ミュントス略奪部隊:赤い眩暈



<オープニング>


●ミュントス略奪部隊
 5月8日行われた大作戦『ザンギャバス包囲網』において、冒険者達は苦い敗北を味わった。
 多くの冒険者が命を落とし、或いは重傷となりながら、ゲート転送を使い退却してきたのだ。
 しかし、退却できたのは冒険者だけであった。
 チキンレッグランで街道が整備され、本格的な復興が始まったばかりの旧モンスター地域に住む人々は、冒険者という楯を失い、侵攻して来るミュントス軍の前に無防備で置き去りにされたのだ。
(アンサラー護衛士団、エルドール護衛士団の一部が、旧モンスター地域の砦に駐留しているが、その戦力ではミュントス軍の侵攻を牽制する程度の効果しか見込めず、旧モンスター地域全域を守ることは不可能だった)。
 この事態に、円卓の間でも、ザンギャバスとの再戦・死者の祭壇の再奪取を行う為の議論が続けられていたが、そこに、旧モンスター地域の現状を知らせる報告がもたらされた。
 それは、ミュントス軍の冒険者達が、旧モンスター地域の住民を襲い、次々と死者の祭壇方面へと連れ去っているという報告であった。
 冒険者にとって、この報告は到底見逃せる物ではなかった。
 冒険者としての誓約の中で最も大切な誓約。
 それは『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない』なのだから……。
 
※※※※
 
「どうやら大変な事になっているようね」
 今回の依頼の背景を説明したヒトの霊査士・リゼルは、沈痛な面持ちで、こう続けた。
「彼らが何故、人々を攫っているかは判っていないわ。でも、若い女性が攫われて残りは皆殺しにされたという村が多いみたい」
 ミュントス軍は、数人のノスフェラトゥ冒険者と多数のアンデッドで一つの部隊を編成して略奪を行っている。
 そして、アンデッドの中には『骨で出来た家のようなアンデッド』が居て、そこに攫った人々を閉じ込めて護送しているようなのだ。
 ノスフェラトゥ戦役で使われた『骨の城』の小型の物といった物なのだろう。移動速度はノソリンより少し早い程度だが、一度捕まったら、冒険者で無い者が自力で逃げ出すのは不可能だろう。
「今回の作戦の目的は、ミュントスの略奪部隊から人々を守る事。そして、攫われてしまった人達を、無事に救出すること。それに、ミュントス軍が放った強力なアンデッド……ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターを退治する事も重要な任務になるわ」
 ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターは、周辺の街を襲いながら街道沿いに移動している。
 周囲にノスフェラトゥの冒険者の姿が無い事から、略奪では無く破壊工作の為に放たれているのだろう。
 同盟諸国に打撃を与えるだけで無く、街道沿いに多くの死体がある事は、ノスフェラトゥ軍の次の作戦に有益な事なのだろう。
「いま、先の大作戦や旧モンスター地域から送られた物品などから霊査士達が最優先で霊視しているわ。詳しい事は、それぞれ霊査士から聞いて頂戴」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、祈るような視線を向けた。
 
●赤い眩暈
 燃え盛る焔の壁に巨大な影が立ち昇る。
 灰色の群は、ひとつの村を滅ぼすだけでは飽き足らず、さらなる生を求めて彷徨い続けるのだ。
「巨大な死者の塊と炎を吐き散らす魔物が混成する……非情に強力な死の部隊と対峙せねばなりません。場所は――」
 余韻を残して閉じられていた唇がわずかに開き、白い歯がのぞく。薄明の霊査士・ベベウの指は互いに絡まりあい、小刻みに震えていた。
 不意に開かれた瞳の色は――闇の遥か先を見はるかすような――薄い灰であった。
「小さな村の直前、街道上で捕捉することができるでしょう。月が出ているか、それすらもわからぬ夜半が戦いの時となります……覚悟と用意は、十分になさってください」
 黒髪の青年は、群の様子について語った。
「先頭を進むのは……巨大な人影。その後方に、百を越える死者が続く。その奥には二体の焔を吐くアンデッドモンスターが控え、さらに、数十の死者ともう一体の巨大な人影があるようです」
 すべてを殲滅する。
 それが、ベベウの示すたったひとつの条件だった。
 
 
 
