春のグドン退治:ラウンドタウン防衛戦 東方の森



<オープニング>


●春のグドン退治
 春は野に花が咲き、小鳥が囀る美しい季節です。
 が、そればかりではありません。
 春は野や森に食料が増えるため、グドンの繁殖と移動が活発に行われる季節なのです。
 冬の間に餓死した仲間の数をその旺盛な繁殖力で回復させる。それは、グドン達の自然の摂理なのでしょう。

 このグドンの繁殖と移動は例年の事で、春先はグドンの被害が多く出る季節として、注意が呼びかけられています。
 例えば、多くの辺境の村には、グドン程度の力では開けられない硬い扉と閂で護られた避難所があります。グドンに村が襲われたら女子供お年寄りを避難場所に避難させつつ、冒険者へ救援の知らせを送るのです。
 また、男達は村の周辺の森や里山を見回り、グドンの群れが近づいていないかを巡回して調べます。
 もし、グドンの姿を見かけたら、冒険者に救援を願うのです。
 もしかしたら、村が襲われる前に冒険者にグドンを退治してもらえるかもしれません。

 強力なモンスターと違い、襲われても救援が来るまで頑張れる。
 それが、グドンという敵だったのです。

※※※※

「それが、そうも言ってられなくなったのよね」
 ヒトの霊査士・リゼルは、酒場に集った冒険者達を見回して、今回の依頼についての説明をはじめた。
「まずは始めに説明しておくわね。最近同盟領の各地で発見されたピルグリムグドンだけど、あれ、グドン地域から出てきたものじゃ無いみたいなの」
 リゼルの言葉を予測していた者もいたようだが、素直に驚いている者も多くいた。
「ようするに、動物が突然変異して凶暴化するみたいに、普通のグドンが突然ピルグリムグドンに変わってるってわけ」
 現在は100匹に1匹くらいの割合でピルグリムグドンが発生していると予測されているが、今後、この数字は増えていくだろう。
 突然に変異して発生したピルグリムグドンと、普通のグドンとの子供はピルグリムグドンになるのだから。

 この変化が、いかなる理由によるものかは判っていない。
 しかし、確実にわかっている事もある。
「このまま放っておけば、幾つもの村や町がピルグリムグドンに率いられたグドンの群れに蹂躙されてしまうでしょう」
 そう言うとリゼルは、眼鏡をキランと輝かせて冒険者達に宣言した。
「その前に、人里近くのグドンの群れを見つけ出して駆除し尽くすのよ!」

 各地の領主や村の自警団の報告、旅の商人からの情報、そして多くの霊査士による調査により、駆除すべき数多くのグドンの群れがリストアップされている。

「ピルグリムグドンに率いられたグドン達。皆の力があれば倒せない敵じゃないわ。でも……撃ち漏らす事は許されない。その覚悟で依頼に望んで頂戴」
 最後にリゼルは、こう付け加えたのだった。

●ラウンドタウン防衛戦
 呪われた街、という有り難くない異名を持つ街。それがラウンドタウンだ。
 円形に発展したこの街も最近はつとに平穏で、住人達は訪れたささやかな平和を謳歌していた。
 だが、呪われた街に平和は長く続かない。破壊と恐怖の足音は、徐々にラウンドタウンへと近づいていたのだった。

「グドン達が街の付近にいます。それも一杯」
 ツキユーは簡潔に霊査結果を伝えた。簡潔すぎてわからない。
「も、もう少し詳しく教えてくれないかな。この逆境を跳ね返す為に」
 銀色の重鎧を身に纏った自警団団長が、さらなる説明を促す。団長はまだ若く、幼さの残る顔立ちをしていた。
 ツキユーも頷き、ラウンドタウン周辺の地図をテーブル上に広げた。
「まず南、ここの禿山には元々牛グドンが住んでいたようですね」
 ツキユーの指はラウンドタウン南部の山を指差していた。
「ああ。繁殖してしまったのか。ここしばらく討伐を行って無かったからなぁ……」
 ツケが回ってきたか、と顔をしかめる団長。
「次に東の森。この森にある豊富な食材を求めて、更に東からグドンの大群が移動してきたようです」
「そういえば、東の森の動物達が騒がしいという報告があったな……」
「北の山は、この街にも流れ込む川の源泉付近に居ますね。綺麗な水を求めてグドン達が駐屯しています」
「この前調査させた時は居なかったのに……」
「西の沼にもグドン達が大発生しています」
「あー、忙しくてそっちはノータッチだった」
 頭を掻き、乾いた笑いを浮かべる団長。ツキユーはジト目でそんな若き団長を見つめていた。
「じゃあ一体何をやってたんですか……」
「いやー、捕まえてた盗賊が脱獄しちゃったりして。そっちの捜索におおわらわで……」
 困ったように笑う団長にも、ようやく真剣なものが宿る。
「――でも、この街を潰すわけにはいかない。捜索はひとまず棚上げにする」
 四面楚歌な状況にも、逆境を楽しむように団長の瞳はらんらんと輝いていた。

