春のグドン退治:快刀乱麻



<オープニング>


●春のグドン退治
 春は野に花が咲き、小鳥が囀る美しい季節です。
 が、そればかりではありません。
 春は野や森に食料が増えるため、グドンの繁殖と移動が活発に行われる季節なのです。
 冬の間に餓死した仲間の数をその旺盛な繁殖力で回復させる。それは、グドン達の自然の摂理なのでしょう。

 このグドンの繁殖と移動は例年の事で、春先はグドンの被害が多く出る季節として、注意が呼びかけられています。
 例えば、多くの辺境の村には、グドン程度の力では開けられない硬い扉と閂で護られた避難所があります。グドンに村が襲われたら女子供お年寄りを避難場所に避難させつつ、冒険者へ救援の知らせを送るのです。
 また、男達は村の周辺の森や里山を見回り、グドンの群れが近づいていないかを巡回して調べます。
 もし、グドンの姿を見かけたら、冒険者に救援を願うのです。
 もしかしたら、村が襲われる前に冒険者にグドンを退治してもらえるかもしれません。

 強力なモンスターと違い、襲われても救援が来るまで頑張れる。
 それが、グドンという敵だったのです。

※※※※

「それが、そうも言ってられなくなったのよね」
 ヒトの霊査士・リゼルは、酒場に集った冒険者達を見回して、今回の依頼についての説明をはじめた。
「まずは始めに説明しておくわね。最近同盟領の各地で発見されたピルグリムグドンだけど、あれ、グドン地域から出てきたものじゃ無いみたいなの」
 リゼルの言葉を予測していた者もいたようだが、素直に驚いている者も多くいた。
「ようするに、動物が突然変異して凶暴化するみたいに、普通のグドンが突然ピルグリムグドンに変わってるってわけ」
 現在は100匹に1匹くらいの割合でピルグリムグドンが発生していると予測されているが、今後、この数字は増えていくだろう。
 突然に変異して発生したピルグリムグドンと、普通のグドンとの子供はピルグリムグドンになるのだから。

 この変化が、いかなる理由によるものかは判っていない。
 しかし、確実にわかっている事もある。
「このまま放っておけば、幾つもの村や町がピルグリムグドンに率いられたグドンの群れに蹂躙されてしまうでしょう」
 そう言うとリゼルは、眼鏡をキランと輝かせて冒険者達に宣言した。
「その前に、人里近くのグドンの群れを見つけ出して駆除し尽くすのよ!」

 各地の領主や村の自警団の報告、旅の商人からの情報、そして多くの霊査士による調査により、駆除すべき数多くのグドンの群れがリストアップされている。

「ピルグリムグドンに率いられたグドン達。皆の力があれば倒せない敵じゃないわ。でも……撃ち漏らす事は許されない。その覚悟で依頼に望んで頂戴」
 最後にリゼルは、こう付け加えたのだった。

