ミュントス略奪部隊:双邪の難



<オープニング>


●ミュントス略奪部隊
 5月8日行われた大作戦『ザンギャバス包囲網』において、冒険者達は苦い敗北を味わった。
 多くの冒険者が命を落とし、或いは重傷となりながら、ゲート転送を使い退却してきたのだ。

 しかし、退却できたのは冒険者だけであった。
 チキンレッグランで街道が整備され、本格的な復興が始まったばかりの旧モンスター地域に住む人々は、冒険者という楯を失い、侵攻して来るミュントス軍の前に無防備で置き去りにされたのだ。
(アンサラー護衛士団、エルドール護衛士団の一部が、旧モンスター地域の砦に駐留しているが、その戦力ではミュントス軍の侵攻を牽制する程度の効果しか見込めず、旧モンスター地域全域を守ることは不可能だった)。

 この事態に、円卓の間でも、ザンギャバスとの再戦・死者の祭壇の再奪取を行う為の議論が続けられていたが、そこに、旧モンスター地域の現状を知らせる報告がもたらされた。
 それは、ミュントス軍の冒険者達が、旧モンスター地域の住民を襲い、次々と死者の祭壇方面へと連れ去っているという報告であった。

 冒険者にとって、この報告は到底見逃せる物ではなかった。
 冒険者としての誓約の中で最も大切な誓約。
 それは『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない』なのだから……。

※※※※

「どうやら大変な事になっているようね」
 今回の依頼の背景を説明したヒトの霊査士・リゼルは、沈痛な面持ちで、こう続けた。

「彼らが何故、人々を攫っているかは判っていないわ。でも、若い女性が攫われて残りは皆殺しにされたという村が多いみたい」

 ミュントス軍は、数人のノスフェラトゥ冒険者と多数のアンデッドで一つの部隊を編成して略奪を行っている。
 そして、アンデッドの中には『骨で出来た家のようなアンデッド』が居て、そこに攫った人々を閉じ込めて護送しているようなのだ。
 ノスフェラトゥ戦役で使われた『骨の城』の小型の物といった物なのだろう。移動速度はノソリンより少し早い程度だが、一度捕まったら、冒険者で無い者が自力で逃げ出すのは不可能だろう。

「今回の作戦の目的は、ミュントスの略奪部隊から人々を守る事。そして、攫われてしまった人達を、無事に救出すること。それに、ミュントス軍が放った強力なアンデッド……ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターを退治する事も重要な任務になるわ」
 ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターは、周辺の街を襲いながら街道沿いに移動している。

 周囲にノスフェラトゥの冒険者の姿が無い事から、略奪では無く破壊工作の為に放たれているのだろう。
 同盟諸国に打撃を与えるだけで無く、街道沿いに多くの死体がある事は、ノスフェラトゥ軍の次の作戦に有益な事なのだろう。

「いま、先の大作戦や旧モンスター地域から送られた物品などから霊査士達が最優先で霊視しているわ。詳しい事は、それぞれ霊査士から聞いて頂戴」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、祈るような視線を向けた。

●双邪の難
「状況は君らも知っての通りだ。事態が急迫していることは勿論、略奪部隊の数も少なくないようだね」
 そう口にしながらも、眠たげに普段どおりの調子で斜陽の霊査士・モルテは冒険者達に詳説を始めた。
「旧モンスター地域の村の一つが襲われた。そこから連れ去られた女性や子供達を救うのが君らの役目となる……これ以上の被害は食い止めなければならない」
 移送用の小さな骨の城、『骨の家』とでも言うべきものが二台。それぞれをノスフェラトゥの冒険者が一人ずつ動かしている。一人は申し訳程度の黒皮を纏った裸同然の女性で、術手袋をしている。もう一人は皮パンツのみで上半身は裸の、細身の突剣を持った男性だ。
 若干の距離を開けて二つの骨の家はノソリンよりも早い速度で進んでおり、その周囲には合計40匹ほどのハイエナのような姿形のアンデッドがまばらに散っているようだ。
 また、一方には子供達が、もう一方には女性達がそれぞれ8人ずつ乗せられることが判明している。
「襲撃に際しては敵冒険者の行動を予測し、十分に注意する必要がある。最優先事項は女性達の身柄の確保だ。深追いしたりして、それを忘れないように気をつけてほしい」
「みな、たのんだのじゃ!」
 ぴょんぴょんと飛び上がって、彩雲の天鳥・スピナス冒険者達を鼓舞した。
 本心では依頼を受けたい気持ちで一杯の彩雲の天鳥・スピナスだったが、足手纏いになることを見越したモルテの忠言で、参加は見送っていた。
「私達には先の敗戦を雪ぐ機会があっても、人の命に次はない。今回は色々と損な役回りになるだろうけれど……心して臨んで欲しい」
 椅子にもたれかかり目を擦りながらも、モルテの声は真剣みを帯びていた。

