死の国へ向かえ:腐り果てた村



<オープニング>


●死の国へ向かえ
「さぁ、みんな、お仕事よ!」
 ヒトの霊査士・リゼルは気合を入れて、酒場に集っていた冒険者を呼び集めた。

「モンスター地域解放戦の時にアンデッドが群れてた西方について覚えてる?」
 リゼルの問いに、数人が頷いた。
 西方については、ソルレオン領と接する地域であった為、手出しを控えていた地域であった筈。
 その後、アンデッドによって作られた骨の城の存在や、統率されたアンデッドの存在が確認されており、アンサラー護衛士団による調査も行われているが……。

「この地域について、東方ソルレオンの聖域で救出したソルレオンの少年から重要な情報がもたらされたの」
 その情報は『ランドアース大陸の下には別の世界がある』という衝撃的なものだった。
 彼がいうには、ランドアース大陸の地下には地獄のような世界があり、その地獄とランドアースとを繋ぐ『地獄の穴』が開こうとしているというのだ。

「ソルレオンの冒険者達が、リザードマンに聖域を奪われたのは、この『地獄の穴』に対する大作戦を行う為に聖域が手薄になっていた隙を衝かれたからなのですって」
 リゼルはそう説明すると、改めて、冒険者達を見渡した。

「東方ソルレオンがリザードマンに滅ぼされてから、1年以上が経過しているわ。状況は、時間の分だけ悪化していると考えて間違いは無いわね。
 もしかしたら、もう一刻の猶予も無いかもしれない……」

 死の国と呼ばれる地域は、骨の城を抜けて西に進んだ場所にある。
 冒険者達よ、死の国を護るように防御を固めるアンデッド達を切り伏せ叩き潰すのだ!

「今回の目的は、死の国への進路上のアンデッドを駆逐する事。切って切って切りまくって……活路を開いてちょうだい!」
 最後に、リゼルはそう付け加えたのだった。

●そして、依頼
「街道付近にある……いえ、あった村に向かい、大量発生しているアンデッドを倒してください」
 リゼルの説明の後に、白銀の霊査士・アズヴァル(a90071)が喉を一つ鳴らして説明を始める。西方に続く街道沿いにある小さな村で、アンデッドが数多く発生しているとの事で、このアンデッド達を1体残らず打ち倒す、というのが依頼の概要だった。
「内容自体はシンプルといえます。ただ、小さいとは言えど、アンデッドの数は多いです。村人残らずですから、規模からして50体は下らないでしょう」
 そのアンデッド達も普段は日の光を避けるべく、家や倉庫などにそれぞれ隠れているとアズヴァルは珍しく要点を先出しして説明する。
「霊査を行いましたが、特殊能力を持っているという結果は出ませんでした。手馴れた冒険者であれば、あまり手こずる事は無いと思いますが……」
 思わぬ所に罠があるかも知れないので気をつけて下さい。そう告げてアズヴァルは説明を終えるのだった。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 白銀の霊査士・アズヴァルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情(heartless)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
緋痕の灰剣・アズフェル(a00060)
月穿つ豹の爪牙・セリオス(a00623)
鋼鉄の護り手・バルト(a01466)
温・ファオ(a05259)
花天月地の花姫・ミュリム(a06501)
軽やかに跳ねる靴音・リューシャ(a06839)
三日月の導師・キョウマ(a06996)
冥府の番犬・ヤヨイ(a10090)


