ドラゴン掃討:炎の決戦



<オープニング>


●ドラゴン掃討
 ゾフィラーガ・ヴァンダルから魔石のグリモアを託され、地獄の全てを統合して強大な力を得た王妃との戦いに、ドラゴンウォリアー達は勝利した。
 そして、全てを飲み込まんと迫り来る『絶望』を、溢れんばかりの『希望』と共に打ち破ったドラゴンウォリアー達は、インフィニティマインドと共に、地上へと帰還した。
 大きな脅威が過ぎ去り、戦いは終わったのだ。

「ですが、冒険者のなすべき事が、すべて片付いた訳ではありません」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、改まってそう冒険者達に告げた。
「円卓の間で話し合われた『解決すべき案件』は、まだ多くが未解決なのですから」と。

「最優先順位であった『魔石のグリモアの剣の探索』は完了しました。次に優先順位の高かった『地獄への対応』も、結果的に完了したと言って良いでしょう。つまり、我々が次にすべき事は、3番目に優先順位の高かった案件……つまり『ドラゴン、ドラグナーの発見と、その討伐』です」
 インフィニティマインドがあれば、擬似ドラゴン界を使うことなくドラゴンウォリアーになれる。
 つまり、大勢で一気にドラゴンやドラグナー達を掃討する事が可能なのだ。
「ドラゴンに関しては、すでにルラルさんの超霊視によって、すべての所在が判明しています」
 ドラグナーに関しては数が多いため、もう少し時間が掛かりそうとの事だが、そちらも全容が明らかになり次第、すぐに掃討作戦が決行されるとの事だ。

「あとは、倒すだけで良いのです。この世界からドラゴンの脅威を完全に払拭しましょう」
 その為の作戦に、どうか皆様の力をお貸しくださいと、ユリシアは深々と頭を下げた。

●炎の決戦
「皆さんには、ランドアース大陸の火山へと向かって頂きます」
 ユリシアから説明を引き継いだ真実求む霊査士・ゼロ(a90250)はそう言って話を始めた。どうやら目的のドラゴンは、その火山に居るらしい。
「かつて『ドラゴンロード・ヴァラケウス』の配下だったドラゴンたち……奴らが潜んでいるのは火山の地下、周囲にマグマが流れる広大な空間であることが分かりました。どうやらドラゴンたちは火口から中に侵入し、身を隠していたようです」
 そんな場所には人も足を踏み入れないだろうから、今まで見つからなかったのも頷けますねとゼロは言う。
「そこで皆さんも火口から地下空間へと突入して頂き、ドラゴン達を殲滅して頂きます。火口と地下空間はかなりの広さがあるようですので、突入や戦闘は問題なく行えます。あと周囲にはマグマがありますが、ドラゴンウォリアーならばほとんどダメージは受けませんので、心配は無用ですよ」
「とにかく!」
 ゼロの言葉の合間を見計らい、無双華・リョウコ(a90264)が声を上げた。
「行って、ドラゴンを倒す。それだけの話でしょ?」
 はやるリョウコに「そうですね」と頷き、ゼロはドラゴンたちの説明に移る。
「地下空間には数多くのドラゴンたちが潜んでいるようですが、別の火口から突入するドラゴンウォリアーの方々もいらっしゃいますので、皆さんがどれだけのドラゴンを相手にするか、正確な数は不明です。視えた能力としましては、強力な炎のブレスを操るドラゴンや、炎を煽るかの如き暴風のブレスを得意とするドラゴンが多いようです」
「ほらね、やっぱり行って『ぜんぶ』倒してくる。それだけの話じゃない」
 ゼロの言葉を受けてリョウコは立ち上がり、パシンと軽く拳を叩いた。
「まぁ、そう言わずに。情報も一つの武器です。霊査士はそうやって、皆さんと一緒に戦わせて頂いているのですよ」
 ゼロはそう言って目を閉じ、ぐっと腕輪から伸びる鎖を握り締めた。祈るように、或いは何かを思い出すかのように。
「多くのドラゴン達との戦闘になりますが、皆さんの力を合わせて殲滅をお願いします。平和な世界の為に……皆さんが勝利することを信じています」
 ゼロはそう言って、冒険者達に一礼を送るのだった。