●快刀乱麻
 荊棘の霊査士・ロザリー(a90151)は相変わらずの様子で、束になった羊皮紙を纏めていた。リゼルの言葉通り、情報を鑑み霊視による調査を進めていたのだろう。妙に生き生きしているように見えるのは、恐らく多分気のせいである。
「取り合えず」
 霊査士は気怠けな声音で語り始めた。
「行って、全部殺して来なさい」
 霊査士は微笑みもせず、穏やかな蒼い眼差しで冒険者たちを静かに見詰める。
「向かう場所は渓谷。冬風を凌ぐには良い場所ね。木々も生い茂っていて視界は悪いわ」
 言いながら地図らしきものを取り出し、一筋の線をなぞって見せる。其れが「谷」なのだろう。谷は長く続いており、北側は森奥深くへと続いているようだ。北側は緩やかな傾斜になっており、森側から回り込むことも可能だろうと霊査士は告げる。反対に南側はと言えば、細く無い河が横たわっていた。橋の類は無いようだ。其の更に南には、小さいながら幾つかの村が記されている。
「……北と、南から挟み撃つことも可能よ。但し、上手く意思疎通しないと、片方が配置に着かない間に片方が攻撃を開始してしまうと言う場合も考えられるわ……もし分かれるのなら、きちんと考えて、ね?」
 南側から巣の付近まで達するには、河を泳いで越え徒歩で進んだとしても半日と掛かるまいと言う話であった。但し北側から巣の付近まで達するには、河を越えずとも良い代わり、全力疾走したところで半日以上掛かるとのこと。
「別に分かれる必要が無い、とも言えるけれど……其れなら、其れなりの作戦を考えて頂戴? 一匹でも逃がせば、討伐を行った意味が無いわ。依頼は失敗、となるでしょう」
 村に近い南方へグドンを逃がせば一大事。
 森の深い北方へグドンを逃がせば見失うことも必須。
「グドンの群れは……三十程度の、規模。兎グドンのよう、だけれど……ピルグリムグドンと思われる姿も、見えたわ。数は恐らくひとつだけ、だけれど……群れには、幼いグドンも、居るように思う……」
 くれぐれも油断せずに行ってらっしゃい、と霊査士は冒険者を送り出す。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 荊棘の霊査士・ロザリーの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
白銀の星芒術士・アスティル(a00990)
紅虎・アキラ(a08684)
闇夜を護る月の刃・カルト(a11886)
恥知らず・モート(a13301)
金輝の暁・ディリアス(a16748)
泡沫蝶華・キラ(a18528)
医術士・サハラ(a22503)
戦いの先を見つめる赤き剣・シホ(a34365)
壁瑠璃の群礁・シェルリィ(a36226)
死者の代弁者・デモステネス(a43711)


<リプレイ>

●渡河
 北側から回り込むべく先行した仲間が出発し、暫しの時間を置いてから金輝の暁・ディリアス(a16748)ら五人は出立した。彼らは距離と進行速度を見計らった時間帯に出発することで、挟み撃ちと言う作戦の成功確率を上げようと目論んだのだ。
 彼らの前に真っ先に立ち塞がったものは河である。
 冒険者らは出来る限り流れが緩い部分、浅い部分を選び渡河を開始した。白銀の星芒術士・アスティル(a00990)は武器を身に確りと結び付け、塩は流されぬよう空の水袋に確りと詰める。春先とは言え、河の水はやはり冷たい。水着姿になった壁瑠璃の群礁・シェルリィ(a36226)は傍目にも酷く寒そうだった。
「この季節に渡河とは……まるで修行か何かのようだな」
 ぶるり、と一度身を震わせてシェルリィが苦笑する。脱いだ衣服らは防水マントで包み、自らの身に縛り付けた。彼女は先に寒さと言う代価を払い、向こう岸に着いた後にはびしょ濡れで無い衣服を身に着けることが出来ると言う安楽を得るのだ。
 ディリアスは預かった両手斧を身に括り付け、難儀しながらも河を泳ぎ切る。剣花の葉の如く在りたい・モート(a13301)は彼是と渡河の方法を考えた挙句、冒険者の体力であれば鎧を着たままでも泳ぎ切ることが出来るだろうと断じて、遅れながらも皆の後を追った。泳ぎ易い型へ鎧の姿を変じさせたこともあり、モートも溺れること無く対岸に辿り着く。
 木々の茂る道を音を立てぬよう気遣い歩きながら、彼らはグドンの巣を目指した。渓谷を行くと、梢の合間から立ち上る白い煙が見える。敵は火を熾しているようだ。思いついて太陽が浮かぶ位置を確認すれば、今は正に御昼時。
 群れには当然、幼いグドンも居る筈だ。桃桜華の苺姫・キラ(a18528)はぎゅうと胸を押さえた。仕方ないことだと彼女が心強く持とうとする横で、アスティルの双眸は冷静其の物に周囲を警戒している。食事時と言うのが幸いしたのか、群れから離れるグドンらも居ないようだ。此れを皆殺しとは実にシンプルで判り易い――そう思った。
 見遣れば身から白い触手を食み出させたグドンの姿が目に映る。他の者より一回り大きな其れがピルグリムグドンなのであろう。突如発生した理由は判らずとも、要因となるのがグドン其の物とするならば尚、取るべき手段は殲滅のみであろうとシェルリィは考える。
 此方の準備は整ったとディリアスは武器を呼び出さんとした。しかし、己の愛剣を召喚することは叶わない。成る程、とディリアスは納得する。今頃彼らは、武器を確りと握って移動中なのだろう。武器を呼び出せたと言うことは、武器が固定されていないと言うこと。今暫し、待つ必要があるようだ。
 遠眼鏡から巣を探りつつ、深緑のスカーフを握り締めた。縁は未だ暫く、切れそうに無い。