<リプレイ>

●朽ちて、果てて
 西方に向かう道程の途中。かの死の国へ向かう街道から分かれ、やや半刻程歩みを進めた先に目的の村はあった。既に、人の気配は無く――いや、この場合は生ける者の気配は無くと言うべきであろう。例えるなら死の気配、そんな違和感を村の入口に訪れた言に現しつくせぬ愚者・セリオス(a00623)達に与えていた。
「打ち合わせた通り、二手に別れよう。規模の大きな建物は合流して破壊する」
 ぎらぎらと容赦なく照りつける陽光が、再度、行動の確認するセリオスの銀髪を煌かせる。
「俺とアズフェル、キョウマがB班。ファオ達がA班だな」
 鋼鉄の護り手・バルト(a01466)が酒場で話し合った通りの班分けを行う。20軒程の数がある家屋を8人で一度に当たるよりも、半数に分けて当たった方が効率が良い。そう考えたヤヨイ達が中心となって決められた班分けだった。
「なじみのある顔があると、安心できるな」
 バルトや温・ファオ(a05259)に向けて、緋痕の灰剣・アズフェル(a00060)が安堵したのか、顔を少し綻ばせて笑みを浮かべて見せる。月華樹海の魔龍導師・キョウマ(a06996)も、彼の言葉にそうですね、と天灯花・ミュリム(a06501)の方を向いて頷いていた。
「それじゃファオ、呼子を渡しておくので何かあったらこれで合図をしよう」
 ファオが開いた手の平に呼子を置くと、バルトは自分の分を首から下げた。二手に別れて奇襲等のトラブルがあった際の連絡手段として必要だろうと判断した上で準備したものだ。それに習うように、ファオも首に呼子が結ばれた紐を通して下げた。これで何かあっても直ぐに合図する事が出来るだろう。
「それでは皆さん、無事に終えられるように頑張りましょうね」
 ファオのその言葉を合図にして、冒険者達は二手に別れて村の中へと足を進めるのだった。


●死者の巣
「荒れ果てて、随分経っているみたいですね……」
 既に生活の痕跡は洗い流され、轍らしき跡が確認出来るだけ。壊れた樽や廃材が辺りに散乱し、青々とした草が生い茂っている。軽やかに跳ねる靴音・リューシャ(a06839)はゆっくりと警戒を怠る事無く歩みを進め始める。
「きゃっ!」
「気をつけろ、足元が良く見えないからな」
 素っ頓狂な声を上げたミュリムが夜色の犬神・ヤヨイ(a10090) の言葉を聴きながらそっと足をのけてみると、そこにはヒトの大腿骨があった。野ざらしとなって長いのか、ところどころにひび割れがあり、土に返る途中なのが分かる。
「……ヤヨイ、さん」
「分かっている。変な気配がする……」
 強い日差しの中、自分たちを窺う気配を感じつつ、ヤヨイは赤光を纏わせると、家屋の中に投げ込んだ。どこかに衝突したのか、直後、爆音が響くと内側から畳まれる様に家屋は崩れていく。
 これなら中にアンデッドが居ようが関係ない。倒壊に巻き込まれる事で追い討ちがかかるだろうし、そこから更に現れても所詮は手負いのゾンビだ。手早く済ませて次の目標へと向かう事が出来る。ナパームアローの破壊力に着眼したヤヨイ達は効率よく処理をしていった。
「この様子だと、怪我をする事はなさそうですね」
 仕事の出番が来ないファオはミュリム達が手早く倒壊した家屋を調べている様子を見守りつつ、胸をほっと撫で下ろす。
 ただ、そんな機転を利かせていた彼らにも、気付かなかった事があった。だが、未だそれには気付かぬまま。足早に次の家へと視線を向けるのだった。

