ピルグリムグドン前哨戦:野蛮な奔流



<オープニング>


●ピルグリムグドン前哨戦
 およそ10ヶ月前に行われたピルグリム戦争。
 この戦いにより、冒険者達はピルグリムマザーを撃破し、ホワイトガーデンのエンジェル達を救出する事に成功する。
 だが、この戦いの中、数体のギガンティックピルグリムと呼ばれる巨大なピルグリムを取り逃がしてしまった……。
 そして現在。
 数百万匹のグドンが生息するとも言われているグドン地域に、ピルグリムグドンと称される『強力な力を持つグドン』の存在が確認されたのだ。
 ピルグリムとグドンとを合わせたような怪異な姿と、ピルグリムに勝るとも劣らない戦闘力を持つ新種族……。
 更に、チキンレッグ王国の護衛士団による調査によって、このピルグリムグドンが、普通のグドンと交配してピルグリムグドンの子供を作る事が判明し、事態の重大さが浮き彫りになった。
 恐るべき繁殖力を持つグドンとピルグリムの融合……。
 ピルグリムグドンは、ランドアース大陸に重大な災厄を招く恐ろしい敵となるかもしれなかった。
 
※※※※
 
「一難去って、また一難って所ね」
 ヒトの霊査士・リゼルは、疲れたような笑みを浮かべて集った冒険者達に、今回の依頼の内容を説明した。
「今回は、旧モンスター地域の安全の確保……。とりわけチキンレッグ街道の安全確保が最重要課題となるわね。街道の巡回警護、グドンが住み着いてしまった集落の奪還、グドン地域から侵入しようとするグドンの阻止……なんかが、みんなの仕事になると思うわ」
 リゼルの言葉に、冒険者達は大きく頷く。
 モンスターザンギャバスの脅威が除かれた今、ピルグリムグドンが同盟諸国の最大の脅威の一つである事は疑いなかったから。
「今のところ、ピルグリムグドンの数はそれ程多くは無いわ。100匹のグドンの群れの中に、ピルグリムグドンは数匹いるかいないかって所ね。それでも、グドンの群れをモンスターが率いているような物だから……油断は禁物よ」
 リゼルはそう注意すると、集った冒険者たちを見渡して、最後にこう付け加えた。
「チキンレッグ街道の復旧は、多くの人々の希望になるわ。皆の力を見せて頂戴ね」
 
●野蛮な奔流
「百五十を越えるグドンの群れが、とある街道を我が物顔に下っている……そのような報告が届きました。群れの中には無論、問題の個体がいくつか含まれているようです。その数は三体、矢尻のような形態をとった群れの先頭に二体が配され、残りの一体は最後尾に位置しているようです」
 薄明の霊査士・ベベウは、白い指先を這わせた羊皮紙の面に綴られた文字列を、半ばまで閉じた灰の瞳を傾けて追っていた。彼の唇がわずかに開く。
「敵が街道に位置していることから、その発見は容易いものと思われます。こちらから仕掛けることができるのならば、戦いを優位に運ぶことができるでしょうね。あちらに気づかれてしまっては、危機に陥る懸念もあるのでしょうけれど」
 霊査士は群れの特徴を、非常にまとまって行動するようであると述べ、終の言葉を紡いだ。
「チキンレッグ街道を取り戻すためにも、皆さんのお力が必要なのです」

マスターからのコメントを見る

参加者
優陽の花守唄・ラピス(a00617)
疾る風の翼刃・ヴェレク(a00765)
黒劒・リエル(a05292)
涓滴岩穿・ローカル(a07080)
爆炎のカルナバル・ジークリッド(a09974)
ロリショタパワァ・ビス(a12472)
夕飛鴉・ディナーハ(a12596)
常時自動誤字スキルは集う・ラキア(a12872)
運命の・ペコー(a14333)
紫空の凪・ヴィアド(a14768)
天嶺緋皇・シャムシエル(a19075)
弟切草・シワス(a27503)
赫奕紅蓮の護り手・リュセル(a28708)