●走駆
 其の頃、先に出発した五人の冒険者たちは、紅虎・アキラ(a08684)を戦闘に森の中を駆け抜けていた。ランニングが趣味である彼は、一団の速度を管理していた。南側から戦場へ向かった班とタイミングを合わせる為には、此方も全力に近い速度で向かわねば為らない。かと言って、走破出来ませんでした、等と言うのは洒落にも為らない。其れゆえのペースメーカーと言う役割である。
 剣に生きる紋章術士・シホ(a34365)は多少の疲労も覚悟の上で走っている。此方が早く着き過ぎるなら兎も角、万一にもグドンらが北上して逃げてしまっては取り返しがつかないことになるのは目に見えていた。闇夜を護る月の刃・カルト(a11886)もアキラにペースを委ねながら、確りと地を蹴っていた。春先の空気が自棄に暖かく感じられるのは、間違い無く半日近い走り通しと言う環境が生むのだろうと思う。
 しかし、死者の代弁者・デモステネス(a43711)の速度が徐々に落ちて来ている。元より体力に自信のある方でも無く、駆けることが得意なわけでも無い彼女は、正に着いていくのが精一杯と言う様相だった。彼女自身も何処まで足手纏いに為らずに居られるかと気にしていたのだが、此処に来て限界が近付いてしまっている。
 灰色医術士・サハラ(a22503)は彼女を気遣い、時には支えて遣りながら併走を続けていた。彼はどちらかと言えば体力の温存に重きを置いて走っている為、速度を保てないまでも体力面でも辛さとは縁遠い顔をしている。
 目的地までは近いのだと緩い傾斜が告げて来た。下り坂は足に来る。後一息だと冒険者たちは何度も地を蹴る。到着の頃には服が肌に張り付く程、汗が浮いていた。サハラは遠眼鏡を覗き込み敵陣を確認する。此方からも白煙を確認することは出来、何かを焼くような気配を察することが出来た。
 到着と同時に預かっていた武器を置いたアキラは、ふと見れば既に武器が消えていることに気付く。其の頃のディリアスは、ウェポン・オーバーロードを多く使えるよう準備してきたことに安堵していたのだが兎も角、北側から回り込んだ班にも南班が渡河を終えていると言うことが伝わった。
 デモステネスの息がある程度整うまで待って、アキラは己の武器を呼び寄せる。
 長い柄を持つ巨大な戦斧は彼の手にしっくりと馴染んだ。

●奇襲
 真っ先に駆け出たディリアスが白銀に輝く刃を振るう。幾つかある焚き火のひとつに群がっていた兎の頭を持つグドンらをいちどきに薙ぎ切った。運良く致命傷を避けたグドンらへ向けて、シェルリィが同じように流れる水が如き一撃を繰り出す。
 突然のことに怯むグドンの群れ目掛けて駆けながら、グドンらを逃がさぬよう包囲陣を築けと声を上げる冒険者たち。黒き魔炎を立ち上らせたアスティルは回り込むように位置取りながら、塩を撒き、クリスタルインセクトを生み出して行く。
 対岸から駆け来たアキラは限界まで高められた闘気を込め、戦斧を振り下ろす。巻き起こる激しい竜巻は周囲の敵を嘗め尽くす。強過ぎる威力が肉を捻じ切り、巻き込まれたグドンたちを滅ぼして行く。強過ぎる力の反動に痺れたアキラの身体へは、サハラの手に持つ魔道書から溢れた涼やかな風が舞い降りた。
 此処に来て戦意を取り戻したか、ピルグリムグドンの咆哮に合わせてグドンたちが冒険者目掛けて殺到する。カルトは集るグドンらを避け、吼えるピルグリムグドンへと目指して跳んだ。援護するようにシホの描いた紋章陣から、幾条もの光が溢れグドンたちを貫いて行く。
 ピルグリムグドンと言う忌まわしき名を、聞かずに済む未来が訪れることをカルトは願う。道を塞ぐグドンらの爪は、背後に佇む銀色のマントがはためき、傷を受けぬよう流してくれた。
 強固な鎧で身を護りつつ、モートもピルグリムグドンを目指す。何故自分が今此処に居るのか、ぼんやりと悩んだ。闘うことは好みながらも、強い敵を恐れているのだろうかと自問する。弱虫で弱い者苛めが好きと取れば何とも最悪だ、と自嘲気味に目を細めた。けれど彼が立ち向かうピルグリムグドンは、モンスター並みの力を持った十分過ぎる強敵である。そして、彼が目指すものは更なる強敵に立ち向かう道だ。
 軽装の冒険者らの身には、グドンの爪、そして蹴りによって徐々に傷が刻まれて行く。幼いグドンですら牙を剥き、其の子らを護ろうとして親は一層激しく迫る。キラは焦りながらも杖を構え、声を上げた。
「今、治しますっ……!」
 黒き魔炎を宿した身から放たれる柔らかな波は、強い癒しの力で持って周囲を包む。