●東方の森
「東方面の担当、スニョ……。よろしく」
 青髪を肩口にまで揃えた小さな少女は目の前に広がる冒険者達にも身じろぎ一つせず、そう切り出した。
「スニョさんは、東の森に関してはスペシャリストなんですよね」
 ツキユーのフリにも、こくこくと頷いて同意するスニョ。ぼそぼそと毒のある言葉を吐く。
「私は前から危ないって言ってたのに……テオ団長がダメ人間だから、こんな羽目になるの」
 スニョによると、元々東の森には様々な動植物が生息している。しかし、ここ最近森から動物達が出てきて、ラウンドタウン付近でも姿を見かける事が多くなったという。
「それも全部、更に東の方からエサを求めて移動してきた山羊グドン達の所為だったようなのです」
 百匹を越える山羊グドン達の一群は瞬く間に東の森を占領した。動物達はこの横暴な独裁者から逃れるように森から出てきていたのだ。
「そしてこの山羊グドンの一団を統率するボス、どうやらピルグリムグドンですね。体中のあちこちから、捻くれた角が生えていました」
 串刺しにされたら痛そうですね、とその光景を想像して肩が震えるツキユー。
 スニョはそんなツキユーを無視して、冒険者達へと頼み込んだ。
「お願い、私の街と……森のみんなを、守って」

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 千の悲しみを識る霊査士・ツキユーの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情(heartless)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
疾風の・アイル(a01096)
唸る豪腕・ログナー(a08611)
鉄穿・ヴァレイ(a21083)
暁紅の水月・シスカ(a29761)
騒がしい牙・ブレア(a35203)
荒野を渡る口笛・キース(a37794)
不浄の巫女姫・マイ(a39067)
御手先・デン(a39408)
陽光に輝く魔弾の射手・ソフィア(a40878)
多装武具装士・レクス(a41968)


<リプレイ>

●呪われた街にて
 東方の森へ向かう前、荒野を渡る口笛・キース(a37794)がスニョに森の様子を聞きたいという事で冒険者一行はラウンドタウンを訪れていた。
「さって、ピルグリムグドンかぁ……気分は良くないけど一体も逃せないんだよね」
「普通のグドンがピルグリムグドンになっちまうなんてな。どうなってんだか全く……」
 疾風の・アイル(a01096)と鉄穿・ヴァレイ(a21083)は口々にピルグリムグドンへの懸念を漏らす。
 ピルグリムグドンにも繁殖能力がある。今回の森はピルグリムグドン達が移住してきたばかり、ピルグリムグドンの子供がいるかはわからないが注意する必要はあるだろう。
「敵は100以上か、長期戦になるな」
 二本の剣を腰に刷いた多装武具装士・レクス(a41968)は、確かめるように呟く。子供がいなかったとしても、その数は100以上。厳しい戦いが冒険者達を待ち受けているのに間違いはない。
「1人10体って感じで考えたら結構、気が楽になるな」
 頭の後ろで腕を組み、腰のストレッチをしている騒がしい牙・ブレア(a35203)が言う。それをスニョは黙って聞いている。
 10対100と1対10を単純に同じと考える事はできないが、今はそのような無粋な事をいう状況ではないだろう、そう思っていた。
「でさ、森に広い場所……武器を思い切り振り回せる場所ってないか?」
 スニョはキースの問いで我に返る。口元に人差し指を宛て、しばし考える仕草を見せた。
「あります……小高くなっている広場というか、花畑……」
「そっか、じゃあそこにリーダーをおびき出せれば――」
「これは私の予想ですけど」
 パッと笑顔を浮かべて皆に作戦を提案しようとするキースを、スニョの言葉が遮った。
「グドン達はその花畑にいるか……いなくても広い場所にいます」
 グドン達は100を越える大所帯だ。そんな彼らが生活住居に選ぶ土地は必然的に広い場所になるだろう。
「なるほど。じゃあおびき出す段階を省略できそうだな」
 腕組みをして頷くキース。グドンも生きている一つの種だが、その爆発的な繁殖力や居住面積からも共存は望めないだろう。
「グドンさんとも仲良くしたいのですが……」
 指を組んで、悲しそうな顔を見せる陽光に輝く魔弾の射手・ソフィア(a40878)。
 彼女は全ての生命を愛していた。しかし現実は非情であり、彼女は仲良くしたいと思っていてもグドンはそう思っていないのだ。冒険者達が取るべき行動は殲滅しかない。
「もう、街が、人が、滅びていくのは見たくないわ……頑張りましょう」
 言うのは不浄の巫女姫・マイ(a39067)。彼女は村が滅びる様を目の当たりにしていた。理由は違えどひとつの街が壊滅するのを手をこまねいて見ている訳にはいかない。
「よろしく、お願いします……」
 ワンピースの胸元に手を置き、懇願するスニョ。ブレアが安心させるようにスニョの頭に軽く手を置いた。
「任せとけ。スニョちゃんと森の友達のために、失敗だけは絶対にできへんな」
「そうね。今後の為にピルグリムグドンだけでも絶対に仕留めておかないと」
 暁紅の水月・シスカ(a29761)の言葉に、後ろにいた唸る豪腕・ログナー(a08611)もこくこくと無言で頷いてみせる。
「被害が出る前に、なんとかしてみせらぁ」
 クロモンタウンの岡っ引・デン(a39408)も同僚と言うべきスニョに成功を確約する。スニョは表情こそ変えないフが、嬉しそうに顔を上げる。
「グドン退治なら慣れたもんだし気合入れていくけどよ……四方全部ピルグドン達に囲まれてるって、この街は本当にどうなっとんだ?」
 こめかみから汗を垂らしつつ、キョロキョロと辺りを見回すヴァレイ。ラウンドタウンは石畳と立ち並んだイチョウの木があるだけで、普通の街に見える。
「……呪われた街ですから、なんせ」
 スニョは困ったように、わずかに眉をひそめてみせた。

