モンスター地域解放:城塞の残星



<オープニング>


●モンスター地域解放
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』これよ!」
 モンスター地域解放戦が行われてから3ヶ月。
 解放された地域では、残存のモンスターの退治なども行われ、住民も少しずつだが戻ってきて『生活』が始まっている。
 勿論、他の地域に比べれば、モンスター等の危険は大きい。
 それでも、少なくとも『生活』する事はできているのだ。

「今回の目標は……モンスター地域解放戦で解放できなかった地域! とっても危険だけど頑張ってね☆」
 ウィンク一つ。
 しかし、すぐに表情を改めて、こう続けた。
「実際問題として、北方のモンスター地域に住む人達を助けられるのは今は同盟の冒険者だけなのよ」
 と。
 現在、北方地域に住んでいる人々は、モンスターの襲撃に怯えて暮らしているのだ。
 幸い、モンスターには知性が無い為、モンスターの襲撃を逃れるようにして隠れ潜む事はできた。また、モンスターの襲撃が少ない地域に逃れて村を作ったりといった方法で生き延びた者も多いが……。
 しかし、モンスターの進む道に偶然存在したというだけで、村人の全ての命が奪われてしまうという事も珍しくは無いのだ。

「まず必要なのは街道などに巣食うモンスターの退治と、そして、人々に大きな害を為すモンスターの退治よ」
 とリゼルは言った。
 モンスター地域の全てのモンスターを一気に退治する事は不可能な事だ。
 だが、不可能だからといって、何もしない訳にはいかない。
 少しづつでも良いから、前に進まなければ何事も為す事はできないのだから。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。


「そうそう、この作戦が上手くいけば、街道周辺のグリモアから順番に希望のグリモアに組み入れる事もできるわ。思うところのある冒険者は励みなさいよ」
 最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。


●城塞の残星

「東方ソルレオン領にも勿論列強グリモアがあったという話は知っているかしら?」
 白月の霊査士・ミニュイはそう言うと冷たいレモネード片手に、冒険者達へと首を傾げた。
「このグリモアがあったという城塞跡付近一帯は、とても沢山のモンスターが出没する最も危険な地域になっているの」
 東方ソルレオン領、かつての首都。モンスター地域の解放という作戦の観点から見るに、この地域について調査する事は非常に重要だろう。
「とても危険な地域である事は頭に入れておいて欲しいのだけど……」
 不思議な事に、この地域のモンスター達には、ある特性が見られるというのだ。

 一つは、モンスターの数はともかく、一体一体のモンスターが他の地域に出没するモンスター程には強くないという事。
 もう一つは、『何かを奪おうとする者』と『リザードマン』に対してのみ攻撃を行う性質のモンスターが多い事。

「どうしてこんなモンスターが多いのか、理由は分からないわ。でも、この二つの特性を考えると、最危険地域とは言え、精鋭の冒険者達ならば強行偵察、探索は可能だと判断出来るでしょ?」
 自分に言い聞かせるように、ミニュイは頷いた。

「今回皆に御願いしたいのは、城塞の調査なの」
 城塞? と聞き返した冒険者に、ミニュイはもう一つ頷く。
「どうやらモンスター達が巣食う城塞に、人が住んでいるみたいなの……」
 人? ともう一度聞き返されて、ミニュイは頷きを繰り返す。
「誰がどんな理由でそこに居るのかは全く分からないのだけど……。どんな理由があるにしろ、危険な地域に生きた人を放っておけないわ。どうかその人物を保護して連れて帰って来て欲しいの」

 何故そんな場所に人がいるのか。もしもその人物に接触する事が出来れば、有益な、少なくとも我々の知り得ない情報を手に入れる事が出来るだろう。
「皆の向かう場所は、とても危険な地域。この事は常に頭に留めておいて……どうか皆、無事に帰ってきてね」
 ミニュイは真剣な眼差しを冒険者達に向けると、そのまま頭を下げた。

========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 霊査士ミニュイの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『不殺(korosazu)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
========================

マスターからのコメントを見る

参加者
グリモアシーカー・アカシック(a00335)
椿姫・アリス(a00424)
氷の魔狼・ハヤテ(a01075)
空を望む者・シエルリード(a02850)
灰眠虎・ロアン(a03190)
白銀の戦乙女・ネイ(a06746)
紅・フラト(a07471)
虚飾の迷図・リゼルヴァ(a08872)
NPC:晨明の紋章術士・エマイユ(a90062)



