モンスター地域解放:殺戮の風



<オープニング>


●モンスター地域解放
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「依頼の内容は、ズバリ『北方地域のモンスター退治』、これよ!」
 モンスター地域解放戦が行われてから3ヶ月。
 解放された地域では、残存のモンスターの退治なども行われ、住民も少しずつだが戻ってきて『生活』が始まっている。
 勿論、他の地域に比べれば、モンスター等の危険は大きい。
 それでも、少なくとも『生活』する事はできているのだ。

「今回の目標は……モンスター地域解放戦で解放できなかった地域! とっても危険だけど頑張ってね☆」
 ウィンク一つ。
 しかし、すぐに表情を改めて、こう続けた。
「実際問題として、北方のモンスター地域に住む人達を助けられるのは、今は同盟の冒険者だけなのよ」
 と。
 現在、北方地域に住んでいる人々は、モンスターの襲撃に怯えて暮らしているのだ。
 幸い、モンスターには知性が無い為、モンスターの襲撃を逃れるようにして隠れ潜む事はできた。また、モンスターの襲撃が少ない地域に逃れて村を作ったりといった方法で生き延びた者も多いが……。
 しかし、モンスターの進む道に偶然存在したというだけで、村人の全ての命が奪われてしまうという事も珍しくは無いのだ。

「まず必要なのは街道などに巣食うモンスターの退治と、そして、人々に大きな害を為すモンスターの退治よ」
 とリゼルは言った。
 モンスター地域の全てのモンスターを一気に退治する事は不可能な事だ。
 だが、不可能だからといって、何もしない訳にはいかない。
 少しづつでも良いから、前に進まなければ何事も為す事はできないのだから。

 モンスター地域という呼び名を過去の物とし、人々が平和に暮らせる場所を作る事。
 それが、冒険者達に期待されている事であった。


「そうそう、この作戦が上手くいけば、街道周辺のグリモアから順番に希望のグリモアに組み入れる事もできるわ。思うところのある冒険者は励みなさいよ」
 最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。

●殺戮の風と共に
「さてと……皆様には、こちらのモンスターを退治に行って貰いたいと思います。残忍で、非情な敵です」
 と、ユリシアが君達へと振り返る。
 そしてユリシアが指差した先は、北方地域でも、かなりの辺境に位置する所。
 ユリシアは目を伏せ、そして霊査によって判明した、この場所に出没するというモンスターの詳細について話し始めた。
「この場所に出るのは、左手に大きな剣、右手に鎌を生やしたモンスターです。その攻撃力は、間違いなく大きな物でしょう。そればかりか、攻撃力だけではなく、防御力もその固い皮膚に阻まれ、とても固いようです。そればかりか……」
 そこで、一度ユリシアの言葉が詰まる。
 冒険者たちの言葉に促され、更にユリシアが話した事、それはとても尋常ではないモンスターの習性であった。
「このモンスター……生憎理由は分かりませんが、村や集落を探して彷徨っては、見つけた人間の首を、その右手の鎌でなぎ払い、その生首を村の入り口へと綺麗に並べておくという習性を持っているようです。貴方たちも……十分に注意してください。間違いなく、このモンスターは手ごわい相手となるでしょう」
 ユリシアは深く頭を下げ、そして。
「同盟諸国の未来、北方の地域の方々の未来は、皆様の双肩に掛かっています。どうか、宜しくお願いいたします」
 と、冒険者たちの前を去っていった。

========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
========================

マスターからのコメントを見る

参加者
荒野の黒鷹・グリット(a00160)
白銀纏いし紅の剣姫・フユカ(a00297)
暁の皇狼・ヒューガ(a02195)
夜駆刀・シュバルツ(a05107)
灰眼狐・ナガレ(a05376)
緋炎鋼騎・ゴウラン(a05773)
幻影誓・クラウディア(a06135)
龍と共に歩む自由騎士・ファード(a07350)
青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927)
封魔・ハガネ(a09806)


