≪密林の楽園Gパンポルナ≫すてきなちょうろうこんてすと〜グリーン繊維質



<オープニング>


●すてきなちょうろうこんてすと
 それは、カレー色のヒトノソリン集落が巨蟹の聖域への帰還を果たして暫く経った時のこと。
 時には居眠りしたり、居眠りしたり、居眠りしたり。
 割といつも通りに過ぎていく中で、巨蟹の聖域を治める巨蟹の長老は言った。
「カレー色の者も戻り、五色が揃った今こそ、新しい長老を決めるに相応しいと思うんじゃなぁ〜ん」
「それはとっても大切な祭りになるなぁ〜ん。色んな者に参加して欲しいなぁ〜ん」
 すると、カレー色代表が。
「ついこの間、交流に来てくれた者に色んなお祭りの話を聞いたなぁ〜ん。特に大運動会の話には、ワイルドファイアに居たのに参加できなかった事を残念がる者が多くてなぁ〜ん……できれば、大運動会の演目でわしらだけでもできそうな物があったら、取り入れて欲しいんじゃが、どうかなぁ〜ん」
 それを聞いて、なるほどと頷き合う長老様達。
「『水着こんてすと』はどうかなぁ〜ん?」
「セイレーンも『こんてすと』で新女王を決めたそうじゃなぁ〜ん」
「では真似をして、装飾品で競うのはどうなぁ〜ん?」
 かくして、次期長老選出の為の『すてきなちょうろうこんてすと』の開催が決定したのであった。

 報せは先ずGパンポルナへ届けられた。
 護衛士団内で意見を出し合った結果、一部を依頼として酒場へ持ち込むことになる。
 沢山の者が参加し一緒にお祭り騒ぎを楽しむことが、ヒトノソリン達の意にも添うからだ。
 そして、当の長老候補達は『長老に相応しい』コンセプトを掲げ『こんてすと』に備えていた。

 緑色の候補は『大自然と調和』。
「ワイルドファイアの住人として、大自然こそ敬うべきじゃと思うなぁ〜ん」

 白色の候補は『癒しと優しさ』。
「『なぁ〜ん』に集約される癒しこそ、忘れてはならん心なぁ〜ん」

 黒色の候補は『強さと逞しさ』。
「長として、強さは外せん要素だと考えとるなぁ〜ん」

 ピンク色の候補は『文化と最先端』。
「文化交流を通じて、ワイルドファイアをリードしていきたいなぁ〜ん」

 カレー色の候補は『刺激的な未来』。
「新鮮な刺激こそ、活力溢れるワイルドファイアをもっと素敵にできるなぁ〜ん」

 これらのコンセプトに相応しい装飾品で身を飾り『こんてすと』本番に望む。
 その装飾品を作るための『材料集め』こそ、『すてきなちょうろうこんてすと』への第一歩なのだ!