<リプレイ>

 白銀の光を帯びた硝子の円が地へと傾けられ、黒の瞳があらわとなった。再び遠眼鏡を掲げて、探索の旅人・ローカル(a07080)は言った。
「さて、と……。来ましたよ」
 黒翔法衣に包まれたしなやかな肢体に、花咲くように魔炎が綻ぶ。深淵・ディナーハ(a12596)の双眸は紅い。
 そこかしこに涙滴を配した護りに、鎧聖が宿る。天嶺緋皇・シャムシエル(a19075)の長剣は、かしずく紫空の凪・ヴィアド(a14768)の肩に触れた。さらなる護りを与えるために。
「矢も持ったし〜弓も持った〜」
 と、ロリショタパワァ・ビス(a12472)は声に出して確認をした。それから、腰のベルトにさげた包みにポンと触れてみる。無事に帰れたら、仲間たちと食べる甘い菓子が入っている。
 汗の滲む額から黒髪を払い、浄風の剣士・ヴェレク(a00765)は街道の真向かいに潜む仲間たち――特にある女性――の身を案じた。
 野蛮な奔流と化したグドンの群れを迎え撃つべく、冒険者たちは双翼の構えを構築した。右の嚆矢、左の嚆矢となり、街道を降る集団の側面から内部へと突貫、全体の戦力を減少させ、群の前後に控える強大な戦力を分断する策である。
 街道の右方に身をひそめ、常時自動誤字スキルは集う・ラキア(a12872)たちは、ヴィアドからの合図が鳴り響くまでの時を、様々な思いを巡らせ、稼いでいた。少女は呟く。
「待つのって緊張してイヤなのねー……」
 少年は地に伏せる長大な刃を見つめている。柄を握る指先に力を込め、後悔を継ぐ者・シワス(a27503)は思いを強める。今回こそは、と。
「……どうやら、来たようだな」
 七星青龍刀の切っ先が、地と擦れ合い鈴のような音をたてた。赫奕紅蓮の護り手・リュセル(a28708)瞳は紅玉のごときもの、それらは光を宿している。迷いのない意志の力を。
 日差しを浴びて白い輝きを冠した髪を肩から胸元へ、陽光の歌姫・ラピス(a00617)は立ち上がった。純白の裾が揺らめき、細い足首がのぞいた。これが、ギガンティックピルグリムさんを取り逃がした結果なら――少女の優しい口元から笑みが失せる。
 光沢を帯びた赤毛が、すらりと伸びた長躯の背に流れる。運命の・ペコー(a14333)は運命と名付けられた剣で、空を薙いだ。何事も起こらない。だが、それが幸いであったことを、彼女は知らなかった。戦場を行き交う矢を返す、渦巻く不思議な空気の流れは、敵にも、そして、等しく味方にも効果を発するものだったからだ。
 左翼のヴィアドもまた、姉から受け継いだ刃で空を削ごうとしていたが、思いの外グドンの動きが速く、銀嶺の笛を唇に含まざるを得なかった。彼の刃が振り抜かれれば、あるいは、矢による攻撃がすべて力を失っていたかもしれない。
 冴え冴えと笛の音が響き渡る。
 二本の嚆矢は、鋭利な切っ先に、わずかなほころびをちらつかせたまま、黒ずんだ毛並みのひしめきあう、澱んだ流れにその身を投じた。
 
 
 先端に魔炎の塊を灯した矢が、街道の両側から中央へ、群れ集い蠢くグドンの裡へ、吸い込まれるように消えた。瞬く間に膨れあがった焔により、奔流はその勢いを殺がれたようだ。
「よし」
 小さく声をあげると、輝煌弓・ジークリッド(a09974)は輝煌弓にかすかな光を帯びた矢をつがえた。あちら側ではビスも援護射撃へと移っていることだろう。
 