 転じてB班。こちらでもセリオスが家の中へとナパームアローを放つ事で次々と家を破壊していた。最初の物置からは何も出てこなかったが、二件目からずっと、乾燥したゾンビ達がよろよろと瓦礫と化した家の中から現れるようになった。
「この程度なら問題ないな……」
 バルトが剣を振ると、よろよろと立ち上がったゾンビの胴体を横一文字に寸断する。次いで頭部を打ち砕いて溜息を一つ。
「あまり気分が良いものじゃないな、やはり」
 問題ないと言うセリオスの顔を見つつ、渋い顔になる。彼らとて好き好んでこの様な姿に身を窶したのではない。いつか自分も彼らと同じ末路を辿ってしまうのではないのかと思うと、バルトは複雑な表情を浮かべてしまうのだ。
「気分が良い、という者は稀だと思うが……彼らを安眠に就かせる為と考えた方が気が楽だと思うぞ」
 淡々とアズフェルがそんなバルトに気持ちを切り替えるようにと助言する。そんな彼らの様子を気にかけつつ、キョウマは周囲の家々に意識を向け、警戒を怠らないでいた。
「自分から日の光の下には出ないという事なのでしょうか。いや、ただまだ出ないでいるだけなのか……」
 そう、彼が自分の考えを口にした時だ。これまでと周囲の気配が一転したのは。


●群がるモノ達
 家屋を破壊している間、アンデッド達が行動をしないという保障は何処にあったのだろうか? そんな物は何処にもない。腐れた死体である彼らは日中の行動が苦手なだけで、太陽の光は存在の消滅に直結する、所謂、致命的な弱点ではないのだ。
 生者の気配を感知して、それを襲う。彼らの習性は陽光の下であろうが、水辺に潜んでいようが、暗い洞窟の中であろうが、それは変わらない物だ。故に、
「……迂闊だったな」
「まさか、外に出てくるとは……」
 バルトやキョウマ達は僅かだが動揺の念を隠せなかった。彼らは警戒を怠る事は無かったが、日の光の下に出て来る事はあまり想定していなかったのだ。
 また、生活空間への罠の設置に殆どの者が気取られていた事も、一つの要因と言えるだろう。出入り口に自分達が負傷しかねない罠を設置する事は、生活を営む上で有り得る事は少ないのである。
「囲まれる前に合流するぞ!」
 咄嗟にセリオスが赤光を放つ矢を放ち、死者の群れの一角を切り崩す。その方向は二手に別れたヤヨイやファオ達が向かった方角だ。
「合流しましょう! この状況、恐らくあちらでも」
 白銀の杖を強く握り締め、キョウマが駆け出した。次いでアズフェルとバルトが纏わりつく死者達を薙ぎ払いながら走る。
 朽ちた家屋の傍を通り過ぎる度に、彼らを追うゾンビの数は増える。時折立ち止まり、セリオスがナパームアローを、キョウマがニードルスピアを放って足止めしつつ、リューシャ達の下へと急ぐのだった。