<リプレイ>

 築かれた石壁は厚く、強固な護りとして侵略者達への壁として立ちはだかったであろう事を思わせる。
 灰眠虎・ロアン(a03190)は慎重な足取りで歩を進めつつ、だが視線はキョロキョロと物珍しげに動いていた。
「崩れた跡がある……そのひと、どうして城塞なんかに住んでるんだろうー?」
 堅牢、だが、お世辞にも居住環境が良さそうには見えない石造りの城塞。ロアンの呟きを聞いて、椿姫・アリス(a00424)が静かな笑みを浮かべる。
「無事でいらっしゃるならば良いですが……」
「好き好んで住んでいるのならば、なぜそのような場所に住んでいるのか…そうでないならば……」
 白銀の戦乙女・ネイ(a06746)の言葉をロアンが続ける。
「助けを待ってるなら、一刻も早く助けてあげなきゃね!」
(『生存者』は協力的かもしれないけれど、敵かもしれない)
 庇護者としての生存者の可能性とは別に、虚飾の迷図・リゼルヴァ(a08872)は口には出さずに静かに考える……『最悪の展開を想定しておく役回り』に自分を置いていたのだ。
「皆さん、最初にも確認しましたが、その辺の物には無闇に触らないで下さい」
 ロリエンの若き賢者・アカシック(a00335)はモンスターの特性を思い、皆に再度の確認を促した。
「……しっ、……右前方だ…」
 先頭に立ち、索敵を担当していた蒼眼の銀狼・ハヤテ(a01075)が皆に注意を呼びかける。慌てて声を潜めると、ハヤテの言う方角に少し小柄な獣が見える。……4枚の紅い翼を持った虎……モンスターだろう。今彼は扉の前に座り、真っ直ぐ前方の壁を見据え、微動だにしない。
「…静かに行こう」
 風舞う・フラト(a07471)がしーっと、人差し指を唇にあてる。
「反応しませんね……」
 蒼い瞳は穏やかな海のよう。アカシック達が目の前を通り過ぎるのを静かに見つめていた。
「略奪者とリザードマンを襲うモンスター達……か」
 空を望む者・シエルリード(a02850)は、これまでに出会った、静かにこちらを見つめるだけのモンスター達を思い出し、考える。
 彼等のそんな特性……かつて護るべきものがあり、奪われたからなのだろうか。
「ここに住む人は、ここで何が起こったのか知っているかもしれないね…」
 石壁はひやりと、手袋越しにその重厚さをシエルリードに伝えた。

「ちょっと暗くて分かり難いわね…」
 金属鏡を手に、フラトはハヤテと先頭を警戒して歩く。入り口から幾つの角を越えて歩いて来ただろうか。
 運良く、積極的にこちらへと攻撃するモンスターにはまだ出遭っていなかった。
「このまま戦う事もなくて無事に人捜しが上手く行くといいなー」
 でもこれも修行ー修行ー、とロアンがハヤテの後について走る。
「往路と帰路が同じとは限らないけれど……」
 角に着く度に、白墨でシエルリードは帰り道の目印をつけた。
 長く人の気配のない城塞はしんと静まり返っていた。床に積もった埃が所々乱れているのは、ここに巣食うモンスター達の仕業だろうか。
 ――この城塞の由来、何故モンスターが特定の対象を狙うのか。
 城塞に住むという人に会えるのならば、聞いてみたい。そして、モンスター…彼等の呪縛を解く手助けが得られれば……。
「遅れない、遅れない」
 いつの間にか後尾についたフラトに肩を叩かれ、シエルリードは我に帰った。

