【川中島宿命戦】モンスター地域解放:虎



<オープニング>


●モンスター地域解放
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』、これよ!」
 モンスター地域解放戦が行われてから3ヶ月。
 解放された地域では、残存のモンスターの退治なども行われ、住民も少しずつだが戻ってきて『生活』が始まっている。
 勿論、他の地域に比べれば、モンスター等の危険は大きい。
 それでも、少なくとも『生活』する事はできているのだ。

「今回の目標は……モンスター地域解放戦で解放できなかった地域! とっても危険だけど頑張ってね☆」
 ウィンク一つ。
 しかし、すぐに表情を改めて、こう続けた。
「実際問題として、北方のモンスター地域に住む人達を助けられるのは、今は同盟の冒険者だけなのよ」
 と。
 現在、北方地域に住んでいる人々は、モンスターの襲撃に怯えて暮らしているのだ。
 幸い、モンスターには知性が無い為、モンスターの襲撃を逃れるようにして隠れ潜む事はできた。また、モンスターの襲撃が少ない地域に逃れて村を作ったりといった方法で生き延びた者も多いが……。
 しかし、モンスターの進む道に偶然存在したというだけで、村人の全ての命が奪われてしまうという事も珍しくは無いのだ。

「まず必要なのは街道などに巣食うモンスターの退治と、そして、人々に大きな害を為すモンスターの退治よ」
 とリゼルは言った。
 モンスター地域の全てのモンスターを一気に退治する事は不可能な事だ。
 だが、不可能だからといって、何もしない訳にはいかない。
 少しづつでも良いから、前に進まなければ何事も為す事はできないのだから。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。

「そうそう、この作戦が上手くいけば、街道周辺のグリモアから順番に希望のグリモアに組み入れる事もできるわ。思うところのある冒険者は励みなさいよ」
 最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。

●川中島宿命戦
「というわけで今回の依頼となるのだけど……」
 リゼルに代わって、霊査士ジュリアスが冒険者たちを一人づつ見やりながら説明を始めた。
「とある川の中州だったところが次第に大きくなったような地域なのだけど……、そこに向かう2体のモンスターが確認されたんだ。中州には意外に多くの人々が暮らし、集落を形成している……どうか、モンスターの襲撃から人々を救ってくれないだろうか」
「なるほど……だが、もう少し詳しい状況が聞きたいな」
 聞いていた冒険者のうちの1人の言葉に、当然だね、という顔をしながらジュリアスが説明を続けた。

(1)中州の場所は、元は南北に伸びる大きな川だったのだろうけど、長い年月の間に中州が広がり……今では、さして大きいという訳でもない2本の川に挟まれた土地になっている。
(2)当然、2本の川に橋は掛かっているが、それは東西1カ所ずつ。
(3)過去にも何度もモンスターの襲撃に遭ってはいるが、その都度、人々の逞しさが、集落を復興させてきた。
(4)そんな地域に東西双方からモンスターが迫っている状況。

「過去の因縁が纏わりついているかのようなこの地域を、そして此処に暮らす人々を呪縛から解き放って欲しい……無論、皆には1度に2体もの(しかも居場所の違う)モンスターを相手にして欲しいなどとは言わない。君たちには、西側から接近中のモンスター、『虎』の形をした方への対処を頼みたいんだ」
 ジュリアスの話が核心に迫る。
「虎……じゃ、そいつを倒しちゃったらボクたちは『虎殺し』だね? なんか、どっかの格闘家みたい♪」
 陽気に応えたのは、エル(エルフの吟遊詩人、エリシア)。
 変な例えは、物語の読み過ぎか……?
「……そんなに簡単な物ではないよ。実はそっちは当のモンスターだけじゃなく、グドンたちもいるんだ。大勢の虎グドンたちがね……」
「え〜っ! でも、モンスターはグドンなんかと群れないはずじゃ……」
「うん、それは間違いないよ。今回、虎グドンたちは、勝手に付き従っているみたいなんだ。自分たちと似た姿の強大な存在に……ね。ただ、近づけば自分たちも襲われることは分かっているらしく、一定の距離を保ったまま軍団を形成しているんだ。自らを『牙軍団』と称してね……。だから今回のカギは、モンスターだけではなく、大量のグドンたちへの対処も必要なこと。そして……この虎のモンスター、その爪や牙の攻撃もさることながら、何より特筆すべきは厚い毛皮と皮膚に覆われた防御力が問題なんだ。生半可な攻撃では傷1つ付けることも敵わないだろうね。防御の薄そうな部分を突く工夫が必要だろうね」
「そんなスゴイ虎を相手にしながら、グドンも倒せ、って言うの?」
 批難がましい口調のエル。
「いや、何もすべてを倒す必要はないんじゃないかな? かってに信奉するモンスターが倒れ、かつ、キミたちにまだ余力が残されているようにさえ見えれば、彼らはさっさと逃げると思うんだ。それよりむしろ、グドンの動向にも常に注意を払った方がいいだろうね。目的の主体はあくまでも集落を守ることなのだから」
「そうだよね♪ 『虎殺し』は後から付いてくる称号だもんね♪」
 分かっているのかいないのか……そんなエルから目を逸らすように、ジュリアスは、集った冒険者たちに深く頭を垂れ、よろしく頼むよ……と告げたのだった。

