ピルグリムワーム追討戦:紅の中で



<オープニング>


●ピルグリムワーム追討戦
 2ヶ月ほど前、グドン地域周辺で確認された強力なグドンは、その形態からピルグリムグドンと名付けられ同盟諸国にとって大きな脅威であると認識された。
 この問題についての情報を集めるためグドン地域強行探索部隊が結成され、1ヶ月の苦難の探索行の末、この新たなグドンの発生の理由と思われるギガンティックピルグリムの居場所を特定する事に成功した。

 この情報を受けて行われた大作戦『グドン地域掃討戦』では、少なからぬ犠牲を払いつつも、冒険者達はギガンティックピルグリムを滅ぼしたのだった。

 しかし、これで全てが終わった訳では無い。
 ギガンティックピルグリムを護衛していたピルグリムワーム達は主を失った後、グドン地域の森へと離散していったのだから。

※※※※

「みんな、グドン地域掃討戦お疲れ様。ギガンティックピルグリムが滅びた事で、最悪の事態は回避できたと思うわ」
 リゼルはそう言うと、集った冒険者達に、グドン地域の地図を広げて見せた。
 この地図は、グドン地域掃討戦に参加した冒険者からの情報で作られたものらしい。

「早速だけど本題に入るわね。離散したピルグリムワームなんだけど、霊視してみたら、ちょっと異常が出ているみたいなの。
 ギガンティックピルグリムを倒した後に降った白い雨の影響みたいなんだけど、一体一体がかなり弱っているようよ」
 白い雨に触れたピルグリムワームの中には、溶けて回復不能の傷を被っているものが多いという。
「これが一時的なものかどうかは判らないのだけど、討伐するなら今がチャンスだと思うわ」
 ピルグリムには『強力な個体に従う』という特性があり、ピルグリムワームのような強力な個体を残せば、それを核として再び大規模な群れを作り出すかもしれない。

「霊視で発見したピルグリムワームについては、それぞれ担当の霊査士が説明するわ。中には、ピルグリムやピルグリムグドンを護衛に引き連れてるのもいるらしいから注意するのよ」

 そう言ったリゼルは最後に、こう付け加えた。

「弱っているといってもピルグリムワームは強力な敵よ。決して油断しないでね」と。

●紅の中で
「少しばかり相手が多そうなんだけど……あなた、出られる?」
「……ええ、お手伝いならしますけれど」
 問いかけに桜花の医術士・フレア(a90098)が頷き返すのを見て取ると、金髪の霊査士は冒険者達に向き直り、話を始めた。
「向かって貰う場所は、少し遠めの所になるわ」
 少し遠いとはいっても、広大なグドン地域の奥地まで踏み込むという訳ではない。しかし、すぐ辿り着けるという訳でもなかった。
 目指すのは、荒野を暫く駆け抜けた先の、木々に覆われた小高い丘。
「勿論、グドン地域の森だけに、樹皮を食料として剥ぎ取られたり薙ぎ倒されたりと、随分荒れ果てているわ。けれど生きている木々がつけている葉は、秋も深まってきて紅く色付いてきている……そんな場所。そこに、倒すべきピルグリムワームの1体が潜んでいるわ」
 ピルグリムワーム。ギガンティックピルグリムを守っていた、強大な敵。先の戦いの時には1体に対し、数十人がかりで何とか戦っていたような相手。
 そのような強力な存在を残しておけば、再度脅威となりかねない……それ故に、倒さねばならない相手だった。
「リゼルから話は聞いていると思うけど、白い雨に打たれた影響で、ピルグリムワーム達はかなり弱っているみたいね。そして、大きなダメージを負ったものも多いとのこと。……あなた達に倒しに向かって貰う相手も、そんな中の1体よ」
 如何なる仕組みによるものなのか、それは分からないままだが……件の白い雨に打たれたためか、目標のピルグリムワームの右目は溶けて失われ、本来なら4本あるべきその右足もまた、半分が溶け落ちているという。
 そこまで弱体化している事を考えれば、これ位の人数でも十分に戦える相手といえるだろう。
「けれど、流石は強力なピルグリムワームと言うべきか……向こうもただ弱って身を潜めているのではないわ。護衛として従えたもの達を周囲に放っているの」
 その数――ピルグリムとピルグリムグドンがおよそ10体程度。
「護衛が……」
「勿論、それらを相手にするだけなら何とでもなるとは思うわよ。けれど、最も倒すべきなのはピルグリムワーム……いくらか弱っているとはいえ、元々あれだけ強かった敵を甘く見ることは出来ないでしょう?」
 ミーティアは腕を組んで、続けた。
「詳しくは見えなかったけれど、護衛とはいえ全てが傍に張り付いている訳では無い筈。その辺りも考えて……倒すべき敵を、必ず倒して頂戴」
 そして、決して無理をしないように――
 呟くように付け加えられた言葉に、冒険者達は少しの間の後に、頷きあったのだった。