 弓を構えるビスの前方、ヴィレクは浄風の双剣によって宙に交差する軌跡を描き、一蛉挽歌で空を薙いだヴィアドが、まるでわが身を楔として打ち込むように敵襲団へと切り込む姿がある。 
 紅い紋様が浮かぶ手の甲を一瞥すると、ディナーハは掌を奔流へと差し向けた。黒炎を髪先にまでちらつかせた彼女の目前に記述された紋章から、帯となった輝きが拡散する。
 グドンを次々と打ち据えた光は止まない。守護神を意味するシャムシエルの長剣が瞬きを宙に刻み、傾いた紋章から輝きの雨が、ひしめきあう獣じみたものどもへ吹きつけられたのだ。
 固い靴底から乾いた音を響かせ、跳躍したローカルの指先から、光を帯びた糸が扇状に広がる。動きを制約されたグドンへ、厚い刃が新たな鋭さをえたものが繰り出される。
「ここから先は通行止め……ってね」
 山刀が振り抜かれ、黒劒・リエル(a05292)の闇を吸い取ったかのような黒髪が揺れた。苛烈な斬撃は、グドンの身に波状の紅い紋様を浮かべ、端から順に打ち倒した。
 
 数十のグドンが、ビスの一矢を切っ掛けに斬りかかったヴィアドたちによって葬り去られた。同様の突撃を仕掛けていたジークリッドたち、右翼の冒険者たちは、グドンら――特別な敵はまだ動いていない――による反撃をしのぎ、第二波となる攻撃へと今まさに転じようとしていた。
 清冽な光を帯びた霊布、エルデを指先から漂わせ、ラピスは心の裡に宿る熾烈な、慈悲なき力を解き放った。螺旋の弧を描き、無数の針は敵襲団の頭上を覆い尽くした。そうして、驟雨のように降り注ぎ――血肉を穿つ。
 白銀の刀身を風のごとくひるがえし、ペコーは切り結ぶグドンの頭部に赤い裂け目を生み出すと、真新しい亡骸を超え、さらに集団の奥へと身を躍らせた。突出しすぎたかに思えたが、「ターマヤー!」の叫びとともに、無銘の巨刀を振り上げるシワスが追随している。彼らが剣を振るい、あるいは、叩きつけている後方から、ラキアは指先から伸びる、蜘蛛糸をたなびかせ、仲間たちの攻撃を助けていた。青い髪を翼のように広げ、リュセルがペコーたちの列に連なる。
「唸れ『龍爪』名に違わぬ一撃を!」
 真一文字の剣さばきが、断裂のごとき線をなぞり、一体のグドンに天を仰がせる。
 双翼となった冒険者たちは、全体の三分の一に及ぶ敵を累々と積もれる亡骸へと変えた。上々の戦果である。
 だが、禍々しいほどの膂力を奇妙な身体に宿す、ピルグリムグドンらがまだ、戦いに加わっていないことを忘れてはならない。
 
 
 グドンらはよくまとまり、徒党を組んで冒険者たちに襲いかかってきた。後方に控える強大な力を持つ首領たちが、彼らに決して振り返るということを許していなかったせいかもしれない。
 個々の力は問題ではなかった。けれど、それらが重なり合えば、重篤な問題ともなる。
 右の一翼を担うラピスは、自身の姿にも似た輝く聖女を召喚し、蛮刀によって裂かれ、棍棒によって打ち据えられ、かぎ爪によって刻まれたペコーの元へ向かわせていた。岩と刃がかち合うような音を響かせ、シワスはグドンの頭蓋から刀剣を引っこ抜いた。そのすぐ側を、指先から煌めく線条を枝垂れさせる、ラキアが駆け抜けていく。振り上げた斧をペコーへ叩きつけようとしたグドンが、後方のジークリッドが射る光の線を引いた矢によって昏倒する。
「貴様らに対しては、私は手加減という言葉は持たないのでな。早々に往生してもらおうか!」
 ラピスをかばうように位置し、リュセルは頭上の七星青龍刀を地へと傾け、すさまじい勢いで叩きつけた。直撃を受けたグドンの身体が崩れ落ちるように地へと還る。ラキアはさらに、最後部に位置するもっとも強力な敵との距離を詰めた。
 