=========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。
 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 薄明の霊査士ベベウの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情(heartless)』となります。
※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
==========================

マスターからのコメントを見る

参加者
虚言の導師・ラク(a01088)
諒闇黎明・ユリア(a03563)
朱の明星・エトワール(a07250)
青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927)
玄鱗屠竜道士・バジヤベル(a08014)
流しの歌い手・ウィン(a08243)
金色の闇・シャア(a12391)
サーキュラーロジック・シド(a14418)
優水の旋律・サガラ(a17496)
空を目指す者・ミナヅキ(a17960)
冥界の犬神・ミュヘン(a19495)
大地を翔ける蒼き翼・カナメ(a22508)


<リプレイ>

 目映い光が鏡のような月夜だった。冷たく光を照らしているが、その面に返った影はまばらで幽けきものばかり。
 邪悪を見るか、それとも、神聖を見いだすのか、それは見るものの心の有り様次第だ。
 ――あるいは、実際に確かな紋様が描かれているのかもしれないが、もっとも信頼のおける自らの双眸で確かめる術を持つものは、この世にはない。
 
 月光を浴びて浮かびあがる巨大な肩が上下に揺れるたび、大地は震え戦慄いていた。彼の巨大な影の持ち主は、屍衣の群を付き従えるようにして、本来は生者のものであるべき街道を下っていた。
 細く伸びた影が巨躯の死者へと向かっていく。
「不浄な存在は全力で蹴散らしましょう」
 瞬く金の流れを背に配して、闇の灯・シャア(a12391)は駆けていた。腕に沿うように伏せられていた刀がひるがえり、整えられた指から先へ伸びて鋭い白刃となる。跳躍した少女が通過すると、脇腹がぬぷと音をたてて静かに切り開かれていった。
「ここで時間を食ってる暇はない!」
 風が梳いた銀糸の髪が、白銀の翼・シド(a14418)の頬を打っていたが、イブキと名付けられた剣のごとき長槍を手に彼は、巨大な影を目指していた。シドは真実、影を狙っていた。巨躯の死者が長大に伸ばした影の根本へ、純銀の刃を突き立てようとしていたのである。像を分かち、三名となった翔剣士の刺撃が、一点に収束する。
 相手は村を滅ぼしたものたちである。大地を翔ける蒼き翼・カナメ(a22508)の美麗な目元が歪められ、唇からは悪態が吐きだされる。
「胸くそ悪い……全員、土に還してやるから覚悟しろよ!」 
 腰の裏に台座を結わえ付けた燭台の灯が、カナメの身体が上下するに伴って、薄暗闇に波打つ軌跡を描きだした。そこへ、蒼誓剣の眠る湖のごとき冷たさの輝きが、淡い軌跡を重ねていく。幽玄の薔薇に囲まれた彼は、巨躯の死者の巨大な足を切り刻んだ。
 片足を失った死者は、背後に詰めかける比べて遥かに小さな人影をいくつか押し潰して、街道に横たわった。
「まとめて……かかってこいやぁ!!」
 欠けた月を模した刃を掲げる黒塗りの柄を按じ、青龍の息吹き・ルイ(a07927)は亡者が織りなす灰色の波濤に分け入った。頭上で鋭く旋回させた刃は、満ちた月の輝きを写し取り、周囲にあった死者に深い亀裂を生じさせていた。
 シャアの身体が地表を旋風に舞いあげられた木葉のように転がった。這いつくばった恰好から、巨大な腕によって薙ぎ払われたのである。死者の塊はなおも進もうとしている。彼のものに呼応するかのように、無数の死者たちも使命の遂行をまっとうする所存のようだ。すなわち、それは生の簒奪――狙いはルイたち前衛に立ち並ぶ冒険者たちである。尖った爪や肉を失った膝、唇の失せた口から漏れる、渇きに満ちた音がシドたちを囲んだ。