マスターからのコメントを見る

参加者
聖天に舞う神翼の刃・ティエン(a00455)
翡翠の脱兎女・リヒトン(a01000)
幸せを望む歌い手・リフィア(a04222)
蒼い雷帝・カイン(a06953)
青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927)
紅虎・アキラ(a08684)
風に乗る微笑みの歌姫・フルール(a09449)
焔獣・ティム(a12812)
戦場にて華を想う刃・ランベルト(a26692)

NPC:桜花の医術士・フレア(a90098)



<リプレイ>

●紅の中へ
「……ぅ……」
 森へと足を踏み入れた所で、桜花の医術士・フレア(a90098)は込み上げる吐き気を堪えるように、口許に手を当てた。
「大丈夫ですか……?」
「え、ええ……」
 具合を気遣う幸せを望む歌い手・リフィア(a04222)に頷き返すフレア。
 そんな彼女を見る一同が全員、無理も無いという表情であった。
 酷い有様の中を駆け抜けてきた。あちこちに先の戦いで討伐されたグドン達の死体が転がり、時の経過と共に腐乱を始めていた。腐臭と、大地に染み込んだ血の残り香……荒野には死の匂いが充満していた。
 顔色一つ変えずに居られる人間は、まず居なかっただろう。
「……行こうか」
 一つ息をついて、聖天に舞う神翼の刃・ティエン(a00455)が言った。
 戦いはこれから始まるのだ。ピルグリムワームという、残された脅威との戦いが。
「弱っているらしいとはいえ、気合入れてかからねぇとな」
「手負いの虎程怖いものは無いしね」
 紅虎・アキラ(a08684)と東方蒼竜・ルイ(a07927)の言葉に、蒼い雷帝・カイン(a06953)は霊査士達からの話を思い出す。
 先の戦いの最後に降った白い雨……あの雨は一体、何だったのだろう?
(「……気になる事は多いけれども、今は戦いに専念しないと」)
「とにかく、早くワーム達を見つけないといけませんね」
 フレア同様にまだ気分が優れないのを堪え、風に乗る微笑みの歌姫・フルール(a09449)は周囲を見渡した。
 散乱する、無残に引き剥がされた樹皮の欠片。根元から朽ち始めた木々。見る程に悲しくなる、死に瀕した森の姿……何処まで行ってもそれは変わらないと、直感する。
「ミーティアさんにばかり頼れませんからねぃ」
 翡翠の脱兎女・リヒトン(a01000)が肩を竦める。詳しい居場所を、周囲の風景を聞き出せると踏んだ彼女達だったが、霊査士は、話した以上の事はよく見えなかった、と言うのみだった。
 しかし思えば、森の特定の一箇所を的確に表す事の、何と難しい事か。仮に風景を言われたとして、途方に暮れたに違いないだろう事は想像に難くない。
 途方も無く広大なグドン地域の、森の中の一つ、その場所までは霊査士の力で判明した。その先は……霊査士の信じた、冒険者達自身の役目なのだ。
「とりあえず足跡に注意して行きたいが……」
 焔獣・ティム(a12812)が腕組みする。独特の足跡が残るとの推察は正しい、しかし、もとよりここはグドン地域。微かに残る足跡の殆どがグドンの物、数多くあるそのどれを辿るべきか、彼には判断をつけかねる。
「……これを辿って行けばいいのではないでしょうか?」
 やがて、暫く歩いた所で煌めく剣閃・ランベルト(a26692)が目をつけたのは、何かに薙ぎ倒されたような倒木だった。ワームの巨体が森を通れば、こうなるのも無理は無いだろう。倒れた向きで方向を推理するのもそう難しくは無い。
「よし、行ってみよう」
 頷き合い、冒険者達はその跡を辿り始める。
 しかし……あまりに、ワームを追う事しか考えていなかったのではないか?

