星空より来たる:星海の暴竜



<オープニング>


●星空より来たる
 その知らせは唐突にやってきた。
「みんな、大変だよ!」
 インフィニティマインドの神命維持機能に接続し、地獄やドラゴンロードについて霊査を行っていた、ストライダーの霊査士・ルラル(a90014)が、インフィニティマインドの放送装置を利用して、冒険者達に呼びかけたのだ。
「ドラゴンロード・プラネットブレイカーの攻撃が、もうすぐランドアース大陸に降ってくるの!」
 と。

 ルラルの説明によると、ドラゴンロード・プラネットブレイカーは『空の彼方の向こう側』から膨大な魔力を使ってドラゴン化させた多数の隕石を、ランドアース大陸に向けて発射し、全てを滅ぼしてしまう計画を発動させたのだという。
 このドラゴン化した隕石の落下によるダメージは『大神ザウスが使用した空中要塞レアの大陸破壊砲』にも匹敵し、数個落下するだけで大陸の半分が消失する程の威力らしい。

「このプラネットブレイカーの攻撃を阻止できるのは、みんなしかいないの! 迎撃ポイントまでは、ドリル戦艦で送り迎えできるから、隕石の破壊、絶対成功させてね!」
 ルラルはそう言うと、冒険者達に祈るように頭を下げたのだった。

 幸い、隕石はドラゴン化している為、周囲に近づけば『擬似ドラゴン界』を形成して、ドラゴンウォリアー化して戦う事が可能になっている。
 だが、隕石は護衛のドラゴンがいたり、特殊な力を持っていたりする為、任務の達成には困難が伴うに違いなかった。

●星海の暴竜
「さすがに数が尋常じゃないから、ここからは私が説明するわね」
 そう言ってルラルに代わったのは運命を信じてる霊査士・フォルトゥナ(a90326)。
「その隕石を操るのは、深海の如きダークブルーの鱗を持つドラゴン。巨躯を巧みに駆使して自らが傷付くことも厭わず体当たりで軌道を調整しているの。ランドアースに少しでも大きな被害を及ぼすべく、落下点を調整しているようね。たぶん……落下の寸前には自身も滅ぶでしょうけれど、それでも構わないということみたい。だとすると相当に厄介な相手になるわよ。人間だってそうでしょ、捨て身の人ほど恐いものはない。何1つ躊躇うことがないんだから」
 そう言って短い間、瞳を閉じるフォルトゥナ。より鮮明なイメージを冒険者に届けるように、一語一語、言葉を選んで説明を続ける。

「このドラゴンを倒さないと、隕石を破壊することは出来そうにないわ……。そしてこのドラゴンの力は純然たる破壊のための力。その羽ばたきは無数の虚無の闇を生み出し、対象を喰らう。その吐息は光の帯となってまっすぐに貫き、そこに含まれる輝く星々のような煌めきによって無数の爆発が起こり、更なる破壊をもたらす。そしてその身は半端な攻撃など受け付けず、そのまま返す。ドラゴンウォリアーと言えど、決して油断はできないわ」
 強い口調で言い放つフォルトゥナ。話しながら冒険者の顔を見つめる瞳は真剣そのもの。擬似ドラゴン界の中で傷付き意識を失ったものは放逐され、ドリル艦による回収を待つばかりとなる。が、放逐されるより早くに激しいダメージを負えば、命すら落としかねないのだから。

「ついでに言っておくけど、カウンターがあるからって躊躇っている暇はないわよ。貴方たちの務めはドラゴン退治じゃなくって、その後の隕石の破壊なんだから!」
 当然、ドラゴンと戦った後の残った戦力だけで破壊に努めねばならない訳で、しかも戦っている間も落下が止まっているのでもないのだ。この隕石がランドアースに落ちるその前に決着を付けなくてはならない。

「良い? 負ければランドアースには相当の被害が出る。その事を常に念頭に置いて臨んで頂戴! 確実に勝利を収めて戻ってきなさい」
 そう言ってフォルトゥナは、星空の彼方を指差したのだった。


