常磐の霊査士・ミカヤ・コーリング
(とわをたびするシンフォナー)

【キャラクターID:a90159】
ドリアッドの霊査士×
ブックハビタント

性別

外見年齢
67歳
レベル
53
9月15日生まれ
身長:184.2cm  スタイル:痩身
瞳:緑   髪:緑   肌:色白
普段の口調:老
  私 おぬし だ、な、だろう、なのか?
真剣な時は:黒鉄
  私 呼び捨て だ、な、だろう、なのか?
『希望のグリモアの子等、我が誇りよお帰りなさい』
長い長い旅の果てに霊査士になった元武人の嫗。大抵は酒場の片隅に腰掛けて、使い込まれた茶器で茶を楽しんでいる。戦いに奉げた日々が身体に重く圧し掛かり、杖を手放す事ができない。時折、過去を懐かしく思い出すらしい。 // どうしようも無く、愛しているよ、お前達を。お前達の選択は、お前達の物なのだから。
理性 □□□■◇ 感情
狡猾 □□■□□ 純真
秩序 □□■□□ 自由
説得 □□■□□ 戦闘
冒険 □□■□□ 恋愛
幸運度
【強運】

幸運度:【強運】(11)
裕福度
【大富豪】

裕福度:【大富豪】(16)

生まれ:森を出て散歩中に、他の列強種族に拉致され、慰み者として屈辱の中で暮らしていた

種族特徴:額に緑色の宝石を持ち、頭髪の先には、【金木犀】の花が生えている。


【特殊能力:樹木の結界】
 ドリアッドの居住地の周囲に森がある場合、その森には魔力が働き、ドリアッド達が案内しない限り、他の種族が立ち入る事はできなくなります。


 能力値:
80+5
68+6
155+10
攻撃力 0/0/53
鎧強度 4/4/4
イニシアチブ65

HP281+0
CP7/431+0


 アビリティ:
アイテム ◆ホーリーライト奥義 ×∞


武器:霊視の腕輪
防具:深き森の帳
盾:なし
 古杖
 純白の小さな羽根
 銀のメダリオン
 ロッキングチェア


 趣味 : 話術 礼儀作法 雑学

 旅団 :
なし

感情 :

蒼き黎明・ミルラ
義理の子供
朝風の・ジェルド
応援したい
漆黒の瞳に宿る不朽の心・スレイツ
かわいい
永遠の旅人・イオ
頼もしい
白詰草色・タータ
癒される

【EXP】
 : 167197
  (次のレベルまで 2203)
【修練度】
 : 151580

【参照URL】
 
 遥か未来、たとえ名も顔も忘れても、お前達のくれたモノは、ずっとここにある。


担当マスター:中原塔子


 ⇒⇒⇒ステータス画面の見方


●活性化中の召喚獣

【ブックハビタント】

 「霊査士」の力の源であり、希望のグリモアに属する特殊な召喚獣です。
 霊査士の力は「物品から精霊を呼び出し、情報を収集する」能力とされていましたが、その精霊こそが、ブックハビタントだったのです。霊査士はこれまで、『魂の回廊』に至る事無く、召喚獣の姿が見えないままに、この力を使いこなしていました。
 戦闘状態では、ブックハビタントは霊査士の体内に隠れ、その衝撃で霊査士は気絶します。
 通常状態では、霊査士に付き従い、霊視する際に物品からの情報を伝えてくれます。

特殊能力……戦闘状態では特殊能力を持ちません。通常状態においてのみ、「霊視」の能力を使用できます(⇒⇒⇒霊査士)。

●常磐の霊査士・ミカヤ(a90159)のブックハビタント
   Lv:1 (EXP:0 次のレベルまで −)
 HP+ 0 / CP+ 0
魂の回廊