星乃彼方
基本画面 リプレイを見る ファンレター
<<< 1 2 3 4 5 6 7 >>>
2012/12/23更新
 雑記:2012/06/08
●お知らせ
 お久しぶりです。星乃です。ここ二ヶ月ほど新環境の波に押し流されてしまい、なかなか依頼を出すことができませんでした。
 ようやく環境が整い始め、自分にも余裕が少しずつでてきたので、そろそろ再開しようかと思います。
 まずは銀雨の現在の状況がどうなっているのか把握する!

 星乃は現在そんな状態なので、情勢にもあまり左右されない結社シナリオとかは優先的に受けようかと思います。よろしければ、どうぞ。

 雑記:2012/04/08
●報告
遅くなりましたが【遥かなる世界の先へ】宇宙を求めし者たちよ のリプレイを納品いたしました。
参加された方は本当にお疲れさまでした。
宇宙を舞台で書けたのは本当に楽しかったです。ただ宇宙へ行くまでの訓練をもっと書きたかったのと、宇宙戦闘で自分と対象吹き飛ばしをつけなかったのはかなり後悔です。
宇宙戦闘についてはどこかでリベンジする予定です!

星乃の身の回りが慌ただしいので、しばらく活動低下しそうです。

 雑記:2012/03/17
●追加で
忘れていましたが、現在咲耶の誕生日イベシナ『炎の料理人〜クッキングフェスティバル開催!〜』のOPが公開中です。
多分在学中最後に咲耶が立つOPになると思います。その次からは美人さんにチェンジですね。
咲耶と面識がない方でも参加をお待ちしております。
咲「私と料理対決したい人は誰かしら?」

 雑記:2012/03/17
●報告
先日『卒業旅行2012〜ただ安らかな時を古の都で』のリプレイを納品いたしました。
参加された方はお疲れ様でした。鎌倉もそうですが、歴史溢れる街って時間の流れがなんだかゆっくりですよね。旅行でしか行ったことがないからでしょうか?

遅れてしまいましたが、颯太に新しいイラストが完成しました!
おねむの状態ですね、可愛らしいミユ.T絵師はありがとうございました!

 雑記:2012/03/09
●お知らせ
明日行われる東京ぷちオフに星乃も参加いたします。参加される方はよろしくお願いします。

今月はメガリスシリーズと咲耶の誕生日らいであまり出せそうにありません。
みんなでほっこりできる依頼とか出せればなと考えています。
来月から星乃の周りの環境ががらりと変わってしまうので、また低速になってしまうかもしれませんが、最後の年ですし、みんなで物語を紡いでいけたらな、と思いますので、よろしくお願いします。

 雑記:2012/03/07
●野乃原咲耶の進路
 咲耶の机の上に置かれた1つの封筒。表には自分の名前。裏には都内にある大学の名前が記されている。
 中身を見ればそこには入学書類など一式が揃っている。
「−−思い出すわね」
 目を閉じれば3年前のあの頃にすぐ戻ることができる。銀誓館学園の入学書類。それが今回の入学書類に重なる。
「もちろん、今回のは目的が違うけれどね」
 誰に言うわけでもなく咲耶は1人微笑む。
 そう違うのだ。3年前とは……

 雑記:2012/03/07

 3年前は能力者たちに力を貸すために。
 そして今は自分の夢を見つけるために。
 未だに自分が何をしたいのかはわからない。けれど何かをしたいという気持ちはある。それはあの1月15日を境により強くなっている。
 生きたい。あれほど強く願ったのはあれが一番だった。
 だからこそ−−
「後悔のない人生を送りたい」
 自分の胸の内に秘められた言葉を咲耶は口に出す。
 そのためには自分の好きなものをもっと好きになりたい。

 雑記:2012/03/07

「見つけられるかな」
 入学のパンフレットを捲りながら咲耶は心を躍らせる。
 そこには自分の好きな書道と美術を学べるコースがある。それでも自分がこの好きなもので食べていけるとは思っていない。
 けど、そこから何かを見つければ、そう考えての入学だった。
「ま、見つけられなくてもなんとかなるわよね」
 銀誓館で書道か美術の先生として雇ってもらえば。と存外楽観的な咲耶はゆっくりと自分の道を模索していくのだった。

 雑記:2012/03/07
●お知らせ
本日『幾星霜の時を越えて』のリプレイを納品いたしました。
参加された方はお疲れ様でした。また重傷の方はどうかお大事になさってください。
かなりギリギリの戦いとなってしまいましたが、勝利できたことは間違いありません。

それから卒業旅行の咲耶の同行についてですが、こちらは無事に処理されました。よろしければ一緒にどうですか?

 雑記:2012/03/07
●お詫び
すみません、現在公開されている『卒業旅行2012〜ただ安らかな時を古の都で』ですが、肝心の咲耶を同行させておくのをすっかり忘れていました。そのうち修正されるはずだとは思うのでご了承ください。
人数的にもまだまだ余裕はあるので興味がある方は是非いらしてください。

 雑記:2012/02/29
●卒業前夜
「明日ね」
 咲耶は静かに息をつく。
 自分が来ておよそ二年半。楽しくも懐かしい日々はあっという間に過ぎていった。その楽しさに比例するようにカラーボックスには溢れんばかりにスケッチブックが詰め込まれている。その中に描かれているのは仲間との毎日。
「ほとんど毎日描き続けていたものね」

 雑記:2012/02/29

 スケブをめくればその日の出来事が昨日のように思い出される。仲間達との触れ合い、それは今まで決して得られる事のできなかったもの。
 自分の能力を理解し、受け入れてくれる人なんて祖母以外にいるとは思えなかった。
 けれど、ここは違った。自分を受け入れ、認めてくれる。その優しい温もりに包まれて、自分は変わったと思う。
 始めは無口で人と関わりを持つことが怖かった。
 自分の能力に自信を持つことができなかった。

 雑記:2012/02/29

 自分に課せられた使命の重さに何度も逃げ出したくもなった。
 それでも。仲間である能力者達の言葉が、笑顔が私を救ってくれた。
「本当に感謝してもしきれないわよ」
 けれどもその仲間達と過ごす毎日は明日でひとまずお別れとなる。
 分かってはいた。
 それでも分かりたくないこともある。
 −−目頭が熱い。
 いけない、と波打つ感情を必死に押さえ込む。
 涙を流すのは明日、別れの時だ。

 雑記:2012/02/29
●報告3
今度はピンイラストの報告です。先日、咲耶にピンナップができあがりました。どちらも可愛らしく、のほほんとした様子に星乃もほっこりしました。絵のモデルなんてしたことありませんが、あれ絶対に緊張しますよね。

ともかく、発注者様と絵師様は本当にありがとうございました。

 雑記:2012/02/29
●報告2
こちらは本日『変幻の刃を討て』のリプレイを納品いたしました。
参加された方はお疲れ様でした。またOPに不備があったことをお詫びいたします。今後はないように気をつけます。
皆様のプレイングと感情活性がバッチリすぎて変幻の刃が全く変幻しなかったという事実。気魄重視のお客様が多かったせいもありましょうが、星乃びっくりです。
ですが、その分演出に力をいれました。カッコよかったと思って頂ければ幸いです。

<<< 1 2 3 4 5 6 7 >>>