●グリーン繊維質
「ンじゃァ、俺らの分担だぜなぁ〜ん」
 煙を吐きつつ言う霊査士の背面には、一緒に材料を取りに行く予定で集まったヒトノソリン達が、ずらりと居並んでいた。
 早速、霊査士に説明を促されると、その中から七人、緑色の耳と尻尾を持つヒトノソリンが、護衛士達の前にぞろぞろっと進み出てくる。
「ワイルドファイア万歳の心意気で頑張りますなぁ〜ん」
「ということで、特大レタスを取りに行きますなぁ〜ん!」
 と、単刀直入に話し始めるヒトノソリン達。
「自然と言えばやっぱり豊富な食べ物だと思うんですなぁ〜ん」
「ついでに緑色だと色合いもいいはずですなぁ〜ん」
「しかもレタスはひらひらしてるから、お洋服に見立ててもぴったりなんですなぁ〜ん!」
 確かに、レタスの葉のふりひら具合は、パーティドレスを彷彿としないでもない。
「畑で作っているレタスでもいいんですけどなぁ〜ん」
「コンセプトが『自然』なので、折角だから自生してるのを取りに行くことにしたんですなぁ〜ん」
 その野生レタスが生えているのは、緑豊富な草原の一角。
 しかし、それは怪獣達の貴重な食糧。人が手を入れて管理していない以上、怪獣達は日々自由気侭にレタスを頬張っている。
 逞しい大地の力のお陰で、レタスが食べ尽くされる事はないが……問題なのは、今回の採取目的が、食用ではなく被服用だということだ。
「晴れ舞台で着るお洋服だから、綺麗な方がいいですなぁ〜ん」
「できるだけ、虫食いや、草食怪獣さんに齧られた跡のないのをもって帰りたいんですなぁ〜ん」
 色んな草食怪獣が出入りする草原であればなおのこと、破損している確率は高くなる。
 できる限り綺麗で大きなレタスを持ち帰る、これが今回の最重要ポイントだ。
「時には草食怪獣さんと喧嘩になっちゃうかも知れないなぁ〜ん」
「負けずに綺麗なレタスを採って、緑の候補のよさをアピールしたいなぁ〜ん!」
 収穫用の鍬や鋤を手に、更に盛り上がる緑色のヒトノソリン達。
「一緒に頑張りましょうなぁ〜ん♪」
 そうして護衛士達へと振り向くと、満面の笑みを浮かべるのだった。


マスターからのコメントを見る

参加者
楽園の大地に生きる・サーリア(a18537)
三賞太夫・ツァド(a51649)
樹霊・シフィル(a64372)



<リプレイ>

●おさらい
 草原をゆく、十人の人影。
 その先頭を行きながら、改めてこんてすとに懸ける意気込みを述べる、クロカのしっぽに憧れて育った・サーリア(a18537)。
「同じ緑として、私サーリア・マレイズムはグリーンを応援しますなぁ〜ん」
「応援しまくりですなぁ〜ん!」
「なぁ〜ん!」
 同志である緑のヒトノソリン達が、その通りだといわんばかりに唱和する。
「あとグリーンというと高級感が漂いますなぁ〜んっ」
 ……理由は不明である。
 しかし、一致団結した緑の皆は、一緒に歌を歌ったりしながらの行軍もあり、テンションは高め。
 そんな、十人中八人を占める、緑のヒトノソリン達を前に、樹霊・シフィル(a64372)は何故だか親近感を覚えずに居られない。
 ドリアッドは元来ワイルドファイアには居ない種だが……ひょっとしたら、この緑の髪の色がそうさせるのだろうか、そんな事を考える。
 考えつつもしっかりと最後尾について、行軍中の皆に怪獣が襲い掛かってきたりはしないかと、側面や背面をしっかり警戒。
 そうこうしているうちに近付いてくるレタス群生地。
 レタスを目当てにしているであろう怪獣達の様子が……肉眼でもうっすらと見える段になると、シフィルは後ろから皆へと呼びかける。
「皆様、一端足を止めてくださいまし」
 応じ、一時停止する行軍。
 シフィルはその期に最後尾から先頭へと移動し、行軍の布陣からレタス採取の布陣へと切り替える。
 その様子を見て、三賞太夫・ツァド(a51649)は採取用に用意してきた軍手をヒトノソリン達に順番に配り始める。
「それではレタスを採る前におさらいです」
 そう言って、レタス採取の際の注意事項を、皆と一緒に改めて確認。
「一つ目。今回は味は関係ありません。見た目の美しいものを選びましょう」
 まぁもっとも、採ったら採ったで食べるような気もしないではないが。
「二つ目。外見が綺麗でも中に虫が居るかも知れない。耳を近づけて咀嚼音がしないかしっかり確めましょう」
 冒険者であれば、魅了の歌で声かけも可。
 とにかく、穴が空いてしまっては折角の晴着も台無しなのだ。
「三つ目。素手でやたらと触ると薄皮がはげて汚くなってしまいます。さっき渡した軍手を必ず着用してください」
 言いながら、自分も軍手を填めて見せ、皆さんもちゃんと填めていますか? と問い掛ける。
 なぁ〜ん、の返事と共に、万歳された沢山の手にしっかり軍手が填められているのを確認すると、ツァドは頷きを返して更に続ける。
「では最後に。複数採ったレタスは重ね置きしてはいけません。やるなら一枚外の葉を取って間に挟むようにしましょう。判りましたか?」
「はーいなぁ〜ん」
 返事を聞くと、ツァドはくるりと進行方向へ向き直り、野生のレタス群生地周辺をうろつく草食怪獣の様子を遠眼鏡で確認する。
 その動きから、接近と引き離しに適した二つのルートを算出……導き出したルートを、先導するシフィルとサーリアに伝えておく。
「それでは行きますよ」
 鎧進化の行使と共に、ツァドの背中に現れる闇色のダークネスクローク。
 率先して進んで行くその背を見つめ、シフィル達は殊更にゆっくりとレタス群生地への歩みを再開した。