「……これが、僕らが敗れたツケってわけか」虚無を奏でる戯言師・ウィン(a08243)は滑らかに研磨された宝玉を指の腹に感じ、煌闘舞翔の刃を手の平で回転させた。「なら……もう二度と、負けるわけにはいかない。この誇りを賭しても――絶対に、勝って……生きて……帰って来るんだ」
 戦場を包み込んだのは、不穏な気配を吹き払うがごとき心の強さを誇り、朗々と歌われた凱歌であった。腕に遺されていた指先を投げ捨て、力を取り戻したカナメはさらに死者へと斬りかかっていく。
「さて、団体の腐ったお客さんを地獄の果てまでご案内といこうやないの。それなりのおもてなしでな」
 目を細めて彼は、背を丸めて歩く死者の国からの来客を見遣っていた。頭を下げて恐縮がっているようにも見えたが、亡者たちにそんなつもりは微塵もない。虚言の導師・ラク(a01088)はコートのポケットから左手を取りだし、右手で支えていた書物――漢たちの強い想いが宿っていた――の項を繰った。
「んーむ」ラクは首を傾げている。「……邪竜様も大したこたぁないな、こんなもんでは」
 焔の舌先をちらつかせて飛び立った黒い焔を負いかけて、穏やかな昼の輝きが辺りに輪を広げていった。光の中心には、黒の法衣にたおやかな肢体を包み込み、冬の朝を思わせる髪の女性が佇んでいた。
「兎に角、通しませんよ……必ず……抑えます」
 そう言ったのは、諒闇黎明・ユリア(a03563)であった。虚空に輝きを冠した彼女は、穏やかな眼差しをひとりの仲間へと向けた。彼女は頭上に聖なる輝きをまとった白光の槍を浮べていた。
 胸元を飾る金翼の誇りを瞳に宿して優水の旋律・サガラ(a17496)は、慈悲の糸を引く槍を、不遜にも大地を自らの腐れた身体で埋め尽くしたものへもたらした。聖なる槍は巨躯の死者の頭部を貫いている――。
「最後までアビリティが保てるといいのですけど……ね」
 そう呟くと青年は、掌中で気を練り上げた。蠢く指の内側で、矢がその形を浮べていく。銀血の弾丸・エトワール(a07250)は鋭い鏃を持つ矢を弄ぶように手の平で弾ませていたが、それは機の到来を待っていたのである。流れるような所作で夢想弓に構えられた刺の矢は、瞬秒の後には巨躯の背で矢羽根を痙攣させていた。
 前衛ではシドたちが、中衛ではウィンらが並び、後衛にはエトワールたちが広がっている。冒険者たちは、三層に積み重なる扇状の備えを敷いていた。
 後列の扇、その端からもたらされた黄金の雨が、死者の群に吹きつけられている。
「これ以上モンスター地域の皆さんに迷惑をかけるわけにはいきませんからね……」
 輝く紋章の裏側でそう言ったのは、水色の瞳に目映い朝日を思わせる髪の少年、闇を照らす希望の光・ミュヘン(a19495)であった。
 ――ただ往く。
 玄鱗屠竜道士・バジヤベル(a08014)の心持ちはあまりに簡素であるがゆえ、例え強大な力をもってしても打ち崩されぬもの。彼の指先が宙を切り裂くと、同時に腰に結わえられていた蝋燭の灯も揺らめいた。そして、次の瞬間、老練の邪竜導士の身体からは無数の鎖が飛びだして、周囲を闇色で包み込んだ……。
 眠ったような静けさによって、辺りは支配されている。無数の死者が身体を強張らせ、その場に立ち尽くしていた。だが、その背後には揺らめく何かがあった。焔を吐き散らす四つん這いの大きな身体がふたつ、街道に並び立っていたのである。
 蒼を目指す者・ミナヅキ(a17960)は焔の魔物に気付いてはいたのだが、決別を諭す術手袋で護られた指先を前方へ彷徨わせて、汚らしい身なりの人々へ言った。
「近づかないで……服が汚れるでしょ?」 
 無数の針が渦巻いて宙に浮かびあがったかと思うと、黒い靄のような群は死者の軍勢の渇いた身体を、次々と穿っていった。
 