========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 霊査士ジュリアスの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『献身(devote)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
========================

マスターからのコメントを見る

参加者
六風の・ソルトムーン(a00180)
美獣・ミリファ(a00259)
聖闘士・シシル(a00478)
翔竜の戦人・アレスディア(a01677)
紅蓮の闘鬼・カゲキヨ(a02025)
朝月夜・シャルトルーズ(a06954)
気儘な矛先・クリュウ(a07682)
黒龍騎朱雀眼・ザンクウェル(a08604)
劫焔閃拳・リンガ(a09596)
ドリアッドの重騎士・ベルエル(a10064)
NPC:楽しい事だけ考えて居たい・エリシア(a90005)



<リプレイ>

●嵐の前
「シャルトルーズ殿、此度の回復はそなたに掛かっておる。そこで、無駄になるならそれに越した事は無いのじゃが……我にそなたを護ると誓わせてもらえんじゃろうか?」
「ありがとうございます。私も自らの役目は心得ていますが、万一の事がないとも限りません、助かります……」
 唯一の回復役である青空に澄む真昼の月・シャルトルーズ(a06954)と共に、後詰につくことを決めたドリアッドの重騎士・ベルエル(a10064)が万一の場合に備え、『君を守ると誓う』を準備する。強大な敵との戦いを前にし、至極懸命な判断と言えた。
「もう少し下がった方がよい。あまり離れ過ぎると我らが遊兵になってしまい、いざと言う時に助太刀できん。」
 六風の・ソルトムーン(a00180)が前衛の面々に叫ぶ。勿論、彼もまた、先の2人およびエル(エルフの吟遊詩人・エリシア(a90005))らと共に、中州へと渡る橋の袂に陣取っていた。

 そして彼の指示の下、皆が陣形を再編している間に、ヒマな吟遊楽人・ザンクウェル(a08604)は1人、川の確認を済ませる。
「……良い報せだぜ。この川幅と水深なら、敵も橋以外を渡る可能性はほぼ皆無だ」
「うむ……これでかなり戦い易いな」
 が、その報に安心して胸を撫で下ろしたのも束の間、その直後……大気を揺るがす咆哮が、辺りに響き渡ったのである。

●牙軍団
「来たか……」
「『虎殺し』は『熊殺し』に並んで、格闘家にとっての非常に名誉在る称号だからね〜。頑張るぞ〜!!」
 翔竜の戦人・アレスディア(a01677)の呟きに、聖闘士・シシル(a00478)が拳を前に突き出し応えた。

「じゃ、虎は任せたよ♪」
(「……オッサンは黙って裏方仕事をするさ」)
 そんな彼女らにモンスターの相手は任せ、黒旋風・ミリファ(a00259)とザンクウェルの2人は、余計なことを言わず雑魚の駆逐しに向かう。
 そんな2人の遥か前方から、短い獣の咆哮と共に数十にも及ぶ軍勢が押し寄せる。モンスターを中心に距離を置いて付き従う虎グドンの群れ。
「ついに我らの時代だ。光臨せし御方の為、我ら『牙軍団』の手で、御方に贄を捧げるのだ〜!!」
 牙軍団こと虎グドンらは、冒険者を前にして一層、興奮気味。モンスターの左側に集まると、手を地面に付き、ダッシュで突進の構え。
「第1陣、GO!」
 後ろからの号令一下、一斉にスタートを切る虎グドンたち。そして迎え撃つは2人……だが、2人の冒険者は慌てず武器を構え、
 流水撃!!
 横一線に走る衝撃。その一撃が多くを弾き飛ばし、残った突進グドンは正面から受け、組み伏せる。防御を固めたミリファと、2天一刀流の技で迎え撃つザンクウェル。緒戦は2人の勝利だった。しかし……普段と異なり、高揚する虎グドンたちは、一向に怯む様子すら見せない。
「第2陣、GO!」
 再び、別の者たちが突進の構えを取っていた。