マスターからのコメントを見る

参加者
NPC:無双華・リョウコ(a90264)



<リプレイ>

「それにしても、今日はドラゴンを滅ぼすにはこの上なくいい日だわ」
 インフィニティマインドから飛び立つドラゴンウォリアー達を目で追いながら、アイシア自身も姿を変えて飛び出していた。ぶわりと黒炎覚醒を発動させながら、火山の火口を目指して翔ぶ。
「未来への禍根はここで断ち切ります」
 ミネルバを始め、次々にドラゴンウォリアー達は火口へ到達し、その中へと突入してゆく。奥の方でボコボコとマグマが煮えたぎり、煙と熱気が渦巻いていた。
「こんな所で復讐しようって待ってて……寂しくて悲しくて、きっと楽しくありません」
 辺りの様子を窺いながらフィネラーシャはイリュージョンステップのリズムを刻み始める。他にも血の覚醒や鎧聖降臨等のアビリティを使うつもりだった者は、次々に発動させて戦闘準備を整えていた。
『グォォォォッ!』
 侵入に気付いたか、奥からドラゴンが向かってくる! 先陣を切るのは三体、更にその奥から二体が近付いてきていた。
「一気に行くぞ!」
 ルディの周囲に何本もの針が出現し、一斉にばら撒かれる! それを追って戦士達は散開し、ドラゴン達を迎え撃つ!
「片っ端から倒します!」
 二本の剣を揃えて突き出し、マイシャがスパイラルジェイドで突っ込んだ。ドラゴンの胸を穿つ一撃に続いてアストレイヤーがソニックウェーブを繰り出すも、相手は大きく羽ばたいてマイシャを振り払いながら回避する。
「やれやれ暑いですね」
 だがその鼻先にグレゴリーが回っていた。そのまま間髪入れずにサンダークラッシュをぶち込み、ドラゴンの顔面で雷撃が暴れ回る。まともに喰らってやや怯みながらもドラゴンは口を大きく開き、炎のブレスを解き放った!
「この位で……!」
 盾を構えて受け止めながら、ブレスの中を突き進むウィズ。勢いを殺さぬままにホーリースマッシュを叩き込み、ドラゴンの巨体がずしんと揺れる。ウィズの体にもダメージが刻まれ、ぶすぶすと煙が上がっているが……。
「おにいちゃんやおねえちゃんたちが頑張れるように、ルウのお歌で怪我を治すね」
 ルゥティアが高らかな凱歌を奏で始め、ブレスを受けた戦士達の傷を癒してゆく。ブリザックもヒーリングウェーブを放ちながら、ドラゴンを睨み付けた。
「死んでくれるか? 答えは聞く気無いけどな!」
 ブリザックの言葉を示すように、ルディは杖を振り下ろす。同時に生まれた影の腕が、ドラゴンの胸にめり込み掻っ捌く!
「貴方達の脅威を此処で断ちます」
 そこにアストレイヤーがソニックウェーブを浴びせ掛け、翼を衝撃波が貫いた。
「無理はしちゃ駄目だぞ」
「当然!」
 そこに飛び込むマイシャとウィズ! スパイラルジェイドが胸を貫き、ホーリースマッシュが顔面を砕く! 大きく断末魔を響かせながら、ドラゴンはマグマの中へと堕ちていった。

