ミュントス略奪部隊:奴隷救出作戦



<オープニング>


●ミュントス略奪部隊
 5月8日行われた大作戦『ザンギャバス包囲網』において、冒険者達は苦い敗北を味わった。
 多くの冒険者が命を落とし、或いは重傷となりながら、ゲート転送を使い退却してきたのだ。

 しかし、退却できたのは冒険者だけであった。
 チキンレッグランで街道が整備され、本格的な復興が始まったばかりの旧モンスター地域に住む人々は、冒険者という楯を失い、侵攻して来るミュントス軍の前に無防備で置き去りにされたのだ。
(アンサラー護衛士団、エルドール護衛士団の一部が、旧モンスター地域の砦に駐留しているが、その戦力ではミュントス軍の侵攻を牽制する程度の効果しか見込めず、旧モンスター地域全域を守ることは不可能だった)。

 この事態に、円卓の間でも、ザンギャバスとの再戦・死者の祭壇の再奪取を行う為の議論が続けられていたが、そこに、旧モンスター地域の現状を知らせる報告がもたらされた。
 それは、ミュントス軍の冒険者達が、旧モンスター地域の住民を襲い、次々と死者の祭壇方面へと連れ去っているという報告であった。

 冒険者にとって、この報告は到底見逃せる物ではなかった。
 冒険者としての誓約の中で最も大切な誓約。
 それは『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない』なのだから……。

※※※※

「どうやら大変な事になっているようね」
 今回の依頼の背景を説明したヒトの霊査士・リゼルは、沈痛な面持ちで、こう続けた。

「彼らが何故、人々を攫っているかは判っていないわ。でも、若い女性が攫われて残りは皆殺しにされたという村が多いみたい」

 ミュントス軍は、数人のノスフェラトゥ冒険者と多数のアンデッドで一つの部隊を編成して略奪を行っている。
 そして、アンデッドの中には『骨で出来た家のようなアンデッド』が居て、そこに攫った人々を閉じ込めて護送しているようなのだ。
 ノスフェラトゥ戦役で使われた『骨の城』の小型の物といった物なのだろう。移動速度はノソリンより少し早い程度だが、一度捕まったら、冒険者で無い者が自力で逃げ出すのは不可能だろう。

「今回の作戦の目的は、ミュントスの略奪部隊から人々を守る事。そして、攫われてしまった人達を、無事に救出すること。それに、ミュントス軍が放った強力なアンデッド……ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターを退治する事も重要な任務になるわ」
 ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターは、周辺の街を襲いながら街道沿いに移動している。

 周囲にノスフェラトゥの冒険者の姿が無い事から、略奪では無く破壊工作の為に放たれているのだろう。
 同盟諸国に打撃を与えるだけで無く、街道沿いに多くの死体がある事は、ノスフェラトゥ軍の次の作戦に有益な事なのだろう。

「いま、先の大作戦や旧モンスター地域から送られた物品などから霊査士達が最優先で霊視しているわ。詳しい事は、それぞれ霊査士から聞いて頂戴」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、祈るような視線を向けた。

●奴隷救出作戦
「奴隷狩りをして捕まえてきた村人達を死の国に運ぶミュントス軍の部隊がチキンレッグ王国南西国境にある街道を利用している噂がある。一応、藍色の鶏冠GGが護衛士数名を調査にむかわせたが、誰ひとりとして戻ってきた者はいないらしい。そこでお前達に奴隷の救出を依頼したいんだ。噂が本当であるとしたら、再び街道を利用するだろうからな」
 そう言って赤狼の霊査士・ガイ(a90048)が冒険者達に奴隷救出を依頼した。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 赤狼の霊査士・ガイ(a90048)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『誇り(pride)』となります。

マスターからのコメントを見る

参加者
笑劇の伝道師・オメガ(a00366)
黒兎は密かに哂う・ウヅキ(a03612)
魔楽師・マルス(a05368)
消閑の放浪者・ウル(a08180)
黒バニーなお姐さん・アリス(a10264)
韓紅の風焔狼・フォン(a14413)
吸血姫・メイ(a15138)
断罪の剣・カズキ(a19185)
千年樹・ベルベット(a19397)
黒焔の執行者・レグルス(a20725)
皆が笑顔でありますように・フェリシティ(a22247)
蒼き守護者・ガーナ(a23462)
NPC:魅惑の谷間・ドーラ(a90075)