●緑
 風上に、濛々と紫煙が立ち込める。
 淫靡な香りを含んだその煙に、レタスを齧りにきていた大型の草食怪獣が何事かを顔を上げた。
 群生地に立ち込める煙と、放蕩の香り。
 煙は風に流されて瞬く間に消え失せてしまったが、その中心に残ったツァドの姿に、怪獣達の視線が集中する。
「これぞ注目の的ですね」
 邪魔をしに来たのかと、若干ご立腹気味に凝視してくる怪獣も居れば、ただの注目効果には興味がないのか、折角上げた顔を背け、またレタスを食べようとし始める怪獣もちらほら。
 しかし、それは予測済み。
「どっこいこれだけではないのです」
 ツァドはのしのしと近付き始めた怪獣の様子に気をつけながら、突如レタスと怪獣達の間に割り込む!
 それはタクティカルムーブでの進路妨害。
 普通に同じ事をしても、多分ただの嫌な奴程度だと思うが、アビリティの力による的確な位置取りは、怪獣達の怒りを誘うには十分だった。
「始まりまして御座いますね」
 複数の怪獣に囲まれ、風上側へと逃げ始めたツァドの様子を見ながら、シフィルがレタス群生地へ近付く足を少し速める。
 折角の惹きつけが無駄にならないよう、こちらは風下側から、背の高い草の陰を縫うようにして、ヒトノソリン達を群生地の中へと導いていく。
 シフィルとサーリアの先導に付いて進みつつ、怒った怪獣に囲まれて齧られたり頭突きを食らったりしているツァドに、何となく不安げな視線を投げるヒトノソリン達。
「あの護衛士さん、一人で大丈夫なぁ〜ん?」
「心配なぁ〜ん……」
「多分大丈夫ですなぁ〜ん」
 宥めるサーリアには頷くが、やっぱり何だか心配そうだ。
 シフィルは新たにやってくる怪獣が居ないかを慎重に確認しつつ、いよいよ目の前に迫った群生地へと、足早にヒトノソリン達を導く。
「わたくし達はレタス採りに専念致しましょう。早く済めばそれだけツァド様が頑張る時間も減りますわ」
「そうねなぁ〜ん」
「綺麗なレタス頑張って探さないとなぁ〜ん!」
 不安を一転やる気に換えて、ヒトノソリン達は軍手を填めた手で拳を握り、力強く頷く。
 事前に見繕っておいた採取地点は、群生地の中でも特に見た目麗しそうなレタスが居並んでいる。
「えーっと、綺麗なレタスならいいのなぁ〜ん?」
「色艶がよくて、丈夫ならなお良いですなぁ〜ん」
 何しろ被服用だ。いくら綺麗でも、すぐ破れてしまうようでは本末転倒。
 サーリアも軍手を手に手近なレタスを軽く持ち上げ……
「レタスは同じ大きさなら、軽い物の方が良いそうですなぁ〜ん」
 明日使える豆知識を披露してみたり。
 他のヒトノソリン達もおさらいでやったとおりに、齧られた痕もなく見栄えのいいレタスから率先して確認作業に取り掛かっていく。
 よさげなレタスを見つけては。
「虫さん居ませんなぁ〜ん?」
「……しゃくしゃく言ってますなぁ〜んっ」
 流石に、こちらが目をつけるような立派なレタスには、既に虫に目をつけられている可能性が実に高い。誰から見ても、いいものはいいということだろう。
「逆に外が食べられていても、内側が実は綺麗な事もあるかも知れませんなぁ〜んっ」
 こればかりは一個一個丁寧に見ていくしかない。
 サーリアはグランスティードの早駆けも駆使して、より上質なレタスを求め群生地の中を縦横無尽に渡り歩いていく。
 しかし、そんな悠悠自適の探索タイムも影が差す。
 ツァドが惹きつけているとは別の……新しくやってきた怪獣が、レタスを求めて群生地の中へと入り込んで来たのだ。

