モンスター地域解放:村と橋と



<オープニング>


●モンスター地域解放
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』これよ!」
 モンスター地域解放戦が行われてから3ヶ月。
 解放された地域では、残存のモンスターの退治なども行われ、住民も少しずつだが戻ってきて『生活』が始まっている。
 勿論、他の地域に比べれば、モンスター等の危険は大きい。
 それでも、少なくとも『生活』する事はできているのだ。

「今回の目標は……モンスター地域解放戦で解放できなかった地域! とっても危険だけど頑張ってね☆」
 ウィンク一つ。
 しかし、すぐに表情を改めて、こう続けた。
「実際問題として、北方のモンスター地域に住む人達を助けられるのは今は同盟の冒険者だけなのよ」
 と。
 現在、北方地域に住んでいる人々は、モンスターの襲撃に怯えて暮らしているのだ。
 幸い、モンスターには知性が無い為、モンスターの襲撃を逃れるようにして隠れ潜む事はできた。また、モンスターの襲撃が少ない地域に逃れて村を作ったりといった方法で生き延びた者も多いが……。
 しかし、モンスターの進む道に偶然存在したというだけで、村人の全ての命が奪われてしまうという事も珍しくは無いのだ。

「まず必要なのは街道などに巣食うモンスターの退治と、そして、人々に大きな害を為すモンスターの退治よ」
 とリゼルは言った。
 モンスター地域の全てのモンスターを一気に退治する事は不可能な事だ。
 だが、不可能だからといって、何もしない訳にはいかない。
 少しづつでも良いから、前に進まなければ何事も為す事はできないのだから。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。


「そうそう、この作戦が上手くいけば、街道周辺のグリモアから順番に希望のグリモアに組み入れる事もできるわ。思うところのある冒険者は励みなさいよ」
 最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。

●村と橋と
「そんな訳で、みんなに解決して欲しい依頼はこれよ」
 そう言って、リゼルが取り出したのは簡単な地図……そこには、ある山の村へと続く一本の道、そしてそこへと繋がる橋が記されていた。
「私の霊視によると、1体の空を飛ぶ大きな鷲がその村に向かって来る様なの、でも……」
 少し言い辛そうな顔をする彼女……それは、その鷲が人間が作った構造物を破壊する習性を持っていると言う事。
 すでに何カ所か、その大鷲は山小屋や橋や、放棄された村等を襲っているのだ。
 そして、彼女が視た予想ルートは、橋の方から村へと向かう……つまり、先に橋を落とす事が予想された。
 しかし、用意された地図を見た限り、橋から村までの区間は長く狭い山道……迎撃するに適した開けた場所は、橋の向こう側しかなかった。
「……一度橋が落とされれば、また架け直すのには時間が必要になるの……でも、そうなると、村は………」
 橋を護ろうとし、もし失敗すれば村が襲われ、それを助けに行く事は出来ないだろう。
 だが、村を護ろうとすれば橋は落とされ、村人達はモンスターや獣と言った危険な生物が居るであろう、危険な山裾の森の中を進まなくてはならない。
 それは戦うすべを持たない村の人達に取っては、死ねと言われたのと同じであろう。
 村人を避難させようにも、時間も場所も無かった……さらに彼女は霊視の続きを口にした。
「……この鷲が村を飛び立てば、次は山を越えた先にある、大きな街に襲いかかります……そうなれば……ここで倒すしかないのです」
 きっぱりとそう言い切る彼女……後は無いと言う事だ。
 村か橋か、相手は空を飛ぶ大きな鷲型モンスター……倒すのは非常に難しいと言わざるを得ない。
 しかし、それでも、倒さなくては行けないのだ……それが、民を護りし冒険者の義務、なのだから。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 ヒトの霊査士・リゼルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。

マスターからのコメントを見る

参加者
狂刻の牙・ウォーレン(a01908)
幾光年の郷愁・グスクラッド(a02826)
銀閃の・ウルフェナイト(a04043)
夜香の死羅姫・ヴェル(a04925)
深緑の眠り・エフ(a05027)
狭霧・アイズ(a05918)
とんがり帽子の・ショコラ(a06425)
紫焔揺らめく宵闇の虚空・ルフェル(a07584)
蒼銀葬華・クロノ(a07763)
風の・ハンゾー(a08367)


