ピルグリムワーム追討戦:窪みに蠢くもの



<オープニング>


●ピルグリムワーム追討戦
 2ヶ月ほど前、グドン地域周辺で確認された強力なグドンは、その形態からピルグリムグドンと名付けられ同盟諸国にとって大きな脅威であると認識された。
 この問題についての情報を集めるためグドン地域強行探索部隊が結成され、1ヶ月の苦難の探索行の末、この新たなグドンの発生の理由と思われるギガンティックピルグリムの居場所を特定する事に成功した。

 この情報を受けて行われた大作戦『グドン地域掃討戦』では、少なからぬ犠牲を払いつつも、冒険者達はギガンティックピルグリムを滅ぼしたのだった。

 しかし、これで全てが終わった訳では無い。
 ギガンティックピルグリムを護衛していたピルグリムワーム達は主を失った後、グドン地域の森へと離散していったのだから。

※※※※

「みんな、グドン地域掃討戦お疲れ様。ギガンティックピルグリムが滅びた事で、最悪の事態は回避できたと思うわ」
 リゼルはそう言うと、集った冒険者達に、グドン地域の地図を広げて見せた。
 この地図は、グドン地域掃討戦に参加した冒険者からの情報で作られたものらしい。

「早速だけど本題に入るわね。離散したピルグリムワームなんだけど、霊視してみたら、ちょっと異常が出ているみたいなの。
 ギガンティックピルグリムを倒した後に降った白い雨の影響みたいなんだけど、一体一体がかなり弱っているようよ」
 白い雨に触れたピルグリムワームの中には、溶けて回復不能の傷を被っているものが多いという。
「これが一時的なものかどうかは判らないのだけど、討伐するなら今がチャンスだと思うわ」
 ピルグリムには『強力な個体に従う』という特性があり、ピルグリムワームのような強力な個体を残せば、それを核として再び大規模な群れを作り出すかもしれない。

「霊視で発見したピルグリムワームについては、それぞれ担当の霊査士が説明するわ。中には、ピルグリムやピルグリムグドンを護衛に引き連れてるのもいるらしいから注意するのよ」

 そう言ったリゼルは最後に、こう付け加えた。

「弱っているといってもピルグリムワームは強力な敵よ。決して油断しないでね」と。

●窪みに蠢くもの
 リゼルは酒場に入るなり話を始めた。
「窪みに落ちて身動きの取れなくなったピルグリムワームを倒して欲しいの」
「窪みに?」
 悠久の誘い・メルフィナ(a90240)は首を傾げる。
「ええ、このピルグリムワームは下半身の大半を失っていて、這いずるようにしか移動できないのよ……それでも、時間がたてば自力で這い出すから、今のうちに倒して欲しいの」
「それなら簡単に倒せそうね」
 リゼルの解説を聞いて納得したメルフィナは笑顔で簡単そうと言うが、
「……それがね、このピルグリムワームは護衛に8体のピルグリムと、4体のピルグリムグドンを連れていて、結構厄介そうなのよ。しかも、護衛を相手にしているとピルグリムワームが窪みから抜け出す時間を与えてしまうようなの」
 合計12体の護衛……あまり想像したくない数だ。
「……そんなのどうするの?」
 不満そうに問うたメルフィナに爽やかな笑顔でリゼルは言った。
「ピルグリムは強力な固体に従属する修正があるの、だからピルグリムワームさえ倒してしまえば、あとは何とかなるわ……あ、でもいくら弱っているからって、真正面から戦いを挑んだらどうなるか判らないから気を付けてね?」
 さも簡単そうに言ったリゼルは、愕然とするメルフィナを置いて酒場を後にした。
「そんな簡単じゃ無いと思うんだけど……ねぇ?」
 メルフィナはリゼルの話を一緒に聞いていた冒険者達に苦笑いを浮かべるのだった。

マスターからのコメントを見る

参加者
エルフの紋章術士・イルミナ(a00649)
蒼天の幻想・トゥバン(a01283)
剣舞姫・カチェア(a02558)
鉄鋼科学医科大全・アイシャ(a05965)
井之頭・ジェラード(a06294)
七色の尾を引くほうき星・パティ(a09068)
赤烏・ソルティーク(a10158)
中の人などいない・ディスティン(a12529)
紅炎の想術士・シェル(a16437)
白翼の騎士・レミル(a19960)
NPC:悠久の誘い・メルフィナ(a90240)