●本来は食用
 怒り任せに、立派な角での頭突きを繰り出す草食怪獣。
 攻撃は確かにツァドを捉えたかのように見えたが……
 翻る闇色の向こうで、がきん、という金属音にも似た響きと共に強い力で弾き返されたのは怪獣の方。
「意外と頑張れるものですね」
 回避もさること、ガード率の上昇は鎧進化の力を最大限に引き出し、ツァドを大きなダメージから救ってくれる。今日のダークネスクロークは何となく誇らしげに見えなくもない。
 現状に限って言えば、タクティカルムーブの効果もそれらの効果を更に高めている。集団を怒りによって惹きつける……といえば、普通はフルボッコにされかねない危険極まりない行為だが、はなっから囲まれる事を前提としている以上、怒りによって怪獣達の特殊な攻撃を封殺するのは、実に有効的な手段と言えた。
 また、怪獣達自体も草食。他の怪獣を倒して喰らう肉食怪獣とは違い、『倒す』為の攻撃に特化していない。これも好条件の一つだろう。
 結果的に、ツァド逆無双といった具合に、攻撃されてもされても倒れない、重騎士冥利に尽きる素晴らしき鉄壁具合を発揮していた。
 そんなツァドの視界にふと、群生地へと入り込もうとする怪獣の姿が映る。
「むむっ、新手が来ていますね」
 しかし、今戻っていったら、惹きつけているこの怪獣達も一緒に連れて帰ることになってしまう。
「お二人が上手くやってくれるはず……」
 接近に気付き怪獣達のほうへ進み出るサーリアとシフィルの姿を見つめ、ツァドは繰り出された怪獣の足蹴りを、ひらりと受け流した。