=========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 斜陽の霊査士・モルテの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『財宝(treasure)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
==========================

マスターからのコメントを見る

参加者
星辰の爪牙・アンリ(a00482)
バニーな翔剣士・ミィミー(a00562)
エルフの紋章術士・イルミナ(a00649)
鋼鉄の護り手・バルト(a01466)
金色の疾風・キリー(a01667)
自然と昼寝愛好家・ファンバス(a01913)
ツッコミ系酒乱ナース・パルフェ(a06229)
焔獣・ティム(a12812)
月射す静夜・クローバー(a17873)



<リプレイ>

●誤算
 ノスフェラトゥ率いる敵の一団は、真っ直ぐに死者の祭壇へと歩を進めていた。歩みと言うにはその進行は速く、冒険者達は最寄りのゲートからひた走りに走り、ようやくその姿を捉える。
「骨の城は道を一列に前後並んで進んでるみたいね」
 遠眼鏡を覗き込み、バニーな翔剣士・ミィミー(a00562)は敵の姿を確認する。
「『前後』か……」
 左右からの挟み撃ちを考えていた鋼鉄の護り手・バルト(a01466)達にとっては、あまり都合がいいとは言えない配置だ。
「匂いでこちらの動きが気取られないようにしましょう」
 上手い具合に風は向かい風だ。後方からならば匂いで感づかれることはないと星辰の爪牙・アンリ(a00482)は考えた。
 そして示し合わせた通り、冒険者達は二手に分かれる。
 各々のアンデッドはまるで統制が取れていないかのような動きを見せていたが、不思議と骨の城の進行に遅れることはなかった。
「もう少し近付かないとやなぁ……」
 そうツッコミ系心療ナース・パルフェ(a06229)が言い終わるよりも早く、金色の疾風・キリー(a01667)達の近くにいたアンデッドがぴくりと脚を止め、キリー達の方を向いて唸りを上げた。
「くそっ、まずったか!?」
 一拍置いて、パルフェ達の近くにいたアンデッドも同様に反応した。
「――何かいるわ!」
「ああ、こちらにもいるようだ」
 先を進む半裸の女が後方に向かって声を張り上げると、それに男はぼそりと答えた。
「しまった――――!」
 冒険者達が仕掛けるより早く、二人のノスフェラトゥは互いに迫る存在を感じ取った。
「……散らばったアンデッド達は、索敵の役割も果たしていたというわけね」
 不用意に近付いた訳ではなかったのに、とエルフの紋章術士・イルミナ(a00649)は険しい顔になる。
 相手は思っていたよりも警戒していたようだった。
「とにかく、仕掛けるしかないな」
「行くぞ!」
 二手に分かれた冒険者達はそのタイミングで同時に襲撃を開始したが、先を行く女術士を目標とする班は余計に機を逸した形となった。
「遠い……なぁ〜ん」
 月のある静夜・クローバー(a17873)の額を汗が伝う。まだ目標までは、自分の攻撃が届かないほどの距離がある。それを追って走り続けながら戦わなければならない。

●双邪の難
 突剣の男がしなやかにその突剣を振るうと、円盤状の衝撃波が生じる。
「やっぱり、翔剣士なのね」
 見覚えのある技に、ミィミーは反応する。
 ミィミー達にとって、リングスラッシャー程度は驚異にはなり得ない。それが牽制であることは明白だった。
 円を描くように旋回して近付いてくるその衝撃波とアンデッド達が、骨の城に近付こうとするミィミーと自然と昼寝愛好家・ファンバス(a01913)の前に立ち塞がる。
「もう、邪魔しないで!」
 牽制には牽制をと、ミィミーはリングスラッシャーを生み出した。
 余計な敵はできるだけ避けて一刻も早く突剣の男に近付きたかったが、アンデッド達は四人の動きに合わせるかのように飛び掛かってくる。
「光の帯よ!」
 漆黒の術手袋を空に閃かせるイルミナ。
 描かれた紋章から現れた光線が、周囲のアンデッドに浴びせられた。
 だが、それを受けてもまだ彼らの四肢は折れることはなかった。それどころか、反撃とばかりにイルミナの脚に噛み付いてきた。
「っこの……だったら何度でもやってあげるわよ」
 生き残ったアンデッドは、パルフェにも飛び掛かる。
「きゃっ!」
 パルフェの天使の加護は、アンデッドの牙を防ぎきれずに消え去った。
「――聖なる槍、彼の者を撃ち抜きや!」
 イルミナの攻撃で手傷を負ったアンデッドに、パルフェが創り出した白く輝く槍が突き刺さる。目の前のアンデッドは、ただの死体へと還った。