 吹き抜ける風のようなシャアの太刀によって、巨躯の死者は全身に漲らせていた苛烈な力を失った。巨大な亡骸を足場に戦場を駆け抜けると、シドはイブキを振り抜いた。壮麗な穂先から散った衝撃は、目には見えぬ風の刃となって焔の魔物を襲い、その身を切り裂いていた。
 筒のような器官から、魔物は焔を吐き散らした。黒く染まった焔の先端が、周囲の冒険者たちの身体を次々と焦がし、痛めていく。
 ラウンドシールドの向こうから、シドが言う。
「一応、義弟のためにも、ね。怪我させるわけにはいかないんだよ!」
 シドの背から飛び出したミュヘンは、緑の風を焔のたもとへと差し向けていた。
「まだ貴方の番ではないのですよ? 遠慮せずにゆっくり休んでて下さいなのです!」
 空を貫いて飛来したエトワールの矢が、魔物の喉元に突き刺さった。魔炎を囲むように立ち尽くす亡者たちへ、祈るバジヤベルが黒針の洗礼を浴びせていく。
「生者に明日を。死者に眠りを。この身を賭けて……いざ成さん!」 
 白き羽が揺らめいて、少女は両手を死者の額に触れさせていた。
「燃えろっ!」
 手の平から溢れかえるように膨らんだ火球は、そのまま朽ちた鼻の顔面を捉えて、魔炎の舌先を散開させたのだった。頭部を失い崩れ落ちた死者を一瞥もせず、ミナヅキは次を求めている。
「雑魚は邪魔なんだよ!! どけ!!」
 蒼い刃を青ざめたような月明かりにちからつかせて、カナメは地面に映る無数の人影を裂いていた。視界の先では骸の塊から紅蓮の魔炎が吐き散らされている。
「ミュへン! こいつを倒すまで持ちこたえてくれ!!」
 金の髪を取り巻くように、緑の木葉が立ち昇り、焔の魔物へと向かっている。その様を睨むような視線で捉えると、カナメは膨らんだ腹を見せる巨大な塊を青い双眸で射貫いた。焔の魔物は、もう一体いたのである。
「……ありったけ打ち込むから」
 そう言ったサガラの横顔は真剣そのものであった。光り輝く槍を頭上に浮べ、魔物の頭部へと突き立てた彼女へ、ウィンは頼もしさを感じて口元を綻ばせた。そして、次の凱歌は彼女を歌おうと心に決め、即興の詩を紡いだのである。
「優しさを湛える神聖なる水の淵よ、慈しむように頬を撫でるあなたの指先は、儚き彼方からの来訪者をも迎え、あるべき場所へ還すのですね、ルルル、ラララ、ルルル、ラララ――」
 闇夜を飛来した白銀の槍を目で追い、疲れた身体に生気を取り戻す歌を浴びて、ルイは思わずこう呟いていた。
「おいおい、俺の出番ないんじゃないか?」
 だが、腰を落として青龍堰月刀を大きく旋回させた彼の周囲では、胴や胸部を切り裂かれた死者が次々と折り重なるように倒れているのである。巨躯の死者と焔の双眸に挟まれた多くの兵卒は、今やそのほほすべてが土に還ろうとしていた。
 明るい栗色の髪、その先端にまで這い進んだ魔炎を見つめるラクの瞳は、内側に寄っていた。ちらつく焔の花から焦点を外し、魔炎を吐き散らして仲間の身体を吹き飛ばした敵へ、彼は玲瓏な一瞥をくらわせる。書物を胸に差し向けた、ラクの整えられた指先から放たれた魔炎は、肌から噴きこぼれる焔へ吸い込まれるように飛んで、魔物の身体を苛めたのだった。
 焔の双眸のごとき二体の魔物は、まだ倒れていない。それどころか、彼らが立ち尽くす背後からは、次なる衝撃が冒険者の元へと向かっている。数十を数える死の国の兵たちと、彼らを従える巨躯の将官である。
「……これならどうでしょう?」
 未だ輝きの内にあり、皆の行く手を照らして、ユリアは広げた両手を天蓋へと差し向かわせた。ふわりと宙を舞った銀糸の束は、ふわふわと裾野を広げながら地へと舞い降り、焔を吐き散らす魔物とその後方に集まりつつあった一群を搦め捕っていた。
 辺りに、めらめらと燃える炎にくべられた薪が爆ぜながら崩れ落ちるような音が響き、舞い散った火の粉が雨のごとく降りしきった。その色は赤ではなく、黒ずんで闇を思わせた。
 狭い額を輝く槍で貫かれた魔物が、長大な身体を地に横たえている。光を失った後の魔物の頭部に、傷らしい傷は残されていなかった。焔の想像の瞬きを孤独な隻眼へと変えたサガラたちは、黒い身体を乗り越えて先へと向かった。
「退けっ!!」
 怒号を響かせたカナメは夢幻の薔薇の幽けき光に包まれていた。刃が次々と魔物の肌を刻んでいく。次いで、膨らんだ魔物の腹部には、焔が地のように流れ出す長い線条の傷が切り裂かれていた。尾の隣でナイトブレードの切先を揮い、魔炎の欠片を払ったのは、シャアであった。
 白刃の先端から飛ばした波濤のごとき衝撃が、魔炎を一杯に貯め込んでいた筒状の器官を通過して、四つん這いする体の内部へと到った。顔面を行き場のない黒炎によって包み込むと、焔の魔物は地をのたうちまわって、動かなくなった。
「ミュヘンさん!」
「はい!」
 瞳を交わしたシドとミュヘンは、残された戦いへと赴くべく、亡骸を踏み越え突き進んだ。疲れてはいたが、不思議と身体は軽やかだった。
 