<リプレイ>

●恐怖
 ユリシアの霊査した結果を受けた冒険者達は、霜天に舞う鮮血の月姫・フユカ(a00297)を先頭として、その村へと向かう。
 両手が武器のモンスター。そして……首を狩り、街の入り口へと並べていくと言う、惨忍な習性。
「本当に首を並べるなんて……おかしな習性だよね。勿論分かりたくもないけれど……でも、どうしてなのかは気になるな。何かを思い、そして何かを苦しんでいて……そのような行動に走っているのかな?」
 そう疑問を並べるのは明の幻影・クラウディア(a06135)。勿論、その言葉に答えられるような者は居ない。
 ただ分かっている事実は一つ……確実に、そのモンスターは、北方地域の住民達に大きな恐怖を与えている事だけだ。
「本当に妙だ……しかし本当に、最悪な習性を持ったモンスターだな。この北方地域に住む者達の為にも、必ず倒さねば」
 守護者・ファード(a07350)が、その静かな口調の中に闘志を燃やす。
 誰しも、惨忍なそのモンスターに怒りを覚えていた。
「……さて、上手く止められると良いのですが……」
 フユカの小さな呟き。
「止められると良いじゃないでしょう。止める……んです」
「そうですね、私達が止めなければ……誰も止められない。私達は、村人達の為に、この身を掛けて止めなければなりませんね」
 忍者・ハガネ(a09806)の言葉にフユカが頷く。
 そして冒険者達は、ユリシアに聞いた、被害を受けた村へと辿り着く。

 首が入り口に並べられた村……その表情は、誰しもが無念、恐怖……そのような表情を浮かべたまま並べられた首。
 それらの首の列を見て、夜駆刃・シュバルツ(a05107)が、拳を振るわせる。
「元々モンスターの趣味嗜好を理解しようとは思わないが……今回はその極みだな。絶対に……楽に死なせはせんぞ」
「……そうだな。この北方地域の人達から、何もかも奪う者達を……絶対に、許さない」
 と、朧雪纏う刹那風・ナガレ(a05376)も呟く。
 並べられた首に冥福を祈り、そして村の中へと入る冒険者達。
 恐らく……モンスターが大暴れした痕と思われる惨状が広がっていた。
 家のドアは全て壊され、そして家の中は大きく荒らされていると共に、激しい血の血飛沫が飛び交っていた。
 モンスターが生きている村人達を、その左手のシミターで掻っ切ったのだ……そう、容易に想像できた。
 命からがら生き残った者達も、このモンスターによる恐怖心はその心に強く刻み込まれている事だろう。
 そしてそんな村の端には、今回の被害に逢った者達の墓が建てられている。
 ただ地を盛った上に、簡単に名前を記しただけの粗末な物……今の村人達にとっての、精一杯の弔いの気持ちである。
「……冥福を……」
 冒険者を代表して、ファード、そして草原に吹く一陣の風・ルイ(a07927)が白い花を一本ずつ手向けていく。
 ……その時……。
『う……うぅ……パパぁ……ママぁ……』
 子供のすすり泣く声が、冒険者達の耳に聞こえ始める。
 その子供は二つの墓の前で、ただ一人立ちすくんでいた。
「……よしよし」
 緋炎絢爛・ゴウラン(a05773)が、その子供の所へとやって来ると、わしゃわしゃとその頭を撫でる。
 瞳を向ける子供に対し、ゴウランは。
「いいか? あの野郎には、アタシ達がきっちりオトシマエを付けさせてやるよ。だからあんた達、頑張って生きるんだよ。生きていりゃ、また笑える日も来るんだからさ、泣いてばかりいちゃいけないんだよ」
 子供の瞳を見つめながらのゴウランの励ましの言葉。子供はごしごし……と目を擦り、そして強く頷く。
「うし、それじゃアタシ達は行って来るよ、あの野郎にオトシマエをつけさせる為にね。あんた達も、頑張って村を復興させるんだよ」
『うん……分かった……お兄ちゃん、お姉ちゃん、ボクのパパとママの仇……取って、ね』
 子供の言葉に誰しも頷く。その子供の後姿を見つめながら、クラウディアが。
「これ以上、誰も殺されたくないから……もう、無闇な殺戮など……絶対にさせない」
 クラウディアの想いは誰もが思う想い。
 そして冒険者達は、モンスターの目撃証言を村の人々へと尋ね、その目撃証言を基に、至近の無事な村へと急ぎ向かうのであった。
 勿論……途中でモンスターと逢う事も考慮して。

●風、凪いだ時
 不思議な物で、先程の村からここに来る村の間で敵と出会うことは無く、冒険者達は未だ無事な村へと辿り着いた。
 冒険者達は村の人々に対し、この村へモンスターが向かってきている事、そして自分達が倒す為に、安心して欲しいという旨を告げる。
 アンサラーの護衛士である、暁の皇狼・ヒューガ(a02195)が居たことで、村の人々の混乱は少なかった。
 出来る限り家の中から出ないこと、そして有る程度纏まって家に居ることなどを指示し、そして冒険者達は、モンスターがやってくる時を静かに待つ。
 静けさに包まれた村……一陣の風が凪ぐ。
 もうすぐこの村は、激しい戦禍に巻き込まれる。その静けさは、冒険者達、そして村人達を緊張の中に巻き込むのである。