マスターからのコメントを見る

参加者
ストライダーの忍び・フォルテ(a00631)
ウェイトレスの大魔術師・ルーシア(a01033)
緋桜の獅子・オウカ(a10970)
ヒトの剣聖・ジュダス(a12538)
幼き眩惑の狐姫・セレス(a16159)
雷獣・テルル(a24625)
月星風歌姫・セレネ(a30868)
夢幻の歌姫・ロレッタ(a35762)
戦闘執事・サキト(a38399)
時の流れに任せる流水・レラ(a70801)


<リプレイ>

●ドラゴンウォリアー
 ドリル戦艦のウィンドウ越しに、冒険者たちの瞳に映るは遥か彼方から唸りを上げて飛来する隕石。ドラゴンロード・プラネットブレイカーの放ったそれを見上げ、幼き眩惑の狐姫・セレス(a16159)は思わず言葉を洩らす。
「ん〜、遠くから見たときは綺麗だったのに……近くで見るとあんまり綺麗じゃないんだね。それに、弱々しいって印象があったんだけど……凄く力強そう」
 誰にともなく告げたソレに、ヒトの剣聖・ジュダス(a12538)が言葉を継ぐ。
「だが……俺たちに課せられたのは、その隕石を壊せ、ね。天が望むようにしか世界は動かない。必要なのは覚悟じゃなくて、結果を受け入れること。そして望む結果が出るように足掻くこと……」
「どうしましょう、何だかプレッシャーで押し潰されそうです。いつだって失敗して良いというものではありませんけれど、今回ばかりは規模が……」
 さらに月星風歌姫・セレネ(a30868)が胸を押さえて少し苦しげに息をついた。
(「先ずは自分自身のこの弱さに打ち勝たなくては。大丈夫……いつも通り……」)
 目を閉じて大きく深呼吸。
 そして再び目を開いたその時、隕石の傍に何とも視認し難いダークブルーの鱗を持つ竜が飛んでいるのが見えた。
「来ましたっ!」
 その声が止むか止まぬかと言う内に、10人が相次いでドリル艦より出撃してゆく。同時に擬似ドラゴン界のフィールドが周囲を包む。
「ピンチの先にまたピンチ……か。ならチャンスを掴むまで戦うまでだ!」
 勢い良く飛び出した雷獣・テルル(a24625)に犬の耳、そして2本の犬尻尾が伸びる。更に愛用の魔槍と対をなすように、逆手に長剣が顕われる。
 同時に、そのすぐ脇から飛び出した妖狐・フォルテ(a00631)。無論、思うところはあったが、戦いには無用と口を閉ざした。
 その黙した姿は漆黒の装束に無数の鎖、そしてその鋭い視線をただ1点、暴竜にのみ注いでいた。
 その暴竜はといえば、フィールドの変化にドラゴンウォリアーの出現、いずれも意に介することなく朴訥に隕石の操作に執心。自らの躯を傷つけながら軌道を調整していた……。
「まぁ、捨て身たぁいい覚悟だが……こっちも落とされる訳にゃ行かないんでな! 最初からクライマックスで行くぜ!」
 髪のリボンが解け、より女性らしく。流れるように躍る銀髪が熱気に煽られて揺らめく緋桜の獅子・オウカ(a10970)が叫ぶ。すると即座にうぃっちなミニスカドレス姿のウェイトレスの大魔術師・ルーシア(a01033)が応える。
「おー! 魔法少女の名は伊達じゃないんじゃー。この星の命、一発守り抜くっす」
 気合一発、ピンクのストレートロングが靡いている。
 そして更には背よりも大きな九尾を湛えて羽衣風の武道着姿のセレス、背中に現れし妖精のような翅を羽ばたかせ、華麗に宙を舞う時の流れに任せる流水・レラ(a70801)までもが周囲を取り囲んだのを見て、ようやく暴竜がそれらに注意を向けた――いや、向けざるを得なかった。
「小さき者よ。我が務め、邪魔をするな! お前たちはお前たち自身の儚き生を謳歌するが良い!」
 全天を奮わせるような激情の籠もった声音で吐き捨てる暴竜。だが、それに1歩たりとも怯むことなく戦闘執事・サキト(a38399)が返す!
「儚いのはどちらか! 貴様こそ、この星海にて星屑と共に無残に散れ!」
 よく磨かれた漆黒の甲冑に鎧聖の力も相俟って、鮮やかに星々の光が映る。武器と盾は融合し、一本の大太刀となってその手に握り締められていた……。