「リュ、リュー姉さん、どうしようー!?」
 一方その頃、ミュリム達の前にもわらわらと、角砂糖に群がる無数の蟻を連想させるかの様に、傍の家屋からゾンビ達が集まりつつあった。先程倒壊させた家屋の中からも2体の白骨死体、スケルトンが立ち上がり、幽鬼を彷彿させるかのような、ゆらゆらとした頼りない足取りでヤヨイの傍に近づいてくる。
「完全に囲まれてしまったら……数の差で押し切られちゃいます」
 きゅ、と手に持った小さな宝珠にファオは力を込めた。
 4人に対し、3人以上の敵の割り当て。回復主体の彼女にとって、それは荷の勝った事だ。短時間であれば無数の針を放つ事で凌げもしようが、彼らの周囲に集まりつつあるゾンビの量では無理な事だった。
 別れる前にバルトから受け取った呼子をファオは思い切り鳴らすと、宝珠をゾンビ達に向けて構えた。ヤヨイもそれに合わせるかの様に身構える。
「数の差なら……っ!」
「私も頑張るよ、リュー姉さんっ」
 腕につけた爪を構え、ミュリムは意を決して相手に集中する。その隣でリューシャは続けて3つの光の輪を滞空させていた。光の輪が手近なゾンビに襲い掛かると同時に、ヤヨイは集まりつつあるゾンビ達の中央に向けて切り込んでいく。
「……俺は守る。死人の貴様等に傷一つ付けさせないぞ……!」
 それは思いであり、誓い。守護すべき者の為にヤヨイは拳を振るい、赤い光を纏った白刃を飛翔させて血路を切り開く。切り開いたその先には二手に別れたバルト達が居る筈だ。
「皆、走れ!」
 爆音の後、ぽっかりとゾンビの群れに大穴が開いた事を確認したヤヨイが叫ぶと、ファオ達は駆けた。
 目の前に立ち塞がるゾンビ達に、数多の針を放って足止めすると同時に、ヤヨイの拳撃がゾンビの胴をごっそりと吹き飛ばす。
「姉さん!」
「息を合わせて……せーのっ!」
 吹き飛んだ死体を踏み越えて、義姉妹であるリューシャとミュリムの2人が突貫する。神速を持って、三つの姿に分かれた彼女達はゾンビ達の腕を掻い潜りながら、それぞれの相手に必殺の一撃を打ち込んだ。
 2人の眼前に居たゾンビが崩れ落ちると、その向こうに駆け寄ってくるセリオス達の姿が目に飛び込んでくる。
「無事か!」
「はいっ!」
 バルトの叫びにファオが答える。分かれていた冒険者達は合流し、ファオやキョウマを守る様に円陣を組んで体制を整えた。無論、合流は彼らだけでなく、彼らを襲うアンデッド達もなのだが――
「この量なら切り抜けられるな、バルト」
「おう。特に目立った奴の姿はない……一気に片をつけよう」
 アズフェルとバルトの見立てでは30強のゾンビとスケルトン。合流を済ませた時点で、それらが相手ならば苦戦する事はない。今までに培ってきた戦闘経験が彼らへ明確に告げるのだ。
「土に返りなさい、安息の眠りへと」
「出来るだけ、一撃で楽にしてやるからな……」
 そう呟きつつ、キョウマは邪竜の力を引き出して、無数の針を杖を振りかざしながら射出する。放たれた針は一部のゾンビを足止めさせ、バルトの大地斬で手足を粉砕されていた。
「アズフェル、後ろだ!」
 セリオスの声を聞いて振り返ると、鉈を持った死体が大きく振り被っていた。叫ぶと同時に矢を番えていたセリオスはそのまま放つ。アズフェル目掛けて飛ぶ矢は彼の直ぐ傍まで接近した頃に急激に軌道を変え、死体の頭部に突き刺さる。
「すまん、セリオス」
「礼を述べるよりも次だ、強さは大した事ないが数が多いのが曲者だ」

「ならば早々に片付けてしまおう。まだナパームは残っているしな……!」
 ヤヨイが獲物をゾンビ達の一角に向けて投擲すると、大音量の破裂音と共に、爆発が起こった。6体程のゾンビを粉砕し、傍にいた者は片腕や片足がもげ、満足に動けずにいる。
「――行って!」
 舞う様に剣を振ったリューシャの意思に従って、召還された光の輪が手近のゾンビに襲いかかった。先程召還していたモノは消えてしまったが、あれから都合4つの光の輪を戦闘に参加させている。
 独立した些か幼い思考形態である物の、術者への敵に目掛けて行く習性のお陰か、最初に囲まれかけた時よりも現在の方が明らかに負担が少なくなっていた。
 光の輪に混ざりながら、ミュリムが両腕に身に付けた爪、花爪【金盞花】を振り翳しつつ、残像と共に神速の一撃を次々と繰り出してゾンビどもを駆逐する。
「見ない、見ない……私は何も見ていません……」
 聞こえない程度の声で呟きながら爪を振るうと、肩口から一撃を受けたゾンビは左肩をべきりと、乾燥した樹を折ったような音を立てながらへし折れた。

