モンスター地域解放:十字路の護り手



<オープニング>


●モンスター地域解放
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』、これよ!」
 モンスター地域解放戦が行われてから3ヶ月。
 解放された地域では、残存のモンスターの退治なども行われ、住民も少しずつだが戻ってきて『生活』が始まっている。
 勿論、他の地域に比べれば、モンスター等の危険は大きい。
 それでも、少なくとも『生活』する事はできているのだ。
「今回の目標は……モンスター地域解放戦で解放できなかった地域! とっても危険だけど頑張ってね☆」
 ウィンク一つ。
 しかし、すぐに表情を改めて、こう続けた。
「実際問題として、北方のモンスター地域に住む人達を助けられるのは、今は同盟の冒険者だけなのよ」
 と。
 現在、北方地域に住んでいる人々は、モンスターの襲撃に怯えて暮らしているのだ。
 幸い、モンスターには知性が無い為、モンスターの襲撃を逃れるようにして隠れ潜む事はできた。また、モンスターの襲撃が少ない地域に逃れて村を作ったりといった方法で生き延びた者も多いが……。
 しかし、モンスターの進む道に偶然存在したというだけで、村人の全ての命が奪われてしまうという事も珍しくは無いのだ。
「まず必要なのは街道などに巣食うモンスターの退治と、そして、人々に大きな害を為すモンスターの退治よ」
 とリゼルは言った。
 モンスター地域の全てのモンスターを一気に退治する事は不可能な事だ。
 だが、不可能だからといって、何もしない訳にはいかない。
 少しづつでも良いから、前に進まなければ何事も為す事はできないのだから。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。


●十字路の護り手
「それでね、あなた達に頼みたいのは、この街道にいるモンスター退治なの」
 そのままリゼルは一枚の羊皮紙を広げると、依頼に関する詳しい説明を続ける。
「ここ。この、十字路になっている場所に、一体のモンスターがいるわ。みんなには、このモンスターを倒して欲しいのよ」
 リゼルが言うには、ここには体長3m程の、人間に似た姿を持つモンスターがいるらしい。モンスターは十字路の中央に立っていて……そこを通ろうとする者達を、一人残らず襲っているのだという。まるで、その場を護るかのように。
「このモンスターがいる限り、ここを安全に通る事は出来ないわ。ここさえ利用できれば、避難や救援の為の活動が、ぐっとやりやすくなるんだけど……」
 そうすれば、近隣に暮らす人々の為にできる事が増える。それに、モンスター退治に向かう冒険者達の移動も、今までよりずっと円滑に行えるようになるだろう。
 街道の安全を確保するという事は、とても重要な事なのだ。
「モンスターは、近付いて来た相手に燃え盛る炎の球を投げつけて攻撃するみたい。大抵の人々は、この燃え盛る炎に包まれて命を落としているようだけど……近付くと、今度はその両の手を武器に、攻撃を仕掛けてくるようよ」
 剣や斧、槍や杖……そういった、武器らしい武器は何も携えていないそうだ。モンスターにとっては、その両手そのものが武器なのだろう。更に、モンスターはその格好自体が非常に軽装で、かなり動きも素早いのではないか……そうリゼルは冒険者達に助言する。
「近付くとモンスターの両手による攻撃が来るし、距離を置けば燃え盛る炎が飛んで来る……どんな風に戦うのかが、この戦いでは鍵になるかもしれないわね」
 どう戦うのか考えるのは難しいかもしれないが……だが、なんとしてもモンスターを倒し、この街道の安全を確保して欲しい……そうリゼルは冒険者達に依頼する。

「そうそう。この作戦が上手くいけば、街道周辺のグリモアから順番に、希望のグリモアに組み入れる事もできるわ。思うところのある冒険者は励みなさいよ」
 そして……最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。


!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 ヒトの霊査士・リゼルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。

マスターからのコメントを見る

参加者
銖煌華婉せし慧護を薫べる蓮風・サユーユ(a00074)
蒼の魔女・カーリー(a00167)
射手・ヴィン(a01305)
大槌の紋章術士・メセル(a02777)
北辰の愛娘・セッカ(a05213)
霊帝・ファントム(a05439)
常朝白日・カルア(a05770)
生命実る緑風・ヴァリア(a05899)
闇黒の死を告げる蒼の伐剣者・アシル(a06317)
狂乱の貴公子・マイアー(a07741)


