ピルグリムワーム追討戦:群れ



<オープニング>


●ピルグリムワーム追討戦
 2ヶ月ほど前、グドン地域周辺で確認された強力なグドンは、その形態からピルグリムグドンと名付けられ同盟諸国にとって大きな脅威であると認識された。
 この問題についての情報を集めるためグドン地域強行探索部隊が結成され、1ヶ月の苦難の探索行の末、この新たなグドンの発生の理由と思われるギガンティックピルグリムの居場所を特定する事に成功した。

 この情報を受けて行われた大作戦『グドン地域掃討戦』では、少なからぬ犠牲を払いつつも、冒険者達はギガンティックピルグリムを滅ぼしたのだった。

 しかし、これで全てが終わった訳では無い。
 ギガンティックピルグリムを護衛していたピルグリムワーム達は主を失った後、グドン地域の森へと離散していったのだから。

※※※※

「みんな、グドン地域掃討戦お疲れ様。ギガンティックピルグリムが滅びた事で、最悪の事態は回避できたと思うわ」
 リゼルはそう言うと、集った冒険者達に、グドン地域の地図を広げて見せた。
 この地図は、グドン地域掃討戦に参加した冒険者からの情報で作られたものらしい。

「早速だけど本題に入るわね。離散したピルグリムワームなんだけど、霊視してみたら、ちょっと異常が出ているみたいなの。
 ギガンティックピルグリムを倒した後に降った白い雨の影響みたいなんだけど、一体一体がかなり弱っているようよ」
 白い雨に触れたピルグリムワームの中には、溶けて回復不能の傷を被っているものが多いという。
「これが一時的なものかどうかは判らないのだけど、討伐するなら今がチャンスだと思うわ」
 ピルグリムには『強力な個体に従う』という特性があり、ピルグリムワームのような強力な個体を残せば、それを核として再び大規模な群れを作り出すかもしれない。

「霊視で発見したピルグリムワームについては、それぞれ担当の霊査士が説明するわ。中には、ピルグリムやピルグリムグドンを護衛に引き連れてるのもいるらしいから注意するのよ」

 そう言ったリゼルは最後に、こう付け加えた。

「弱っているといってもピルグリムワームは強力な敵よ。決して油断しないでね」と。

●群れ
「移動中のピルグリムワームを倒してください」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)が言う。
「皆さんが着く頃には、隠れる所は何も無い平野に居るでしょう。ピルグリムワームは右側の足がほとんど溶けてしまっています」
 しかし、と言い話を続ける。
「ピルグリムとピルグリムグドンが合計で20匹程度、護衛に居るようです」
 一旦、冒険者達を見つめて……
「それでは、気をつけて行ってきてください」

マスターからのコメントを見る

参加者
聖天の派遣執行官・セラ(a00120)
黒獅子・ロズウェル(a06414)
輝夜・クウェルタ(a06683)
白き闇豹・フリード(a06776)
気侭な冒険者・ライス(a06788)
銀風・ユウリア(a12192)
蒼閃月・エリュトロン(a20610)
天涯孤独・ショウキ(a28164)
秘めた願いこの手に込めて・セス(a29283)
焔をはらむ風と共に・セルシオ(a29537)


<リプレイ>

●遭遇
 グドン地域の同盟領側、その平野に向かった冒険者達。
 そこへ辿り着く前に、冒険者達が見た物は、グドンやピルグリムの死体、それによって出来た血の川など、嫌な臭いが広がり吐き気を覚えた者も少なくは無いだろう。
 旅人は焔をはらむ風と共に・セルシオ(a29537)は、その様子に吐き気を覚えつつも、気合を入れて平野へと向かう。
「(ピルグリム……君たちとはそろそろ決着を付けたいところだね)」
 聖天の派遣執行官・セラ(a00120)も杖を持つ手に力を込める。
 その内に、平野へと辿り付いた冒険者達。ピルグリムワームとその護衛達の姿を見つける……が、此方の姿もピルグリムワーム達には気づかれているだろう。
「飛んでいるのが居るなん。皆、気をつけるなぁ〜ん」
 蒼閃月・エリュトロン(a20610)が空を飛んでいるピルグリムの数を皆へと報告する。
「……目標発見……戦闘開始」
 鮮血に嗤う喰人鬼・ロズウェル(a06414)の台詞を合図にしたかのように冒険者達は、ピルグリムワームへと向かい始める。
 ピルグリム達も此方に気づいて向かってくる。ピルグリム達と冒険者との距離が縮まる。後少しで戦闘に入る。
「そろそろ……か」
 白き闇豹・フリード(a06776)が呟き、鎧進化を使う。
「まじかるえりゅりゅん……うぇいくあーっぷっ!」
 フリードに続き、エリュトロンも剣を掲げて鎧進化を使う。更にそれに続き、いつか時が流れても・クウェルタ(a06683)、セルシオも鎧進化を使う。
 フリードは隙の無さそうな全身黒づくめに、クウェルタは朱色の全身鎧へと防具の形を変える。
 そして、冒険者達は、ピルグリムワームを足止めする班と、足止めをしている間に護衛のピルグリム、ピルグリムグドンを倒す班へと分かれ、戦闘が始まる。