<リプレイ>

●高く長い吊り橋で
「人工物を壊す鷲か……変わったモンスターが出たな」
 人間が作った構造物を破壊する習性を持った大きな鷲モンスター……それが静斬の黒琥・ウォーレン(a01908)の目の前に広がる長い吊り橋を壊すと言うのだ。
「あぁ……だが、この橋が村にとっての命綱……か、是が非でも守り抜かないと」
 横に並んだ非来心・グスクラッド(a02826)が、故郷や、故郷の村人の事を思い出しながらそう呟く……この橋はその先にある村へ続く唯一の道であり、周囲を深くモンスターや危険な獣が潜む森が広がる村に住む人達にとっては文字通り生命線なのである。
 橋を襲った鷲モンスターは次に村を襲う事も解っていた為、村で迎え撃つ事も出来たがそれは橋が落とされる事を意味する……この橋はとても深い崖に架けられており、一度落ちれば再び架けるまで大変な時間と苦労が必要であろう。
 そうなれば唯一の生活路を失った村人達の運命は……冒険者達とは違い、戦う力を持たない村人達だけでは、どうなるかは目に見えているだろう。
 それだけでは無い、もしこのモンスターが橋を壊し、村を襲うと、次は村と山を挟んだ向こうにある大きな街へとその破壊の手を伸ばすのだ。
 鷲モンスターをここで倒さなくては、村だけではない、その先の街の運命もが冒険者達の双肩に懸かっているのだ。
「ここが最初で最後の防衛線と言う訳か……外せないな」
 戦いに備えて調整をしていた-Aile de gris-を構えた狭霧・アイズ(a05918)が、そう言いながら番えた矢を解き放つ……放たれた矢は風を切裂きながら、地面に落ちようとしていた木の葉を射抜き木の幹へと突き刺さった。
「村も橋も、両方護ってみせるわ……私達ならそれが出来る筈よ」
 吊り橋の強度や作りを確かめながら、深緑の眠り・エフ(a05027)がそう決意と共に呟いた。
「鏡とかいっぱい下げたら、鳥が嫌がって来ないかな?」
「……試してみる価値はありそうだな」
 荷物の中から鏡を沢山取り出したとんがり帽子の・ショコラ(a06425)に、澪標・ハンゾー(a08367)が頷く……さっそく手渡された鏡を持ち、橋を渡るハンゾーに同じストライダーの忍びである黒天使・クロノ(a07763)が手伝いを名乗り出た。
「ハンゾー、私も手伝う……2人ならすぐに終わるだろう」
 身軽さを活かして2人が次々と村側の崖や橋に鏡を吊り下げたり結びつけたりし、固定して行く……これが上手く太陽の光を反射すれば、降下してくる鷲モンスターが嫌がり目標から外すかも知れない。
 橋を壊される訳にはいかないのだ……準備に使える時間は限られていたが、それまでに出来る事はすべてする、そう言った事の積み重ねが大切なのだ。
「ふむ……こういう仕事は殿方に任せるに限るのじゃ……それにしても………すごい断崖じゃのぅ……こないな所から落ちるのはまっぴらごめんじゃ」
 器用に作業を続ける彼等の姿を見ながら、葬魂の白姫・ヴェル(a04925)が崖下を覗き込む……地面まではかなり距離があり、もし落ちたら確実に助からないと言う事が彼女の目にも明らかであった。
「落ちない様にしっかりと命綱を結ばないとじゃな」
 そう呟いた彼女はしっかりと自分の身体に巻き付けた命綱を確認するのであった。
「……あれか」
 橋の中央に立ち、【望遠遮光スコープ】EVIL GENEで空を覗き込んでいた銀閃の・ウルフェナイト(a04043)が、空の一画に黒い点を見つけると倍率を調整する……焦点が調整された時、レティクルの中央に映し出されたのはこちらに向かい迫る鷲モンスターの凶暴な姿。
 敵を視認した彼は即座に行動を開始した。
「来たぞ、全員準備は良いか? 射程に入り次第遠距離アビリティで一斉攻撃、奴を橋に近づけるな!」
 指示を出しつつ、段々と大きくなる鷲モンスターから一瞬も目を離さないウルフ……それは一直線に橋へと向かうルートだ。
「空を飛んでる間は手を出せん……頼んだぞ、みんな……」
 手入れしていたシルバーソードを構える紫焔揺らめく宵闇の虚空・ルフェル(a07584)……重騎士である彼には空を飛ぶ相手を攻撃する手段は無く、仲間達に頼るしかないのだ。
 しかも迎撃になる為にどうしても後手にまわってしまう……厄介だな、そう呟きながら、今は仲間達を信じるしかないルフェルであった。