<リプレイ>

●モンスターのいる街道
 依頼を受けた冒険者達は、街道の安全を確保する為、モンスターがいるという十字路を目指していた。
「四方からはおそらくお互いを確認できないと思うし、囮以外の三方から音を出すと、接近までに気がつかれちゃうから……モンスターが囮めがけて炎を投げ始めたら、残り三方から出来るだけ音を殺しながら近付くのが良さそうだね」
 冒険者達は四組に分かれ、それぞれ十字路の東西南北から近付くと、一方向から囮役を引き受けた者達が近付いてモンスターを引き寄せ……そこを全員で包囲したのち、撃破するという手筈になっている。
 樹上の射手・ヴィン(a01305)はその事を踏まえると、四手に別れる前、まだ全員が揃っているうちに、攻撃に転じるタイミングについて確認する。
「モンスターの様子を確認する為に、遠眼鏡を用意して来たけど……ちょっと難しそうね」
 遠眼鏡を手にした、北辰の愛娘・セッカ(a05213)は残念そうに呟きを漏らす。
 街道付近には、視界を遮るような障害物の類は、あまり見当たらない。遠眼鏡を利用するといっても、モンスターの姿を確認しようとすれば……それは同時に、モンスターの側から自分達が見つかってしまうという可能性も孕む。
 モンスターに近付くまで、出来るだけ自分達の存在を気付かれたくないという考えが、冒険者達にある以上……自分達の存在が露呈する可能性のある行動は、控えた方が良いだろう。
 冒険者達は予め決めておいた通り、四組に分かれると……それぞれモンスターのいる十字路へと近付いて行った。

●十字路の護り手
「――これでいいわね。あなた達、この先に居るモンスターの方へ行きなさい」
 大槌の紋章術士・メセル(a02777)は次々と土塊の下僕を召喚すると、そう命令を下した。
 メセルと、その隣にいる、闇黒の死を告げる蒼の伐剣者・アシル(a06317)の二人が受け持つのは、囮。他の三方向にいる者達がモンスターを包囲するまで、その意識を惹きつけるのが二人の役目だ。
 モンスターの方へと近付く十数体の土塊の下僕に続いて、アシルとメセルが街道を進む。じきにその先に十字路の姿が見え……そこに立つ人影、モンスターの姿が目に入る。
「………」
 二人に見えた以上、相手にも自分達の姿は見えているだろう。モンスターは二人と土塊の下僕達の方へ、無言で鋭い視線を向けると……素早くこちらへ詰め寄りながら、両腕を構え……先頭にいた土塊の下僕へと、炎の球を投げつける
「来たな。囮役を買って出たからには、ここで引きつけておかないと……」
 その攻撃に、土塊の下僕が一瞬にして崩れ落ちるのを見ながら、アシルは前進すると、チェインシュートを放つ。その間にメセルは、更に土塊の下僕達を前進させ、モンスターへと肉薄させる。
「今だね」
 その様子を見た他の冒険者達は、急いでモンスターを包囲すべく動き始めるが……皆がモンスターを射程内に捉え、攻撃に動くまでの間に、モンスターは素早い動きで次々と土塊の下僕を狙い、それを撃破していく。
「く……」
 更に炎の球の中の一つはアシルにも飛び、彼の腕をジュッと焦がす。
「――行くよ!」
 続けてモンスターが炎の球を投げつけようとした時……別の方向から、声と共に気を練る事によって作られた刃が、次々と飛ぶ。それは、透の月影・カルア(a05770)による飛燕連撃だ。
「素早い相手には、一瞬に次ぐ一瞬が勝負です……其処に勝たないとっ」
 銖祷薫粥なるを顕す蓮風の慧剣・サユーユ(a00074)が、カルアの攻撃に続けて、気高き銀狼を放つ。だが……銀狼はモンスターに牙を立てたものの、相手を組み伏せるには至らない。
「はっ!」
 その間に、一番最初にモンスターへと肉薄したセッカが、破鎧掌を撃ち込む。そこに、緑薫る熱風たる突翔剣士・ヴァリア(a05899)の召喚したリングスラッシャーが近付き、モンスターを切り裂く。
「――電刃衝!」
 その間にモンスターの右手に回りこんだ、霊帝・ファントム(a05439)は、稲妻の闘気を纏った刃を、モンスターの腹に叩き込む。
「よく耐えてくれましたね」
 天上の落とし子・マイアー(a07741)は囮として動いていた二人に近付くと、ヒーリングウェーブでその傷を癒し……鎧進化を用いながら剣を構え、モンスターに斬りかかる。
「効かないか……」
 呟きを漏らしながら、ヴィンが次々と射ているのは影縫いの矢だ。効きが悪いかもしれない、という事はヴィンも考えていた。だが……5本6本と影縫いの矢を射ても、相手の動きが止まる気配は無い。
 正確には、一瞬程度ならモンスターの足が止まる時もあったのだが……モンスターはすぐに身の自由を取り戻してしまい、実質的な効果は殆ど無いと言わざるを得ない。
「効かないなら仕方ないね……」
 ヴァンは射る事が出来る限界である12本目の影縫いの矢を射終えると、弓を構えた姿勢のまま、今度は矢をホーミングアローに切り替えて攻撃を続ける。
「きゃあ!」
「く……っ」
 その間も、冒険者達とモンスターの激しい攻撃の応酬は続いている。モンスターに攻撃する暇を与えないようにと、冒険者達は絶え間なく攻撃を繰り出してはいるものの……微かな隙が生じると、モンスターはそれを見逃さず、素早く拳を繰り出し、燃え盛る炎を生み出して後列へと放つ。
「ヒーリングウェーブ!」
 それらによって負った傷を、セッカの後方に立つ、白夜の星陰・リゼリアルが回復していく。だが……敵からかなりの攻撃を受けている事、そして布陣の関係もあって、彼一人では完全に全員の傷を癒す事は出来なかった。その為、他にヒーリングウェーブを活性化していたサユーユやマイアーも、ほぼ回復に専念するような形になっている。
「あぁもう……大人しくあたしに従って、さっさと力を与えなさいよぉ!」
 そんな中、苛立った様子で声を上げたのは、蒼なる闇・カーリー(a00167)だ。邪竜侵食を用いた事で破壊の衝動に駆られ、意識が混濁しかけたカーリーだったが……その力を己のものとすると、すぐにスキュラフレイムをモンスターに叩き込む。
「モンスターよ……いいかげんにしなさい!」
 後方からヴィンのホーミングアローが飛ぶ中、ヴァリアは残像を伴いながらモンスターに肉薄すると、ミラージュアタックを放つ。そこにメセルのエンブレムシュートが飛び、セッカの拳が撃ち込まれる。
「お前の匂いを止めてやる!」
 回復の合間を見計らい、マイアーもエンブレムブロウをモンスターに叩き込み……そんな冒険者達の激しい攻撃の前に、モンスターの体力がじわじわと失われていく様が、冒険者達の目にもよく分かった。
 だが、それは冒険者達も同じだ。絶え間ない癒しのアビリティがあるからこそ、モンスターとの戦いを続けられてはいるが……そのアビリティを使える回数も、もう残り少ない。
 これ以上戦闘が長引けば、自分達の身に何が起こるか……それが分からない者はいなかった。だからこそ、冒険者達は全力を賭し、攻撃を繰り出し続ける。
 そして……
「はぁぁぁぁっ!」
 ファントムが、ここまでずっと温存してきた居合い斬りを放つべく、身構えた瞬間。彼の武器『禊』が、グリモアの加護によって光り輝き……その一撃はモンスターの身体を切り裂くと、そのまま地に叩き落した。