「平和な世界の為に、ここで終わらせる!」
 リエンのソニックウェーブを食らいながらも突っ込んでくるドラゴンへ、ミネルバが向かってゆく。接近途中に流水撃で他のドラゴン達へも牽制を放ちながら、流れるように正面の敵へ刃を刻み付ける。
「これで最後、ね、全部倒せば」
 そいつに向かってクロノスは緑の縛撃を放つ。木の葉はドラゴンに命中するが……相手はそのままガパッと顎を開く。ドラゴンにバッドステータスは効かないのだ。
 ぼぉんっ! と爆発を思わせるような暴風が吹き荒れ、衝撃が戦士達に叩き込まれる。
「あらあら、余計に痛いですよ、多分」
 だが無風の構えを取っていたエレナがその暴風を絡め取り、敵へと跳ね返していた。その一瞬を逃さずにナナはヒーリングウェーブを発動させる。
「未来の子孫達の為、頑張らないといけないなぁ〜んね」
 傷を癒しながらすぐに陣形を立て直す戦士達。デアボリカが炎の闘気を巨大剣に這わせ、フレイムブレードを叩き付ける!
 がきん! と牙が炎の刃を受け止めるが、そのすぐ下をフィネラーシャが翔んでいた。
「皆を守りたいって想いがあるんです。だから、戦います!」
 ミラージュアタックが疾り、ドラゴンの胸から腹に掛けてを薙ぐ。そして僅かに動きがブレた瞬間、ミネルバがサンダークラッシュを叩き込んだ!
『ガァァッ!』
 雷撃に撃たれて苦しみながらも突っ込んでくるドラゴンの牙を、リエンが受け止める!
「信じて……耐え切ってみせる!」
 首に下げた青い宝石が、キラリと輝いた。同じ輝きを抱くナナがヒーリングウェーブを放ち……リエンに力を取り戻させる!
「翔星の一撃、食らえ!」
 ソニックウェーブを浴びてドラゴンが大きく揺らぐ。そこでクロノスが大きく紋章を描き出した。
「そうだね、これでお終いにしよう」
 ドラゴンの胸へとエンブレムノヴァを放ち、巨大な炎弾が爆裂して炎の華を咲かせる。その余波をバスッと突き破って、エレナが間合いを詰めてゆく。
「ごめんなさい。今の私では、世界を憎む気持ちを消す方法はこれしか知らないんですの」
 魂の力を込めた疾風斬鉄脚がドラゴンの首を切り裂き……憎しみを一つ、終わらせるのであった。

 素早い動きでクーヤがドラゴンの眼前を飛び回る。
「『ドラゴンを倒す』うん、確かにその物ズバリだね」
 気を取られているかに見えたが、ナタクが放ったワイルドキャノンをドラゴンは羽ばたいて回避した。だがそこに、彗星の如き光が突っ込む!
「ぜんぶ倒します!」
 疾風斬鉄脚で突っ込んだのはティセだ。背中を打たれて揺れるドラゴンへ、クーヤも刃を振り下ろす。
「リョウコさん、一気に決めますわよ!」
 スピードラッシュが繰り出される中、腹部へは無双華・リョウコが旋空脚を叩き付けていた。スピードにモノを言わせた連撃が決まる中、ナタクも接近戦へと移る。
「連携いくよっ! 破っ!」
 ナタクは両手を突き出し破鎧掌で『気』を炸裂させ、ドラゴンを後方へと吹っ飛ばした。敵は押されながらも顎を開き、炎のブレスを吐き出してくる!
「俺に癒されるがよい!」
 オメガのガッツソングが体力を回復させるが、炎の威力は戦士達の体力をかなり削っていたようだ。
「皆様と共に戦うというのも、辛くはございましたが楽しい物でございました」
 そこに響き渡るのはシフィルの高らかな凱歌。魔炎を消し去り、力を取り戻させる清らかな歌声が響き渡る。
「そんな機会が無くなるのは、どこか寂しいような複雑な心持ちですわ」
 凱歌に後押しされるように、ルリィは大きな紋章を眼前に生み出した。
「思い知らせてやるにょ、私達姉妹の恐ろしさをね!」
 ルリィの言葉にコクリと頷き、ユーロも巨大な光の矢を生み出し、狙いをドラゴンへと定める。
「私達に逆らうなんてナマイキにゅ!」
 そして二つの強大な力は、同時に解き放たれる!
「バスタースパーク!」
「Target Lock on APFS Shoot!」
 貫き通す矢が穿った傷口にエンブレムノヴァが命中し、ドラゴンの腹を内側からぶち破る!
「やったぁ!」
 勝利に思わずクーヤはリョウコに抱き付き、「ずるいにゅ!」とユーロとルリィもそこに加わる。
「この歌を聴け!」
 だが歓喜の時も束の間、オメガのファナティックソングが響き渡った。次なるドラゴンの接近に、シフィルがエンブレムノヴァを放つ。
「もう少し頑張って、皆様笑顔で帰路に着きたい物でございます」
 シフィルの言葉に頷いて、戦士達は次のドラゴンへ向かって飛び立った。