<リプレイ>

●アンデッド
「……どうやらあの中に捕虜となった人達がいるようだね」
 村人達が囚われている骨の家を発見し、白ネコ戦魔楽師・マルス(a05368)が遠眼鏡を使ってしばらく様子を見る。
 骨の家は何体ものボーンウォールが組み合わさって出来ており、ミュントスの冒険者とアンデッド達がまわりを囲むようにして歩いているようだ。
「随分と派手に移動しているな。今までのようにコソコソと動き回っていると思ったが……」
 苦笑いを浮かべながら、笑劇の伝道師・オメガ(a00366)が敵の数を確認する。
 ミュントスの冒険者は独特な格好をしており、何故か美男美女で固められている。
 また一緒に行動しているアンデッド達の種類が多く、迂闊に攻撃を仕掛けた場合は誰かが重傷になる可能性が高い。
「……他の場所でも……みんな……頑張っているんですから……ボクらも……頑張りませんと……いけませんね」
 トガリの事を思いながら、環境委員副委員長・ウヅキ(a03612)が骨の家を睨みつける。
 ウヅキ達は囮となってミュントスの冒険者達を引き付けなくてはならないため、骨の家が接近するのを待ってからわざとアンデッド達を攻撃し、仲間達が隠れている場所とは反対側の方向に逃げていく。
「もちろんさ。自らの民を守り、助ける為の努力を怠るつもりはない」
 それと同時に白銀の魔狼・カズキ(a19185)がアンデッド達に斬りかかる。
 ミュントスの冒険者は突然の奇襲に驚いたのか、骨の家を先行させ自分はカズキ達の足止めにむかう。
「それにしても……数が半端じゃないよなぁ。みんな怪、我をしないように注意してね」
 出来るだけアンデッド達を引きつけエンブレムシャワーを撃ち込み、マルスがミュントスの冒険者を挑発するようにしてニコリと笑う。
「ふざけやがってっ!」
 ミュントスの冒険者は頭に来たのか、ロングソードを振り回しマルスの事を追いかける。
「ふざけてなんか……いませんよ……」
 黒炎覚醒を使って全身を黒い炎で包み込み、ウヅキがアンデッド達を倒していく。
 アンデッドの中には戦闘力の高い敵もいたため、デモニックフレイムを使ってトドメをさすと、クローンにしてアンデッド達と戦わせる。
「自ら民を守るのは冒険者の誓約であり……、戦いに冒険者以外の者が巻き込まれるべきではない……。解放しなければ、全力で貴様らを打ち倒す……。先に言っておく、これは忠告だ……」
 ミュントスの冒険者に攻撃を仕掛け、カズキがクールな表情を浮かべて呟いた。
「……お断りだ。ふざけるな!」
 不機嫌な表情を浮かべ、ミュントスの冒険者がロングソードを振り下ろす。
 それと同時にカズキは鎧進化を発動させ、デストロイブレードを炸裂させる。
「……愚かな……」
 カズキの一撃によって吹っ飛んで敵を見つめ、オメガが渋い表情を浮かべて呟いた。
「今日のオメガさんはいつもと違うなぁ〜」
 苦笑いを浮かべながら、マルスがヒーリングウェーブを発動させる。
 今回の戦闘は時間稼ぎがメインのため、多少のダメージは覚悟しなければならない。
「……珍しい事もあるものですね」
 驚いた様子でオメガを見つめ、ウヅキがボソリと呟いた。
「ぬわっはっはっは! 俺のナニが光って唸る!!」
 高笑いをあげながら、オメガがアンデッドめがけてエンブレムブロウを叩き込む。
 妙なモノを唸らせながら……。

●骨の家
「……そろそろだな」
 ミュントスの冒険者達が十分に離れた事を確認し、煉獄の業魔・ウル(a08180)がハイドインシャドウを解除し骨の家を睨みつける。
 骨の家のまわりにいたミュントスの冒険者は囮達に気を取られ、ウルの存在に気づいている者は誰もいない。
「それにしても……奴隷とはな。あの肉饅頭(ザ・殿下)……、物凄く良い趣味しているじゃねえか。けったくそ悪い……」
 不機嫌な表情を浮かべ、黒焔の執行者・レグルス(a20725)が溜息をつく。
 ミュントスの冒険者が戦っている間も骨の家は動いているが、みんなで攻撃を仕掛ければ何とか足止めする事が出来るだろう。
「……ノスフェラトゥの酷い行い、許すわけにはいかないっ!」
 囮達の頑張りを無駄にしないためにも、韓紅の風疾狼・フォン(a14413)が骨の家を目指して走り出す。
 それと同時にアンデッドが群がり、フォン達の行く手を阻む。
「捕まってしまった人たちは絶対に救い出してみせるよ。そのためにボク達はここに来たんだ。この依頼だけは絶対に失敗する事は出来ないから……」
 例え重傷を負おうとも捕まった人々を救う事を心に誓い、蒼き守護者・ガーナ(a23462)がアンデッド達を攻撃した。
「き、貴様らっ!」
 アンデッド達が騒いでいる事に気づき、ミュントスの冒険者が戻って来る。
「……煉獄の業魔……その由来を……知っているか……?」
 すぐさまシャドウスラッシュを放ち、ウルが村人達の囚われている檻を探す。
 仲間達の協力によって骨の家は足止めされているが、ミュントスの冒険者やアンデッド達が邪魔をするためなかなか先には進めない。
「邪魔なんだよっ!」
 鎧進化を使って守りを固め、ガーナが大地斬を叩き込む。
 アンデッド達はガーナの身体に噛みついてきたが、雄たけびをあげて振り払い何処かにあるはずの檻を探す。
「あった! この檻だなっ!」
 ようやく村人達の囚われている檻を見つけ、フォンが何度も斬鉄蹴を放って抜け道を作る。
「助かった……のか……」
 檻にいた村人達以外は全員殺されてしまったらしく、助けられてもあまり喜んでいる者はいない。
「辛いだろうが……今は脱出する事だけを考えてくれ」
 ミュントスの冒険者をデモニックフレイムで倒してクローンを作り、レグルスが悲しげな表情を浮かべて視線を逸らす。
 隣の檻に転がった村人達の死体に気づき……。