<リプレイ>

●グドン地域
 同盟の北に位置する広大なグドン地域、先のグドン地域掃討戦によって多くのグドンを倒したと言っても、グドン地域全体の広さから言えば南の僅かな部分を掃除したに過ぎないと言える。
「酷い匂い……」
 グドンの死体が積み重なり、そこから流れた血と腐った肉が川のように流れを作っている。……あまりにも酷い匂い、それ故か、先の戦いが起こった付近にはグドンすら近付かない。

 遠目に見えるのは、白く蠢く何か。
「あれが、ピルグリムワームか」
 機動装攻・ディスティン(a12529)が、ゆっくりと窪みの底から這い出ようとしているピルグリムワームの姿を確認すると、低く重い口調で言った。
 荒野に吹き荒ぶ風が彼の足元を駆け抜けていく。
「セイレーンも無事同盟入りし、ザウス大祭の開催も近い」
 愛に生きた紳士・ジェラード(a06294)は顎に手を当て、考え込む。
「だが、目の前の災厄は取り除かねば、同盟の未来は安泰とは言えぬ」
 そしてディスティンと視線を交わし、装甲タキシードの形状を大きく変形させると、
「ここは死力を尽くして戦おうぞ!」
 力強く握り拳を作って、ディスティンが共に後ろに続く仲間達に呼びかけた!

「メルフィナちゃんは私専用のメイドさん!」
「え? メイドさん? でも私メイド服持ってないわよ?」
 振り返った先では、全身を黒い炎で包んだ、堕落天使・アイシャ(a05965)と、悠久の誘い・メルフィナ(a90240)が何かやってた。

 せっかく格好良く決めたのに……ジェラードとディスティンは握り締めた拳をそっと隠すと何事も無かったように歩き始めるのだった。

「追撃ってね……ま、なるようになるだろうが、やっぱり面倒」
 蒼天の幻想・トゥバン(a01283)は幻想剣『RAIOT』に新たな外装を取り付ける。
「追討戦ともなれば、相手も手負い。油断は出来ぬな」
 そして、せめて、ご褒美でもあればな……と言いかけた、トゥバンの言葉は、横から見上げるように続いた、剣舞姫・カチェア(a02558)によって飲み込まされた。
「冒険者としての責務を果たしに行きましょう。油断はしないけれど、気負い過ぎても疲れるだけ。冷静に熱くね」
 トゥバンとカチェアを後ろから見つめ、紅炎の想術士・シェル(a16437)は言う。彼等を戒めるように、或いは自分自身への戒めに。
 トゥバンはシェルに振り返ると解っているさと言うように肩を竦めた。

●強行突破
「さて、それじゃピルグリムワーム退治に行きましょうか」
 窪みの淵にピルグリムの姿がちらほらと見え始めた頃、エルフの紋章術士・イルミナ(a00649)が仲間達を振り返る。準備に手間取って時間切れなんて笑えないのだ。
「各々方、準備は十分か?……それでは、まいろう!」
 そしてディスティンは、仲間達に確かめた後、一呼吸を置き窪みに向かって走り出した。