 移動する骨の城の上から攻撃してくる突剣の男と、ハイエナのように戦場を駆けるアンデッド。
 機動力では冒険者達に利はなかった。
 行く手を遮るアンデッドに天使の力を加えた一撃をぶつけ、ようやくファンバスの前に道が開ける。
「やれやれ、いい加減お相手願えますか」
「舐められたものだ」
 男は突剣の切っ先を振るわせ始めた。
(「またリングスラッシャーか……?」)
 だが一際鋭く剣を振るわせて発生した衝撃波は、先程とは別物の攻撃となってファンバスへと襲いかかった。
「――ぐはっ……!」
 音速の圧力波は、鎧聖降臨で姿を変えた鎧を通り抜けて、直接ファンバスの体を痛めつける。その痛みにファンバスの足も止まったが、幸いにも天使の加護が幾らか肩代わりしてくれたようだ。
「ファンバスはん、しっかりしぃや!」
 すぐさまパルフェの援護が入り、その傷は癒されたが、続けて二度は食らいたくないとファンバスは思った。
「これじゃ、近付くことも……」
 容易ではない、という意識がミィミーの心に芽生える。
 突剣の男のソニックウェーブは自分なら避けられるかもしれないし、その攻撃も無限には続かないだろう。アンデッド達はイルミナのエンブレムシャワーによって次々に倒されていく。
 いつかは、男の元へと辿り着けるかもしれない。だが……
「……」
 突剣の男が女性を骨の城から引きずり出した時、パルフェの笛の音が短く刻まれて戦場に響いた。

●ノスフェラトゥの冒険者
 女術士はその体に漆黒の炎を纏っていた。
「黒炎……やはりか」
 隣を走る青年と目を合わせ、バルトは確信する。
 先陣を切り、囮となるべく自分へアンデッドを引き付けようとステッキを振るバルトだったが、
「どこを向いている? 俺が相手だ」
 アンデッド達は必要以上にバルトを相手にしようとせず、骨の城に近付く者を優先的に邪魔していた。
「あまりしつこいと嫌われますよ」
 食らいつくアンデッドの牙をかわし、アンリは何とか前に進もうとする。
「ダメだ、こいつら逃がしちゃくれないみたいだぜ」
『焔牙』を大きく振りかぶると、焔獣・ティム(a12812)は飛び掛かるアンデッドを一息に薙ぎ払った。
 無視して引き離そうにもアンデッドの方が足が速い。思わぬ足止めを食う事になっていた。
「ここはクローバーに任せるなぁん。こっちなぁ〜ん!」
 一歩前に進み出たクローバーの頭部が激しく輝く。
 彼女の近くにいたアンデッドはその光に反応し、目標をクローバーへ定めると、一斉に襲いかかった。
「うわあぁぁ――」
 囮になることには成功したものの、クローバーは次々とアンデッドの攻撃を受ける。
 そこへ黒炎に包まれたムーンリーズが駆けつけ、白銀の左腕を掲げた。
「鳴き叫べ鋼の群槍よ……」
 幾百の鋭針が撃ち出され、餌食となったアンデッドの何匹かを一撃で葬り去る。
「助かったなぁ〜ん」
 這々の体でその場を抜け出すと、クローバーは後退した。
「邪魔すんなっ!」
 追い縋るアンデッドを蹴り飛ばし、キリーは骨の城に近付こうとする。
 だが、女術士から撃ち出された三つ頭の黒炎はキリーの胴体に食らいつき、弾けて燃え上がった。
「ぐおぉ……くそっ、負けねぇ!」
 足が言う事を聞かない。やせ我慢をするには、一撃が重すぎた。
「無理をするなキリー、一旦退け!」
 叫ぶバルト。回復にも限りがあるが、移動しながらの戦いである。倒れてしまっては元も子もない。
「子供達を返しなさい!」
 女術士の攻撃の隙を突いて、アンリはチェインシュートで撃ち出してキリーを援護する。武具の魂で幾分威力を増した『爪牙』は、女術士の脚を掠った。脚の傷から血が滴る。

 傷を負って一歩退いたクローバーは、途中聞こえてきたパルフェの笛の音により、男剣士側への援護へと転じた。
 敵と味方との距離が近く、ナパームアローによる攻撃はなかなか難しい。かといって、影縫いの矢は、その効果がなかなか現れない。
 その上、敵は予想通りの行動に出た。