「くっ!」
 ぎぎんとローの細身剣とドラゴンの爪とが火花を散らす。素早い動きで直撃を避けながら、戦線を維持するロー。そこにレイが飛燕連撃で援護を始めた。
「誰も死ぬことなくこの戦いを終わらせる」
 気の刃を叩き込まれ、ドラゴンが大きく旋回して仕切り直そうとする。
「バックアップをやる!」
 その時、アリシアがレイジングサイクロンを解き放った! 闘気の烈風が吹き荒れ、他のドラゴン達の参入を防ぐ。ローと打ち合っていた奴も僅かだが翼を押され、一瞬だが動きが鈍った。
「護りたいものを、全力で」
 反動でマヒするアリシアに、パナムが静謐の祈りを始めて動きを取り戻させた。その清らかな波動は大きく広がり、魔炎を受けていた他班の戦士にも幾らか届いたようだ。
「ドラゴンとの戦いもそろそろ終わりにしたいですね!」
 再び飛来するドラゴンを迎え討つのはラグだ。爪を避けて懐に入り、スピードラッシュを叩き付ける。アデルも正面から兜割りを繰り出すが、ドラゴンは痛みに耐えて暴風のブレスを解き放った!
「援護します!」
 暴風に吹き散らされて乱れる陣形を埋めるように大雷虎・リョウコが敵へと向かう。斧の一撃がドラゴンの胸に叩き込まれた。
「……全力を振り絞る」
 レイが飛燕連撃を撃ち出し、びしびしと攻撃して援護する。それを追ってラグも再び間合いを詰め、炎剣バーニルを振り上げた!
「いずれ必ず大きな災いとなる。その前に、ここで!」
 がががががっ! 自分の持てる最大の速さで刃を繰り出すラグ。左前脚から胸に掛けてを無数の傷で駆け登られ、流石のドラゴンも堕ちてゆくのだった。
 それを見送るリョウコの背に、とん。と何かが触れた。どこか懐かしいような感覚に振り返るより早く、大きな衝撃がリョウコの背を叩く!
「っ……」
 見れば別のドラゴンがそこまで迫っていた。寸前でリョウコの背を守ったのはアリシア。しかしドラゴンの牙を受け切れなかったか、アリシアは腕がおかしな方向に捻じ曲がり、胸から血を流しながら落下を始めている。
「させないなぁ〜ん!」
 アデルとローがフォローに駆け付け、ドラゴンの爪を受け止め首元を打つ。そちらを任せ、リョウコはアリシアを受け止めて支えた。
「なんて無茶を……」
 自分を支える大きな背中。リョウコに背負われながらアリシアは意識を失った。それでも剣を離さぬ闘志にリョウコは不思議な懐かしさを覚えながら、インフィニティマインドまで運ぶべく翔ぶ。
「行ってください」
 そこにパナムがヒーリングウェーブを放ち、ラグが危険の無いよう援護してゆくのだった。