 彼らは囲まれつつあった。左方の翼となったヴィアドたち、そして、もちろん右方のジークリッドたちも、後方に潜むピルグリムグドンが動き出すにつれて、側面からの挟撃を浴びざるを得なくなっていた。先手を取り、う雑魚の掃討には成果を得た。けれど、リエルが口にしたように『大物』はまだ無傷のまま、群れの奥深くから機会をうかがっているのである。
 光の雨を吹きつけたシャムシエルに続き、ディナーハはそのしなやかな体躯から淡い光を周囲へと広げた。傷ついた仲間たちを優しく包み込むその力は、すでに半減している。
 二体のピルグリムグドンがこちらへと向かってくる。ビスは稲妻の蒼い光輝を帯びた矢羽根を、頬にかすめさせ、耳元へと引き絞った。這う虫のような白い触手をなびかせる敵へ、その矢は飛来した――光が飛び散る。
 振り下ろされた鉈をシールドで受け止め、突きだされたさび付いた穂先を蒼い刀身ではじき返す。ローカルはディナーハを護ることに専念した。ヴィレク、リエル、ヴィアドたちが、強大な力を有する敵へと向かうためにも、そうする必要があったのだ。
「……大物頼むよ、雑魚は抑えとく」盾の裏に刻まれた文字を一瞥し、リエルは山刀を斜に振り抜いた。「邪魔!
 切り開かれた活路を、羽のごとき身軽さを備えたヴィアドと、幻影のごとき足捌きをみせるヴェレクが、突きだされる様々な種別の武具を避け、突き進んでいく。
 ――早々に倒せれば、雑魚も怯む。
 ひそめられた双眸が輪郭を歪め、磨き上げられた硝子の像がちらつく……像を分かち三体となったヴィアドの身体が迫ったのは、ビスの射掛けた矢を胸部に受けたままの、ピルグリムグドンである。一点に斬撃が収束する――だが、まだ相手は倒れない。
 蠢く白亜の器官をが、すでに鎧聖の力を失って久しいヴィアドの身体に、次々と打ち込まれる。二体の禍々しい相手に囲まれた仲間を救うべく、ヴィレクが風の刃を飛ばす――次いでビスの放った蒼い闘志によって形作られた矢が喉元に到達し、ようやく一体のピルグリムグドンが倒れた。
「『止める』くらいは……っと」
 片膝をつく仲間へと駆け寄ったディナーハが光を広げる間、リエルが身を挺して、グドンの包囲攻撃を受けきる。光の帯を拡散させてシャムシエルが敵と味方との合間に広げた円環状へ、速やかにローカルが走り出た。彼は盾と武具をかざし、前衛後衛の境目を維持する。戦いはまだ終わりそうにない。
 
 幽玄の薔薇をあたりにちりばめ、ペコーは群れの首領へと斬りかかった。腰の下でふくらんだ衣服の裾から伸びる長い足には、自ら流した血が伝う。標的の元へと至るまでに、複数のグドンから攻撃を浴びていたためである。繰り出された刀身が宙に浮かべた半円は三枚、それらは薄く重なり合った。
 耳をつんざく咆吼を軋ませ、首領の上肢から生えた触手がペコーへと振るわれた。怒りにまかせた打撃は少女の痩躯をねじまげ、ペコーは長い手足を放り出したまま身じろぎひとつみせない。
 すでに、複数のグドンを一挙に絡めとる手立ては失われていた。ラキアの指先から離れた白刃は、一体の胸に吸い込まれ、消えた。
「逃さんし、見逃しもせん。貴様らは此処で倒し尽くす」
 言い放ったリュセルは、風に抱かれるようにして、ペコーの傍らに舞い降りた。深い傷を負った仲間の壁となり、群がるグドンを切り伏せるために。
 毛皮の波がひしめきあうさなかにあって、ラピスは輝きに縁取られた乙女を、リュセルの元へと向かわせた。他の仲間たちも、その身に幾重もの傷を負っている。
 紺碧の氷塊――冴え冴えとした光を湛え、ジークリッドの双眸は膂力をたぎらせる特異なグドンを見据える。蒼い閃光を迸らせた矢が、体躯から触手を生やした首領を捉えた。
 小さな身体から沸き起こる、信じがたい力――自身の背丈に近しい巨大な刃を振り上げ、シワスはもっとも強大な相手に斬りかかった。
「せっかく許可が出たんだから……デストローイっ!!」
 鈍色の刃は肩を深々と断ったが、触手によって弾かれた。後方へとよろめいたシワスへ、複数のグドンが刃を差し向ける。斧を巨大剣で地へと流した、その瞬間、赤い眼が、まるで槍のようになった触手とともに少年の胴を貫いてしまう。
「これが前哨戦……」
 ラピスの唇から紡がれた言葉は、目前にある敵の遙か彼方にひそむ、破壊的な悪意の根元へと向けられたものだった。光の聖女は菌の髪をした少女の元へと向かい、切れた唇から地をぬぐったジークリッドは、稲妻のごとき一矢を目前の敵へと突き立てた。
 烏合の衆にすぎない敵が、一体の強者を含むことで、比べものにならぬ力を得る。強者もまた、自身と比せば塵のような存在を従えることで、己の膂力を存分に振るうことができた。
 ラキアたちには、ある力が欠けていた。広い範囲へと及ぶ力が、敵を刻むにも、自らを癒すにも、備えられていなかったのである。
 おぼろな狐の紋様が、渦巻いて白光と変わる。妖妖と呼ばれる武具を手に、ラキアはグドンの頸部へ武具を叩きつけた。倒れたその影から、白い肌をぬめらせるピルグリムの触手が飛び出した。小さな少年の身体は、土の地面に叩きつけられ、仰向けになったまま留まっている。
 此処で倒しておかなければ、多大の禍根を残す――リュセルはラピスへと迫るグドンに七星青龍刀を叩きつけた。
 残されたのは三人?……いや、そうではないはずだ。まだいくらかなら耐えられる――。
 