●星海の暴竜
 自らの忠告に従わぬばかりか、不遜な物言いで抗う者たち。自らが隕石と共に堕ち往く先に展開せし者共に、暴竜の怒りは一瞬で頂点に達した。
「ならば、この空で誰にも骸を晒すことなく消え去るが良い!」
 暴竜の巨大な翼が大きく羽ばたいた。と同時に、その羽ばたきに押されるように無数の闇色の球体が生まれ、冒険者たちを呑み込む。
「あぁっ!」
 夢幻の歌姫・ロレッタ(a35762)の声が響く。自身のダメージ故じゃない。一切の防具が役に立たぬ球体。対する備えをしていたのは、たしか半数ほどだったか……。
 そのことに思い至り、急ぎ凱歌を紡ぐ。続くルーシアは指先を器用に繰り宙に紋章を描く。紋章は凄まじい光を伴う火球となり暴竜を貫かんとするも、敵は巨大な翼を小刻みに震わせて少ない動きで躱し、逆にその火球を当人に返した。
「やるのぅ。じゃが、たとえ強大なドラゴン相手じゃろうとも全力で務めさせてもらう。力及ばずとも責務を全うし、隕石を止めねばならぬからのぅ……」
 敵の反応に感心しつつ、レラが治癒の力を解き放つ。優しい力が幾人かの身体に注がれてゆく。
「助かるよ……」
 感謝を素直に表すジュダス。その声音は優しいものだったが、その一方で敵に向ける視線は厳しく、寸分違わずに、その手の巨大剣『インペリウム』を暴竜に突き立てた。
 同時に爆ぜる闘気。そして同時にドラゴンの気を引く問いかけ。
「自らを傷つけながらとは……死ぬ気かい?」
 だが、その答えを待つことなくテルルが堕ち続ける隕石に取り付くようにして雷を疾らせる。雷が烈しい音を伴って硬いはずの鱗を切り裂いてゆく。
「我、光翼紡ぎ甲殻と成さん」
 後衛の術士の防御を固めてゆくサキト。ドラゴンウォリアーである前に重騎士たらんと仲間を護ることに主眼を置く。治癒が尽きたときが最期だと、十分に理解しているからこそ。
(「捨て身になれるのは、きっと私達が民の為にそうなれるのと変わらぬ思いなのでしょうね」)
 この世界において邪悪な存在たるドラゴンと言えど、そこには何らかの思いがある筈。そう思いながらも相容れぬ暴竜に対し、いつになく攻撃的に虚無の手を産み、翼をもぎ取ろうと試みるセレネ。それは丁度敵の紡ぐ闇の球体と同種のもので……当たりはすれど、その防護を奪い去るまでには至らない。
「だが、これ以上はもう球体は撃たせん」
 同じく翼に向けてオウカが両腕に込めた闘気を撃つ。しかし再び小刻みな羽ばたきで躱され、それどころかその威力そのままに自身の元へ撥ね返されてしまう。
「くっ! つ、次は確実に懐で仕留めてみせる!」
「諦めない! ボクも攻撃重視で行くんだよっ!!」
 続いてセレスの蹴撃が大きな弧を描く衝撃となって暴竜を襲う。
「命を賭けているのは俺たちも同じだ。冒険者とは民の為の剣であり盾。希望の誓いに殉ずる以上、今日この時ばかりは、是が非でも退く訳にはいかんのだよ!」
 それだけを吐き捨てながら、癒えたばかりの我が身を厭うことなく、こちらも全身を高速回転させながら暴竜に突っ込むフォルテ。まさに言葉通りの一撃が紡がれる。
「死ぬ気? どうやらお前らとて我と然して変わらぬようだが、改めて言おう。死ぬ気など、あろう筈がない! が、我にしか成せぬ務めがあるのならば、例えその末に命を落とすことになろうとも悔いはない。我にあるのは、その覚悟のみ!」