「……何か来ますねぃ!?」
 ふと、自分達とは別の足音に気付いたリヒトンが声を上げ、来た道を振り返る。
 距離こそあるものの……そこには冒険者達の後を追う、ピルグリムの姿が2つ。
 迂闊にも、予想外の事態だった。ワームの傍に居ない者が、森の中を見回っているという可能性も考えて然るべきだったのに。
「走れ!」
 誰かが言い、冒険者達は全員それに従う。この人数でピルグリム2体のみと戦って、負ける事は無いが……その騒ぎで、本当に倒すべき敵に自分達の接近を悟られるだろう。
 攻撃される距離まで近付かれないように走って、ワームを目指すのが次善との判断だった。
「……いました、あそこです!」
 そうして暫く走った時、ランベルトが進行方向右側を指した。
 無残な姿を晒す木々の向こうに、巨大な白い何かが見える。……大きさを考えても、ピルグリムワームとしか考えられない。
「奴を倒せば……!」
 そちらを目指して駆け出すティエンの後に、冒険者達は続く。倒れた木を飛び越えて、駆ける。
 やがて、状況が見えてきた。木々に囲まれて身を横たえるピルグリムワーム。冒険者達にとって幸いだったのは、その場がワームの右側に当たる事だった。右目を失ったワームには、こちらの姿はまだ見えていまい。
 しかし、その手前にピルグリムグドンの姿が3つ。流石に弱味をただ晒してはいない。
「やるしかねぇな」
 呟き、アキラが鎧進化を使おうとするが。
「来ました!」
 振り返ったフレアが、追って来る2体のピルグリムの接近を告げる。
 ここで足を止めて戦闘に入れば、いきなり弱点を突きに行けるこの幸運をふいにしてしまうだろう。時間は無かった。

●紅の中で
 行くしかない。冒険者達は誰からともなく頷きあう。
「脱兎に代わってお仕置きですねぃ〜」
 リヒトンがピルグリムグドンにホーミングアローを放ったのを合図に、全員が駆け出した。こちらに気付いたピルグリムグドンが向き直ってくるが、駆ける勢いは緩めない。
 立ちはだかろうとする敵を目掛け、リフィアがニードルスピアを放って牽制する。この僅かな隙が鍵。
「そっちは任せた!」
 叫び、抜き放った蛮刀を手にルイが敵の間を突き抜けた。ピルグリムワームと戦うと決めた者達が後に続く。
 ピルグリムグドンもそれを黙って見過ごしてはくれない。カインとフルールがすり抜けようとするのを阻止すべく、腕を振り被り……
「お前達の相手は、僕達だ!」
「かかって来な、遊んでやるぜ」
 そんな敵に、ティムとランベルトが斬りかかる。ワームと戦う者達の邪魔はさせない。
 リフィアとフレアを合わせて、4人。それが、周りの護衛の足止めに割かれた戦力だった。

「雷の如き脱兎の矢ですねぃ〜」
「はあぁ!」
 リヒトンの放つライトニングアローに合わせ、ティエンが流水撃を放つ。無防備に近い、ワームの右腹に攻撃が命中する。
 ワームは痛みに足をばたつかせるが、見えない体の右側を半分の足では攻撃し難いのだろう。
「怪我を狙うのは卑怯っぽいが、こっちもうだうだ言ってらんねェんでな!」
 アキラの放つデストロイブレードも、容易くワームの腹に叩き込まれた。
 と……ワームの体の向こうから、空を舞うピルグリムが1体、姿を現した。体の左側に居たのが見えなかったのかもしれない。
 通常なら不意を衝かれそうなタイミング。だが。
「甘いわ。幾ら戦闘中でも、見逃す程油断はしてないわよ」
 狙い澄ましたようなカインのエンブレムシュートがそれを撃つ。とても一撃では倒せないと見て、フルールもワームごとエンブレムシャワーを浴びせる。
 最初に予定外の事はあったが、ここまでは一方的に押している。この調子で畳み掛ければ、あるいは簡単に勝てるやも――
 その時。
「うお!?」
 続けてワームに斬りかかろうとしたルイが、後方から雷に撃たれてよろめく。
「おいおい、護衛班は何やってんの!」
 周りの雑魚を足止めする筈の仲間、それ位の事も出来ないのか。非難めいた野次を飛ばし、振り返るルイ。
 ……そこには、苦戦の光景があった。