 広い城塞を静かに駈ける冒険者達。
 だが、当ても無く駆け回っている訳ではない。住まう者の痕跡を床に、石壁に目を凝らしていた。
「紅い獣……」
 ハヤテの見つけたのは大きな獣の姿。獅子に似たその獣を包む毛皮は燃えるように紅く、だが、彼の持つ4本の鷲の足が、モンスターである事を報せている。
「綺麗な毛並みだなー。こいつも、何かを護ってたのかな…」
 ロアンがゆっくり近付くと、獣はきろりと金の目を開く。ミシリ、と後ろ脚が床を蹴る力を貯める振動が伝わる。ハヤテが声をあげる。
「こいつは、……違う!」
 驚いたロアンは、後方へ大きく一回転で飛び退って体勢を整える。
 大鷲の蹴爪を持つ大きな紅い獣は、ハヤテを狙って鋭い一撃で空を切る。だが、かわされた2撃目は大きく前へのめり、後方のシエルリードを捕らえた。
 蹴爪を避けて身を翻し様、ハヤテは作り出した刃を獣へ打ち込んだ。
「悪いが、他の仲間を呼ばれると厄介だからな」
「くらえー、この!」
 ロアンの爆砕拳はモンスターの肩を捉える。獣は口を開き、大きな咆哮をあげた。
「迅速かつ、静かに……他のやつらが集まってきても困るしね…」
 フラトは方点画戟を構えるとそのままアビリティの鎖に乗せて、獣へと豪快な一撃を叩き込む。堪らず右足を上げたその隙にエマイユがエンブレムシャワーを、リゼルヴァがスキュラフレイムで追い撃ちをかけた。
 傷ついた腕を庇いながらも、飾り石で彩られた片手をあげてシエルリードはエンブレムシャワーを放つ。
「光彩陸離……!」
 目映い幾つもの光の筋が獣へと向う。
 バルトに庇われるように中央に立ったアリスは、すぐさま傷ついた皆を波動で癒す。後方で、アカシックもエンブレムシュートで援護する。
「これ以上、近寄らせません!」
 すっと、前衛の位置からさらに前に出たネイは、素早く槍を繰り出した。獣の紅に、槍の朱が溶けるように見える。連なるようにハヤテが振り上げた手甲からは鋭い刃が獣を切り裂いた。
「もういっちょ! いっくよー!」
 ロアンが両手から衝撃を作り出すと、獣は後方へ大きく仰け反った。
「これで、最後かしら…!」
 手元に戻った方点画戟に稲妻を集めると、フラトは体重をかけて獣を貫いた。

 倒れた獣の向こうに、ハヤテが微かな足跡を見つけるのはすぐだった。

「開けますよ……」
 アカシックは言うと皆の顔を見渡し、頷くのを確認すると扉の把手に手をかける。床に積もった埃に見え隠れするのは、小さな靴跡。転々とつけられた足跡の一つを辿ると真っ直ぐに、この部屋へと向かい消えていた。
 扉は、何故か石壁に幾つか残っていたタペストリーで隠されていた。足跡に気付かなければ、部屋の存在に気付く事もなかっただろう。
 ギッと重い音を立てて開いた扉の隙間から覗けた室内には異臭が漂う。
 暗い室内に、フラトはカンテラを灯して足を踏み入れた。
「……食料庫?」
 灯りを翳せば壁に設えられた大きな棚には粉の入った袋が見える。長い影を作り、室内に入って来た面々は広くはない室内を物色し始めた。
「『誰か』はここへ、食べ物を取りに来ていたんだろうか?」
 割れた葡萄酒の瓶が乾パンの上に散らばっている。異臭の元はこれだろう。ぐずぐずに腐った乾パン達をじっと見つめてシエルリードは頭を振った。
「じゃあ、ここには居ないって事?」
 ロアンに見つめられ、シエルリードは、分からない、と小さく首を傾げた。
「住人が何の目的でここに居るのかは分からないが、これだけの食料があれば充分に凌いで行ける……」
 ハヤテが見上げた棚には保存を考えて貯蔵されている多くの食物。もしもの時に兵士達を養う筈の食料は、一人で消費するには十分過ぎる程である。リゼルヴァが視線を落とす。
「水場、食料だったわね……他に考えられるのは…」
 ここにいないとなると、他を当たるしか道はない。そう考えた時だった。
「…! 待って下さい……ネイ様、あそこ…」
 アリスが指差したのは、袋が積まれた一角。ランタンの灯りを隠してもらい、ネイが目を凝らすと、エルフの目に、そこに何かが居るのが分かる。
「いますね……。誰? そこで何をしているのです?」
 隠れているのだろうか? 一向に身動きのない『誰か』に対して、ネイは呼びかけたが、やはり反応はない。アカシックは頷く。
「……探しましょう。恐らく隠れているのは……」
 城塞に住む人物。
 …まだ冒険者になっていない東方ソルレオンの子供か、自分の意思で残っている一般人か兵士…。
 そう考えていたが、靴跡を見た今ならはっきりと前者に絞れる。ソルレオンでなくとも、子供であることは間違いないだろう。早急の保護が必要なのではないだろうか。
 アカシックの言葉に、フラト達を入り口の見張りに残し、皆は袋が積まれた周辺を探し始める。
「……見つけました…!」
 エルフの目を頼りに、ネイが辿り着いたのは小さな浅黒い子供の手。ゆっくりと手を取ったネイはその腕のあまりの細さに唇を噛む。
 子供は、丁度袋溜まりにできた空間に嵌まり込むように、目を瞑り、横たわっていた。元は真っ白だったろう鬣は埃と汚れでまだらに灰色である。
 ――たてがみ。
 紛れも無く、ソルレオンの子供だった。