 ごろごろと生えるレタスの上を、緑の鎧を纏ったグランスティードが軽やかに跳び越えていく。
 その手綱を繰りつつ、サーリアは素早く射程内に捉えた怪獣に向けて、魅了の歌を響かせた。
 効果に掛かり、なんだなんだと首を傾げる怪獣。
「すいませんが先約なのですなぁ〜ん」
『ええー、折角来たのにー』
 そんな愚痴を零す怪獣。
 しかし、攻撃の意志はないと踏んだサーリアは、なんとか穏便に話し合いで解決をしようと、更に交渉を試みる。
「あっちにある方が、実は美味しいのですなぁ〜ん」
『ほんとにー?』
 懐疑的な視線を向けつつも、なんだそれならいいやと言った雰囲気も読み取れて、サーリアは内心で胸を撫で下ろす。
 一方、少し離れた別所では、シフィルもまた歌声を奏でていた。
 もっとも、こちらは魅了の歌でなく、眠りの歌。
「さぁさ、お休みなさいまし」
 とぐろを巻く白いペインヴァイパーのガスが歌声に溶け込み、波紋のように揺らいで視覚的にその効果を見せつける。
 黒い音の波に当てられた怪獣達は次々と眠りに落ち……しかし、運良くそれを免れた怪獣が、ずずいとシフィルに詰め寄って来る。
 しかしそこで焦らず慌てず。
 シフィルは続け様に今度は魅了の歌を歌い上げ、その怪獣との交渉へと状況を進める。
「花咲く〜♪ ……あっ、間違えました、これはキャベツでございました」
『……キャベツもあるの?』
 などと、微妙に勘違いを誘発したりもしながら。
「こっちのレタスは苦いぞ〜♪ というわけでございまして」
『そうなの?』
「さささ、お帰りはあちらでございますわ」
 指し示す先は……もう大分遠くなっているが、怪獣と変わらず熱戦を繰り広げているツァドの居る方向。
 まぁ流石にあの中にわざわざ混ざって行くことはないだろうが……とにかく、風上側の群生地にでも移動してくれれば、ヒトノソリン達がレタスを取っている場所からは遠ざけられる。
『しょうがないなー』
 言いながらも、眠った仲間を起こして連れ立って移動していく怪獣達。
 どうやら、シフィルによるワイルドファイアの鉄の掟体験コーナーは実施されずに済んだ模様だ。
「やっぱり美味しいんだろうなぁ〜ん」
「怪獣さん一杯来てるなぁ〜ん」
「芋虫さんも一杯なぁぁあぁ〜ん!」
 迂回していく怪獣を見送り、ようやっとこれだといえるレタスを見つけたヒトノソリン達が、大事そうにレタスを抱え込む。
「切り口から出てくる白っぽいのは、ほっとくと変色するので洗うかしっかり拭うかした方がいいですなぁ〜ん」
「判りましたなぁ〜ん!」
 サーリアからの豆情報その二に、おさらいでの理由はそういうことか! と納得顔のヒトノソリン達であった。

●繊維
 掴み取った土がむくむくと質量を増し、それはあっという間に土塊の下僕に早変わり。
 運搬作業員として下僕召喚を行いながら、シフィルは収穫作業を終えたヒトノソリン達を見回す。
「宜しゅうございますね?」
「これだけあればお洋服には十分なぁ〜ん♪」
 刈り取ってきたつやぴかふわっふわのレタスを一玉ずつ抱え込み、ヒトノソリン達は満足げに頷きを返す。
「それより早く護衛士さんに教えてあげないとなぁ〜ん」
「すっごく長い間頑張ってるなぁ〜ん……!」
 そう言ってヒトノソリンが視線を飛ばす先には、未だ怪獣とやりあっている……むしろやられるのに耐えまくっているツァドの姿。
 それを見て、サーリアははっと気が付いた。
「そういえば合図を決めていませんでしたなぁ〜ん!」

「そういえば終わりの合図を決めていませんでした!」
 ツァドも、気付いた。
 何気に鎧進化がかけ直し二回目を迎え、ガッツソングは残り1回。
「一体何時まで私はこうしていれば……」
 まさか倒れるまでとかそんなことは。
 なんて思いつつ、最後まで役割をまっとうするべく、尚も怪獣との対峙を続ける……!

 なんか、通じなさそう。
「ここから離れて居なくなれば、ツァド様も気付くのではないかと存じます」
 そんなシフィルの言もあり、サーリアはヒトノソリン達を集めると、大急ぎで帰り支度。その手にはちょっぴり小振りなレタスが一つ。
「きちんと持って帰るまでがこんてすとですなぁ〜ん」
「なぁ〜ん!」
 深く頷き、周囲を闊歩する怪獣の気配に気を配りながら撤収を開始する皆。
 そこで、シフィルはふと。
「そういえば、食物繊維は美容の味方でございました、美味しそうな所を2〜3個失敬致しまして……」
 選定中に美味しそうだと感じたレタスを大急ぎで刈り取ると、それを運搬用の土塊の下僕に持たせ、シフィルは来たときと同じように皆を先導して群生地から撤収していくのだった。

 なお、群生地から皆が引き揚げたことにツァドが気付いたのは、三回目の鎧進化の効果が切れた時だったという……。


マスター:BOSS 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:3人
作成日:2009/02/18
得票数:ほのぼの8  コメディ8 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。