 冒険者達の姿を見つけたピルグリムとピルグリムグドン達が集まり始める。
「どか〜んと大暴れにゃ☆」
 七色の尾を引くほうき星・パティ(a09068)が、メテオ☆インパクト MK.IIから赤く透き通る矢を放つ。
 放たれた矢は戦いの烽火日を切るように、ピルグリムが集中する場所で爆ぜた。
 パティが起こした爆発に紛れるように距離を詰めた、緋燕・ソルティーク(a10158)が正面に差し出したスカーレットノイズから空中に紋章を描き……描かれた紋章から光の雨がピルグリム達を打ち貫いていく。
 さらに、もっとも弱ったように見えたピルグリムの懐に無造作に入り込んだ、白翼の騎士・レミル(a19960)がMond scheinを振り抜くと、ピルグリムは崩れ落ちた!
「それでは皆さん任せませたよ、こちらが持ちこたえている間に何とかしてくださいな」
 レミル達が作った護衛の穴からジェラード達が抜けて行くのを見送り、ソルティークは護衛のピルグリム達に振り返る。
「……厳しい戦いになるでしょうけど、頑張りましょう」
 襲撃に気付いた護衛が更に集まってくるのを見たレミルはこの戦いが厳しいものになると確信する。
 ……もし、自分達が強行突破を選ばなければ、ピルグリムワームに触れる事すら叶わなかっただろう、護衛の数はそう言う数だと認識できた。
「護衛班の人達、後、よろしく。メルフィナも頑張ってね」
 駆け抜け際にシェルがかけた言葉に、メルフィナは微笑を返す。
「ピルグリムは弱っているようですね」
 レミルがピルグリムを見て言う。
 白い雨のせいだろうか、融けたように片腕がなくなっていたり、足の無いもの……それぞれ失った物の違いはあるようだが、一様に満足な姿をしたピルグリムは居ない……。
「だが、ピルグリムグドンは元気そうだ……な!」
 アイアンクラッドメタルワークスに強大な力を注ぎ、その形状を大きく変化させたディスティンがピルグリムグドンの攻撃を盾で受け止める。
(「一体一体は大した事は無いが……」)
 どこまで持つか……と考えたディスティンは首を振る。
「護衛の足止めが我が主任務!」
 そう、此処を守らなければならない、自分達を信じてワームに向かった仲間達の為にも、自分と一緒にこの場所に残ると決めた者達の為にも。

「それでは、お付き合いいただきましょう。あちらの戦いが終わるまで、ね」
 決意を胸に、ソルティーク達は護衛と対峙する。

●窪みに蠢くもの
 それは不安定な巨体を揺らし、這いずるように窪みの外を目指していた。
 一歩踏み出しては、踏み込んだ足場が崩れて窪みの奥に落ちて行く……まるで蟻地獄に捕らわれた蟻のよう。
 そして、それでもその巨体は確実に窪みの外に向かって移動していた。

 イルミナ達はピルグリムワームの後方斜めに位置を取る。
「滑るわね」
 足場が悪いだろうと踏んでいたイルミナの予想は中っていたが、冒険者達には大した問題でも無さそうだ。
 素手の身軽さを活かしたジェラードが動く、融けて原型を留めないワームの下半身に滑り込むと鉄をも切り裂く、鋭く強靭な蹴りを放つ。
 ジェラードの蹴りはまばゆい光の弧を描き、ワームの下半身を更に削り……苦悶するように身を揺すったワームは窪みにずり落ちる。
「ずば〜ん、とやっつけるよ!」
 ジェラードが攻撃を行っている隙にパティが真後ろに走りこみ、そのまま雷の矢を放つ。
(「後方の護衛班が気にはなるけれど……」)
 今は目の前の敵に集中しよう、シェルはワームを睨みつけると、
「傷……消毒してあげるわ」
 召喚器『RIGHTEOUS』を頭上に掲げその先に巨大な火球を作り出す。紋章筆記の力を得て力を増した火球はワームに直撃する。
 火球の爆発が終らぬ間に、トゥバンがワームの死角から駆け抜け達人の一撃を放つ。
 シェルとトゥバンの攻撃を受けたワームが顔を冒険者達に向ける……と、更にワームは窪みにずり落ちた。
 続いて黒い炎を纏ったアイシャがHeaven’zDoorから黒い炎の蛇を放ち、イルミナが木の葉を放ってワームを拘束しようとするが……ワームは避ける素振りも見せず木の葉を弾いた。

 ワームが巨体を揺らし、まるで蟻でも払うかのように、融けかけた前足を薙ぎ払う。
 見を低くして攻撃を避けようと構えいていたトゥバンだったが、地面を削るように薙ぎ払われたワームの足は避けられない。ジェラード、カチェアと共にワームの攻撃を受けてしまった。
 意識を刈られそうな一撃……それでもジェラード達は堪える。
「今暫く耐えよ! 戦局はこちらに傾いている、ワームはもう虫の息だ!」
 ジェラードは叫ぶ。必死に堪えているであろう、護衛班の報いる為にも、負ける訳にはいかないと。

