ミュントス略奪部隊:Dirge -corpse-



<オープニング>


●ミュントス略奪部隊
 5月8日行われた大作戦『ザンギャバス包囲網』において、冒険者達は苦い敗北を味わった。
 多くの冒険者が命を落とし、或いは重傷となりながら、ゲート転送を使い退却してきたのだ。

 しかし、退却できたのは冒険者だけであった。
 チキンレッグランで街道が整備され、本格的な復興が始まったばかりの旧モンスター地域に住む人々は、冒険者という楯を失い、侵攻して来るミュントス軍の前に無防備で置き去りにされたのだ。
(アンサラー護衛士団、エルドール護衛士団の一部が、旧モンスター地域の砦に駐留しているが、その戦力ではミュントス軍の侵攻を牽制する程度の効果しか見込めず、旧モンスター地域全域を守ることは不可能だった)。

 この事態に、円卓の間でも、ザンギャバスとの再戦・死者の祭壇の再奪取を行う為の議論が続けられていたが、そこに、旧モンスター地域の現状を知らせる報告がもたらされた。
 それは、ミュントス軍の冒険者達が、旧モンスター地域の住民を襲い、次々と死者の祭壇方面へと連れ去っているという報告であった。

 冒険者にとって、この報告は到底見逃せる物ではなかった。
 冒険者としての誓約の中で最も大切な誓約。
 それは『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない』なのだから……。

※※※※

「どうやら大変な事になっているようね」
 今回の依頼の背景を説明したヒトの霊査士・リゼルは、沈痛な面持ちで、こう続けた。

「彼らが何故、人々を攫っているかは判っていないわ。でも、若い女性が攫われて残りは皆殺しにされたという村が多いみたい」

 ミュントス軍は、数人のノスフェラトゥ冒険者と多数のアンデッドで一つの部隊を編成して略奪を行っている。
 そして、アンデッドの中には『骨で出来た家のようなアンデッド』が居て、そこに攫った人々を閉じ込めて護送しているようなのだ。
 ノスフェラトゥ戦役で使われた『骨の城』の小型の物といった物なのだろう。移動速度はノソリンより少し早い程度だが、一度捕まったら、冒険者で無い者が自力で逃げ出すのは不可能だろう。

「今回の作戦の目的は、ミュントスの略奪部隊から人々を守る事。そして、攫われてしまった人達を、無事に救出すること。それに、ミュントス軍が放った強力なアンデッド……ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターを退治する事も重要な任務になるわ」
 ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターは、周辺の街を襲いながら街道沿いに移動している。

 周囲にノスフェラトゥの冒険者の姿が無い事から、略奪では無く破壊工作の為に放たれているのだろう。
 同盟諸国に打撃を与えるだけで無く、街道沿いに多くの死体がある事は、ノスフェラトゥ軍の次の作戦に有益な事なのだろう。

「いま、先の大作戦や旧モンスター地域から送られた物品などから霊査士達が最優先で霊視しているわ。詳しい事は、それぞれ霊査士から聞いて頂戴」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、祈るような視線を向けた。

●Corpse
 二台の『骨の家』、そしてそれを護衛するように行進するアンデッドの大群。それらは葬送への行進の如く、チキンレッグランによって開拓された道を進んでいた。
 暫くして、『骨の家』に閉じ込められた女から、虚勢だけの声が飛んできた。

『絶対に、絶対に、絶対に許さないんだから……!』
『すぐに同盟の冒険者が助けに来てくれるわよ!』
『冒険者達にかかればあんた達なんか……っ!!』

「……ザンギャバス閣下の前では迂闊な発言は控えることだ。少しでも、長く生きたいと願うなら」
「あらあら、贄なんかに同情しているのかしら? それとも、あなたもザンギャバス様が怖いのかしら?」
「……さあな」
 ミュントスの二人の冒険者はそのまま移動を続けた。