●モンスターは倒れ
「倒した……の?」
 地に倒れたモンスターの姿を見ても、セッカは警戒を緩めなかった。本当にモンスターが朽ちるまで、安心は出来ないからと。
 けれど、モンスターの呼吸が止まっており、もうピクリとも動く気配が無い事を確かめると、セッカはホッと安堵した様子で表情を緩め……身体の力が抜けたのか、その場にペタンと座り込んだ。
「ふぅ、終わったねぇ……」
 カーリーも一安心といった様子で、ホッと息を吐き出す……が。そこに背後から、何やら怪しげな気配を纏った影が迫る。
「ふふふ……無事に終わった所で、おしおきたいむですわ〜♪ ……何故かは、解りますわよね……?」
 それは、くすりと笑みを浮かべながら近付いたサユーユの姿だった。カーリーが彼女の接近に気付いて、ハッとした時にはもう遅い。その時にはもう……サユーユの両手がカーリーの左右の頬に伸びると、むにゅりむにゅりとそれをつまんでいる。
「はうう! サユーユ先生〜?」
 戸惑いの声を上げるカーリーだったが……しかし。すぐにその状況に順応すると、カーリーは両腕を動かし……負けじとばかりにサユーユの両頬をつまむと、びにょにょ〜んと伸ばす。
「む……」
 むにゅにゅん、むにょにょん。
 びにょにょん、むにょーん。
 ……二人は互いに相手の頬をつまんだまま、負けじとばかりに頬むにを続ける。
「何か、守り通さなければならないという感じがしたんだけど……」
 そんな二人の事はさておき……十字路付近を掘り返し、何か隠されていないか探すのはメセルだ。モンスターがここにいた理由……それがあるのではないかと、そう考えて。
 けれど……探しても、探しても、その『何か』らしき物は、何も見つけられなかった。
「むぅぅ。モンスターはこの十字路に、何か思い入れでもあったのかな……?」
「僕はてっきり、この街道に居座っているのは、街道フェチか何かだからかと……」
 カルアが首を傾げる一方、マイアーは「変態なんでしょうかね?」と、何やら真顔で口にしている。
「ここを護っていたモンスターは、きっと……もういない仲間を護る気持ちだけを、残してたんじゃないかな……?」
 そんな中、ヴィンは一つの推測を口にする。冒険者のなれの果てであるモンスターと化しても、その強い想いが、街道を護り続けるという行動に現れたのではないかと……そんな考えを。
「……かも、しれないわね」
 モンスターが何故ここに居たのか、確固たる確証を得る事は出来ない。けれど……もしかしたらそうなのかもしれないと、メセルは小さく頷いた。

 そして、冒険者達はモンスターを、十字路脇の一角に埋葬すると、酒場への帰路についた。
 一行の活躍によって安全を取り戻した、この街道を通って。


マスター:七海真砂 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2004/07/30
得票数:戦闘26 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。