●乱戦
「又、後でな」
「おう、頼むぜ、相棒」
 森の中、デンとキースはそれぞれ左右に分かれていく。
 冒険者達はグドン達を退治する為に、一行を3つの班に分ける事にした。
 左翼班と右翼班が全面に展開し、その2班からやや離れて中央班。ちょうどV字型に陣形を組む。
「バランス良く分担とれてるわね……当たり前だけど」
 シスカは改めて自分達が取った陣形を確認する。それぞれの班には回復役も配置し、レベルも整えている。中央班には四人と人数を多く配しているし、配分的には完璧に近いだろう。
「とは言っても、正面から敵と当たれた場合だけどね。油断はできないわよ」
 班の中央、アイルが呟く。敵は正面にいるとは限らない。側面から遭遇する事もあるかも知れないし、背後を強襲されるかも知れない。ソフィアが遠眼鏡で辺りの様子を確認してはいるが、立ち並んだ木々に視界を遮られている。
「視界の悪さは計算に入れてなかったな……」
 困り顔なのはヴァレイだ。彼は戦闘突入前に仲間達へ鎧聖降臨を使用するつもりだったが、突然の戦闘になった場合には事前準備が不可能になる。戦闘時に四人に鎧聖降臨をかけるだけで、4回も行動のチャンスを無駄にしてしまうのだ。
「とりあえず、スニョから聞いた花畑へ行ってみようか」
 特に敵の発見方法を考えていなかった一行はキースの提案に了解し、花畑へと慎重に歩を進めていく。
「メェッ!!」
 しかし慎重歩行も虚しく、花畑の向こうから甲高い鳴き声が聞こえてきた。それは山羊グドンによる侵入者発見の報に他ならない。
「ちいっ、先に気付かれちまったかい!」
 シスカに鎧聖降臨をかけつつ、森を縫うように走り出すデン。左右の翼が森の中、羽根の角度を僅かに大きくしながら突き進む。
「ううん、結果的に良い位置取りよ! こっちは木の影に隠れて狙い撃ちできる!」
 シスカとデンの後ろ、隠れるように動くマイ。いつでも高らかな凱歌を唄えるように心構えをする。
「まずは露払いといかせてもらうわよっ!」
 目の前に飛び出してきた1匹の山羊グドンへ、シスカの居合い斬りが飛ぶ。クレイモアの一撃が、山羊グドンの頭部を容赦なく叩き割った。
「はっ!」
 木の切れ間から顔を出した山羊グドンへチェインシュートを突き立てるレクス。左翼班側では既に小競り合いが開始されていた。
 冒険者は森の中、山羊グドンは広場という冒険者達に有利な地形。広場で戦う予定とは違ってしまったが、運も冒険者達に味方していた。
「ピルグリムグドンはどこだ?」
 中央班、V字の後ろからチェインシュートで見えた敵を倒していくログナー。やはり、視界の悪い森のうえに乱戦になりつつある現状ではピルグリムグドンを見つけにくい。角が捩じくれた山羊ピルグリムグドンを探しつつ、山羊グドン達を各個撃破していく冒険者達。
「見えないのならば、見えるようにするだけだ」
 左翼班が動く。目の前の敵を屠ったキースが、森を飛び出して花畑へ突入した。
「くらえッ!!」
 すぐさまにスーパースポットライトを放ち、花畑に残っていたグドン達を注目させる。
 麻痺から逃れたグドン達はキースへと殺到しようとして――暴風に吹き飛ばされた。
「テメェら残らず1匹たりともッ! ここから進むことも戻ることもさせんでぇッ!!」
 森じゃ得物を振り回せないとばかりに飛び出したブレアが仁王立ちする。レイジングサイクロンの効果で自らが麻痺に陥っても、グドン達の攻撃は注目したキースへ集中するはずだ。
 左翼班最後の一員、レクスも援護に飛び出して流れるような攻撃で群がる山羊グドンを薙ぎ倒す。
 この間にキースは無風の構えを取りはじめる。この構えを取られると実力差のあるグドン達としては攻撃してもカウンターを食らうだけになってしまう、見事なコンビネーションだった。