●Dirge
 アルピコルドを弾きつつ、独奏霊査士・ニキータ(a90138)は語る。
「失われたものと死んだ命は戻らないさ……だけどそれ故に、過去に捕らわれ続けていたら、輝ける明日は絶対に来ないのさ。それでも辛いなら、死んでいった人達の業を背負うしかないだろう。それが重すぎたとしても、必ずね」
 先の戦争で、ノスフェラトゥに苦汁を飲まされた同盟。その敗北は多くの悲劇と犠牲を生み、そして尚、ミュントス軍の魔手が伸びようとしている。せめて、冒険者として阻止をしなければならない。
「君達にやってもらうことは、捕らわれてしまった女性達を救助する事……と行きたいんだけどちょっと、数が多すぎてねぇ……葬送行進を思わせるような雰囲気だ」
 演奏を止め、深い溜息をつく。
「例の、『骨で出来た家のようなアンデッド』は二台、二体? まぁどっちでもいいか、二つあってそれぞれに15人ずつ収容されている。『骨で出来た家のようなアンデッド』の周囲を護衛するように、アンデッドが各40体ずつで護衛している。全部で80体という数でもかなり厄介だけど、その内の6体がゾンビジャイアント……質が悪いね」
 これらを駆逐するだけでもかなりの大事になるだろう。
「そして、ミュントス軍の冒険者が二人、男女の二人組で、男の方は忍び、女性の方は邪竜導士のようだ。霊視したついでに彼らが村を襲っている光景も見えたよ……実力は相当なものと覚悟してほしい」
 頭が痛くなれるが、ニキータが視た事実なのである。
「合計80体のアンデッドをまともに相手にしていたら確実に逃げられてしまうだろうね。そんなわけで、今回も分かれてもらうよ。ト音の右手とヘ音の左手のように、ね」
 演奏の手を止めて、本格的に説明を始めた。

●Marcato
「こちらでは、合計80体のアンデッドを全滅させよう。護衛目的で引き連れているのだから心配ないかもしれないけど、もしかするとどさくさに紛れた結果、一体くらいアンデッドがはぐれてしまうかも知れない」
 為すべき事はきわめて楽かもしれないが、ある程度の力量は必要となる。
「この一行は、二つの『骨で出来た家のようなアンデッド』を縦列にして林道を移動している。そしてアンデッドたちは『骨で出来た家のようなアンデッド』を囲うようにして移動しているね。攻め方次第で、救助する方が楽になるかもしれないなぁ」
 やはり、連携が必要となることは確かである。そこで稚日女尊・オリヒメ(a90193)が割り込んでくる。
「先程仰っていましたが、ゾンビジャイアントに関してもう少し分かる事はありますか?」
「配置に関してなら何とかね。ゾンビジャイアントはこの行進の最前列と最後尾にそれぞれ2体ずつ、残りの2体が『骨で出来た家のようなアンデッド』をそれぞれが護衛しているようだよ」
 それを聞いて思考するオリヒメ。腐肉の壁が分厚過ぎる。
「ミュントスの冒険者も攻撃してくるかもしれないけど、倒すのはアンデッドだけでいいんだからね。深追いはいけないよ」
 最後に念を押してニキータは冒険者達にそう告げた。

=========================
!注意!
このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
独奏霊査士・ニキータ(a90138)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『誇り(pride)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
==========================

マスターからのコメントを見る

参加者
夢想紋章術士・アルテア(a02573)
黒劒・リエル(a05292)
紅虎・アキラ(a08684)
旋律調和・クール(a09477)
狩人・ルスト(a10900)
月無き夜の白光・スルク(a11408)
蒼翳狐・ライ(a14814)
番紅花の葬送姫・ファムト(a16709)
愛と正義と黒バニーの使者・アリス(a20132)
翠の賢帝・クリスティン(a26061)
NPC:一輪の花・オリヒメ(a90193)



<リプレイ>

●羯磨
 其れは生ける者を捧ぐ亡者の行進。運ばれ往く者を待つのは、悲劇と称すべき運命。
 倒錯した行進と共に歩むのは、アンデッドを引き連れたミュントスの冒険者。しかし、彼らにそのような行いを許したのは、同盟の冒険者である。
 同盟冒険者達に出来る事は、これ以上の悲劇を出さぬよう食い止めること。無論、其れで全てが帳消しとなるわけではない。やり切れぬ思いを胸にしなければならないかもしれないのだ。
 だが、同盟冒険者としての誇りと意地が彼らを動かした。

●屍骸行進
 亡者の行進を追う冒険者達は、最後尾のゾンビジャイアントに追いついた。
「皆様、これで準備はよろしいですか?」
 亡者の行進の最後尾を発見次第、稚日女尊・オリヒメ(a90193)が、鎧聖降臨を必要とする仲間に其れを施してから突入した。ゾンビジャイアントが6体もいるとなれば苦戦は必至であろう。