●空と陸の狭間で
「ヴェル、エフ、行くぞ!」
 ウルフの号令で、命綱を結び橋の上に立つ3人がそれぞれの最大の攻撃を放つ。
 ウルフェナイトのナパームアローが、
 ヴェルのニードルスピアが、
 エフのエンブレムシャワーが……翼を広げて降下してくる巨大な鷲モンスターへと放たれた。
「直撃……殺ったかのぅ?」
 悲鳴の様な鳴き声を上げ、翼を翻し谷底に向かい降下して行く鷲モンスター……どうやら初撃による橋の破壊は防ぐ事が出来たようだ。
 横を抜けた衝撃で大きく揺れる橋から振り落とされない様にしがみつきながら、反転し上昇してくる敵の姿を睨みつけるウルフ達……だが、この状況では狙いを定めるどころか立っている事もままならない。
 このままでは……次の衝撃に備え身を強張らせながら、最悪の状況を想像するエフ……だが、そんな彼女達を仲間達は見捨てなかった。
「来た……こっちだ! 俺達を狙え!!」
「橋は………」
「壊させない、そりゃー!!」
 グスクラッドが飛燕連撃を上昇する鷲モンスターへと放つ……さらにはハンゾーとショコラの飛燕連撃とニードルスピアも加わり、再び進路を変えさせられた鷲モンスターは上空で羽撃き浮遊すると冒険者達に向かい怒りの眼差しを向ける……度重なる攻撃に、冒険者達を完全に敵と認識した様だ。
「ここからが本番だ……な!」 
 アイズと体勢を立て直したウルフが影縫いの矢を放つ……同時にショコラとエフが気高き銀狼を、ウォーレンが紅蓮の咆哮を……襲いかかる束縛の波に一瞬動きを取られる鷲モンスターであったが、その呪縛を振り切り大きく羽撃くと一気に上昇した。
「くっ……、大丈夫か?」
 剣と地に突き刺し、羽撃きで巻き起こった強風に耐えるルフェル……同様に耐えたり、結びつけた命綱にしがみつき強風を耐えた冒険者達だが、その身体には無数の傷が……そんな彼等の眼前に勢い良くダイブしてくる鷲モンスターの姿が。
「ちっ……」
 凶暴に輝く爪の一撃を転がり交わすクロノ、焼けるような痛みを感じながらもすれ違い様に飛燕連撃を叩き込むのを忘れない。
「おぬしら、もう一度だけ捕縛を試すのじゃ……妾がアビスフィールドを展開する、気をつけるのじゃぞ」
 そう叫んだヴェルが再び降下し襲いかかろうとする鷲モンスターを睨みながら術扇を振るう……足下から広がる闇の領域が、その場にいる全員を不幸で包む……それは敵にも、味方にも効果を及ぼす諸刃の剣。
 だが、それ以外にあの鷲モンスターを抑える方法は無かった。
「もう一度だけ……お願い、一瞬で良いから鳥を抑えて、銀狼よ……」
 降下してくる鷲モンスターに向かい、紋章を描くエフ……描かれた紋章から銀色の狼が飛び出し鷲モンスターへと襲いかかる。
「これは賭けだ……ここで俺達が負ければ、村も街も、全てが終わる……だが命のチップ、そう簡単に取られる訳にはいかない」
 冷静に狙いをつけたウルフが影縫いの矢を放つ……もし鷲モンスターが動きを止めれなければ……コースを変えれなければ、今度こそ橋は壊されるだろう。
 その時、橋の中心に立つ彼は……決意と覚悟はすでに出来ている。
「地に伏せろ……二度と空には舞わせない!」
 アイズも気合いと共に影縫いの矢を放つ……100人以上の命を背負ったこの戦い、絶対に負けられない戦いなのだ。
 この一撃に全てを込めて……放たれた2本の矢と1体の銀の狼が鷲モンスターに襲いかかる……その瞬間、祈る様に集中していたショコラの目が開いた。
「みんな、行くよ! うりゃりゃーー!!」
 描いた紋章から気高き銀狼を放つショコラ……同時にハンゾーとグスクラッドが鋼糸を伸ばしながら飛び出した。
「仲間達の作ったこの瞬間……絶対に活かす、此処から先は通さぁん!!」
「………悪いな、100人の命の為なんだ……忘れないよ」
 鋼の糸が動きを止めた鷲モンスターに絡み付く……肉を締める嫌な感触が2人の手に残るが、逃がす訳には行かない……ここで抑えるしかないのだ。
「今だ、奴を再び飛ばせるな!!」
 痛みに耐えながら、クロノが飛燕連撃を叩き込む……クロノだけではない、全員が今それぞれに出来る事をしていた。
 そして……
「行くぜ、ルフェル……行きて帰らんと怒る奴が居るからな、悪いが安らかに眠れ!」
 マッスルチャージを使い、大上段に構えた大剣、アルファルドを構えたウォーレンがその刃に稲妻の闘気を込め振り下ろす……大鷲モンスターが断末魔の叫びを上げた。
 そのカッと見開いたその瞳に、地に組み伏せられた彼よりも高く飛び、刀身を光り輝かせながら切り掛かるルフェルの姿が映し出される……頭上からその身体を一刀両断にした彼女の姿が、ゆっくりと地面に倒れていく鷲モンスターの見た最後の光景であった。