 その頃、右翼班も森の中で奮戦していた。マイを守るように山羊グドン達へ立ちはだかるデン、流水撃で手の届く範囲の敵を倒していく。
「悪いが、生かして帰す訳にゃ行かねぇんだ……」
 同じく流水撃でシスカが山羊グドン達を倒していく。その一撃で、右翼に取り付いたグドン達が全滅した。
「こっちは片付いたわね」
 高らかな凱歌で班の皆の傷を癒すマイ。他の班を補佐するように動きたいところだ。
 3人は花畑へと踊り出る。左翼へと取り付いた山羊グドン達の中に、捩じくれた角を持つ個体を発見した。
 すぐさまにシスカが叫ぶ。
「中央班、ピルグリムグドンがいたわ! 花畑まで来て!」
 その声は中央班にまで届いた。森の中、逃げようとするグドンをホーミングアローで確実に仕留めていたソフィアの動きが止まる。
「ようやく出番ですか」
 チェインシュートで戻ってきた篭手を身につけるログナー。アイルの回復もあり、中央班はほぼ無傷の状態だった。
「よし、行くぞぉ!」
 ヴァレイの号令と共に、グドンを蹴散らして花畑へ突入する中央班。上手い具合にピルグリムグドンの背後へ登場した。右翼班は入れ替わるようにして中央班の撃ち漏らしたグドン達の掃討に回る。
 牽制の意味も込めて、ログナーがチェインシュートを放つ。大気を切り裂くように飛んでいく篭手、ピルグリムグドンの背中に思い切り叩きつけられる。
 よろけたピルグリムグドン、その背に黒い影が降りた。
「こんの一撃は、重ぇぞぉぉ!」
 大盾を構えながら突進するヴァレイだ。大盾をぶつけるようにして、もう片方の手で聖なる力を込めた刀を振り上げる。
 ピルグリムグドンも振り向きざま、頭の角をヴァレイに向かって突き出した。カウンターを狙う。
 煌く剣閃。鈍い音と共に、捩じれた角が宙に舞った。カウンターの一撃は届かず、角は刀に叩き落されていた。
「やった! これはいけそうだよ!」
 アイルが粘り蜘蛛糸で、右翼班に群がる山羊グドン達を後ろから絡めとっていく。それは生き残った山羊グドン達の望みを断ち切る最後の一手、詰みとなる手だった。
 後は一方的な展開だった。ログナーも飛び込んでピルグリムグドンへデストロイブレードを叩き込み、ソフィアがライトニングアローを放って更なる深手を負わせる。
 最期に一声、甲高い鳴き声を残してピルグリムグドンは息絶えるのだった。

●エピローグ
 穏やかさを取り戻した東の森に、マイによる鎮魂歌がただ流れていた。
 花畑は荒れ放題。土は掘り返され、死屍累々の骸たちが山のように折り重なっている。
「……………」
 ソフィアは無言で、手の届く範囲で花畑の土を元通りに馴らしていた。
 デンは煙管を取り出して火をつけた。久方ぶりに顔を付き合わせた相棒、キースと目が合う。軽く肩を竦めてみせる。
「厄介な依頼だったな。他の方面は無事終わっただろうか?」
 壮絶な戦闘の跡を眺めつつ、レクスは剣を納める。
 東の森は重傷者もなく、なんとか依頼を成功をさせる事ができた。まずはそれをスニョへ報告するべきだろう。ブレアは逸る気持ちを抑えきれず、両手を口の前に持っていき、三角形の形をつくった。
「スニョちゃ〜ん、終わったで〜ッ!!!」
 空へ向かって叫んだ声は、ラウンドタウンにまで届くかと思う大きな声だった。


マスター:蘇我県 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/03/05
得票数:冒険活劇11  戦闘5 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。