●虎
「…中州には、絶対入れてあげないんだから」
(「この橋を渡られてはならないとすると、実質、退路は無し。文字通り背水の陣ですね…」)
 精神集中を終えた、閃く拳は烈火の如く・リンガ(a09596)の呟きと、気侭な矛先・クリュウ(a07682)の想いが交錯する。それは、共にこの戦いに込めた必勝の誓いでもあった。
 そして……、
「行くでござるよ!」
 虎を模した歌舞伎メイクを施した、紅蓮の闘鬼・カゲキヨ(a02025)の合図と共に、武道家3人(カゲキヨ、シシル、リンガ)が虎に向かう。
 まず、先陣を切ったのはシシル。咆哮と共に疾駆する虎の真正面から突っ込み、その鋭い爪撃を誘う。
 自らを庇っていては決定打など放てない、とばかりに聖衣の正面でマトモに爪撃を受け様、その前脚を取り、破鎧掌を放つ。同時に、タイミングを計ったリンガの爆砕拳。
 どちらも多少のダメージを与えることはできたが、それでも決定打には至らない。それどころか、敢えて攻撃を受けたシシルの方が危ない。聖衣の表面には三筋の爪痕が残り、更には腕が朱に染まっている。
「シシル殿……一旦、退くでござる!」
 続くカゲキヨの旋空脚。引き付けるためのオーバーアクションが幸いし、虎が、遮ろうとして振り上げた前脚の下に、リンガが滑り込んで……今度は破鎧掌。
「GAA!」
 今度は少しは効いたらしい。代わりにカゲキヨが地に落とされるも、もちろん致命傷には至らない。

 そして、下がるシシルと入れ替わりにアレスディアとクリュウが入る。クリュウが防御を構えて隙を狙い、アレスディアはひたすら関節部に重い一撃を見舞おうと狙う。
「がふっ!」
 だが、虎の攻撃を警戒するあまり、連携が伴わず、アレスディアの槍は厚い皮膚に阻まれ、クリュウに至っては横転させられた挙句、もう一方の脚で踏みつけられる。

「まだまだか……総員、グドンどもは我らに任せ、虎に攻撃を集中させろ!」
「そうでござる、連携を図って先にヤツを倒すでござる!」
 ソルトムーンとカゲキヨ、後衛と前線から同時に指示が飛ぶ。同時にベルエルがグドンの寄りに守備につき、ソルトムーンがエルを伴って前に出、用意したボーラをグドン目掛けて投げつける。
「グゥワォ〜〜!!」
 カゲキヨの紅蓮の咆哮……第2陣まで倒し終えたミリファとザンクウェルが方向転換を図るための援護だった。
「ボクだって……!!」
 皆の様子に発奮したエルが、眠りの歌を紡ぐ。先程の咆哮と併せれば、長くは無理でも多少は抑えられる筈だった……。

「よーし! 今度こそ!!」
 シャルトルーズの癒しで回復したシシルが戦場に舞い戻る。
 ついでという風にグドン共を打ち払いつつ、再び虎との総力戦!
 走るカゲキヨが虎の側面に回りこみ、石を土台にジャンプ…空中からのハイキック。虎が迎え撃たんと振り向いたところに再びリンガの破鎧掌。虎は先の一撃を警戒してか、狙いをリンガに変更。両者の前にクリュウが滑り込むようにして、防具で視界を阻む。そこに、カゲキヨの蹴りとミリファの流水撃を叩き込む。
 さらに怯んだ隙をついてアレスディアが振りかぶるが、虎も身体を持ち上げて避ける。そこへ、側面からザンクウェルが電刃衝を突き出し、シシルが懐深く潜り込んでの渾身の破鎧掌!
「GAGYAA!!」
 そして、開いた口にクリュウが剣を叩き込んだ。
 二度と出来るかどうかというほど見事な連携……しかし、その代償は重い。両手の爪に挟まれたザンクウェルが倒れ、その口に一撃を見舞ったクリュウがそのまま鋭い牙を喰らってしまった事。
「くっ! これでニ撃。だが……」
 激痛に耐え、クリュウが呟く。皆、この戦いの厳しさを実感していた。