「竜、完全、抹殺、排除」
 ホラノの放つ飛燕連撃を受けても怯まず、ドラゴンは雄叫びを上げながら近付いてくる。
「そんなに死にたいなら、望み通り!」
 その正面にグロリオーサがワイルドキャノンを放ち、自分は下から回り込むように翔ぶ。闘気の砲撃を受けて僅かに揺れるが、ドラゴンはそのまま炎のブレスを吐き出した!
「行くぞオラァァァァァ!」
 敵に負けぬ程の絶叫でアイシアが高らかな凱歌を叫び出し、戦士達の傷を癒してゆく。
「私達の未来の子供達の為にも、ここで終わらせる!」
 そして上からシェードが強襲を仕掛け、破鎧掌をぶち込んだ! 衝撃でがくんと下に動くドラゴン。そして何を思ったか、そのまま羽ばたいてマグマの中へ飛び込んだ!
「中から奇襲!? させませんの!」
 ためらわずにメイフェアもマグマの中へと飛び込んだ。全く熱く無い訳では無いが……耐えられる。ドラゴンもメイフェアに気付いたか、爪を突き出して攻撃してきた。
 音はしないが、盾でしっかり受け止めるメイフェア。そのまま下に回って腹側から兜割りを繰り出した。敵の体が上に押されるが、まだマグマから出るには至らない。
 そこに現れる新たな影! ワスプがスパイラルジェイドで回転しながらドラゴンへと突っ込んだ!
「!?」
 驚きながらもそれに続くメイフェア。そして二人の攻撃が、ドラゴンをマグマの上へと押し出した。
「そう来ると思いました!」
 ドラゴンを出迎えたのはヴェスパの放った緑の業火! 面食らう相手にホラノがブラッディエッジを刻み付け、胸を大きく引き裂いた。
「終わりだ!」
 そこにグロリオーサが疾風斬鉄脚を突き入れ、蹴り上げてドラゴンを引き裂き、倒す。
「全く、無茶する人ですの」
「お互いにな」
 マグマから上がってドラゴンの最後を見届けた二人に、急いでヴェスパがヒーリングウェーブを施すのだった。

「気付いてっ」
 ルゥティアの偉大なる衝撃がファンファーレを鳴らし、ドラゴンの接近を仲間達へ伝える。食い止めるべく向かったアストレイヤーだが、その牙が腹部にめり込んだ。
「ぅ……負けません!」
 それでもドラゴンの上顎へ貫き通す矢の力を叩き込む。それで何とか牙から抜け出すも、暴風のブレスがアストレイヤーを蹴散らした。
「すまん! お返しはするぜ!」
 盾を構えて駆け付けたウィズがホーリースマッシュを叩き込み、一瞬遅れてグレゴリーが腹へとサンダークラッシュを放つ。その間にルゥティアがアストレイヤーを支え、高らかな凱歌で傷口を塞いでいった。
「インフィニティマインドまで運ぶよ」
 アストレイヤーを運ぶルゥティアに頷き、ブリザックが入れ替わりに戦列に加わった。攻撃を仕掛けるグレゴリーとウィズに向かってヒーリングウェーブを放ち、傷を癒してゆく。
「生きて帰りましょう、笑顔の待つ場所へ」
 ルディのデモニックフレイムがドラゴンの胸を焼くが、まだ力尽きてはいないようだ。それを追ってマイシャがスパイラルジェイドで突撃する!
 じゃっ!
 ドラゴンの回避運動で直撃は出来なかったが、それでも右前脚を僅かに抉る。敵は反撃に爪でマイシャを狙うが、そこに光の矢が突き刺さって止めた。
「おイタが過ぎますわ」
 チャクラムで貫き通す矢を放ったのはエレナだった。その一瞬にナナも駆け付け、護りの天使達を召喚してゆく。
「誰一人として欠けさせないなぁ〜ん!」
 ナナの援護を心強く思いながら、クロノスは紋章の力を集中させていた。そしてグレゴリーがサンダークラッシュを放ったのに続き、エンブレムノヴァを解き放つ!
 雷に撃たれて炎が燃え上がり、ドラゴンは灰と化しながら堕ちてゆく。