 霊査士の言ったように饒舌に語ってのける暴竜。そのせいか先程の球体を産む羽ばたきを見せるゆとりはなかったらしく、攻撃を目先のフォルテを後衛のロレッタごと貫くブレスへと転じた。
 だが、そのブレスの合間に瞬くように煌く光1つ1つが更なるダメージを生み、単なる代替とは思えぬほどの高威力を以て2人の身体から体力を奪い去った。
 こうして、限られた『時間』という制約の中、凄まじいまでの攻撃能力を見せる暴竜とドラゴンウォリアーたちとの凄絶な削りあいが続いた。漆黒の球体は範囲が広く、半数以上の者たちにとって防御ができない。一方で饒舌だという性質にさえ付け入れば、球体による攻撃の代わりに直線のブレス。範囲が狭く防御も可能だが、寧ろ単純な破壊力としてはこちらの方が上か。
 冒険者たちにとって幸いなのは、100%とは言わぬまでも、その攻め手をある程度誘導できること。
 ジュダスが攻撃の際に挑発気味に言葉を加える。
「何と言おうが、務めとやらを与えたプラネットブレイカーから見れば、神をも超えた捨て駒……もはや滑稽を通り越して、哀れだね」
「お前たちこそ何とでも言え! これは我が誇り。そして務めを果たして後こそ、地上はすべて死に絶え、我らのための世界が出来るのだからな!」
「ブレスが来るぞ……散るのじゃ!」
 暴竜の様子から動作を読み取ったレラが後方から叫び、皆に注意を促す。その瞬間、再びブレスが挑発者に向け、宙を突き破った。
「……ボクなんか援護射撃の術も無く、回復でも十分な力は無いですが」
 ロレッタが懸命に凱歌を紡ぎ、そして即座に離れる。
(「臆病な戦法ですが、後方支援が倒れては意味が無いのです」)
 その戦法のせいではないが、強大な破壊力のブレスに1人の治癒では到底追いつかない。
「って言っても、当然そのままにゃしちゃ置かないさ」
 テルルの歌声に含まれる勇壮な響きが傷を癒す。
「弐之太刀、一気刀閃!」
 サキトの大太刀が大上段から一息に振り下ろし、暴竜の額近くの鱗を割った。
 そしてセレネは一息に攻撃に偏重すべきかとも考えたものの、傷つき斃れかける仲間を放ってなど置けず、凱歌を紡いで傷を癒す。
 その間に、先程の雪辱を兼ね、一気に懐に飛び込むオウカ。
「俺は……カウンターなんかじゃ折れねぇ!」
 キッパリと言い放って、鍛えた指先で敵を貫く。それは形そのままの衝撃波となって暴竜を穿ち、後ろのセレスへと繋ぐ。
 それを受けたような形で、さらに前に出て再び蹴撃を放つセレスだったが、弧を描くそれはカウンターにより円を描きつつ回転し、自身に降り注いだ。
「バカめ! お前らの行動などお見通しだ!」
 ささやかな戦果に酔う暴竜。しかし、
「伝説の魔法少女ルーシアがドラゴンを倒すぜえ!」
 などと大仰に叫んで突進するも、攻撃には加わらず、聖なる癒しをフォルテにもたらす。それは勝負を決めるための賭け。
 それをすぐに察したフォルテは、さりげなく拳を握って応えると、再び全身を回転させて突っ込む。迎え撃つ暴竜は口をパカッと開けてピンポイントのブレスで狙い撃つ構え。
 だが、そこから光の帯が放たれるよりも、まさに一瞬だけ早く到達。
「行けえぇぇぇぇっ」
 どちらの台詞か。いや、らしからぬ台詞ゆえ、たぶん暴竜か。比べようもない巨躯でありながら突っ込んだ勢いに隕石の軌道上まで後退させられた悪しき竜は、いつ斃れてもおかしくない瀬戸際にありながらも構わずブレスを放ち、総てを煌く光の中に呑み込んでいった……。