●退治班
「みんな、ふぁいとだぉ!」
 そうエールを送りながら、気侭な冒険者・ライス(a06788)が向かってくる、ピルグリムワームの護衛達向けて、ナパームアローを放ち、先制攻撃を入れ、ピルグリム達にダメージを与える。
「はぁ……っ!」
 そして前衛は近接戦となり、フリードの水流撃により、先頭で向かって来ていたピルグリム達へとダメージを与える。
 お返しとばかりに、6匹程度のピルグリム達が冒険者の前衛へと攻撃し、冒険者達へとダメージが与えられる。
「一流の冒険者たるもの、少々の流血は勲章ですわ」
 吐息に想いを込めて・セス(a29283)が微笑み、言う。いつまで続くのか分からない戦いの為、回復のアビリティを節約している。幸い前衛達は、さっきの攻撃では致命的なダメージを受けていない。
 前衛の連携が上手く行っており、一度に致命的になるダメージは受けない。しかし、続くピルグリム達の攻撃にダメージを蓄積されていく。足止めへ向かったのは3人と甘く見て、護衛を此方へと集中させているのだろう、半分以上の数が来ている。
「皆さん、頑張ってくださいませ」
 クウェルタがヒーリングウェーブでダメージを回復させる。
「我が指先より光よ! 射抜け!」
 回復は大丈夫そうなので、セスが空を飛ぶピルグリムへと向けて、エンブレムシャワーを放ちダメージを与える。
「……一匹」
 銀疾風・ユウリア(a12192)が、ダメージを受けて、弱っている固体を攻撃し倒す。
「よしっ!」
 続いて天涯孤独・ショウキ(a28164)が粘り蜘蛛糸を使い、殆どのピルグリムを拘束する。
「……」
 ロズウェルの攻撃もピルグリムを倒すが、狙っていた急所には当たらなかった。
 ライス、クウェルタ、セスの後衛達の援護が上手く行き、フリード、ユウリア、ショウキ、ロズウェルが一体ずつだが確実にピルグリム達を退治していった。

●足止め
 向かう途中、セラが護りの天使を使い、エリュトロンが武具の魂を使う。
 そしてピルグリムワームの右側へと辿り着く、三人の冒険者達。だが、その前には数匹の護衛であるピルグリム達が居た。
「二人共、無理はしないようにね」
 セラがディバインチャージを使い、エリュトロン、セルシオの武器を強化する。
「この輝き、この切れ味。冥土への土産にもっていくなーん!」
 エリュトロンがピルグリムワームへと言い。行くのに邪魔をするピルグリム達へと水流撃を使い、ダメージを与える。
「邪魔ですね」
 続き、セルシオもピルグリムへと攻撃し、一匹倒す。
 それから、二匹目を倒した後、今まで、攻撃をせずに居たピルグリムワームが動き出し、冒険者達へと攻撃する。
「きゃっ!」
 ダメージを受けてしまうエリュトロン。致命傷とまでは行かないけれど、かなりのダメージを受けてしまう。
「癒しの聖女よ、皆を癒して……!」
 セラが癒しの聖女を使い、エリュトロンを回復。
「こてぃっしゅすらーっしゅ!」
 エリュトロンがピルグリムワームへと電刃衝で攻撃。痺れるのも狙ってみるが、ピルグリムワームは平気な様子で動いている。
「くっ!」
 続きセルシオも動きを鈍らせようとピルグリムワームの右側の残っている足を狙うがミスしてしまう。
 それから時間が少し立ち、そろそろ足止めでも三人だけでは辛くなって来た頃、護衛達の退治を終えた冒険者達が合流する。

●合流
「エリュちゃん、大丈夫ですの?」
 合流したクウェルタが早速、ダメージを癒す為にヒーリングウェーブを使う。
「これで倒しちゃって!」
 セラが剣を使用している仲間へとディバインチャージを使い、武器を強化する。
「これからが本気です……」
 セルシオが武具の魂を使い、力を引き出す。
「ふん!」
 フリードが電刃衝でピルグリムワームの弱っている所を攻撃をしダメージを与えるが、やはり痺れる事は無い。
 護衛は倒し終えているので、それからは、ピルグリムワームへと攻撃が集中する。弱っている部分への攻撃の集中にピルグリムワームは、どんどんダメージを蓄積させられる。
 ピルグリムワームの反撃もあるが、ヒーリングウェーブを節約していたセスがここぞとばかりに使い、味方へのダメージは少ない。
「だぉ!」
 クウェルタの呼びかけに、ライスが頷く。
「お手元一心流……奥義! 電光一閃っ!」
「続けていきますわ! お手元一心流奥義・散葉陣!」
 二人の同時攻撃で更に、ピルグリムワームへとダメージを入れる。
「これで、止めです!」
 大分弱ってしまったピルグリムワームへと、セルシオの電刃衝が止めとなる。少しの間、断末魔の叫びと共に蠢いて居たピルグリムワームだが動きが止まる。
「……目標の行動停止を確認……作戦目標クリア……戦闘終了」
 ロズウェルの言葉で、ほっと安堵の息を吐く冒険者達。
「来ないようだな」
 新たにピルグリムやピルグリムグドンが現れるのでは無いかと警戒していたユウリアも、気配の無さに警戒を解く。
 その後、誰が提案したでも無く、グドン地域から去る冒険者達。
 帰りもグドンやピルグリムの屍骸の腐臭により、少しの間、食欲が少ないかもしれない。


マスター:陸呂頑 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2005/10/26
得票数:戦闘18 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。