●危険
「もう少し時間が稼げると思ったが、ミュントスの冒険者がこちらの動きに気がついたようじゃのぅ。あれだけの数を相手にするとなると……少々、骨が折れるのぅ……」
 騒ぎを聞きつけてやってきたミュントスの冒険者に気づき、吸血姫・メイ(a15138)が溜息を漏らす。
 今はレグルス達が戦っているため問題ないが、他に出口がなければ大勢の敵を相手にしなければならなくなる。
 先程とは異なりミュントスの冒険者が大勢来たため、マトモに戦っていたらせっかく救出した村人達にまで危険が及ぶ。
「柄じゃないとは自分でも思うけど……『冒険者』である以上、守るべき人々はしっかり守らないと……。先のザンギャバス戦では見捨てる形になっちゃってるし、ね」
 苦笑いを浮かべながら、白衣の下の欲望・フェリシティ(a22247)がミュントスの冒険者達を睨みつける。
 冒険者達は出入口に陣取り、フェリシティ達の逃げ道を塞ぐ。
「なぁに、暗い顔をしているのよ♪」
 背後からフェリシティの胸を揉み、魅惑の谷間・ドーラ(a90075)がニヤリと笑う。
「い、いつの間に!?」
 ドーラの不意打ちに驚きながら、フェリシティが悲鳴を上げて胸元を隠す。
 普段なら簡単に対応できる事態だが、予想外の場所で襲われたため、かなり驚いているようだ。
「最初からいたわよ? コッソリと隠れて……」
 まったく悪びれた様子もなく、ドーラが他の人の胸を揉み始める。
 途中で何度かどつかれたり、本気で切られたりもしたが、めげずに胸を触っていく。
「作戦中ですよ……、ドーラさん」
 唖然とした表情を浮かべる村人達を前にして、心静の花・ベルベット(a19397)がドーラの事を注意した。
「……この状況でどうやって戦うの? 圧倒的にあたし達が不利じゃない」
 突然クールな表情を浮かべ、ドーラが愛用の鞭を握り締める。
 ミュントスの冒険者達はニードルスピアなどの広範囲攻撃を得意とするため、迂闊に攻撃を仕掛けてしまうとせっかく助けた村人達にまで被害が及んでしまう。
「だからって色仕掛けをして、ミュントス軍に命乞いって事じゃないわよね」
 心配した様子でドーラを見つめ、黒バニーなお姐さん・アリス(a10264)がダラリと汗を流す。
「違うわよ。確かに色仕掛けはするけど、相手が油断した隙にバッサリとやっちゃうの! これだけ可愛いメンツが揃っていれば、成功する確率も高いでしょ!」
 仲間達を集めてコソコソと喋り、ドーラがニコリと微笑んだ。
「……悪くない作戦ね。それじゃ、ドーラさん宜しく♪」
 慌てるドーラを前に出し、フェリシティがパタパタと手を振った。
「じょ、冗談でしょ!? 失敗したら、どうするのよ!」
 大粒の涙を浮かべながら、ドーラが嫌々と首を横に振る。
 相手がミュントスの冒険者だけなら何とかなるが、アンデッド達までいるため失敗されたらどんな目に遭うか分からない。
「どうせ隙を見て妾達を押し倒そうとしたのじゃろ」
 呆れた様子でドーラを見つめ、メイがボソリと呟いた。
「そ、それは……」
 途端に歯切れが悪くなり、ドーラが気まずく視線をそらす。
「……図星だったんですね」
 大粒の汗を浮かべながら、ベルベットが溜息をつく。
「どうやらマトモに戦った方がいいようね。変な事されたらシャレにならないし……」
 ドーラの事をポンと叩き、アリスがコクリと頷いた。
 警告まじりの視線を送り……。