 実の所、首を狙っていたのだが、狙って落とすのはなかなか難しい事なのである。ただ、それが成功しても首を落とせば当然、頭は落ちる。頭が落ちてきたら嫌かもと考えているミュリムからすれば、首を落とせなかった方が返って結果としては良かったのかも知れなかった。
「皆さんの傷は私が癒しますから、安心してください!」
 ファオの言葉と共に、彼女が持っていた宝珠が光り輝いて周囲に光の波を放たれた。傍にいたバルトやヤヨイが今までに受けていた傷がまるで無かったかの様に癒される。
「漆黒の炎よ……その顎で噛み砕け」
 ミュリムの打ち漏らした幾体かのゾンビに向けて、月を模した銀色の杖を構えたキョウマが三頭の獣の頭を模した漆黒の炎を放つ。炎はゾンビに取り付くと、体に燃え移り、黒い炎が点された大きな松明の様な姿に変えさせる。
「一気に薙ぎ払うぞ!」
 そんな彼女の傍でアズフェルが武具の魂で強化した二振りの愛剣を、正面で×の字を描く様に振り抜くと、不可視の衝撃波が群がっていたゾンビ達に襲いかかった。
 腕を切り落とし、首を、胸を、腰を、乾燥してしまったヒトだった物を放たれた衝撃波は只破壊する。
「残りは俺達で仕上げるぞ!」
「リューシャ、ミュリム!」
 ヤヨイが彼女達に引くように合図すると、セリオスとヤヨイは互いに背を合わせてそれぞれ向き合った方向に愛用の獲物を構えた。
 セリオスは弧蠍弓を、ヤヨイは殺生童子と呼称付けられた白刃を。赤い光を纏わせて、2人は残されたゾンビ達に向けてそれらを放つ。死体の群れに命中し、2つの爆発が村の中で起こり、傍にあった半壊した家屋を薙倒して瓦礫に変える。
 それで群れの大半を打ち倒した冒険者達は、残ったゾンビ達を手早く駆逐するのだった。


●手向けと思いと
「……これで彼らも安らかになれれば良いのだが」
「この方々の魂がどうか救われますように」
 バルト達の協力を得て殆どの死者の埋葬を終えたアズフェルが、十字に組んだ板切れを突き刺して簡素な墓を組み立てると、ミュリムがその前で膝折って祈る。
「静かに眠り続けてくださいね」
 酒場の裏手にあった井戸から水を汲んできたキョウマが、墓の前にそっと杯を置いた。罅が入り、既に杯としての役目は望めないが、それは致し方ない事だろう。
 無言のまま、祈りを奉げて居たファオが立ち上がると、遠くの山に沈む夕日が視界に入った。血の様な赤で彩られた太陽が冒険者達を紅に染め上げる。
「……やだ、すごい匂い」
「ミュリムさんも……」
 その赤さにファオが見惚れた時。先程まで継続していた緊張感、それがするりと、布が音無く解ける様にほぐれた途端、ミュリムとリューシャは自分達の身がどうなっているのかがようやく分かった。死体達が放つ臭気が自分達にも移っていたのだ。
 村に着てから埃まみれになり、腐敗したアンデッド達を相手にしていたのだからそれも然りといった所だが、年頃の女性としてみれば、気になって仕方の無い事だろう。
「わ、私もですね。早めに帰るなりして汗を洗い流したいかも」
 追って気付いたファオが頬を赤らめる。帰路の途中にある村でも寄り、そこで一度休みたいと女性達は歓談する。
「そろそろ行こう、今からなら夜の内に辿り着けるだろう」
 リューシャに向けてヤヨイが声をかけると、彼女はこくりと頷いて返す。彼女の手にはしっかりとミュリムの小さな手が握られて。
「ミュリムさん、早く行きましょ!」
「……うん!」
 まだ少し、素直になれないけれど。姉さんと思う彼女が好きな自分が居るのは変わりない事実な訳で。そんな複雑な思いを抱きつつもミュリムはリューシャの手を握り返すのだった。
 そうして彼らは帰路についた。彼らが真に安らぎを得られるように、そう願いながら。


マスター:石動幸 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2004/08/20
得票数:冒険活劇5  戦闘21 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。