな表情を見せた。少年の、少年ゆえの断固たる拒絶を示され、最早一切の道が絶たれたと悟る。
「そう、仕方ないわね」
 言うが早いか立ち上がり、ドラグナーガールは命令を下す。大きめフンコロガシが最後の力を振り絞り、冒険者達へと突撃してきた。隙を突いてドラグナーガールを乗せ、地面を削る勢いで肉団子を高速回転させて離脱を試みる。
 だが逃げおおせるより早く、フロルの放ったエンブレムノヴァがフンコロガシに命中した。バランスを崩して虫は横転し、特大肉団子があさっての方向にすっ飛んで行った。倒れ行く彼の目が酷く悲しげだと、フロルは思った。気のせいかもしれないが。
「覚えてらっしゃい! この屈辱、必ずパラダルクさまがっががっ」
 と、言い終えるまもなく、ガールも投げ出される。これで、彼女は何度地に転がっただろう。ついでに舌も噛んだらしく、口を押さえて苦しんでいる。 
「……もう楽にしてやらないかなぁ〜ん?」
 アシャンティは、すっかり可哀想なものを見る目になっている。
「それが慈悲だなぁ」
 シンが頷き、蛮刀を大きく振り下ろした。散り逝く星の名を冠した刀が、人形の命の糸を断ち切った。

 ドラグナーガールの死によって、フンコロガシ達は呪縛から解き放たれた。
 元々群れを成す虫ではない。自分の肉玉をあるいは探し、あるいは作り直して。ごろごろ転がしながら思い思いに散っていった。彼らが遠く小さくなるまで見守って、リヴィールは警戒を解いた。これ以上、彼らを傷つけずにすんだことに、彼は安堵していた。
「ふぅ、いろんな意味で強敵だった」
 パークは胡散臭いほど爽やかな、やり遂げた男の笑みを浮かべている。
「……さあ、お祭りはまだまだ終わってませんよね♪」
 柔らかに、フロルが微笑んだ。
 
 戦い終われば、みな笑顔になるのがいい。ワイルドファイアは、特にそれがよく似合う。いつもここが、暢気でおおらかな場所であるように。そんな願いを胸に、彼らは帰途につく。
 常夏の太陽が、冒険者達を眩しく照らしていた。


マスター:黄秦 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2008/08/31
得票数:冒険活劇14  コメディ8 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。