「ダメージは更に加速した!」
 オメガが偉大なる衝撃を放つが、技の攻撃力は皆無でほとんどダメージは与えられない。
「何してるの!」
 リョウコが旋空脚で援護するも、オメガはドラゴンのタックルを食らって落ちていった。
(「戦いが終わったら、温泉にリョウコを誘ってみるんだ」)
 言えなかった言葉を頭の中で繰り返しながら、それでも下からリョウコを見上げるオメガだが……ドラゴンウォリアーとなって九つに増えた尻尾のせいで、肝心な部分が見えそうで見えない。
「絶望したっ!」
 ぶふっと息を吐きながら、オメガはどこまでも落ちてゆくのであった。
「リョウコさんの下側は、後でしっかり確認するにゅ」
 尻尾のふさふさで、どんなアングルからでも見えそうで見えない。ユーロはガトリングアローを撃ち込んでドラゴンを攻撃し、敵の命を削っていった。
「調査の為にも、とっとと倒すにょ!」
 ルリィに続いてシフィルもエンブレムノヴァを放ち、二つの大火球がドラゴンの胸に炸裂した。そして大きく揺らぐドラゴンの眼前にはクーヤが向かっている!
「凛々しい勇姿に、踊る胸と尻尾……ふふっ、とても美しくてよ?」
 心を躍らせながら、しかし刃は必殺の鋭さのままで。クーヤの百合の舞刃がドラゴンの右目に突き刺さり、そのままずばんと斬り開いた!
『ガァァァッ!』
「悪いね、終わらせるよ!」
 そこにナタクがワイルドキャノンを放ち、更に拳を突き出して追撃の波動を加える。
「大きくなったら、リョウコさんみたくなるのもいいかもー?」
 クスッと一瞬だけ笑い、ティセは空を駆けていた。そしてナタクが撃ったポイントを外さず、疾風斬鉄脚を叩き込む!
「たぁぁぁぁっ!」
 あまりの衝撃にスカートがはためくのも構わず、ティセはドラゴンの胸をぶち抜いて倒すのであった。

「簡単に倒される事、できませんの」
 がきんとドラゴンの爪を盾で受け止めるメイフェア。逆の爪がそこに向かうが、その間にはアデルが割り込んだ。
「させないなぁ〜ん」
 盾で受け止め、アデルは斧で兜割りを打ち込む! ずばんと指ごとドラゴンの爪が断ち切られた。
「無粋なドラゴンは御退場願いましょうか」
 更に上方向からヴェスパとレイが攻撃を仕掛ける。エンブレムシュートが背中にめり込み、翼にレイが飛燕連撃を何発もぶつけていった。
『グ……ォォォッ!』
 力を振り絞るように炎のブレスを放つドラゴンだが、パナムのヒーリングウェーブが体力を回復させ……。
「ア゛ァァァァァァッ!」
 ドラゴンにも負けぬ絶叫でアイシアが高らかな凱歌を発動させ、戦士達の傷を塞いでゆく。
「ここは熱くて苦しいだけです。だからこんなこと、早く終わらせます!」
 フィネラーシャがミラージュアタックで胸部を薙ぎ、そのまま腹部へと斬撃を走らせながら駆け抜けてゆく。続いてローも突っ込み、左脚に斬撃を刻み付けた。
「そう、そこが邪魔だったんだ!」
 左腕が下がったことで、ワスプが飛び出した! 全身の力を回転に変え、スパイラルジェイドが左胸に叩き込まれる!
「これで最後だっ!」
 そこにシェードが星煌刀-クルースニクを突っ込んだ! 指天殺の気がばじゅっとドラゴンの体内で弾け、その鼓動を、命を終わらせる。

「やりましたね」
 周囲を見回しながら、この場にドラゴンが残っていないことを確認するラグ。戦いの終わりにマイシャは「やるじゃないか」と、ウィズと軽く拳を合わせる。
「笑顔で帰路へ……達成ですわ」
 シフィルの言葉に異議を唱える者は無く、戦士達は全員の命と共にインフィニティマインドへと帰還するのであった。

 (おわり)


マスター:零風堂 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:35人
作成日:2009/09/18
得票数:戦闘31 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
白月・ミネルバ(a73698)  2011年06月30日 23時  通報
ドラゴン掃討戦。

ドラゴンとの戦いもこれが最後だったのでかなり気合入ってました。
字数制限のきつさの記憶が結構強く……。
とりあえず、皆無事に帰れてよかったです。