●戦いの行方
 まばゆい光が煌めく。
 白い異形が、その光によって動きを拘束されるが、拘束を逃れた何体かはその光に吸い寄せられるかのように、ディスティンを集中攻撃する。
 攻撃を受け止めた盾から響く衝撃が骨を伝わり、意識が遠くなる。
 敵の数を減らす事を目的としてレミルがピルグリムの懐に入り込み剣を振るうが、倍以上の数のピルグリムグドンやピルグリムに阻まれ敵の数は減らない。
「この程度で私達を崩せはしません!」
 ディスティンとレミルを支えるようにソルティークが癒しの光を放ち、メルフィナの力強い歌声が響く。
「……厳しいですね」
 この状況に、レミルがつぶやいた時、
「今暫く耐えよ! 戦局はこちらに傾いている、ワームはもう虫の息だ!」
 ジェラードの声が聞こえた。
「……もう少しだそうですよ?」
 ……折れそうな心を支える仲間の言葉の何と心強い事か。レミルは笑い、血で赤く染まった手で長剣を握り直した。

 アイシャとシェルの癒しの光が前衛の傷を癒す。
 ジェラードが光の弧を描く蹴りを、トゥバンが懐に飛び込み剣を振るう。そしてトゥバンに併せるようにカチェアが醒刀『蜃楼龍』を華麗に振るえば周りに薔薇の花が散る。
「こっちを向くにゃ☆」
 パティがワームの気を引く為に、視界に入る位置から光の尾を引く矢を放つ。
 ワームはパティに目標を定めるとその口から毒液を放ち、パティを溶かそうとする……まともに食らったパティは苦しそうな顔をするが、
「聖女さんいらっしゃい!」
 アイシャが光り輝く聖女を作り出しパティの傷と毒を消した。
「はぁ、効かなかったか」
 拘束を打ち尽くしたイルミナが、さして残念でも無さそうに呟く。
 そして、徐に漆黒の手套を掲げると、その上に紋章の力を集約した火球を作り出し、
「こっちなら問題無いでしょ」
 吐き捨てるように言うと同時に、火球をワームに投げ付ける……紋章筆記の力を加えて威力を増した火球がワームに直撃する。

 イルミナの火球を受けたワームが震える前足を空を掴むように伸ばし……そのまま融けるように崩れ落ちた。

 ワームの最後を確認したトゥバン達は護衛班の元に駆けつける。
「貴殿ら、遅かったな、危うく敵を全滅させてしまう所だったぞ」
 ディスティンが悠然と言うが……全身鎧の節々から赤い液体を流し、その足元に広がる血の溜りが彼の傷の深さを物語っている。
 本当は立っているのもやっとだろう、これ以上無茶をしないようにジェラードがディスティンに肩を貸す。
「……これはどうなってるの?」
 彼等の目の前では、ピルグリムとピルグリムグドンが戦っている……どう言う状況なのかと問うイルミナに、
「解りません……が、ワームが倒れた事と関係あるのでしょう」
 ソルティークが答えた。
「兎に角、此処から離れましょう……」
 長剣で何とか体を支えているレミルの提案に冒険者達はその場を離れる……ピルグリムとピルグリムグドンの戦いは、ピルグリムグドンが有利に戦っているように見えた。

「フッ、戦う女性は美しい君、綺麗だね。付き合おう!!」
「……ほう、貴様はまだ懲りぬらしいな」
 メルフィナの手を取ったトゥバンをカチェアが剣呑な目で見つめる……。
「みんなが無事で良かっ……取り合えず、蹴っていい?」
 そして蹴って良い? と言う前にトゥバンの顔面にシェルの蹴りが直撃。
「メルフィナちゃんは私専用のメイドさんだから!」
 そして奪い取るようにメルフィナの手を取ったアイシャにメルフィナは微笑む。

 嗚呼、皆無事でよかったと。


 【END】


マスター:八幡 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2005/10/23
得票数:冒険活劇1  戦闘17 
冒険結果:成功!
重傷者:中の人などいない・ディスティン(a12529)  白翼の騎士・レミル(a19960) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。