 そして……陽の光が地平線間近へと落ちた、夕方の夕闇の頃。
 ズシン……ズシン……という音が、遠くから聞こえ始める。
「……来たぜ、あいつが」
 待ち伏せていた荒涼絶地・グリット(a00160)が、その夕闇の中にその姿を見つける。
 左手に大剣、右手にシミターを持った敵の姿。間違いない、ユリシアの言った、首を狩るモンスターだろう。
「おーおー、まぁ噂以上に悪趣味なカラダをしてやがるねぇ、さぁ、とっとと片付けちまうとするか!」
 とゴウランは呆れながらも力強く言う。
 鎧進化を発動させ、そして持ってきた酒を口に含み、武器へと盛大に吹きかける。
 ゴウランの言葉に頷き、ヒューガも又。
「よし……グリット。打ち合わせどおりに行くぞ。他の皆も、宜しく頼む……」
 誰もが頷く……次第に村へと近付くモンスター。
 村を見つけ、両手を振り上げて威勢を上げるモンスター。
 また……一陣の風が戦場を凪ぐ。
 そして先手を打ったのは、シュバルツの飛燕刃奥義。
 気を練った刃がモンスターの身体へと向かう……しかしその刃は、強靭な体躯によって、カキンと跳ね返される。
 しかし注意を引くには充分だった。じろり、と冒険者達を見つめるモンスター。
 そして次の瞬間……村の方角から三つの風が飛び出していった。
 真ん中から向かうはゴウラン。頑丈な装備と鎧進化を発動させ、敵の注目を一手に引き受ける。
 左右からはヒューガとグリットの二人が近付いていく。狙うは……両手の武器。
 ゴウランが近付くのにあわせ、モンスターは両腕を一気に振り下ろす。
 ビュゥンッ、という強い2つの風の刃がゴウランを襲う。
「させないよっ!」
 とゴウランは二つの風を盾で受け止める。しかし二つの風は、グッ、ググッ、とゴウランの身体を少し押し戻した。
「ちっ、武器はその悪趣味な武器だけじゃ無いって事だね、二人とも、気をつけるんだよ!」
 ゴウランは、再びモンスターへと向かいながら、グリットとヒューガに叫ぶ。
 二人は頷き、モンスターの右舷・左舷から大きく近付いていく。
 また再び、モンスターは二つの武器を振り上げ、風の刃を振りかぶる。
「くっ……」
 強い風が頬を撫でる。その頬からは一筋の血が流れながらも、更に近付く。
 ヒューガとグリットの後方からは、シュバルツの飛燕連撃が二人の注意を逸らすために続いている。
 そして二人は、モンスターの懐へと潜り込む。そして両側面よりの攻撃を開始する。
 二人の頭上から二つの武器が振り落される。重さを生かした大剣の攻撃は地面を抉り、砂煙を上げる。
「グリット、いいか!?」
 敵の攻撃は強いものの、決してその動きは素早くは無い。
 敵の攻撃を交わし、破鎧衝奥義を繰り出し、敵の体制を崩そうとする二人。間接などの弱いところを狙う。
 二人の息の合ったコンビネーション攻撃……敵は僅かに体制を崩した。
「今だ!」
 ヒューガの叫びに応じ、隠れていたフユカ、ファード、ナガレ、そしてルイの四人が左舷、右舷から走りこんでくる。
 四人が狙うのは、その脅威である両手の武器の手。
 一気に走りこんだフユカは、その手を切断する為に肩へと電刃衝を放ち、同じくファードもその右腕に電刃衝を叩き込んだ。
 しかし、多少の傷は負わせた物の、切断までは至らない。逆にその武器を大きく振りかぶり、一番近くにいたグリットとヒューガを跳ね飛ばす。
 激しい力に跳ね飛ばされた二人、強くダメージをその身体へ受ける。
「怪我をした人は後ろへ下がって、回復する!」
 クラウディアが叫び、ヒーリングウェーブの射程ぎりぎりまで仲間を下がらせ、アビリティを発動させる。
 身体に受けたダメージがみるみるうちに回復すると。
「感謝する!」
 と二人はまたモンスターの目前へと走り寄った。
 一方ナガレは……あえて何もアビリティを活性化せずにこの場へとやってきていた。
 自分の剣の腕を信じるが為。
「もう……自分の大切な物を奪われない為にも、奪う者を一刻も早く……断つ、その為になら、私も敢えて……非情の体勢を貫くんだ……」
 するとナガレの想いに協調するかのように、淡くナガレの剣に光が纏う。
 ナガレだけではない。他の冒険者達の武器にも、次々と武器に淡い光が纏われていく。
「グリモア……エフェクト……いきましょう、これで……終わりにしないと、私達が圧されるだけですから!」
 フユカが再び気合を入れ、全開出力の電刃衝を放つ。
 そしてもう一方からファードが。
「るぁぁぁああっ、さっさとくたばりやがれぇっ!」
 と気合一杯に、その光を纏った武器から繰り出される電刃衝。
 二つの方向から襲い掛かる電刃衝は、その硬い皮膚にぐさり、と食い込み、そしてその勢いは止まる事無く、右の武器の腕を切断した。
「よし……やったぜ!」
 しかし切り取られた腕はぴくぴくと動き続ける。脅威では無くなったにしろ、今だその大剣は、冒険者達の血を欲しているかのように蠢いている。
 一方、沢山の人の頭を刈取ってきたシミターの手は、ルイが居合い斬り奥義と電刃衝を組み合わせて繰り出すものの、その強度は高く、グリモアエフェクトが発動したアビリティであっても中々切り落とす事は出来なかった。
「嘘……硬い……っ、切り落とせない……っ!?」
 そう呟いた瞬間だった。大きく振りかざしたシミターは、その場一帯を凪いだ。
 間近に居た冒険者達は、寸での所で交わした……かと思ったが、やはりその強く凪ぐ風に次々と吹き飛ばされていく。
 倒れた仲間達にヒーリングウェーブを駆けようとするクラウディアと、そんな仲間達へと狙いを定めるモンスター。
 そして……そのシミターを、地面を凪ぐように振るうモンスター。
 なぎ倒された衝撃に動けない冒険者達の身体を、次々と傷付けていく。
 グリット、ヒューガ、ゴウラン、ルイ、そしてファードの身体が、次々とそのシミターの餌食になり、天高く舞った。
 仲間達の回復に手一杯のクラウディアに、モンスターの攻撃の手は緩む事は無い。既にクラウディアのアビリティも限界に達し始めている。
「仕方ねえ……行くしかねえか?」
 敢えて両手が切り落とされるまで待機していたハガネとシュバルツ。仲間達が傷ついても敢えて敵の目前には出ず、非情を貫き続けていた。
 しかし今、既に仲間達は危険に晒されている。クラウディアのヒーリングウェーブも、間に合わない!
 ナガレの言葉にただ一つ頷くと、二人は村の方角より駆けて行く。
 不意を突かれたモンスターに対し、シュバルツが叫ぶ。
「汝が殺めた命の重さ……その身に充分な程刻み込んでやる、存分に味わえ!!」
 一緒に走り駆けて来たハガネが、モンスターが避けられないようにカラミティエッジを発動させる。動きを止められたモンスターに対し、立ち上がったヒューガとグリットが、モンスターの両側面より破鎧掌を同時に放つ。
 両方向からの伸縮、そしてそれに加えてのシュバルツがその首筋を狙ってミラージュアタック奥義を放つ。
「止め……だっ!」
 ミラージュアタック奥義は、モンスターの首筋へと的確に命中する。
『……!!』
 声にならない叫びを上げたモンスター。ミラージュアタックによって切り落とされた……その首。
 首という主人を失ったその体躯は、糸が切れたかのように、ズシン……とその場へと崩れ落ちる。
 そんな主人……コロン、と落ちたその首の表情。
 それは、どこか安らかな、そして思いを遂げたような、そんな表情になっていた。