●命を護りし者達
「こいつ……人間が作った物にどんな執着があったんだろうな……」
 動かなくなった鷲モンスター……元は同じ冒険者だったその成れの果ての姿に、埋葬してやる冒険者達……その石を積んだだけの簡素な墓に、そう呟いたウォーレンが飲みかけのスキットルの中身を振りかける。
「……だけど、モンスターは倒さなくちゃいけないんだよね……」
 ふっと悲しい表情をするグスラッド……その手に残った感触は、しばらく忘れれそうになかった。
「……クロノさん、これでもう大丈夫ですぅ」
「あぁ……すまない」
 ヒーリングウェーブで傷ついた冒険者達を癒していたエフに、クロノが感謝の言葉を述べる。
「……無事護るべき人達を護る事が出来た……皆のお陰だ、感謝する」
 冒険者達に向かってそう頭を下げるルフェル……だが、そんな彼女にウルフェナイトが首を振った。
「そんな事はない……俺達全員が力を合わせた結果だ、最後の一撃、見事だったな」
 この中では一番の年長者である彼の一言に、顔を俯かせるルフェル……そう、確かに最後の一撃は彼女だけの力ではない……冒険者達が力を合わせたからこそ、生まれた一撃なのだ。
 だが、その一撃も全員が力を合わせたからこそ生まれたのだ……冒険者達は一人ではないのだ。
 そんな事を彼女に話していると、ウルフの後ろに近づく女性が……ヴェルだ。
「ふむ……ウルフよ、こんなところでナンパかえ? ……妾と言うものがありながら……」
 よよよと泣き崩れるフリをするヴェルに、目を丸くし後ずさるルフェル……そんな彼女達の姿にウルフは頭を抱えながら、
「……違う」
 と、だけ呟くのが精一杯であった。

「……ホントはねー、高いのってダメなんだよね……だからね、絶対離さないでよ、絶対だよ、ってか無理、無理だよ、わ〜〜ん!!」
「大丈夫……拙者が付いている………目を閉じてるんだ、すぐに終わる」
 実は高い所に弱かったショコラ……それでも無理して橋の半分辺まで渡ったのだが、風で揺れた瞬間動けなくなる。
 見下ろせば、足下の隙間からは遥か遠くに見える谷底……我慢していたのも限界になり、思わず隣を歩いていたハンゾーの手を泣きながらしっかりと握る。
 そんな彼女の姿に、優しく頭を撫でた彼はそっと涙を拭うと、揺らさない様に抱き上げるとぎゅっと目を瞑る彼女の感触を噛み締めながら吊り橋を一気に渡るのであった。
「……俺も、落ちる訳には行かなかったからな……橋も、俺も、無事だ……」
 ふっと空を見上げるアイズ……待っている人も居るのだ、しかし護るべき物もあった……辛い戦いであったが、両方護れた、最高の結果であろう。
 見上げた空は、冒険者達を祝福するかの様に青く澄み渡っていた……


マスター:瀬和璃羽 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2004/07/30
得票数:戦闘27  恋愛2  ダーク1  ほのぼの1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。