「散っていった仲間達のためにも……ミュントスの連中に好き勝手はさせねぇ!!」
 先制をきって、キシュディムの紋章術士・アルテア(a02573)は、2体いるゾンビジャイアントの一体にエンブレムノヴァを放つ。紋章筆記により大幅に強化された紋章の火球は、ゾンビジャイアントをも仰け反らせるほどの大打撃を与えた。
「悪いがもっかい死んで貰うぜ!」
 続いて、紅虎・アキラ(a08684)のデストロイブレードがもう一体のゾンビジャイアントに炸裂する。アンデッドの行進と追いつく前にマッスルチャージを上乗せしただけあって、その一撃は凄まじかった。
 ミュントスの冒険者は異変に気づき、アンデッドに指示を与える。
「行け、足止めさせよ! 近づけさせるな!」
 道なりにまっすぐに歩いていたアンデッドは振り返り、冒険者達に一斉に襲い掛かる。即座に狩人・ルスト(a10900)がナパームアローを放ち、アンデッドの群れを大方吹き飛ばした。
「敵冒険者がどう動くか……」
 しかし、2体のゾンビジャイアントは猛然に襲い掛かろうとする。その内の一体が、全身から毒ガスを噴き出し、冒険者達に反撃する。
「強烈な匂い……大丈夫? 回復するわ」
 即座に星海舞桜・クール(a09477)がヒーリングウェーブを施す。そして反撃とばかりに、クールの傍にいた嗤現・メイノリア(a05919)はゾンビジャイアントにエンブレムシュートを放った。

「立派なのは図体だけだ……」
「ライ、さっさと片をつけるわ」
 ゾンビジャイアントに攻撃を仕掛ける蒼月の舞を踊る翳・ライ(a14814)のミラージュアタックに合わせ、黒劒・リエル(a05292)は電刃衝を仕掛ける。
 それでも、ゾンビジャイアントが簡単に倒れてくれるわけが無かった。ゾンビジャイアントは腕を大きく振り上げかかろうとする。
「させぬぞ、この『翡翠』の力、身を以て知るのじゃ!」
 番紅花の姫巫女・ファムト(a16709)は慈悲の聖槍を放つ。聖槍に貫かれたゾンビジャイアントは倒れ、巨大な体躯を地面に叩きつけた。
「聖槍の威力は大したものじゃな、ワシも負けてはおれぬ」
 ファムトに続き、月無き夜の白光・スルク(a11408)はもう一体のゾンビジャイアントにバッドラックシュートを放った。刺さった対象を不幸にさせる禍々しき札だが、元々幸運ではないアンデッドを不運にしても大して変わらなかった。
「このぉ!」
「撃退します!」
 幻影の舞姫・アリス(a20132)と翠の賢帝・クリスティン(a26061)がほぼ同時に放ったソニックブームとエンブレムシュートが、もう一体のゾンビジャイアントを撃退した。
「開けましたね。次は班分けに従ってはぐれず、前まで進みましょう!」
 オリヒメの掛け声と共に、冒険者達は亡者の行進へと割り込み、駆逐すべく駆け出した。

●新手
『前列のゾンビジャイアントはここの護衛をし、ここのゾンビジャイアントは冒険者の相手をせよ!』
 ミュントス冒険者の男の方の声が響く。行進の隊列を崩し、新たに2体のゾンビジャイアントが立ち塞がった。同時に2つの『骨の家』の周囲を取り囲んでいたアンデッドまでもが歩み寄ってくる。
「失せろっ!!」
 アキラはゾンビジャイアントの前に立ち、デストロイブレードの一撃を叩きつける。続けてスルクが粘り蜘蛛糸を放ち、ゾンビジャイアントをも含む殆どのアンデッドをアビリティの糸で絡め取った。
「今じゃ、技を決めよ!!」
「この矢に、賭けます……!」
 ルストの貫き通す矢が、ゾンビジャイアントの胴体を貫いた。背後の方にもアンデッドがいたかどうかは分からないが、着実にダメージを与えていく。
「不死者よ、お別れじゃ」
 そして、ファムトの慈悲の聖槍がゾンビジャイアントを貫いた。強力な一撃だが、まだゾンビジャイアントが倒れたわけではなかった。
 そして、行進の奥のほうから段々と白い霧が立ちこめてきた。誰かがミストフィールドを使ったらしく、その効果はこちら側にも及んできた。

 行進を成していたアンデッドは脅威ではないが数で押してくる分、面倒な相手である。熟練の冒険者の敵ではないが、それでも数で押されては、脅威であるゾンビジャイアントになかなか攻撃を仕掛けられない。
「邪魔……っ」
 リエルは流水撃を用い、取りこぼしの無いようにアンデッドを次々と葬っていた。一撃で大方に打撃を与える事が出来るとは言え、アンデッドは前方からぞろぞろと迫ってきていた。
「的がデカイ分……よく当たる、な……」
 迫り来るゾンビジャイアントの内の一体に、ひたすらミラージュアタックを仕掛けていた。ゾンビジャイアントは無骨な腕を振りまわすだけでなく、その全身の顔面が絶叫を上げたりとして多くの冒険者に打撃を与えていた。
「これじゃ、数が持たない……!」
 傷ついた仲間を癒すべく、クールはひたすらにヒーリングウェーブを行使していた。ゾンビアンデッドの攻撃に通常アンデッドの攻撃を混じれば多くの冒険者がダメージを受ける。更にはクールは医術士ではないためにあまり多くはヒーリングウェーブを使えないのだ。
 エンブレムシャワーを行使し、少しでも数を減らそうとしていたメイノリアはミュントス冒険者の動きに気づいた。
「あっちの冒険者に攻撃を仕掛けている。あの様子ではまずいな……」