●覚悟
 迫り来る冒険者達に黒炎を浴びせながら、女術士は苦虫を噛み締めたような表情を浮かべた。
 さすがにこれだけの数の冒険者相手では分が悪い。このまま戦い続けるのは危険だった。
 思うが早いか、女術士は骨の城から一人の女の子を外に引きずり出した。
「動かないで頂戴」
 女の子の首に、女術士は手を掛ける。
「大人しく子供達を置いていけば、逃がしてやろう」
 人質に取られたからといって、大人しく逃がす訳にはいかない。かといって、人質に構わず行動するほどの覚悟を決めていた者もいなかった。
 だが、バルトの言葉に女術士はつまらなそうな顔をしたかと思うと、傍らの子供を地面へ投げ捨てた。
「なっ――――!!」
 目の前に起こった出来事に声を無くしたキリー達の表情は凍り付き、追う足は確実に遅れた。
 地面に転がった子供は、強く打ち付けられた体をようやっと起こしたところで、泣き声をあげる間もなく群がるアンデッドに噛み殺された。
「勘違いして貰っては困るわ――これは取引じゃない、命令よ」
 泣き叫ぶ子供を骨の城から引きずり出し、女術士は冷ややかな声で冒険者達を見下す。
「貴様……よくも」
 ギリッとアンリは歯を噛み締める。
 誰もが手を出す事が出来なかった。だが、その躊躇に後悔した。
「許さねぇ。てめぇは絶対に許さねぇぞ!」
 静かに怒りを顕わにするティムは、全力で駆け出した。アンリとキリーもそれに続く。
「くっ……止まりなさい!」
 迫り来るティムの目の前に子供を投げ捨てるが、ティムは足下に転がる子供を飛び越えて、女術士を追った。
 もはやティム達がその足を止めることはないと悟った女術士は、子供達の乗った骨の城を捨てて飛び降りようとする。
「逃がしませんよ!」
 青白い闘気を纏った『爪牙』を抜き放ったアンリの神速の一撃は、骨の城を動かす無数の『足』の一部を破壊した。能力の効果で、骨の城の動きが鈍る。
「これで、終わりだ!」
 次いで飛び掛かったキリーはひらりとその身を空中で捻り、切り裂くような回し蹴りで骨の城の側面へ打ち付ける。その奇跡は光の弧を描いた。
 ここで骨の城の動きは完全に止まった。
「……やってやったぜ、畜生」
 軋む体を無理に動かし、キリーは立ち上がる。
「――逃がすか」
 逃げ出す女術士に追いすがり、ティムは一気に間を詰める。
「焔獣の牙、その身に刻め!!」
 その刀身に闘気をみなぎらせ、ティムは女術士の横っ腹に容赦なくそれを叩き込んだ。
「がっ――――」
 剣圧と爆発の衝撃で吹っ飛び、ティムの一撃に満身創痍となりながらも、女術士は辛うじて立ち上がる。
「……乗れ」
 そこへ、後続してきた骨の城が現れた。
「待て!」
 突剣の男が人質に取った女性を冒険者達の目の前に叩き落とし、女術士は引っ張り上げる。
 ファンバス達も女性を人質に取られていたが、どうしても踏み込めず、ギリギリの膠着状態を保っていた。
 やはり、近付こうとして人質を平然と殺されたからだ。
「貴方達、覚えてなさい……」
 腹を抑えながら忌々しげに口を開くと、女術士の体のあちこちから夥しい数の鎖が勢い良く飛び出した。禍々しい姿形のその鎖は全ての冒険者達に巻き付き、その体を絞るように縛り上げる。
 その間に、骨の城は女性達を乗せて、その場を離れていく。
「最後っ屁かなぁ〜ん!」
 鎖にもがきながら、クローバーは毒づく。
 その束縛は一時的なものだったにせよ、残ったアンデッド達が壊れた骨の城に取り残された子供達を狙って動き出していたため、イルミナ達はその排除を優先するしかなかった。
「貴方達、ちゃんと生きてる?」
「……ああ、何とかね」
 傷一つ無い鎧の下に、手痛いダメージを負ってしまった。満身創痍なのはファンバス達も変わらない。
「意識は失ってますが、この女の人は無事なようです。手当てをお願いできますか?」
「中にいた子供達も大丈夫なようや」
 アンリの言葉にほっとして、パルフェは微かに笑みを見せる。
 だが、ある子供は嗚咽が止まらず、またある子供は泣く事もせずに呆然としていた。
 助け出した人々から浴びせられると覚悟していたティムはやりきれない気持ちで一杯になる。
 ただ、か細い泣き声だけが辺りに響いていた。
「くそ、忘れられるかよ……」
 恨み言を聞かされる方が、キリーにはまだマシだった。

●女性1名、子供6名
 助け出せた数はその半数に満たなかったが、帰還したバルト達をモルテは責める事はなかった。
「君ら一人一人の手で掴み取れるものには限りがある。それを量り間違えないことだ」
「助けられる人を、確実に助ける……」
 ミィミーの言葉に、モルテは黙って頷いた。


マスター:和好 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2005/05/30
得票数:戦闘4  ダーク22  コメディ3 
冒険結果:失敗…
重傷者:金色の疾風・キリー(a01667)  自然と昼寝愛好家・ファンバス(a01913)  月射す静夜・クローバー(a17873) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。