●脱出
「何とか……間に合った……ようですね……。レグルスさん……アリスさん……無事ですか?」
 クローン化したアンデッドを引き連れ、ウヅキがミュントスの冒険者達を挟み撃ちするようにして攻撃を仕掛ける。
 ミュントスの冒険者は雄たけびを上げ、ウヅキ達めがけてニードルスピアを撃ち込んだ。
「……遅かったじゃないか。てっきりやられたかと思ったぞ」
 苦笑いを浮かべながら、レグルスがミュントスの冒険者を始末する。
「冗談がキツイな。まぁ、何度か死の淵を彷徨ったりもしたが……」
 ヒーリングウェーブを発動させ、オメガが血塗れのまま豪快に笑う。
 アンデッド達に集中して狙われたためか、オメガだけは妙に傷を負っている。
「とにかく頑張らないとね。僕達の役目は力無き民を助ける事なんだから……」
 村人達の逃げる時間を稼ぐため、マルスがエンブレムシャワーを放つ。
 ミュントスの冒険者達は次々とマルスに斬りかかってきたが、それでも彼は怯まずエンブレムシャワーを撃ち続ける。
「無理しちゃ駄目だよ。何かあったら、きっとみんなが悲しむから……」
 すぐさまマルスの援護に入り、ガーナがニコリと微笑んだ。
「……生きて帰ろう。みんなのために……」
 ミュントスの冒険者を斬り捨て、カズキがクールな表情を浮かべて呟いた。
「それは甘いんじゃねえか?」
 ロングソードを薙ぎ払い、ミュントスの冒険者がニヤリと笑う。
「貴様にくれてやれるものは……これだけだ……」
 頬から流れる血も気にせず、カズキが朱刃【天照】を振りおろす。
「ぎゃああああ……」
 ミュントスの冒険者はカズキの攻撃が防げず、両腕を切り落とされて悲鳴を上げる。
「村人達には目の毒じゃのぅ。お手柔らかに頼むぞ」
 前に立って村人達の視界を塞ぎ、メイが疲れた様子で溜息をつく。
「みんなぁ〜、こっちよぉ〜♪」
 村人達の興味を引くため、ドーラがその場で服を脱ぐ。
「おおぉ〜」
 凄まじい歓声とともに村人達の視線がドーラの裸体に集中する。
「……張りなら……ボクの勝ち……」
 不敵な笑みを浮かべながら、ウヅキが眼鏡をキラリと輝かす。
「その言葉……、撤回しなさいっ!」
 すぐさまウヅキの胸を揉み、ドーラが大声で叫ぶ。
「そんな事をしたら……ひゃん!」
 ヘナヘナと腰を落とし、ウヅキが恥ずかしそうに頬を染める。
「……ドーラめ。相変わらず我が侭な身体だ。そんな事をして……俺のクララを立たせる気か」
 クールな表情を浮かべながら、オメガが前屈みになってニヤリと笑う。
 オメガ達がボケている間に一通りの敵は片付いたが、全滅させるまでにはしばらく時間がかかりそうだ。
「ここはボクらに任せてっ! 早く外へ!」
 戸惑う村人達に声をかけ、フォンが手当たり次第に敵を斬る。
「逃がすかああっ!」
 雄たけびを上げながらフォンを斬りつけ、ミュントスの冒険者が村人達の逃げ道を塞ぐ。
「あまりしつこいと、嫌われるわよ?」
 粘り蜘蛛糸を使って動きを封じ、フェリシティがクスリと笑う。
 ミュントスの冒険者は完全に動きを封じられ、悔しそうに唇を噛み締めフェリシティを睨む。
 それと同時にアリスがスーパースポットライトを放ち、一瞬だけ敵の目を眩ませた。
「早く! ……早く逃げて! こんな所で……誰も死なせない……早く!」
 村人達の逃げる時間を稼ぐため、ベルベットがミストフィールドを発動させた。
「……この恩は必ずっ!」
 ベルベット達の頭を下げ、村人達が骨の家を脱出した。
 何度もベルベット達に感謝をしつつ……。
「俺達も……退くか……」
 村人達が完全に脱出した事を確認し、ウルが骨の家を後にする。
 何処か寂しげな表情を浮かべ、ミュントスの冒険者達を相手にしながら……。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:12人
作成日:2005/05/26
得票数:冒険活劇27  戦闘4  ほのぼの1  コメディ12  えっち8 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。