 視界を埋め尽くすのは灰色の肌と黒ずんだ着衣の欠片、そして、丸太のような腕を振り上げる巨大な人影の向こうにのぞく、冷たい月の輝きだった。
(「なまむぎ、なまごめ、なまごろし……」)
 激しい打撃を浴びて身体は悲鳴をあげていたが、シャアは両手を交差させた奥で言葉遊びをする。護りに徹して敵勢を引きつけた彼女の頭上を、小さな火球を過っていく。それは、巨躯のアンデッドの足元に落ち、その周囲を取り巻いていた亡者を吹き飛ばしていく。
 矢を放ったエトワールの傍らを、シドとカナメが駆け抜けていく。狙いは巨躯の死者である。
「これが……ラスト!!」
 振り抜かれた切先から飛んだ刃の風が、巨人の膝を抉る。息をついて首肯いたシドの影を越えて、真紅の花をまとう斬撃を繰り出した。剱を断ち、骨を切る感触が手の平に残る。
 月の刃を手にして、ルイは死者の群に切りかかった。伸ばされる禍々しい指先をもろともせずに彼は、鈍色の軌跡を宙に描き出す。
 煌闘舞翔の美しい刀身をひるがえして、ウィンは軽やかに身体を回転させると、その切先を灰色の巨人へと向けた。放たれた波動は、落ちくぼんだ瞳や縫い付けられた口元へ激しい衝撃をもたらしている。
 影が大きく揺らめく。
「バッサリ、バッサリってな」
 冷ややかな笑みを浮べるラクの周りから、不穏な物音とともに現れた幾多の針たちが、月影に浮かぶ虚ろな来訪者たちを次々と貫いていく。
「……大丈夫ですか? 次……来ますよ」
 彼女は振り返ってサガラの顔を見た。ふんわりと舞った銀の髪の奥に、ユリアは穏やかな微笑みを湛えて、前方で蠢く死者たちを見返した。記述された紋章から伸びた黄金の条が、屍衣を淡々と散らしていく。
 光の雨に頬を撫でられながらサガラは、そのしなやかな身体から仄かな光の裾野を仲間の元へと広げていった。最前列で剣戟を打ち鳴らす彼らの背が、癒しの光に滲んでいく。
「一体たりとも逃がしません! ここで全て終りにします!」
「小物は削っていくとしよう」
 ミュヘンの前方から光が飛び散って死者の身体を貫き、暗黒の鎖をまとったバジヤベルの身体から伸びた冷たい縛りは亡者の身体を絡めていく。
「んー……やっぱりゾンビに可愛い子はいないなぁ……はぁ」
 溜息交じりのミナヅキが黒針の群を死の国の軍勢へ向かわせた時――月明かりを大きく遮っていた影がけたたましい音をたてて前のめりに倒れた。
 巨躯の背を、跳梁する黒い影のごとく過り、深く暗い影を灰色の肌に刻んだのは、シャアの繰り出した静寂の太刀であった。
 
 すべてが滅せられ、後に遺されたものは何か――。
 その答えは、これから、見いだしてゆかねばならない。


マスター:水原曜 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:12人
作成日:2005/05/28
得票数:冒険活劇2  戦闘40 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。