「ここから先へは行かせません!」
 ランベルトが電刃衝を、ピルグリムグドンの一体に放つ。
「この……!」
 突破を図ってくる2体のピルグリムグドンに、ティムが流水撃を放つ。
 と、宙に浮くピルグリムが羽ばたいた瞬間、爆発が一同を飲み込む。
「回復します……!」
 大きなダメージに耐え、フレアがすかさずヒーリングウェーブを放つ。4人の傷が癒えて行く。
 それを待たず、もう一体のピルグリムが接近する。
「させません!」
 何とかランベルトが割って入り、ピルグリムの動きを止める。が、そこへピルグリムグドンのパンチが突き刺さる。
「ランベルト!」
 叫ぶティムにも、2体のピルグリムグドンが触手を打ち付ける。回避し切れる物ではなく、高レベルの彼にとってもダメージはかなり大きい。
「……ッ!」
 再度フレアが放った癒しの光に包まれながら、リフィアはニードルスピアを放つ。伝う冷や汗を拭う暇も無い。
 ピルグリムグドンは元々、1体1体がモンスターにも匹敵する。ピルグリムも蹴散らせるような雑魚には程遠い存在。
 少しでも気を抜くと前衛を抜かれそうになる。もし接近を許せば……リフィアやフレアが立ち向かうには分が悪すぎる。
 今で既に、やや押され気味で何とか均衡を保っている状態。だが、状況はまだ悪化する。
「あれは……」
 ふと敵達の向こう側を見た刹那、リフィアの体に震えが走る。そこには新たなピルグリムグドンの姿が、2つ。
 その頃、ワームも攻勢に出ようとしていた。

「来る!」
 半ば身を起こしながら、ガサガサと方向転換を始めるワーム。その体目掛け、ルイが達人の一撃を放つ。深く突き刺さる、刀。
 だが、その動きは止まらない。あっという間に冒険者達に正面を向けたワームの、口が大きく開く。
「いけない、避けて!」
 カインが声を上げた。宙に描いた紋章から既に生み出していたエンブレムノヴァの光球を急いで放ち、攻撃に備えようとする。
 その光球がぶつかるのとほぼ同時に、ワームの口から大量の糸が、凄まじい勢いで噴き出された。
「きゃあ!」「ぐ……」「うわっ……!」
 ぶつかる糸の衝撃と、体に纏わりつく感触に、冒険者達は苦痛の声を上げる。運良く糸に絡め取られなかった者はまだいいが、拘束された者は身動きもままならない。
(「今回はちゃんと役に立たないと……!」)
 運の良い前者であったフルールが、急ぎ毒消しの風を使う。その手助けもあり、何とか糸の拘束から逃れた冒険者達の上に……大きな影が落ちた。
「押し潰す気か!?」
「く、下がれ!」
 体を大きく持ち上げたワームの姿に、ティエンとアキラは防御姿勢で距離を取る。しかし逆に、ルイは敵に接近する。
「俺が攻撃を封じるから、畳み掛けるんだ!」
 言いながら蛮刀を振るい、再度達人の一撃で切り込む。これで戦意を消沈させれば攻撃は封じられる筈……であった。
 だが、先程と同じだ。ワームの体の動きは止まらず……倒れ来る!
「ルイ!」
 仲間の呼び声にも、技を放った姿勢の彼は急に動くことも出来ず――
 ズ……ン!
 地響きと共に、振動で僅かにあった周囲の紅葉が地に落ちゆく。そして、ルイの姿は巨体の下に消えていた。