●隕石破壊
 ――その直後。
 ゴゴゴッ、と轟音を立てて堕ちてゆく隕石に当たり、最期に残っていた生命力を使い果たした暴竜は、そのまま隕石の一部と化す。
 その重さでバランスの変わった隕石は、僅かに軌道を変えたものの、却って被害の大きそうなところへと向かっているように思えた。
「ちっ、無事戦闘が終わったら、今度はこっちだな」
 隕石を砕くには闇雲な攻撃では埒が明かない、とばかりにポイントを絞りつつ攻撃を叩き込むテルル。
 一方でサキトは太刀を鞘に収め、さも鉄棒のような形を作った。
「……ま、気分の問題だな。砕け、鉄槌!」
「私も1箇所に集中します」
 セレネも再び虚無の闇を紡いで攻撃を加える。
「岩が石に、石が砂になるまで木っ端微塵にしてやるですよ!」
 と、ロレッタの攻撃が隕石の一部を削った。
(「空から落ちてくるのは雪と雨、偶にエンジェルさん? で十分なのです」)

●臨界突破
 勿論、他の面々とて休んでいる訳じゃなく、とにかく攻撃を加えているのだが、なかなか破壊に至らない。それでも時は無常に過ぎてゆき、もはや地上に堕ちるまでに破壊する限界点ギリギリ。もう正直……後がない。
「これを、これを砕いて……全てを護るのじゃ!」
 レラが身を以て隕石に迫り、至近から攻撃を叩き込んで、最悪の場合に備え軌道を変えようと試みる。その様子に、少しでも余力のある面々が同調し、全身で隕石の傍に飛び込んでゆく。
「コレが、ボクの友達を殺すかもしれない物。手を伸ばせば簡単に触れられるコレが! コレさえ無くなれば誰も……誰も死なないんだッ!」
 セレスが思い切って側面から蹴りを放つ。が、それでも破壊には至らない……。
 地上に近付くに連れ、隕石が急激にスピードを上げ、2人の身体を捉えた。これまでに体感したことのない凄まじい熱量が襲い意識を奪う。そして、それでも隕石はまだ堕ちてゆく。
 しかしその寸前、暴竜の体当たりで傷ついたのであろう箇所を見つけたセレスがタスクリーダーの力で皆にそれを伝えていた。
(「きっと……ココを攻めれば砕けるよっ!」)
 それが伝わり、一斉に攻撃を集中。そして最後の一撃は、決め手を叩き込む場所を丹念に探したオウカ。
「この辺が『目』になるのかな?」と。
 そして叩き込むは固く握り締めた拳。鍛え上げたそれが、見事に中心を貫き、その瞬間、巨大な隕石が音を立てて崩壊し始めたのだった。

 が、それは細かな破片を無数に生み出しただけ。これではまだ燃え尽きることなく却って大きな被害になり兼ねない。
「完全に、粉砕するよー」
 ルーシアの紋章から光のシャワーが降り注ぐ。その一筋一筋が隕石の欠片を射抜き、さらに細かい破片に砕いてゆく。やがて燃え尽きてしまうだろう大きさの無数の破片に。
「危機は脱したか……だが、これを阻止してもプラネットブレイカーは多少の消耗のみであらかた無傷、恐ろしい攻撃だな」
 隕石が来たであろう外宇宙の先を見据え、サキトが呟く。
「世界だって何時か滅びるさ。ただ、それが今日である必要はないってことだよ」
 ジュダスは少し達観した風に語る。

 こうして、無傷とは言わないまでも辛うじて危機を防いだドラゴンウォリアーたちが帰還を果たす。
「……プラネットブレイカー……か。……やはり放っておく訳には行かん様だな」
 暴竜の最期のブレスによって傷を負ったフォルテは、意識の片隅で改めてそう感じていた。


マスター:斉藤七海 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2009/07/28
得票数:冒険活劇2  戦闘10 
冒険結果:成功!
重傷者:ストライダーの忍び・フォルテ(a00631)  幼き眩惑の狐姫・セレス(a16159)  時の流れに任せる流水・レラ(a70801) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
雷獣・テルル(a24625)  2009年09月12日 17時  通報
ドラグナーじゃなくてドラゴンウォリアーっすね。俺らは>ルーシアさん

俺はバステが通らないのが、いつもながら非常に痛いです……。
この時は隕石破壊もあるのでサンクラ以外選択肢なかったですけど。

ウェイトレスの大魔術師・ルーシア(a01033)  2009年09月05日 20時  通報
ディヴァインヒールが使いたかった、まる。
ドラグナーになっても基本的な戦いはかわらんなー。