「きりが無いですぅ!」
 ゾンビジャイアントに向けてひたすらソニックウェーブを振るうアリス。稀に、途中の唯のアンデッドの攻撃が命中して届かなかった事もある。更に、鎧聖降臨とヒーリングウェーブに助けられているとは言え、アリスが負ったダメージはかなり深かった。
「これでラストだ!」
 アルテアが放つエンブレムノヴァに、ようやく一体のゾンビジャイアントが倒れた。ゾンビジャイアントの毒ガス対策に毒消しの風を行使したり、通常アンデッドに対しエンブレムシャワーを浴びせて対処したりと、なかなか思い一撃を負わせることが出来なかった。
 そしてもう一体のゾンビジャイアントが襲い掛かってくる。オリヒメは身を挺して受け、吹き飛ばされた。慌ててクリスティンがヒーリングウェーブを施した。
「オリヒメさん、これ以上は……」
「分かっています。だからわたしは、皆様の盾として前に出るのです」
 オリヒメは立ち上がり、ゾンビジャイアントまで駆けると、兜割りによる一撃を振り下ろし、頭部から胴へ掛けて両断した。
「残るは、奥のアンデッドのみ……!」
 しかし、彼らは意外な光景を目の当たりにする。

●尽力
「逃がさんよ……逃がしてたまるか……!」
 ミュントス冒険者が、他の冒険者達を倒し、撤退しようとしているところだった。

『……状況が変わった、撤退だ。貴様以外は、あの冒険者を相手にして通すな』

 その声と同時に、残されたアンデッドと『骨の家』を守っていたゾンビジャイアントの一体が襲い掛かろうとしていた。
「まだ阻むか……スルク、頼む!」
「心得た」
 ライは残されたアンデッドの群れに粘り蜘蛛糸を放ち、スルクはバッドラックシュートを放ち、ゾンビジャイアントを狙う。
「ここまでくれば総力戦ですね……行きましょう!」
 オリヒメはそういいつつ、近づいてきたアンデッドを兜割りで両断した。

 アリスはありったけの力を込めて剣を振るい、ゾンビジャイアントにソニックブームを放つ。
「あの時に比べれば、このくらい平気ですぅっ!!」
 アルテアも倣おうとしたが、通常アンデッドが二体ほど近づいてきたので仕方なくエンブレムシャワーを、ゾンビジャイアントを巻き込むように放つ。
「後、何体だ……?」
「今いる敵を倒してから数えましょう」
 クリスティンがアルテアの問いに答えた。
「ヒーリングウェーブがもう使えない……」
「大丈夫、これで雑魚は片付いたわ……」
 唯ひたすらに流水撃でなぎ払い、傷ついたリエルをクールは癒す事が出来なかった。。
「いい加減に、くたばれ!」
「これで、最後です!」
 アキラとルストがデストロイブレードと貫き通す矢を命中させ、最後にファムトが慈悲の聖槍を放ってゾンビジャイアントを倒した。
「不死者には永遠の眠りを、妾らには栄光の勝利を、じゃな」
 慈悲の聖槍が決まったファムトはやや嬉しそうである。

●虚無
 最後のアンデッドの一団を倒して見たのは、崩壊した『骨の家』の近くに倒れる一体のゾンビジャイアントと、肌の色を悪くして死んでいる女性達と、生き残った女性達に責められる冒険者達だった。
「ミュントスの冒険者には逃げられてしまったが……」
 アルテアは敵冒険者と対峙する事が無くて少し安堵していた。
「あれが、最後のアンデッドか……」
 アキラはゾンビジャイアントの遺骸を見つめる。崩壊した『骨の家』の破壊を行っていたのだろうか。

 そして、ファムトは退治したアンデッドを葬る。冒険者達が死んでしまう事は予想できなかったし、予想しても一緒に埋葬する事は彼女自身が拒否するだろう。
「汝ら、生まれ変わる時は真っ当な生を享受するのじゃぞ……」


マスター:壱又捌 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2005/05/29
得票数:冒険活劇1  戦闘19  ダーク1 
冒険結果:成功!
重傷者:一輪の花・オリヒメ(a90193)(NPC)  黒劒・リエル(a05292)  紅虎・アキラ(a08684)  蒼翳狐・ライ(a14814)  愛と正義と黒バニーの使者・アリス(a20132) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。