「オラァ!」
 毒液を被った痛みを堪え、アキラがデストロイブレードを放つ。リヒトンが矢を射て、ティエンが切り込む。
 戦いは続いていた。押し潰されたルイを何とかワームの下から救い出したい。しかし、ここへ来ても敵はしぶとい。
 振り回した足が、前衛の2人を強かに打った。
「「これで……!」」
 フルールがヒーリングウェーブを放ち、カインがエンブレムシュートを撃ちこむ。
 エンブレムノヴァはルイを巻き込みそうで使い辛い。しかし、それではダメージ源としては心許なく……事実、敵の動きを止められない。
 足に力を込めたワームが、地を擦りながらぶつかってきた。何とかティエンとアキラが防御して食い止めるがダメージは大きく……何より、巨体の下から聞こえる骨の折れる音が恐ろしい。
 更にその時、後方で悲鳴があがる。見れば、リフィアの繊細な肢体にピルグリムグドンの豪腕が突き立っていた。
「「リフィア!」」
 叫ぶ前衛も共にボロボロだった。それぞれがピルグリムグドン2体とピルグリムを相手に、1対3の戦いを強いられていた。
 ピルグリムグドンの数が増え、とうとう均衡は破られた。持ち堪えられるものではない。
「ぁ……」
 肺の空気が全部抜け出す感覚に、リフィアは意識が遠くなる。迫る敵から大切な人を守りたくて、立ちはだかった事に後悔はないけれど。
(「どうか……誰一人欠ける事のないように……」)
 そんな願いは、今にも打ち砕かれそうだった。
「嫌ぁ!」
 必死に癒しの力を使うフレアだが、敵の暴力に比して回復量は追いつかない。
 ダメージの溜まり続ける戦いに、遂にランベルトが倒れた。
「くっ!」
 懸命にティムが繰り出す流水撃にピルグリムグドンが一体、漸く倒れるが……その程度で状況は好転しない。もう、もたないだろう。そして、まだワームは倒れない。
「そんな……」
 呟いたのは誰だったか。
 駄目だ。このままでは間違いなく、誰かが――

 ――ポツリ。
「雨……?」
 その時。天より降り始めた白濁の雫を、全てのものが呆然と見上げた。

『――!』
「苦しんでいる……」
 フルールが呟く。雨を受けて、ワームは悲鳴を上げてのたうつ。それも、みるみる弱々しくなっていく。
「最初の攻撃が効いてるんだ!」
 叫び、アキラが渾身のデストロイブレードを放つ。
 この機を逃しては、無事に帰れない。悟り、リヒトンが雷矢を放つ。
「終わらせる!」
 ティエンが電刃居合い斬りを叩き込む。
「貴方にも生きる理由はあるのでしょうけどね……ここで朽ちなさい!」
 カインがエンブレムノヴァを撃ち込む。
 それらの渾身の攻撃が、白い雨に限界まで削り尽くされたワームの命を、遂に断ち切った。

●紅の中を
 終わった……そう思う間も無く。
「グッ!」
 ピルグリムグドンに殴り飛ばされ、ティムが呻いた。その威力は、今までと何ら変わりない。
「こいつら……平気なのか?」
 半ば驚愕の思いでその事実を受け止める。白い雨にピルグリムは苦しみ逃げ惑っているというのに……
 と。その光景を見たピルグリムグドン達は、攻撃の手をピルグリムへと向け始める。
 何事かは分からないが……敵の注意の逸れた今がチャンスだった。
「撤収しよう!」
「だな、これ以上戦う余力も無さそうだ」
 ティエンが言い、アキラが頷く。その頃にはフルールがルイを助け出していた。
「大丈夫ですか!?」
「……何とか……」
 リフィアにはフレアが肩を貸し、ランベルトはカインとティムが助け起こした。
「では、脱兎ですねぃ〜!」
 そしてリヒトンの号令の元、一行は森から逃げ出した。ピルグリムをいたぶるピルグリムグドン達を背に……

 一時だけ降った雨も止み。
「あの雨、何だったのでしょうね……」
 フレアと共に怪我人の介抱をするフルールの呟きに、ランベルトは懐からビンを取り出していた。雨が降った時、傷ついた体ながら何とかそれを採取したのだ。
 しかし、時間を置いて見た今では、ただの水でしかなかった。
 結局、分からない事だらけだ。雨も、ピルグリム達も。ただ。
「手強かったわね……」
 荒い息を隠そうともせずカインが呟く。
 そう、どうあれワームが倒れたのは事実。たとえ、幾つもの幸運のお陰だとしても。
 ……尤も、あれを勝利と呼べるかどうかは、各人の判断を要する所だったが。

 やがて訪れる黄昏時……複雑な思いを胸に、冒険者達は同盟の地を目指すのだった。
 傾いた陽の照らす中を。
 死に行く森も不毛の荒野も、流れる血すらも朱に染め上げる、紅の中を――


マスター:御司俊 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2005/10/24
得票数:冒険活劇4  戦闘13  ミステリ2 
冒険結果:成功!
重傷者:幸せを望む歌い手・リフィア(a04222)  青空に浮かぶ龍・ルイ(a07927)  戦場にて華を想う刃・ランベルト(a26692) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。