「……ああっ! あれは!?」
 それでも勝負はまだこれから…、という、まさにその時だった

●決断!
 中州の反対側、つまり、同時期に龍が進軍してきている東の方で、中州の住民たちのものと思しき、悲鳴があがった。
「龍が川を……!!」
 シャルトルーズが叫んだ。
「ダメだよ! このままじゃ……中州の人たちが!!」
 ミリファの悲痛な叫び。
「おのれっ……このままでは、こちらも当面は片付きそうもない、かと言ってこのままでは、龍が……やむを得ん。皆……橋を渡れっ! 虎は河を越えられぬ筈…橋を破壊して時間を稼ぎ、先に龍を片付ける! 杓子定規に物事を計り視野を狭めるな。戦力を集中して一体ずつ屠るぞ!」
 グドンと切り結びながら、ソルトムーンが究極の決断を下した。
 優先すべきは戦果ではなく、人の命……前線の冒険者たちも、それは分かっていた。その為、悩むまでもなく方針は決まり、すぐさま全員で橋を渡ろうとする。

 だが、それを容易くは許さないのが虎。冒険者たちが退こうとすれば、血だらけの顎で遠慮なく噛み砕かんと狙う。
「誰かが残らねば、虎を止めるのは不可能だ……! ならばここは、この身、この刃をもって彼奴の進行を食い止める。だから、人々を護るために……皆、行けっ!!」
「アレスディア殿……」
 大きな決意を胸に抱き、アレスディアが叫ぶ。最も近くにいたカゲキヨを始め、その言葉に一様に驚く冒険者たち。だが、人々を救うためには他に選択肢はないように思えた。
「仕方ねぇ……守りに徹し、無理すんじゃねえぞ。俺たちが戻るまで……とにかく持ち応えてろ!」
 重い一撃を喰らったが故の説得力あるザンクウェルの言葉。そして、彼が渡ると共に、他の冒険者たちも次々と……。
「『虎殺し』……奪っちゃダメだからね……」
 ふざけているかのようなシシルの言葉も、彼女なりの思いやりの現れだった。

●苦しい時こそ……
「どんな手を使っても……ここを通すわけには行きません。だからと言って、仲間を死なせるわけにも……」
 アレスディアの脇に、シャルトルーズが並ぶ。そしてベルエルも。
「シャルトルーズ殿を守ると誓った身ゆえ、我も……橋は、ソルトムーン殿が仕掛けて行ったから大丈夫じゃ、いざとなれば、あと一撃でいつでも落とせる。それよりも……1人でも多い方が持ち応えられるのではないかのぅ」
「馬鹿なことを……そう言えば、誰かが言ってたっけ……苦しい時こそ笑え、と」
 アレスディアが、2人に向けて微笑んだ。

(「……当てても刃が通らねば同じ……ならば!」)
 これまでの作戦を変える事なくアレスディアが槍『失墜−ECLIPSE−』を振るう。

 ……!!
「危ないっ!」
 シャルトルーズが叫び、咄嗟に『天空の破片』から魔炎を放つ。が、槍の穂先を躱した虎が、炎にも怯むことなくアレスディアの身体を捉える。
「第6陣、GO!」
 同時にスタートを切ったグドンの突進が、シャルトルーズに迫る。
「一匹たりとも近寄らせはせぬのじゃ!」
 ベルエルも駆けつけようとするが、一瞬早くグドンの突進がヒット、続けざまに幾度も弾き飛ばされる。
「グッ!」
 その度に激痛に襲われるベルエル。ヒーリングウェーブも追いつかず、ついにその身体が傾いだ時、虎の前脚の爪がベルエルを捉える。
「ああぁぁぁっ!」
 周囲に轟く絶叫……そして、アレスディアの腕が光を帯びる。
 ……!!
 零れ落ちそうになっていた槍の柄を再び握り直し、突く。……穂先が虎の左眼を貫き、そして、絶叫が響き渡った。

 ……嗚咽に近い唸り声と共に、虎が後じさり始める。それに呼応するかのように、虎グドンたちも……。

●西の終焉
 こうして、虎は逃走し、中州に迫る脅威の1つが去った。
 が、東岸へ向かった仲間たちが幾許かの援軍と共に戻ったとき、既に3人は……。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
「いや、まだ息があるよっ!!」
「こっちもだ!」
 3人の胸に注意深く耳を当て、ミリファとクリュウらが叫んだ。

「良かった……この仇は必ず! ボクが『虎殺し』の称号をGETして晴らして見せる!」
 仲間の無事と虎の侵攻を阻止した事に安堵し、リベンジの誓いを立てるシシルだった……。

【続く】


マスター:斉藤七海 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2004/07/30
得票数:冒険活劇1  戦闘19 
冒険結果:成功!
重傷者:翔竜の戦人・アレスディア(a01677)  朝月夜・シャルトルーズ(a06954)  ドリアッドの重騎士・ベルエル(a10064) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。