 エマイユが袋の上から抱え上げた少年は酷く、軽かった。
「息はあるようだね。……大丈夫」
 その言葉に、皆からは安堵の息が漏れる。ただ、少年が衰弱している事は誰の目にも明らかだった。細い細い手足、骨張った顎回り。腿に大きく何かに引っ掻かれた跡があった。
 床に野営用の布を敷いて貰い、ゆっくりと、エマイユは少年を降ろす。
 ううん、と床に降ろされた振動に、声を漏らし、薄目を開けた。
「……水を」
 シエルリードが少年の背を支えて起き上がらせると、ロアンが持っていた水袋を口に当てる。少年は水を数口、口にした。そうして弱い眼差しをネイ達へと向けた。
 薄暗い室内に、何故大勢の人が居るのか。
 少年は、ゆっくりと目だけを動かした。
「僕達は、この国を滅ぼした旧リザードマン政権を打倒した、東方同盟諸国の冒険者です。この国を再び元の姿に蘇らせる為に、僕達と一緒に来て頂けませんか?」
 アカシックは少年の正面にしゃがむと、微笑んで、そう告げた。ネイも頷き真摯な瞳で少年を見つめる。
「弱い者を護るのは人間としての勧め。種族や国に縛られるものではない」
「このまま、この城塞に留まる事はとても危険な事です。……私達を信じてついてきてくれませんか?」
 アリスが続けると、少年は2、3度瞬き、何かを話そうと口を小さく開けたが、そのままゆっくり目を閉じた。
 背を支えていたシエルリードの手に、首の重みが伝わる。
「モンスターはこの地を護っていた護衛士の変わり果てた姿かもしれない……。でも残念ながらすでに正気を失った彼等がいる限り、この国は人を寄せ付けない廃墟のまま……」
 アカシックは小さく呟いた。
「バルト様、抱いて戻れますでしょうか?」
 アリスは重騎士であるバルトを向く。このまま、ここに放ってはおけない。バルトは頷き、少年を守ると誓いそのまま抱き上げる。
「……連れて帰る事が依頼だから…ね」
 リゼルヴァは少年の頬を軽く突くと、小さく笑みを浮かべた。モンスター達に奪う者、と認識されはしないか、という危惧はあるが、そうも言っていられない。
「急いで戻ろうね」
 フラトの声に、皆が頷いた。
「居住者、保護しました。速やかに撤退。先導を頼みます!」
 床に置いた杖を持ち直し、入り口で待機してもらっていたハヤテ達に、アカシックが声をかける。ハヤテは頷いた。
「『安全』だと断定できるのならば、ここにこのまま置いて帰る選択もあると思っていたが……」
 一体いつから、何故ここに居たのだろうか。
 偏った栄養にやせ細った手足で、このままここに捨て置いてどのくらい生き長らえる事ができるだろう。ハヤテはバルトに負われた少年の鬣をそっと撫でた。
「なるべくなら、最短距離よりも、安全なルートを……モンスターの少ない経路で戻りましょう」
 リゼルヴァは皆に告げる。往路中に自分なりの『危険評価』から出来る限り安全な道は確認出来ていた。フラトは頷いた。
「日が落ちる前に、ここを出るわよ」

 シエルリードがつけたチョーク跡を頼りに、アカシック達は城塞の脱出路を無事に走り切るのだった。


マスター: 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2004/07/30
得票数:冒険活劇34  ダーク1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。