 銀糸のごとき髪をした少女は、虚無を想起させる白刃を地へと突き立て、陽に焼けた指先を空に彷徨わせた。宙に浮かんだ黄金の光が双翼を広げる。
「我に仇なす敵意を全て貫けぇ〜エンブレムシャワー」
 シャムシエルの目前に漂う紋章から放たれた、幾筋もの光の帯が、倒された仲間を護るラピスらの頭上を越えた。
 一度限りと残していた敵を絡め取る力を、ローカルはここぞとばかりに展開させた。首領の動きを封じることはできなかったが、その取り巻きたちは四肢をばたつかせている。
 掌で左の眼を覆う血糊を拭い、ヴィアドは一蛉挽歌の切っ先に残されたままの、血液とは異なるぬめりけを帯びた白濁を振り払った。そして、二体目のピルグリムグドンを刻んだその刃を、幻影まとう一撃を、残された最後の強敵へと叩きつけた。
 すでに、癒しの力は失われていた。だが、ディナーハにはまだ、深紅に輝く紋章から溢れる、光の雨が残されていた。
「ここで仕留める」
 と、ヴェレクは断じた。心優しい彼は、鳶色の双眸に決意を宿らせ、ナトゥーアの白銀の刃を空に滑らせる――あの女性を守るのは他でもない、自分しかいない!
 光の雨と、風の刃が、空を過ぎる。
 双翼白鶴弓がかすかに震え、放たれた矢は青く澄んだ光で、空に美しい弧を記した。稲妻に打たれた樹木があげる悲鳴のように、ピルグリムグドンは騒々しかったが、のたうちまわる触手から力が失われたのは、その体躯が地に転げて間もなくのことだった。
 強者を失った群れは、図らずも身中に抱え込んだ敵によって内部から切り裂かれ、散り散りとなり、やがて、群れと呼べるほどの数も失って、最後の一体となった。
 
 
 累々と連なる屍にも、かつてはひとつの命が等しくあったのだと、ラピスはその美しい眉宇を歪める。
「人の命や生活には変えられないけれど……命は命なのにね……」
 と、言ったのはヴェレクだった。
 ラピスの瞳が吸い寄せられるように彼の瞳へと向かい、その白い指先は彼の頬へ伸びた。
 ヴェレクの優しさは自分を癒してくれる……だからこそ彼を選んだのだ……ラピスは今ほど恋人の存在を嬉しく感じたことはなかった。


マスター:水原曜 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:13人
作成日:2005/08/14
得票数:冒険活劇1  戦闘23 
冒険結果:成功!
重傷者:常時自動誤字スキルは集う・ラキア(a12872)  運命の・ペコー(a14333)  弟切草・シワス(a27503) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。