「ふぅ……終わりましたね」
 肩で息をしながらハガネが呟く。他の仲間達も、肩で息する物、そして激しい傷を負った者……様々であった。
「……このモンスターを倒したことによって、少しでも平和に繋がればいいのだが……」
 シュバルツの言葉の通り、次第に平和に向かいつつある北方地域。
 しかし……平和には、まだまだ遠い。
 まだ周りには、モンスターの出現する地域が残されている。
 その地域を開放するまで……真の意味での平和は訪れないだろう。
「まぁ、後は後片付けさね。さ、みんな。勝利の美酒に酔いしれるとしようじゃないの。殺された人達の手向けも兼ねて、な?」
 とゴウランが、仲間達へと酒瓶を渡す。
 呆気に取られた仲間を尻目に、ゴウランは。
「それじゃぁ、今回の被害に逢った者達に弔いの気持ちを込めて……乾杯。」
 夜空に星々が輝く夜。
 また一つの平和の種が、芽を出したのである。


マスター:幾夜緋琉 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2004/07/29
得票数:戦闘19  ダーク2 
冒険結果:成功!
重傷者:荒野の黒鷹・グリット(a00160)  暁の皇狼・ヒューガ(a02195)  緋炎鋼騎・ゴウラン(a05773)  龍と共に歩む自由騎士・ファード(a07350)  青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。