●決着
「最初の一滴は天に、残りは貴方に。最後の一滴は地に」
 癖なのか、デモステネスは呟きと共に癒しの水を生み出した。呼吸が荒い。駆け抜けて来たことだけが理由では無く、彼女は前衛として立っているからだ。味方の後ろにつけるよう気遣っているとは言え、十分にグドンたちの攻撃の範囲である。前衛に傷を見付ければ最優先で癒しを向け続けていた彼女は、グドンに殴られ膝を突いた。シホは己の身を盾にするようにして、デモステネスのことを庇い続ける。サハラの生み出した癒しの輝きに癒されながらも、易しい状況とは言い難い。
 唯、サハラが僅かに安堵していたのは、幼いグドンらにもピルグリムグドンの影は察せられないと言うことだった。強敵が二人以上居ると言う状況は、戦況を大きく揺るがしたことだろう。包囲の輪から抜け出さんとするグドンを見付けるたび、彼は大声を上げて味方に知らせた。
 追い縋ったアキラが戦斧を振り落とし、爆音を上げてグドンの背肉が弾け飛ぶ。周囲を睨むように見回しながら、隠れ逃れんとしている影が無いかと警戒する。逃亡と言う選択肢すら許さぬように、ディリアスが頭部を激しく輝かせ、グドンらの足止めに務めた。ちらり、と目線だけを強敵へ流す。グドンは殆どの数を仕留めることが出来たが、ピルグリムグドンは未だ健在だ。
 ピルグリムグドンが振り回した腕の一撃を、モートは何とか受け弾く。防ぐことに重きを置いた彼が叩き切るように振り下ろしたポールアームは、強靭な敵に触れること無く大地を撃った。
 生み出されたクリスタルインセクトによって惑った一部のグドンが同士討ちを始め、短い間を置いてクリスタルインセクトを朱に染める。攻撃形態と為った其れは、自らグドンらに攻撃をし始めた。状況の確認に勤めながら、アスティルはピルグリムグドンに向けて虹色の炎に包まれた木の葉を解き放つ。激しく燃え盛りながら葉が張り付いた。
 闇雲に振るわれうねる触手を軽やかに受け流し、カルトは闇色の刃を振り上げる。
「悪いけど、お前を好き勝手に放っておくワケには行かないんだ」
 深々と腹を切り裂きながら、詫びるように息を吐く。深手を負ったピルグリムグドンは、他のグドンを全て仕留め終えた冒険者たちの猛攻によって間も無く息絶えた。
「んー。これから忙しくなりそうだねー、いろいろとー」
 濁った血で溢れる戦場を見回し、暢気な口調で言ったサハラの言葉に、皆は沈黙で答える。取り逃がしたグドンは居ないようだが、恐らく其の言葉が真実だろうと言うことは染みる程強く感じられた。


マスター:愛染りんご 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/03/04
得票数:冒険活劇5  戦闘23 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。